物販

Amazonとヤフオクの無在庫販売ツール -おすすめツールと必要性

Amazonやヤフオクを使って無在庫販売をおこなう人に、専用ツールが必要な理由・専用ツールの選び方・おすすめのツールを紹介します。ツールに頼りすぎるのも問題ですが、ある程度作業を自動化し、効率的に仕事をすることは重要です。無在庫販売をおこなってみたいけど、何をしたらいいのかわからないという人はぜひ参考にしてください。

Amazon輸出にツールが必要な理由

ここでは、Amazon無在庫販売をはじめるために専用のツールがあったほうがいい理由を説明します。

新規出品をするために便利だから

出品の方法には、新規出品と相乗り出品があります。新規出品とは、言葉の通り、まだ他の人が出品していない商品を出品するためにイチから自分で出品ページを作る方法です。対して、相乗り出品はほかの人がすでに出品している商品ページに商品を出品することを指します。

無在庫出品の場合、わざわざ競合がいる商品に手を付けるのは得策ではありません。回転率が悪くとも、他の人が出品していない、高利益の商品を出品するべきです。

つまり、相乗り出品よりも新規出品が最適です。しかし、イチから出品ページを作るのには、労力がかかるので、専用のツールがあったほうがいいのです。

ツールがないと在庫管理が大変だから

無在庫転売の必勝法は、とにかく売れそうな商品すべてを出品することです。売れてから仕入れを行えばいいので、出品数が膨大でも在庫を抱えるリスクはありません。

しかし、在庫数が多いということはそれだけ管理が大変ということです。人の力では限界があるため、専用ツールがあったほうが効率よく仕事できます。

ツールは作業効率を上げるためのシステム

Amazon無在庫販売においてにおいて、専用ツールは必須だといえます。しかし、ツールはあくまで補助システムです。

完全自動化ツールも存在しますが、自分がきちんと仕組みを学び、手をかけて運営していく気がなければ成功しません。ツールは作業効率を上げるためのシステムであることを理解し、「ツールさえ使えば簡単に利益をあげられる」と勘違いしないで下さい。

Amazon無在庫販売の専用ツール選びで必須な機能は?

ここでは、Amazon無在庫販売をおこなうにあたって、ツールとして取り入れるべき機能を紹介します。

価格改定の自動化

商品を売るためには、為替変動や競合の出品価格に合わせて価格改定をおこなうことが大切です。競合よりも高すぎて売れない・安く売りすぎてしまい価格崩壊が起きる・為替変動を考慮せずに出品して、赤字といった事態は避けなければいけません。

しかし、その作業を手動でやっていては時間がいくらあっても足りません。1時間ごと・6時間ごと・24時間ごとなど、設定した時間ごとに最新の情報を仕入れ、自動で価格改定を行ってくれるツールを導入しましょう。

在庫切れ管理機能

商品が売れた後に在庫切れに気づき、仕入れが行えない・販売ができないとなると、注文をキャンセルする必要が出てきます。しかし、注文キャンセルが増えるとAmazonからの評価が落ち、最悪の場合アカウントを凍結されてしまいます。

とはいえ、在庫状況を逐一仕入れサイトから調べていては、時間と手間がかかりすぎてしまうのも事実です。そこで、仕入元のサイトと連動して在庫状況を調べてくれる・仕入元の在庫が切れたら出品も停止してくれる機能があるツールを導入しましょう。

利益が出る商品をリサーチする機能

無在庫で利益が出る商品を探すには、無在庫販売をおこなっている出品者の商品情報を抜き取るのが手っ取り早いです。ここでいう利益の出る商品とは、無在庫販売でも売れる商品です。あまりに売れ行きがいい商品は、FBA出品をおこなう出品者がでてくるので無在庫では勝ち目がありません。

・過去に検索したASINを省く機能
・直近1週間~3ヶ月の販売数がわかる機能
・仕入れ値と販売価格の差がわかる機能
があるツールを選びましょう。

無在庫販売をおこなっている出品者は手動で探す必要がありますが、その後のリサーチはツールがおこなってくれます。無在庫販売は、日本からの出品なのに出荷予定日を長めにとっているという特徴があるので、見分けるのはカンタンです。

評価リクエストメールの自動送信機能

売上を伸ばすためには、カートの取得率が重要です。しかし、出品者評価が低いとカートの取得率が下がってしまいます。出品者評価を上げるためにできることは、評価をつけてくれる人の数を増やすことです。

Amazonでは出品者評価をしてくれる購入者の数が少ない傾向にありますが、リクエストメールを送ることで8~10%は評価をつけてくれるというデータがあります。手動で購入者宛てに評価リクエストメールを送っても良いですが、自動化ツールがありますので利用しましょう。

FBA出品者が居ない商品を狙って出品し、出品者評価が50位以内に入れば、無在庫販売でもカートを取得することが可能です。Amazon輸出の場合、49ドル以下の商品はFBA出品ができないという仕組みがあるので、49ドル以下の商品を出品して評価を上げることを狙います。評価が上がってきたら、50ドル以上の高利益商品に移行して、厚利少売を目指しましょう。

物流サービスを運用しているツール会社を探すことも大切

無在庫販売で利益を上げるには、競合よりも配達スピードを上げることが大切です。そして、配送料を安く済ませることができれば、それだけ売値との差額が開くので高利益を得やすいです。

そこで、ツールだけではなく配送サービスにも目を向けてみましょう。アマトピアのように、物流会社と提携しているツールなら、送料を安く済ませることができる・物流会社の月額料が割引されるという利点があるので、儲けを出しやすいです。

ヤフオク無在庫転売ツールで商品を出品する手順

ここでは、Amazonで商品を仕入れ、ヤフオクで転売するという無在庫販売をおこなうために便利な「ヤフオク無在庫転売ツール」を使った出品手順を紹介します。

(1)アカウント登録をする

まずは、ヤフオクかヤフーショッピングのアカウントを登録しましょう。

2)Amazonと連携させる

商品登録補助・売れない商品の削除・再出品を行えるよう、Amazonと連携させましょう。この連携によって、Amazonの商品情報を取得することができます。

AmazonのPA-APIもしくはMWSキーを入力し、セーブして下さい。

(3)Amazonの商品を登録

AmazonのASINコードをツールに貼り付けて「ASINから読み込み」を押せば、商品の登録ができます。一度に複数のASINコードを登録することもできるので、上手に活用して下さい。

登録される項目と自分で設定が必要な項目は以下の通りです。

・商品タイトル-Amazonのものが自動で反映される
・商品説明-Amazonのものが自動で反映される
・商品画像-Amazonのものが自動で反映される
・カテゴリー-ヤフオクのカテゴリーに自動変換される
・個数と価格-自動で設定
※計算式は自分で設定する
・その他の項目-前回登録時のものが自動で反映される

このツールで出品が可能なものは、プライムマークのある商品だけですので注意して下さい。

《ASINコードの取得方法》
(1)商品ページ

(2)商品ページの登録情報

(4)ツールの出品管理に商品登録をする

3で読み込んだ商品を、出品管理に登録します。

商品にチェックをつけ、一括出品ボタンを押せばOKです。

(5)商品を出品する

商品にチェックをつけて「すぐ出品」もしくは「一括出品予約」を押せば、出品作業完了です。

ヤフオク無在庫販売ツールおすすめ4選

ここでは、ヤフオクで無在庫販売をおこなうときにおすすめのツールを紹介します。

サポートを受けたいなら有料ツールを選ぶこと

ヤフオクの無在庫販売ツールには、無料のものと有料のものが存在します。この2つの違いは、サポート体制の有無です。無料のツールは、商品の出品などの基本的な機能は使えるようになっていますが、サポートはありません。何か問題にぶつかったときでも自分一人で解決することが求められます。

一方、有料のツールは、
・スクールでノウハウを学べる
・コンサルサービスがある
・参加者専用SNSで他の出品者と交流できる
などのメリットがあります。

まったくの初心者から始めても、経験者が手取り足取りサポートしてくれます。サポートを受けたい・自分一人でビジネスをすることに不安があるという人は、有料ツールを使いましょう。

ECオート-有料

ツールと言うよりは、無在庫販売について教えてくれるスクールがメインです。半年間の会費が33万円と割高ですが、この会費で、2アカウント分のツールが使用でき、商品リサーチから在庫管理まですべて自動化してくれます。

《ツールで行えること》
・商品リサーチ
・出品設定
・利益計算
・在庫管理
・価格設定

《手動でおこなうこと》
・仕入れ
・梱包発送作業

スクールでは、口座の解説方法・サイトの登録方法・ツールの設定方法・無在庫販売の戦略・Amazon以外の仕入先情報・仕入れや梱包を外注化するための方法などを教えてもらえます。

イーストライク-有料

イーストライクは、ヤフオクの専用ツール以外に、
・コミュニティSNS
・eBayツール
・中国輸入代行サービス
・仕入れサービス
・倉庫発送サービス
・掲示板サービス
・ウェブセミナー
・対面セミナー
といった幅広いサービスを受けられることが特徴です。

ビジネス仲間と交流できることで、モチベーションアップにもつながります。月額料金は14800円で、申込後は登録メールアドレスにダウンロードサイトが届く仕組みになっています。

《ツールで行えること》
・商品管理
・出品中コメントの一覧表示
・取引中コメントの一覧表示
・テンプレート設定
・即時出品
・自動再出品
・ラベル機能

オークタウン-無料

オークタウンは、無料で使えるヤフオクの出品ツールです。ヤフオクへの一括出品・商品の画像整理・再出品・予約出品が行なえます。

有料ツールに比べると使える機能は少ないですが、最低限の機能は備えられているので、ヤフオク無在庫販売に慣れている人であれば問題ありません。ヤフーIDでログインするだけで登録でき、ツールが使えるのでカンタンです。

無料で使ってみて、使いやすい・もう少し機能を充実させたいと思ったら有料プランへの乗り換えも可能です。すべてのプランに14日間無料のお試し期間が存在します。

《無料プランでできること》
・新規出品 500件まで
・再出品 無制限
・CSV一括保存のみ
・出品予定リスト 500件
・画像管理 500枚
・予約出品 2~10分単位設定
・一回アップロード上限 30MB

《月額1980円プランでできること》
・新規出品 2,000件まで
・再出品 無制限
・CSV一括保存のみ
・出品予定リスト 2,000件
・画像管理 2,000枚
・予約出品 1分単位設定
・一回アップロード上限 30MB
・評価管理
・注目のオークション管理
・売上レポート

《月額4980円プランでできること》
・新規出品 10,000件まで
・再出品 無制限
・CSV一括ダイレクト出品
・出品予定リスト 5,000件
・画像管理 5,000枚
・予約出品 1分単位設定
・一回アップロード上限 60MB
・評価管理
・注目のオークション管理
・売上レポート
・高画質画像アップロード対応
・出品中・出品終了分の全件表示

AppTool-無料

AppToolと書いて、アップツールと読みます。出品・再出品・評価・注目・取り消し・早期終了などの作業を一括で処理できます。自動化ではありませんが、1商品約1秒という短さで処理できるので、作業時間の短縮が可能です。ヤフーID・ニックネーム・メールアドレスだけで登録が可能です。

《ツールで行えること》
・個別に再出品
・まとめて一括再出品
・価格変更して一括再出品
・まとめて一括出品
・個別に注目させる
・まとめて一括注目
・まとめてアクセス数を見る
・まとめて早期終了
・まとめて取り消し
・取引ナビに投稿
・個別に評価
・まとめて一括評価

フリープランでは、
・保存できる商品データ数は300商品まで
・保存できる画像数は900枚まで
・一括出品は50件まで
・一括再出品は300件まで
という制限がありますので、注意が必要です。

現時点ではフリープランのみの提供ですが、より多くのデータを扱える有料プランの導入が検討されています。

まとめ

Amazonで売るにしろヤフオクで売るにしろ、無在庫販売をおこなうのであれば専用ツールを使うことが大切です。無料でも有料でも構いませんが、競合が手作業でちまちまやっていることを自動化できれば、その時間をほかのことに使えます。

時給制の仕事ではないので、いかに短い時間でたくさんのタスクをこなすか・売上を上げるかを考えるのが重要です。この記事を参考に、ぜひ稼げる人の仲間入りを果たして下さい。