物販

アマゾンせどりで購入者に評価されやすい商品梱包方法を解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

「商品が売れた!でも、商品の梱包・発送方法が分からない…」

Amazonせどりビジネスの初心者が必ずと言っていいほど直面する悩みだと思います。

ちなみに、Amazonマーケットプレイスのヘルプページでは、商品の梱包・配送について以下のように説明されています。

「できるだけ簡略化することをおすすめします…」

なかなか分かりにくい説明ですよね。

梱包と言っても、ダンボールに入れるのか、緩衝材付きの専用封筒に入れるのか、それとも、普通の郵便用封筒で良いのかなど、方法が色々あってかなり迷います。

自己発送の場合とFBAの場合とで梱包方法に違いはあるのかも、初心者の人にとっては分かりづらいところです。

また、梱包をやりすぎてしまうと、梱包費用がかさんで利益が減りますし、購入者側から見ても余計なゴミが増えて、迷惑がられてしまいます。

かと言って、質素にしすぎると、配送時の衝撃などに耐えられずに商品が破損するかもしれないし…。

そこで、この記事では、「発送費の負担をできるだけ減らし、購入者に評価される」ための、おすすめの梱包方法&商品の発送方法について紹介したいと思います。これを読んで梱包に関する悩みを解消してください。

Amazonで商品が売れた時の梱包・発送の手順

それでは、Amazonで商品が売れた際の梱包方法と発送方法について、順番に解説していきます。

梱包方法に関しては、「質素」なものを好む人がいる一方で「重厚」なものを望む人もいるので、「こうするのが正解!」というものはありません。

ただ、出品者としてのあなたの評価に関わる重要な工程であることは確かです。

購入者に好感を持ってもらえる必要最低限の梱包方法を紹介しますので、ぜひ、取り入れてみてください。

納品書を印刷する(自己発送)

自己発送の商品が売れたら、Amazonセラーセントラルの「注文管理」にアクセスし、売れた商品の詳細ページを開きます。
商品詳細ページに「納品書の印刷」というボタンがあるので、そこから納品書を印刷しましょう。

以下は印刷した納品書の画像です。

納品書は点線部分で上下に切り離すことができるので、ハサミやカッターで切り離し、点線より下の部分を商品に同梱するようにしましょう。

ちなみに、点線より上の赤枠で囲った部分は、購入者の住所など、お届け先情報が記載されているので、通常の郵便で送る際の宛名として利用可能です。

検品する(自己発送・FBA発送共通)

納品書の準備ができたら、「早速商品を発送」といきたいところですが、その前にやることがあります。

それは、検品作業です。最低でも以下の各項目は確認しましょう。

・注文された商品情報と比べて、色や形、サイズは合っているか?
・商品に汚れや破損はないか?
・注文個数と相違はないか?

なお、検品した結果、商品に不具合が見つかった場合は、一旦、購入者へ連絡して対応方法を相談するようにしましょう。

梱包する(自己発送・FBA発送共通)

軽い商品や重い商品、慎重な取り扱いが必要な物やそうでない物、各商品ごとに梱包方法を使い分けるようにしてください。

ただ、商品の大きさを問わず、基本的には「OPPパック」という透明の袋に商品を入れるようにしましょう。このひと手間を加えるだけで商品の見栄えがよくなりますし「きちんと包装されている」というイメージを相手に伝えることもできます。

自己発送の場合は、あなたが梱包した状態で購入者のもとへ商品が届きます。受け取った相手が不快にならないように、最低限の見栄えを意識した梱包をするようにしましょう。

FBA納品設定をする(FBA発送)

ここではFBAの納品設定について解説します。自己発送でAmazonせどりに取り組んでいる人は、ここは読み飛ばしてもらって構いません。将来、FBA登録をした際に読んでもらえればと思います。

FBA登録をしている場合は、あなたが商品を送るわけではなく、Amazonが商品の梱包と発送を代行してくれます。そのため、FBA登録をしている人は、直接購入者への商品発送が不要になるかわりに、Amazon倉庫への納品作業が必要です。

商品を仕入れたら、以下の手順に従ってAmazonへ商品を納品しましょう。

まずは、Amazonセラーセントラルのトップページから、

『在庫』→『在庫管理』→『ステータス(停止中)』

と進んでください。

今回の解説では、このように在庫ステータスが『停止中』となっている商品を納品していきます。
ちなみに、この停止中ステータスは「新たに商品を出品した場合」や「商品がFBAで売れてしまった場合」に表示されます。

表示されている停止中ステータス横の『四角ボックス』にチェックを入れてください。

次に、『選択中の○○商品を一括変更』のボタンをクリックして、プルダウンを表示させます。表示された選択肢の中から『在庫商品を納品/補充する』を選択しましょう。

すると、『〇件の出品に対し、在庫商品を納品/補充する を選択しました。続行しますか?』というアラートが表示されますので、『はい、続けます』を選択します。

納品プランの選択画面に遷移します。画面左側に表示されている納品プラン選択のラジオボタンについては、上の『新規の納品プランを作成』にチェックを入れてください。続いて、画面右側に表示されている梱包タイプ選択のラジオボタンについては『個別の商品(異なる商品で構成)』にチェックを入れましょう。この際に、発送元の情報に誤りがないかも併せてチェックしておいてください。そして、『続ける』をクリックします。

次に、商品の個数を入力するページに遷移するので、それぞれの商品個数を入力して『続ける』をクリックしてください。そして、もう一度『続ける』をクリックします。

ここまでで、納品設定は完了です。

ここから先は、商品ラベルの印刷ページ → 配送ラベルの印刷ページと画面が進んでいきます。

ラベルシールを商品に貼る(FBA発送)

続いて、バーコードが印字されたラベルシールを商品に貼る手順について解説します。

この部分についても、FBAで発送する場合だけ必要になるので、現在、自己発送でビジネスをされている方は読み飛ばしてもらって構いません。

ラベルシールについては、発送する商品の形状などにより、若干コツがあるので覚えておきましょう。

・商品がぬいぐるみなどの場合

ぬいぐるみを透明なビニール袋に入れて、袋の上からラベルを貼ります。その際に、曲面に貼ってしまうと、ラベルのバーコードも曲がってしまうので、なるべく平らな面に貼るようにしてください。

・商品が箱などに入っている場合

まず、箱のサイズに合ったOPP袋に入れてください。箱に商品自体のバーコードが印字されている場合は、その上からラベルを貼って、商品自体のバーコードを隠すようにしましょう。

もしも、箱に商品バーコードが複数印字されている場合は、無地のシールなどで商品バーコードを隠してください。

新品の商品で、メーカーの「化粧箱」に商品が入っている場合、化粧箱にそのままラベルを貼ることを嫌がる人もいます。そのため、できるだけ、OPP袋に入れたり緩衝材で包んで、その上からラベルを貼るようにしましょう。

商品に宛名を貼る(FBA発送)

ここでは、「自己発送」の際に、宛名を商品に貼る手順を解説します(FBA発送の場合は必要ありません)。

商品を封筒で発送する場合と、箱で発送する場合に分けて説明していきます。

【商品を封筒に入れて発送する場合】

まず、下の商品画像を見てください。大小の封筒に入った2つの商品があります。

左の小さい封筒に入っているのはキーホルダーで、緩衝材(プチプチ)に包んでいます。

画像の通り、先ほどの工程で、納品書から切り取った宛名を、封筒の上へ丁寧に貼って完了です。

次に、右のA4サイズの封筒に入っている商品は雑誌です。

分厚い本を送るのでなければ、このようなクラフト封筒で充分ですが、OPP袋に入れて、できれば緩衝材(プチプチ)で包むようにしましょう。

また、薄いパンフレットなどの冊子を送る場合は、配送中に折れ曲がってしまう可能性があります。その場合は「厚紙に当てて」梱包するなどして対応してください。

【商品を箱に入れて発送する場合】

箱で発送する場合は箱上面に宛名を貼れば良いですが、箱の中に入っている商品が動かないように、緩衝材で梱包して、箱の中の隙間に新聞紙などを詰めるようにしましょう。

また、できるだけ綺麗な箱に入れて送るようにしてください。

なお、発送する商品が、食器やフィギュアなどの場合は「こわれもの」と表示するようにします。もし、時間指定がある場合は、それも忘れずに表示しましょう。

それから、少し細かいかもしれませんが、箱のサイズギリギリの商品を送る場合、「カッター刃注意!」と見えやすい場所に表示しておくと親切です。

このような、細かい気遣いは取引後の評価に反映されることもあるので、覚えておくと良いでしょう。

商品に配送ラベルを貼る(FBA発送)

FBA発送の場合は宛名ではなく、配送ラベルを貼ります。

なお、先ほどの章で商品ごとに貼ったラベルシールは商品ラベルで、ここで説明するラベルは配送ラベルなので、混同しないように注意してください。

FBA発送の場合、商品ごとにOPP袋で包むなど、簡易の包装を施したら、それぞれに商品ラベルを貼ります。
そして、ダンボール箱などに商品をまとめて入れて、印刷した配送ラベルを箱に貼ったら完了です。

自己発送の場合の商品梱包方法を詳しく解説

ここからは、自己発送の商品が売れた場合の梱包方法をくわしく説明していきます。

繰り返しになりますが、自己発送はFBA発送と違って、あなた自身が商品を綺麗に梱包する必要があります。あなたが梱包した状態のまま、購入者のもとへ商品が届くので、その点を念頭において丁寧な作業を心がけましょう。

なお、初心者の頃は扱う商品ジャンルをできるだけ統一した方が梱包費用を抑えることができます。なぜなら、出品している商品ジャンルがバラバラの場合、商品の大きさもバラバラになりがちなので、様々な大きさのダンボールや、いろんな種類の封筒を用意しなければならなくなり、どうしても梱包材の費用がかさんでしまうからです。

CDや本などの薄型商品を送れるクッション封筒が便利

このように緩衝材で中が保護されたクッション封筒はかなり便利です。

封筒の中にプチプチが敷き詰めてあるので、CDやDVDなどのメディア系商品や、書籍、小物雑貨を送る時などに使えます。

発送数がそんなに多くない場合は小ロットになりますが、100円ショップで簡単に調達可能です。

商品がたくさん売れだしてクッション封筒が大量に必要となった時は、梱包材や緩衝材の専門点でまとめて購入するようにしましょう。

ダンボールの見た目が取引後の評価を左右する?

発送する商品サイズが大きい場合は、ダンボールを用意する必要があります。

近所の八百屋やコンビニ、ドラックストアなどにお願いすれば、無料で譲ってくれますが、できれば無地の綺麗なダンボールを用意する方が良いです。

無料で調達したダンボールで発送することで、Amazonから罰せられることはありません。しかし、ダンボールが汚れていたり、変な匂いが付いていたりしたら、あなたの評価に関わります。大きな字で「ピーマン」と書かれたダンボールにフィギュアが入っていたら、良い気分はしませんよね?

先ほどの章でも少し触れましたが、このような心遣いがあるか無いかで、取引後の評価が変わってきます。そのため、ダンボールはできるだけ無地のものをネットで購入するようにしましょう。

また、以下の画像のような、通称「プチプチ」と呼ばれる緩衝材も必要です。

ダンボールで商品を発送する場合は、緩衝材もセットで使うので、100円ショップやホームセンター等で購入しておきましょう。

なお、大量に使う場合は、ネットで数十メートルのロール状になったものを購入しましょう。まとめて購入した方が、コスパが良いので、なるべくまとめ買いすることをおすすめします。

挨拶文を同梱したライバルと差別化しよう

自己発送を行う場合は、挨拶文も同梱しておきましょう。

挨拶状を読んだ購入者があなたのファンになってくれたら、次回以降、他のライバル店の方が値段が安くても、再び、あなたのお店から購入してくれるようになります。なぜなら、丁寧に発送してくれることだけでなく、あなたのサービスの質の高さを知っているからです。

正直、めんどくさい作業なため、実践しているライバル出品者の数は限られています。そのため、少しの手間をかけるだけでライバルと差別化できます。

信頼を獲得することは、せどりビジネスで稼ぎ続ける上で大きな資産となりますので、ぜひ実践してみてください。

これを間違うと返品される。FBA発送の正しい梱包方法

ここからは、FBA発送の商品梱包方法を細かく解説していきます。

FBA発送なので、仕入れた商品をAmazonの倉庫に送るだけの作業ではありますが、実は、いろいろと細かいルールが決まっています。

このルールを守らないと、最悪の場合「受領不可」となり、商品があなたのもとへ戻ってきてしまうので、そうならないためにも手順をしっかり覚えておきましょう。

無料のダンボールでOK。ただし、強度に注意しよう

FBA発送の場合は、仕入れた商品をAmazonの倉庫に送ることになります。

購入者に送るわけではないので、発送に使うダンボールは、ネットから購入した綺麗なものでなくても大丈夫です。

無料のもので問題ないので、近所のコンビニやドラッグストアで貰ってきたり、家に保管しているダンボールを使いまわすようにしましょう。

ただし、あまりにもボロボロのダンボールや、強度の低いダンボールを使ってしまうと「受領不可」となる可能性があります。

多少の汚れがついていても良いですが、最低限の強度を備えたダンボールを使うようにしてください。

ダンボールのバーコードは必ず隠す

梱包で使っているダンボールにバーコードが印字されている場合、倉庫納品の際に、そのバーコードを「読み取れない」状態にしておく必要があります。

なぜなら、Amazon側がダンボールのバーコードを間違って読み取る可能性があり「商品該当なし」という誤った判断を下されるかもしれないからです。「商品該当なし」と判断されると、当然、受領不可となり、商品が返品されてあなたのもとへ戻ってきます。

そのような事態を避けるためにも、ダンボールのバーコード部分に、無地のラベルを貼るか、マジックなどで黒く塗りつぶして、バーコードが読み取れない状態にしましょう。

FBA商品を納品する際の注意点まとめ

実は、ここまで紹介したケース以外にも「受領不可」となる場合があります。

倉庫納品で失敗しないために、注意すべきポイントをまとめて解説しますので、ぜひ参考にしてください。

【注意点1】ダンボールの強度

ダンボールが潰れていたり破損している場合は、受領不可となる可能性があるので注意してください。

「ダンボールが破損していないか?」必ずチェックするようにし、商品自体の化粧箱で発送する場合には、剥がれやすいタイプのラベルシールを利用するようにして、化粧箱が汚れない工夫をしましょう。

【注意点2】商品袋

破損がNGなのはダンボールに限った話ではありません。商品を梱包している袋が破れていても、商品を受け取ってもらえないので気をつけましょう。

梱包する袋は、この記事でも何度か紹介しているOPPパックを使うようにしてください。また、商品が袋から出ないように、口をテープで止めておくことも大切です。

【注意点3】包装状態

「商品が梱包からはみ出していないかどうか?」もポイントです。袋や箱から商品がはみ出していると納品受領不可と判断されてしまうので、注意しましょう。

【注意点4】商品コンディション

それから商品のコンディションにも気を配るようにしてください。届いた商品が画像と違っていたり、商品自体が日焼けで色褪せてしまっている場合は、商品を受け取ってもらえず返品されてしまいます。

その他にも、「商品重量をオーバーしているのに重量超過の記載をしていない」「梱包に使ったハサミやテープ、私物などが誤って同梱されている」「2つのダンボールをつなぎ合わせて梱包している」などの細かい受領不可事由があるので、注意を払うようにしてください。

受領不可で戻ってきた商品を再発送するのは、かなり面倒くさいですよ。

商品発送方法はどれを使う?発送サービスの種類まとめ

最後は商品の発送方法について解説します。

発送方法にはいろいろな選択肢があるので初心者の人は迷うかもしれませんが、取り扱っている商品の種類や大きさなどによって選ぶようにしましょう。

普通便を使う場合

あなたが個人のAmazonせどらーなら、普通便を使いましょう。

サービス面や料金面でバランスが取れているのは、「ヤマト運輸」「郵便局」「佐川急便」の大手3社です。

代表的なサービスとしては、定形外郵便、ゆうメール、ゆうパケット、ゆうパック、クリックポスト、ヤマト宅急便、宅急便コンパクト、らくらく家財宅急便、飛脚宅急便、などがあります。

中でも、大型の家電を発送したい場合は、「らくらく家財宅急便」が便利です。

ヤマトの作業員が家に訪問し、商品を梱包した後にそのまま運び出してくれるので、どんなに重い家電製品や家具でもラクラクに発送できます。

特殊便を使う場合

Amazonせどりを法人や個人事業主として行っていたり、配送業社と大口契約を結んで商品を発送する場合は、特殊便を使うようにしましょう。

また、大口契約を結ばなくても、大手オークションサイトなどに登録することで利用可能なサービスもあります。

代表的なサービスとして、第三種郵便物、第四種郵便物、ネコポス、クロネコDM便、ヤマト時間便、飛脚メール便、飛脚ゆうメール、などがあります。

毎月、商品を大量に発送する場合は、法人や個人事業主として大口契約を結ぶ方が料金面などのメリットを受けられるのでおすすめです。

クール便を使う場合

食品や美容品などを発送する場合は、クール便を利用しましょう。

クール便の代表的なサービスは、チルドゆうパック、クール宅急便、飛脚クール便などがあります。

専用コンテナなどを使って商品を配送するので、普通便に比べると料金は割高です。

まとめ

せどり・転売ビジネスをスタートしたばかりの初心者にとって、商品の梱包と発送はかなり重要なポイントです。

なぜなら、価格で勝負しにくいせどり・転売ビジネスにおいて唯一差別化できるのが、商品の梱包と発送だからです。

本記事で紹介した梱包方法を実践することで、購入者の多くから好感を持ってもらうことができます。

そして、あなたの人柄を出すために、ぜひ、挨拶文やお礼状を商品に同梱して、あなたのファンを一人でも増やしていきましょう。

一人でも多くのお客さんに価格以外の要素で喜んでもらえれば、あなたのビジネスの成功確率が高まることは間違いありません。





  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る