物販

Amazonに出品する際の店舗名を変更して売り上げ向上につなげましょう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

Amazonに出品する場合は、よく考えて店舗名を決めましょう。

もちろん、どのような店舗名にして出品するかは、出品者の自由です。ただ、専門店的な名前で出品したほうが売上に良い影響が出る場合も実際にあるのです。

この記事では、売上げ向上につながる店舗名を考える時のポイントや既存の店舗名を変更する方法をご紹介します。

店舗名やショップ名を決定する時のポイントとは?

店舗名やショップ名を考える際に、気を付けておきたいポイントを見ていきましょう。

Amazonのガイドラインではどうなっている?

まずはAmazonのガイドラインを確認しておきます。

出品者の禁止活動および行為、ならびに順守事項

また、「Amazon出品サービスのよくあるご質問」の中にも記載があります。

Amazon出品サービスのよくあるご質問(Amazon出品サービスへの登録)

このガイドラインを守りながら店舗名を決めていきましょう。

商標権侵害について

まず、「Amazon」とか「アマゾン」という文字を含んだ店舗名の使用は認められません。
また、有名企業と同じ名前を使うことは、法律上問題があります。

同じ屋号の使用が商標権を侵害しているとして賠償金を請求されることにもなりかねないので、名前を決める際は十分注意しましょう。

商標確認を決定する前にする

候補となる店舗名やショップ名を思いついたときは、まず、GoogleやYahoo!などで検索し同じ名前が存在するかどうかを確認しましょう。

J-PlatPat 特許情報プラットフォーム

こちらのサイトも店舗名やショップ名の確認に便利です。

特に検索に引っかからないようであれば、店舗名として使うことができると考えて良いでしょう。

店舗名を決める際のポイントとは?

みなさんは店舗名をどのように決めておられますか?

個人で出品している場合でも店舗名次第で売上が上下動するので、思いつきで決めるのは控えましょう。

ここからは、店舗名を決める際のポイントを項目別に見ていきます。

きちんとした店舗というイメージの名前にする

良い店舗名が思いつかないからと言って、名前や誕生日などを組み合わせて店舗名にするのは止めておきましょう。

あなたが購入者の立場なら、いかにも個人が出品しているという雰囲気の出品者から購入しますか?
個人から購入する場合、商品の品質は大丈夫なのか、配送はきちんとしてくれるのか、返品には対応してくれるのかなどいろいろと不安になりませんか?

ヤフオクなど個人間の取引きがメインのサイトでは問題ないかもしれませんが、Amazonの客層が求めているのは信頼感です。

店舗名は顧客の信頼感に大きな影響をを与ます。

名前を決める際は、きちんとした名前になっているかよく考えましょう。

上手な店舗名のコツとは?

良い店舗名にするコツは、実際にありそうな名前を使うことです。

○○店
○○屋
○○工房

などとするのがおすすめです。

ありきたりで平凡に感じるかもしれませんが、個人名よりも購入者に与えるイメージは格段に良くなります。
また、地域名や県名を付け加えるのも、地域色が出せるのでおすすめです。

店舗名で悩みすぎるのは良くないですが、迷ったときは以上のポイントを参考にしてください。

出品の際に名前はどう表示されるのか?

Amazonに出品するためには、本名や住所、電話番号をAmazonを利用するすべての人に公開しなければなりません。

自分の本名が公開されるのは嫌なのでニックネームで出品したいという方もいらっしゃるかも知れませんが、偽名やニックネームで出品することはもちろんできません。

自分の名前を公開することに抵抗がある場合は、レンタルオフィスを借りたり、家族の名前で出品したりすることはいちおう可能です。

ただ、本名で出品したとしても問題が生じることは稀なので、出品者のほとんどは本名を公開したまま営業しています。

店舗名を変更する方法

店舗名は一度決定した後でも簡単に変えられるので、さまざまな店舗名を設定してみてユーザーの反応や注文数にどのような変化があったか観察することもできます。

特に出品後間もない間は、それほど周知されていないので、名前を変更しても大きな問題はありません。

セラーセントラルから変更

店舗名の変更手続きは以下のとおりです。

セラーセントラルにログインします。

その後「設定」に進み、「出品用アカウント情報」という欄に進みます。

「出品者の情報」から変更

「出品用アカウント情報」の「出品者のプロフィール」を選択すると、「出品者の情報」が表示されます。

店舗名を入力

「表示名」となっている部分に、決定した店舗名を入力します。

その後「保存」というボタンをクリックして、変更した内容を保存します。

これで店舗名が変更されました。

店舗名(ストア名)を変更すべきタイミングについて


店舗名(ストア名)を変更する場合には、核となる部分は変えなくても良い事を覚えておきましょう。

これはどういう事かと言うと、店舗名にプラスして名前を追加していくという方法です。

例えば、「○○店舗」などという名前は変えずに、この後ろにさらに追加した名前に変えていきます。

セールを開催したい時

店舗名(ストア名)の変更は、実際に営業主体の名前を変える場合だけでなく、広告手段として使うこともできます。

例えば、「○○店舗」などという営業主体の名前は変えないまま後ろに文字を追加することもできるので、お店の宣伝のためにこの機能を効果的に利用しましょう。

たとえば、購入者にアピールしたいイベントがある時は、店舗名の後ろに宣伝文句を書き入れるのがおすすめです。

「〇〇店舗 △月までセール中!」とか「〇〇店舗 ポイント大還元!」などという名前に変更しておけばば、購入者は一目で安売り中であることやポイント還元サービスを実施していることがわかるので、有効な宣伝になります。

また、セール内容を店舗名の前に書けば、さらに購入者の目に留まりやすくなります。

専門性を出したい時

もし一部の商品ジャンルに限定して出品しているのであれば、「○○専門店」とか「○○音楽堂」や「○○電化」などと、名前を見ただけで何を売っているのか分かるような店舗名にするのもおすすめです。

専門的な名前にしておけば、「そのジャンルに詳しそう」とか「在庫や種類がたくさんありそう」などという風に購入者に思ってもらえます。

これで、安さよりも専門性を重視している人から購入してもらえるようになるでしょう。

取扱ジャンルが変更になった時

あなたは「○○電化」という名前のお店で化粧品を買いたいと思うでしょうか?

普通は「電気屋で売っている化粧品なんて大丈夫?」という印象を持つものです。

もちろん間違っているわけではありませんが、取扱商品とマッチしていない名前は購入者の購買意欲を削いでしまいます。

さまざまなジャンルの商品を扱っているのであれば、「○○電化」のような一部の商品に特化したお店という印象を与える名前ではなく、「○○ストア」や「○○ショップ」のような一般的な名前にしておくのが良いでしょう。

実績を追加する時

「◯◯店舗 Amazon評価600件以上!」とか「〇〇店舗 年間取引数3000件以上!」などと販売実績をアピールするのも、購入者に安心して買ってもらうために有効なネーミングです。

評価数はAmazonのサイトから確認することができますが、販売実績は出品者が表示しない限り購入者が知ることのできない情報です。
購入者は販売実績がある出品者から買いたいと思うものなので、これを積極的にアピールして購入者の信用を得るようにしましょう。

古物商許可証を取得した時

古物商許可証を取得できると「○○県公安委員会 第○○号」という番号が発行されます。

いわゆる「せどり」をやっている方は、この許可証を取得したうえで店舗名に上記の文言と番号を併記しておくことをおすすめします。

古物商許可を受けていない人達と違って、公式機関から古物取扱の許可を受けた信頼できるお店であることをアピールできるからです。

注意書きを付加したい時

一人で運営している場合、事故や病気に見舞われると発送手続き等をするのが困難になります。

止むを得ない事情が発生したとき、自己発送の商品であれば出品停止にできますが、FBAサービスを利用していた場合はそのまま販売が続いてしまいます。
販売中である限り、メールでの問い合わせはやってきます。これに対応できないままでいるとパフォーマンスが悪いと評価され、最悪の場合アカウントの閉鎖に追い込まれることもあります。

そうなってしまわないためにも、個人事業主の方は、緊急時に対応できない場合がある旨を店舗名に併記しておきましょう。

他にもこれだけは知っておいてもらいたいという事項を店舗名に加えて記載しておけば、後々のトラブルを避けることができます。

店舗ロゴを登録する方法

店舗名のロゴを利用することができるのは、大口出店型出品をしている方だけです。

ただし、2012年11月以前に登録された「マーケットプレイス型出店」のアカウントでは、大口出品だったとしてもロゴ画像を利用することができない点には注意してください。

Amazonの店舗名はテキストとロゴ画像のどちらが良いか

店舗名を工夫するのであればテキスト形式のほうが適しています。以下のように、店舗名とアピールポイントを組み合わせて作った店舗名を目にされた方も多いのではないでしょうか。

○○ショップ 24時間以内に発送可能
○○工房 2点目50円引き

Amazonでは正式名称が登録されているので、店舗名はニックネームのような扱いになっています。
また、文字数は16字以内とされていますが、これはあくまで目安であって16字以内でなければならないというわけではないので、文字数については気にすることなく店舗名を決めることができます。

ただ、Amazonのガイドラインが改定されることもあるので、変更する必要がないか確認するようにしましょう。

店舗名をロゴ画像にしていた場合であっても、ロゴ画像にマウスポインタを置けばテキストで店舗名が表示される仕組みになっています。なので、店舗名をロゴ画像にした場合であっても、アピールポイントを店舗名に併記しておくことで購入者にアピールすることができます。

ポップでキャッチーなロゴ画像を制作できれば、購入者の関心を引くことができるだけでなく、ロゴ画像をクリックするだけでストアページにアクセスしてもらえるというメリットもあります。

店舗名をテキストにしている場合は、評価ポイントをクリックして表示されるページからさらにストアページをクリックしてもらわないといけません。

したがって、ストアページを作りこんでいるショップは、ストアページへのアクセスが容易なロゴ画像で店舗名を表現するのがおすすめです。

ただ、一部の書籍などのカテゴリでは、ロゴ画像が表示されない設定となっているので注意が必要です。

店舗ロゴを登録する方法とは?

セラーセントラルから「設定」を選び、「情報・ポリシー」をクリック


「出品者ロゴ」をクリック

ここで作成しているロゴ画像をアップロードして登録します。

ロゴ画像として使えるのは、幅120ピクセル×高さ30ピクセルのjpgファイルかgifファイルです。
アニメーションは使用できないので、注意しましょう。また、ファイル名は半角英数字で記載する必要があります。

店舗ロゴを削除する方法

店舗ロゴ画像をアップロードするボタンはあっても削除するボタンはありません。
店舗ロゴ画像を削除または変更したいときは、テクニカルサポートに連絡してください。

テキストとロゴ画像には一長一短がある

書籍ジャンルであれば元々ロゴ画像が表示されないので店舗名を画像にする必要はありませんが、アパレルや家電のジャンルであればロゴ画像の方がお店のイメージが伝わりやすいです。

店舗名やロゴを考える時は、自分が購入する立場だったらどんなお店から購入するだろうかと想像してみてください。

店舗名をテキスト形式にする場合でも、読み方が分からないようなアルファベット表記は避けましょう。

Amazonでは、多数の店舗が同じ商品を出品している中から購入者が購入先を選ぶという販売スタイルになっています。
独自性があって覚えやすい名前のほうがリピートしてもらえる可能性が高まるので、良く考えたうえで店舗名を決めましょう。

なお、2016年7月から出品者ロゴが表示されなくなっているので、テキストで店舗名を工夫する必要性が増してきていると言えます。

店舗名をよく考えて他の出品者と差をつけよう

出品するにあたっては、店舗名が重要です
店舗名を工夫するだけで売上を伸ばす可能性が高まるからです。

残念なことに、出品者の中にはなんと読めばよいのか分からないような店舗名を使っている人もいます。
これでは、貴重な販売の機会を逃していると言わざるを得ません。

この記事で取り上げた店舗名を決めるポイントと変更方法に留意したうえで、魅力的な名前を付けるようにしましょう。

無料動画|アクシグ流 物販ビジネス大全
資金ゼロでネット物販を成功させる全手法


物販ビジネスで稼ぎたいけど、どうやって始めたらいいかわからない、売上が思うように伸びないとなど悩んでいませんか?

本映像では実績をあげた成功者の経験をもとに、

  • 現在の収入にプラス5万円の副業収入を獲得した「不用品販売」
  • わずか25歳で年商2億円を稼いだ「eBay輸出」
  • 1日2時間弱の作業で月収70万円を突破した「Amazon輸出」
  • 本業の傍らたった半年で月100万円を達成した「中国輸出」
  • 知識ゼロから年収2000万円の仕組みを作り上げた「中古品輸入」
  • 利益率70%以上、OLが副業で月30万円を稼いだ「インスタグラム物販」
  • マレーシアに住みながら1つの商品で月商1000万円を売り上げた「中国輸入」
  • 大学生が資金・リサーチ・在庫なしで月収30万円を稼いだ「韓国輸出」
など、さまざまな物販ビジネスでの稼ぎ方を全3時間30分にわたって徹底的に解説しています。




おすすめコンテンツ


資金ゼロでネット物販を成功させる全手法を無料で公開します!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

【無料】アクシグ流 物販ビジネス大全
資金ゼロでネット物販を成功させる全手法
【無料】物販ビジネス大全
ネット物販を成功させる全手法