物販

Amazonの危険性とは?安全に買い物をするための注意点を徹底解説!

「Amazonで購入した商品が届かなかった」「注文したものと全く異なる商品が届いた」など、Amazonで詐欺に遭ったというニュースを聞くようになりました。こんな悪いニュースばかり耳にしていれば、「これからAmazonで買うのを控えようかな」という気持ちになっても仕方ありません。

しかし、本当にAmazonでの買い物は危険なのでしょうか。気を付けて利用していれば、詐欺に遭う確率はグッと減少します。

今回は、Amazonを利用する際の危険性と、詐欺に遭わないために注意すべき点をご紹介します。

Amazonの2種類の発送方法

普段なんとなく利用している人も多いAmazonですが、実はAmazonでの商品配送方法には2種類あります。1つ目がAmazonの倉庫から発送する方法で、2つ目が販売者の倉庫や店舗から発送する方法です。

配送方法の違いによって詐欺に遭う危険性は異なってきます。

Amazonが発送する方法

Amazonの倉庫から発送される商品には、Amazon自体が販売している商品と、販売者がAmazonの倉庫に商品を預けて販売している商品があります。どちらの商品もAmazonが責任をもって管理・梱包・発送を行っているため、安心して購入できます。

販売者が発送する方法

一方、販売者が自分の倉庫または店舗から発送する商品もAmazonには大量に出品されています。例えば、中古の本やゲームなどは、販売者が自分で発送を行っている、いわゆるマーケットプレイス発送商品がほとんどです。

商品の管理・梱包・発送にAmazonがかかわっていないため、悪い出品者にあたると、状態の悪い商品や適当に梱包された商品が送られてくるリスクがあります。つまり、Amazonの買い物で気を付けなければならないのは、こちらのマーケットプレイスの商品なのです。

マーケットプレイス利用に潜む危険性

具体的に、マーケットプレイスの商品がどのように危険なのかを解説していきます。

本当に詐欺に遭いたくないのであれば、マーケットプレイスに出品されている商品の購入は避けるべきです。しかし、新品・中古品問わずさまざまな商品が安く購入できるため、利用しないとなると不便です。

そこで、マーケットプレイスを利用する前に、きちんとその危険性について把握した上で対策をとりましょう。

マーケットプレイス商品によくある詐欺

マーケットプレイスに出品されている商品は、ユーザーから注文が入ると、販売者が自分で梱包・発送を行います。つまり、購入者のもとへ問題なく商品が届くかどうかは販売者にかかっているわけです。しかしながら、悪質な販売者も少なからず存在しています。

例えば、最初から発送するつもりがない商品をAmazonで販売し、購入者にお金だけ支払わせる詐欺師もいます。普通なら、購入した商品がなかなか発送されないと、すぐに購入者は「怪しい」と思いますよね。

しかし、Amazonの場合は海外から商品を発送する出品者も多いため、「海外からの発送となるので到着まで1か月かかります」と言われれば、購入者も「そうなのか」と納得してしまうのです。

1か月も待っている間に、商品を買ったことすら忘れてしまう購入者もいるので、詐欺を働く販売者にとってAmazonは好都合なのです。

もちろん、Amazonには、商品が届かなかったなどのトラブルが発生した時のために「Amazonマーケットプレイス保証」という保証制度もあります。しかし、保証を受けるには商品の発送予定日最終日から3か月(90日)以内に申請しなければなりません。

悪質な販売者はもちろん保証制度のことを知っているので、あらゆる理由をつけて3か月以上待ってもらおうとします。優しい購入者なら、「販売者も申し訳なさそうにしているし、気長に待つか」と思ってしまいます。そうなるのを詐欺師は狙っているのです。

悪質な販売者を見分ける方法

では、購入者としては、どのように普通の販売者と悪質な販売者を見分ければよいのでしょうか。

実は、簡単に見分ける方法があります。

ここからは、悪質な販売者を前もって見分ける方法について紹介します。

マーケットプレイスの商品は要注意

まずは、これから購入しようとしている商品の詳細ページにアクセスしてみてください。Amazonが発送している商品であれば、「出荷元 Amazon」と書かれています。

Amazonが発送する商品は安全だと考えてよいので、今回はマーケットプレイスの商品をみていきましょう。

出品者の評価をチェックする

商品の詳細ページには「出荷元○○○ 販売元○○○」という風に、商品の販売・発送を行う出品者の名前が書かれています。そして、出品者の名前をクリックすると、その出品者に対する評価を見ることができるようになっています。

出品者の評価があまりに低い場合は、その出品者から商品を購入するのは避けたほうが良いでしょう。また、評価・レビューが1件もない出品者からも購入しないようにするのが得策です。

Amazonで詐欺に遭った場合にすべきこと

商品が届かなかったり、明らかに悪意のある不良品が届いたりした場合でも、泣き寝入りする必要はありません。

先ほどお話しした通り、Amazonには、Amazonマーケットプレイス保証といって商品代金を返金してもらえる仕組みがあります。

ただ、非常に悪質なケースであれば、警察に相談することも考えてください。

ここからは、Amazonで実際に詐欺に遭ってしまった場合にすべきことを紹介しますので、参考になさってください。

カスタマーサービスに相談する

購入した商品が届かない等のトラブルに遭ってしまった場合は、まずはAmazonのカスタマーサポートに連絡しましょう。Amazon側から出品者へ問い合わせることによって解決する場合もあるからです。未配送が販売者のうっかりミスだった、なんてことも実際にあるのです。

Amazonに連絡したものの解決しなかった場合は、「Amazonマーケットプレイス保証」を申請しましょう。補償される金額の上限は30万円と決まっていますが、お届け日の最終日から90日以内であれば補償が受けられます。

ただし、「お届け日の最終日から90日以内の申請でなければ保証されない」点には注意が必要です。商品の販売者は「通関に時間がかかってしまって」などと言って商品の到着を待たせようとしますが、明らかに怪しい場合は必ず30日以内に保証を申請しましょう。

また、あまりに高額な金額をだまし取られそうになった場合は、さっさと警察に通報したほうが良いでしょう。

Amazonで買い物を楽しむために気を付けるべき点

次に、Amazonで安全に買い物を楽しむために気を付けるべき点を紹介します。Amazonだけでなく他の通販サイトにも共通することなので、是非参考になさってください。

Amazonが発送する商品のみ購入する

Amazonから確実に商品を受け取りたい場合は、Amazonが発送する商品しか購入しないと決めておくのがおすすめです。Amazonが管理・発送を担当している商品は、輸送中に問題が生じない限り、ほぼ確実に購入者の元へ届けられます。

サクラレビューに騙されない

どんな通販サイトで商品を購入する場合でも、まずは商品の販売者の評価・レビューをチェックしてから購入するようにしましょう。Amazonや楽天市場だけでなく、メルカリやラクマなどのフリマアプリでも出品者の評価をチェックし、高評価の多い出品者から商品を購入するとトラブルを防げます。

しかし、ここでも注意点があります。それは、サクラレビューという偽物のレビューの存在です。サクラレビューとは、商品の販売者がサクラを雇ってわざと投稿させた高評価のことです。サクラを使う出品者は、商品のレビューや出品者評価を入力してもらった見返りにアルバイト代や商品を渡しています。

サクラは日本人ではない場合も多いので、明らかに日本語がおかしい場合や、レビュー・評価している人の名前が「田中」「鈴木」など日本人によくある名前ばかりである場合はサクラの可能性が高いと考えて間違いありません。

サクラレビューに惑わされないよう商品や出品者を見極めた上で安全に買い物を楽しみましょう。

個人情報が漏れないように注意すべきこと

ところで、購入者がいくら気を付けていても、Amazon側から個人情報が漏れてしまったり、アカウント自体を乗っ取られたりしたらどうにもなりませんよね。ここからは、Amazonに登録した情報の漏洩対策について解説します。

置きっぱなしにしない・パスワードを設定する

最近は、カフェやコアワーキングスペースでパソコン・スマホを使う人が増えています。しかし、このような不特定多数人が出入りする場所で、飲み物を取りに行ったり、トイレに行ったりする時に、パソコンやスマホを置いたままにするのは大変危険です。

誰かが容易にパソコンやスマホにアクセスできる状態だと、個人情報が簡単に盗まれてしまいます。パソコンやスマホには必ずロックをかけ、パスワードを入力しないとアクセスできないように設定しておきましょう。

また、飲み物を取りに行ったり、トイレに行ったりと、ほんの数分だけ席を離れる場合であっても、必ずパソコンとスマホ、財布は持って行くべきです。面倒くさいので机の上に置きっぱなしにしがちですが、実際にカフェでパソコンを盗まれたケースもあるので、十分に注意しましょう。

サイトごとに異なるパスワードを設定する

通販サイトやソーシャルメディアでは多くの人がIDとパスワードを設定しますよね。そのパスワード、サイトやサービスごとに変えていますか?もしも全てのサイト・サービスで同じパスワードを使いまわしているなら、悪意ある人によって簡単に不正ログインされてしまいます。

数日の間に複数のサイトに不正ログインされてしまうリスクも高いので、要注意です。パスワードは、利用するサイト・サービス毎に異なるものを用意しましょう。

ちなみに、単純な英単語を並べただけのパスワードは大変危険です。例えば、「happy」 なんてパスワードは簡単に見破られてしまうので使わないようにしましょう。パスワードは、アルファベットの大文字・小文字、数字、記号を組み合わせたものが理想的です。

クレジットカードの利用限度額を下げる

最近では、強固なセキュリティ対策を行っているクレジットカードですら不正利用されるケースが増えています。万が一、クレジットカードを不正利用されてしまったときに備えて、クレジットカードの利用限度額を低く設定しておくのもおすすめです。

限度額を100万円に設定していたら、最悪の場合100万円分を不正利用されてしまいますよね。もしも限度額を10万円に設定していたら、被害は最高でも10万円で済みます(もちろん、10万円でもショックですけどね…)。クレジットカード会社は不正利用された金額分の返金に応じてくれますが、不正利用の事実を証明するのは面倒ですし、ショックを最低限に抑えるためにも必ず利用金額を低く設定しておきましょう。

暗号化されていないフリーWi-Fiに接続しない

カフェやコアワーキングスペースでは、フリーWi-Fiを利用できることが多くなっています。フリーWi-Fiは便利ですが、これを使ってしまうと悪意ある人によって不正アクセスされる恐れも伴います。そのため、暗号化されていないフリーWi-Fiは使わないほうが無難です。

セキュリティソフトを導入する

基本的なことですが、パソコンやスマホにセキュリティソフトを導入しておくことが重要です。あなたがアクセスしたサイトや開封した電子メールから、いつどんなウィルスが入ってくるか分からないからです。

クレジットカードの明細は毎月チェックする

話はAmazonに戻りますが、Amazonのアカウントが乗っ取られた場合、大量の商品が注文されてどこか知らない場所に配送される恐れがあります。普段からよくAmazonを利用される方ならすぐに気づくと思いますが、あまりAmazonにアクセスしない人だと気づくのが遅くなる可能性があります。

Amazonに関わらず、他の通販サイトでもクレジットカード情報を登録しているなら、毎月のクレジットカード明細は必ずチェックしておきましょう。そうすれば、不正にAmazonや他の通販サイトでクレジットカードを使われた場合でも、すぐに気づくことができます。

安全に買い物を楽しもう

Amazonはとても便利な通販サイトです。しかし、詐欺に遭ったり、不正ログインされたりといったトラブルに遭う危険性もあります。それでも、今回ご紹介した方法を実践しておけば、多くのトラブルは回避できます。トラブルへの対策を万全にして、Amazonを安全に利用してください。

ところで、ビジネスで成功するためには独学よりも体系化された教材やサービスを活用して学ぶ方が結果が早く出ます。

インターネットを活用してビジネスを始めること自体は簡単です。そのためインターネット上にはあらゆるレベルの教材やサービスが存在しています。最新の情報にアップデートされているものから、途中で放置されているものまで本当にいろいろです。

そして、どんな教材やサービスを選ぶかによって、成功の度合いも大きく異なってきます。

評判も良いものから悪いものまでさまざまです。このように評価が安定しないのは、各々の教材のサービスの質が一定していないことが原因です。

ここではアクシグ編集部が予め登録した上で責任者に直接取材をし、有用性を確認した教材やサービスのみを厳選してご紹介します。無料ですのでお気軽にご登録またはご相談ください。

【無料レポート】中国輸入ビジネス成功の秘訣

安定して稼げる物販、副業として話題の中国輸入ビジネス。 「中国の卸サイト」で仕入れて、「アマゾン」「メルカリ」「ヤフオク」で売る、誰でもできる分かりやすい物販ビジネスです。

数万円の仕入れからスタートできる! 完全在宅でもOKだから、自分のペースでできる! 中国語不要、安く仕入れて検品・納品までしてくれる仕組みも紹介!

  • 数万円の仕入れからスタートできる!
  • 完全在宅でもOKだから、自分のペースでできる!
  • 中国語不要、安く仕入れて検品・納品までしてくれる仕組みも紹介!

行動力とやる気があればOK! サラリーマン、派遣社員、公務員、シングルマザー、自営業、フリーターなどあらゆる環境の方がどんどん成功しています。

この無料メール講座執筆者も、元は時給800円フリーターでしたが、 1年後には年収1,000万円、2年後には年収2,040万円を実現しました。

あなたも、中国輸入ビジネスで年収1,000万円を達成してみませんか?

【漫画で分かる】無在庫輸入物販ビジネス

アメリカやヨーロッパの商品を日本の「Amazon」などで 受注をしてから仕入れる無在庫方式の販売方法を解説しています。

  • ・まとまった資金がなくてもスタート可能!
  • ・取り寄せ式なので大量の在庫を抱えなくて良い!
  • ・ネットで完結なので自宅でできる!

1つの商品の販売で1万円以上の利益を得ることもでき、 効率良く手元の資金が増やすことができます。

あなたもぜひ無在庫欧米輸入ビジネスで、 堅実な収入の柱を一緒に作りませんか?

【無料相談】Biz English

ビジネス英語は3ヶ月でマスターできます!

インターネットの買い物に慣れてくると、アメリカのアマゾンやeBayで購入したり出品したりしたくなるでしょう。英語ができなくてもGoogle翻訳やDeepLなどのツールを使えば始めるのは簡単です。

ところがクレームや返金などが発生すると機械翻訳では上手く交渉できません。金額が大きくなりビジネスレベルになるとなおさらリスクが高くなります。

ビズイングリッシュはビジネス英語専門の英会話スクールです。受講生は全くのゼロから英語でアカウントを復活させたり、海外の展示会で交渉に成功したりと幅広く活躍をしています!

今すぐビジネスレベルの英語力を身につけましょう!

【無料レポート】けいすけ式、eBay輸出大百科

4130分以上の有料級動画コンテンツを無料プレゼントします!

この大百科を見てeBay輸出を実践していただければ、全くの初心者でも完全在宅で月収30万円を達成できる内容になっています。

その方法に興味がございましたら、ぜひ無料で394本のこの動画を受け取ってください。