物販

Amazonの大口出品と小口出品のメリットを考察!これを見ればもう迷わない!

Amazonで物販を始めるにあたり、「大口出品と小口出品の選択」は非常に重要です。未経験者は小口出品、経験者は大口出品からという考えを持つ人は多いでしょう。

しかし、内容を吟味すると、一概にそうとは言えません。この選択によってスタートの仕方が変わりますので、しっかり検討したいところです。

そこで、今回はAmazonの大口出品と小口出品の違いを分かりやすく説明します。

大口出品・小口出品の違い

まずは、大口出品と小口出品の違いについて解説していきます。

月間利用料

月間利用料は大口出品と小口出品で大きく異なります(※販売手数料等の費用除く)。

  • 大口出品:月額4,900円(税別)
  • 小口出品:月額無料

これだけ見ると、小口出品のからスタートがいいと思うでしょう。しかし、検討項目はまだまだあります。

基本成約料

基本成約料とは、商品が販売できた際にかかる手数料です。1商品販売につき100円(税別)かかります。

基本成約料は、大口出品の場合、無料です。ということは、月間50商品以上の販売想定なら、大口出品の方がコストパフォーマンスがいいです。

しかし、いきなり月間50点以上も販売できないと考える人もいるでしょう。大口出品にはお得なサービスもあります。

オリジナル商品が取り扱える

大口出品の場合、Amazon上に未登録の商品を自身で登録して出品や販売をすることが可能です。

売れ筋商品を探している時に、この商品は売れそうだけどAmazonには登録されていないという場合、大口出品登録者なら他者に先駆けて登録ができます。

これができると商品リサーチの幅が広がりますし、新規登録時点では競合相手ももいないので、通常以上に稼ぎやすいです。

ツールやレポートの違い

Amazonせどり等で安定した利益を出すためには、データ管理や分析が必要です。しかし、取扱商品が増えれば増えるほど、出品の管理や手間は増えます。

大口出品登録者は、「一括出品ツール」と「注文管理レポート」というサービスを利用することができます。ツールを活用して効率的に出品することが可能です。小口出品者は個別登録となります。

Amazonが準備した専用のExcelファイルを使い、必要な情報を入力しアップロードすれば出品作業完了です。

必要な情報は以下の通りです。

  • 商品管理番号
  • 商品コード
  • 商品コードタイプ(ISBNコード・JANコード等などのタイプ選択)
  • 支払方法
  • 販売価格
  • 商品状態

注文管理レポートとは、売上高や出品商品へのアクセス数など、閲覧者の動向を分析するツールです。物販の基本は「消費者の動向をいかに正確に捉え、的確な商品を提案できるか」です。このツールをうまく活用すれば、より効率よく販売することが可能です。

配送設定の違い

配送料金や日時指定の設定にも違いがあります。

小口出品登録者は、配送料金や配送日時指定は原則できません。一方、大口出品登録者は配送料金を設定することができます。例えば、「ここは比較的近場だから、配送料金無料にしよう。ここは結構遠いから、配送料金は高めに設定しよう」などと、出品者で調整が可能です。また、配送日時の指定もできるので、購入者に配慮した対応が取れます。

購入者に多くの選択肢を提示できることは、競合相手に差をつけることに繋がります。

決済方法の違い

Amazonで商品購入をする人は、様々な決済方法を利用します。

この決済方法も、大口出品と小口出品で違いがあります。

小口出品登録者は、以下の決済方法が利用できます。

  • クレジットカード
  • Amazonギフト券
  • Amazonショッピングカード
  • 請求書払い
  • スマホ決済

一方、大口出品登録者は上記方法以外にも、以下の決済方法が利用できます。

  • コンビニ払い
  • 代金引換
  • Edy払い

小口出品では、上記3点の決済方法を設定することはできません。

基本的にはクレジットカード決済が多いですが、コンビニ払いや代金引換、Edy払いでの決済を希望する人も多いです。希望する決済方法がないために販売機会を逃すのはもったいないです。

決済方法の選択肢を増やすことは、購入のハードルを引き下げます。こういった地味な部分でも差が出るものです。

法人向け販売機能の利用

大口出品登録者は法人向けに販売することが可能です。これを聞くと驚くかもしれませんが、Amazon全体の年間取引高の50%以上が事業者向けです。

個人向け販売だけでは、いずれ売上高の伸び悩みに直面します。また、事業者向けの方が販売金額も大きくなります。事業者向けの選択肢を閉ざさずに検討しましょう。

利用可能なオプションサービス

上記以外にも利用可能なオプションサービスは3つあります。

  • FBA発送
  • マケプレプライム
  • Amazonスポンサープロダクト(広告サービス)

FBA発送

これは大口出品登録者・小口出品登録者ともに利用可能可能です。

FBAとは「Fullfilment by Amazon」の略で、Amazonが提供する配送サービスのことです。Amazon倉庫に出品商品を保管し、Amazonに配送代行を依頼することができます。

商品管理や注文処理やカスタマー対応まで対応してもらえる、非常に便利なサービスです。

発送方法は「FBA発送」と「自己発送」のどちらかが選べます。FBA発送は年中無休で対応できるため、商品を早く配送することができます。

早く発送し購入者に届けることができれば、購入者の満足度を上げることができます。

マケプレプライム

このサービスは大口出品者のみが利用できます。マケプレプライムとは、商品画面に「プライムマーク」がつくサービスです。

このようなマークがついている商品はマケプレプライム商品です。マケプレプライムは、配送料無料やお急ぎ便無料設定が可能で、購入者の利便性が高まるため、多くの閲覧者の目に留まります。

販売機会向上や、ショッピングカートボックス獲得率アップ等のメリットがあります。

ショッピングカートボックスとは、Amazonの商品購入時に出てくる「カートに入れる」ボタンのことです。同様の商品が複数出品されると、その中の一つにカートを入れるボタンが設定され、購入率が高まります。詳細は後述します。

Amazonスポンサープロダクト

大口出品登録者のみ利用可能です。

Amazonサイト内の目立つ部分に広告を出すサービスです。サイト閲覧者が広告をクリックすると、商品詳細ページに飛びます。

カートボックスの獲得

カートボックスとは、Amazonの商品購入時に出てくる「カートに入れる」ボタンのことです。

同一商品が複数出品されると、1つのショップの商品に「カートに入れる」ボタンが設定されます。これを「カートを取得する」といい、Amazon側が以下の項目を総合的に判断して決定します。

  • 最安値設定
  • FBA活用
  • ショップ評価
  • 出品期間や取引量
  • 大口出品登録者

そのため、多くのカート取得をしているショップもあれば、まったく獲得できないショップもあります。

出品カテゴリー

小口出品登録者では販売できないカテゴリーがあります。以下のカテゴリーの出品を予定している場合は、大口出品登録は必須です。

  • 時計
  • ヘルス&ビューティー
  • アパレル・シューズ・バッグ
  • コスメ
  • ジュエリー
  • 食品&飲料
  • ペット

トラブル時のやりとり

大口出品登録者は、テクニカルサポートに問い合わせる場合、メール以外にも電話とチャットで確認することができます。

重大な問題が発生した際に、タイムリーなやりとりが欲しい場合、電話やチャットが使えると非常に便利です。こういう時に大口出品登録者は有利です。

特に初心者の場合、初めは何かと不具合が生じることがあります。そのような際に、サポートがしっかり受けられるように準備しておくと心強いです。

副業等で、限られた時間内で対応している場合、いざという時にサービスが利用できることは重要なメリットです。

小口出品から大口出品への変更方法

この項目では、小口出品から大口出品へ変更する方法について解説していきます。

変更手順

1.Amazonのセラーセントラルページ右上の「設定」から「出品用アカウント情報」をクリックします。

2.「ご利用のサービス」から「サービスの管理」をクリックします。

3.Amazon出品サービス内にある「大口出品に変更」をクリックします。

4.規約の確認を実施し、「大口出品に変更する」をクリックします。クリックすると利用中のサービス画面に戻り、大口出品に変更する手続きが開始された旨のメッセージが出ます。

以上で手続きは終了です。

アカウントには、大口出品向けの機能がすぐに追加されます。しかし、一部機能については、利用開始までに最大2日かかる場合があります。

大口出品に変更完了すると、その日から月間利用料がかかり、販売手数料はかからなくなります。

大口出品変更後にやるべきこと

大口出品に変更後にやるべき設定がいくつかありますので、説明していきます。

移行された配送パターン設定の設定

大口出品切り替え前から出品していたものは「移行された配送パターン」という設定がされています。

この設定になっていると、自動的に「配送料0円」となります。このまま販売すると、配送料をショップ側が負担することになり、想定以上に利益が減ってしまうのです。

出品数が多い場合、1つ1つ設定を変更すると大変ですが、一括変更が可能です。

1.「移行された配送パターン」をクリック

2.「配送パターンを編集」をクリック

3.送料を設定する

なお、この時に「kgあたり」の欄にも入力してしまうと、配送料が二重でかかってしまうので注意してください。

4.「保存」をクリック

マケプレ便を使用しない人はチェックを外してから保存してください。

マケプレプライムについては以下のURLをチェックしてください。

参考:マケプレプライム利用規約

新しい配送パターンの作成とデフォルト設定

大口出品変更後の配送パターンをデフォルト設定できます。以下はその手順です。

1.「新しい配送パターンを作成」で配送パターンを追加

2.追加した配送パターンを選択する

3.「配送パターンを編集」をクリックし、右のプルダウンから「デフォルトの配送パターンとして設定」をクリック

4.注意書きのポップアップが出たら「続行」をクリック

選択した配送パターンの横にオレンジ色の「デフォルト」が出ていれば完了

次回出品時より新しい配送パターンが活用されます。

Amazonで商品を売る時に大切な6つのポイント

Amazonには圧倒的な集客力がありますが、その分競合相手も多いです。Amazonで売るためのコツを抑えておかなければ、思うように売上を伸ばすことができません。ここからはAmazon出品で成功するためのポイントを説明していきます。

売れ筋商品を分析する

まず、Amazon内での売れ筋商品を確認しましょう。

Amazonの売れ筋商品は刻一刻と変化します。トレンドを見極め、売れ筋商品を見つけましょう。ただし、ランキングがリサーチすることは、当然競合相手もチェックしています。そのため、価格競争も激化します。

また、過去の売れ筋商品も要チェックです。なぜ、この時にこの商品が売れたのかが分かると、今後の売れ筋商品を予測することができます。過去の販売個数や価格履歴をチェックできるツールは複数ありますが、「keepa」がオススメです。

参考:Amazon売れ筋ランキング

参考:Keepa

カートボックスを獲得する

前述したように、カートボックスを獲得できると、購入率を大幅に上げることができます

カートを取得していないショップから購入することもできますが、購入者は『お目当ての商品が手に入れば購入先はこだわらない』という気持ちでしょう。そう考えると、カートを取得しているショップから購入することが、自然と多くなります。カートを取得すると、売上高にも大きく寄与します。

FBAを活用する

Amazonせどりを軌道に乗せ、規模を拡大するには、FBAを効率よく活用することがとても重要です。Amazonで大きく利益を出しているショップのほとんどが、FBAを活用しています。

FBAの活用は、カートボックス獲得の要件の一つとなっています。利便性や信頼性の高いFBAは、多くのAmazon出品者に活用されています。

参考:フルフィルメント by Amazon(FBA)

自己発送の場合はマケプレプライムを付ける

自己発送の場合、プライムマークを付けることで利用者の信頼性向上のみならず、カートボックス獲得や購入率向上が見込めます。

参考:マケプレプライムの最近の変更

上位表示を目指す

商品を購入しようとする時、検索エンジンの上位に出てくるものから検討していきますので、検索エンジンに適応したSEO対策は必要です。

SEO対策可能な項目は以下の5つです。

  • 商品タイトル
  • 商品仕様
  • 商品説明
  • 商品紹介コンテンツ
  • 検索キーワード

特に重要なのは商品タイトルです。検索でヒットさせたいキーワードを、可能な限り左側に配置することで、検索エンジンに引っかかりやすくなります。しかし、キーワードを並べ過ぎると閲覧者にとって見づらくなってしまい、購入率が下がります。

検索キーワードは管理画面上で入力します。類似性の低いものを入れると検索順位を落とされてしまいます。例えば、「商品名 ブランド名 サイズ 色 用途」などといったワードを入れていくといいでしょう。

Amazonセラー広告の活用

Amazon内で広告を打つことで、商品の視認性を高めることができます。特に、スポンサープロダクト広告は、効率よくアピールすることが可能です。

なお、TwitterやInstagramなどのAmazon以外の外部媒体の広告も有効です。商品ページへのアクセス数が増加すれば、売上も増加します。またAmazon内のSEO高評価にもつながります。

まとめ

大口出品と小口出品の違いをしっかり理解すると、自身の取り組み度合いでどちらを選択すればいいかが変わります。

Amazonで本格的に稼ぎたい人は大口出品がオススメです。固定費はかかりますが、それ以上に稼げる可能性は十分にあります。

今回の記事を参考にして、どちらが適切か判断してください。

ところで、ビジネスで成功するためには独学よりも体系化された教材やサービスを活用して学ぶ方が結果が早く出ます。

ここではアクシグ編集部が予め登録した上で責任者に直接取材をし、有用性を確認した教材やサービスのみを厳選してご紹介します。無料ですのでお気軽にご登録またはご相談ください。

【限定公開】成功者続出の秘密のノウハウ

日本未上陸のノウハウで先行者利益が得られる大チャンス到来!

  • 月間利益195万円を突破した本人による最新成功事例の紹介
  • 世界トップ3位の日本人が誰も知らない革命的販売手法とは
  • アカウント停止リスクの無い安全なビジネスモデル
  • 無在庫でも販売できる最新の方法
  • Amazonの5倍成長しているマル秘プラットフォームとは
  • 利益率80%超えの超マル秘仕入れ手法

など、日本ではまだ知られていない秘密の情報をお届けします。

あなたのビジネスを成功させるために、今すぐ限定情報を入手してください。

【漫画で分かる】無在庫輸入物販ビジネス

アメリカやヨーロッパの商品を日本の「Amazon」などで 受注をしてから仕入れる無在庫方式の販売方法を解説しています。

  • まとまった資金がなくてもスタート可能!
  • 取り寄せ式なので大量の在庫を抱えなくて良い!
  • ネットで完結なので自宅でできる!

1つの商品の販売で1万円以上の利益を得ることもでき、 効率良く手元の資金が増やすことができます。

あなたもぜひ無在庫欧米輸入ビジネスで、 堅実な収入の柱を一緒に作りませんか?

【無料相談】Biz English

ビジネス英語は3ヶ月でマスターできます!

インターネットの買い物に慣れてくると、アメリカのアマゾンやeBayで購入したり出品したりしたくなるでしょう。英語ができなくてもGoogle翻訳やDeepLなどのツールを使えば始めるのは簡単です。

ところがクレームや返金などが発生すると機械翻訳では上手く交渉できません。金額が大きくなりビジネスレベルになるとなおさらリスクが高くなります。

ビズイングリッシュはビジネス英語専門の英会話スクールです。受講生は全くのゼロから英語でアカウントを復活させたり、海外の展示会で交渉に成功したりと幅広く活躍をしています!

今すぐビジネスレベルの英語力を身につけましょう!