物販

Amazonアカウントが停止や閉鎖される理由とは?復活手順を徹底解説!

メルカリやヤフオクで仕入れた商品を転売する上で、Amazonは非常に重要なプラットホームです。

Amazonで商品を販売している人にとっては、Amazonアカウントが使えなくなるのは死活問題です。しかし、Amazonアカウントが停止や閉鎖に追い込まれるケースがあることも事実です。ただしAmazonアカウントが停止になるのには、明確な理由があります。

そこで今回は、Amazonアカウントが停止された場合の復活方法について徹底解説したいと思います。

Amazonアカウントが停止になったとしても、この記事に書いてある内容をよく読んで必要なアクションを取れば、かなりの高確率でアカウントを復活できますよ。

Contents

Amazonアカウントの停止と削除。それぞれの違いとは?

Amazonアカウントには停止や削除と呼ばれる各種ペナルティーが存在します。ペナルティーはその種類によって重みが違います。それぞれのペナルティーの違いについて見ていきたいと思います。

Amazonアカウント停止とは?なぜ停止になる?

Amazonアカウントが停止されるのは、せどらーにとっては一大事です。商品の販売はもちろんのこと、売上金の入金もストップされてしまうからです。

アカウントが停止されるのは、利用規約の違反がその主な理由です。しかし、何が問題でアカウントが停止されたのか、その理由が分からない場合もあります。

ただ、アカウントの停止は一時的な措置にすぎないので、復活する可能性はあります。しかし、アカウント停止後の対応方法がまずいと、アカウント削除(閉鎖)というさらに厳しい措置が待っています。

Amazonアカウントが削除(閉鎖)されるとどうなる?

アカウントの削除(閉鎖)は、最終手段と言えます。

アカウントの停止に対してAmazonに提案した改善策が認められなかった場合は、アカウント削除(閉鎖)となります。

アカウントが削除されると90日間売り上げが保留されてしまいます。この期間に購入者から返品があった場合には売上金から充当されます。また、アカウントが削除されると、FBAに預けている商品が全て強制的に返送されてしまいます。

Amazonアカウントの審査とは?アカウント停止や削除とどう違うの?

Amazonアカウントにはアカウント審査というものが存在します。これはAmazon出品者がきちんと規約を守り、健全なビジネスを行っているかどうかをを判断するための審査です。

アカウント審査は停止の一歩手前の状態で、最長で30日間Amazonから審査されます。審査中でも出品はできますが、売上金は保留されます。

Amazonアカウントが審査になる理由とは?審査になるとどのような通達が来るのか?

Amazonアカウントが審査対象となった場合は、Amazonからメールで通知が来ます。また、セラーセントラルにログインしても「ご利用のアカウントは現在審査中です」と表示されるのですぐわかります。

審査は、利用規約に沿った運営をしていない疑いがある、あるいは顧客満足度指数が低下しているアカウントに対して行われます。

ペナルティーを受けないために必要な対策とは?

Amazonにはアカウント審査、アカウント停止、アカウント削除(閉鎖)などの各種ペナルティがあることが分かりました。では、どのようにすればペナルティーを回避できるのでしょうか?

ここではペナルティーを受ける原因や、その回避策についてお話しようと思います。

パフォーマンスのチェックリストとは?

Amazonには顧客満足度指数と呼ばれるパフォーマンス測定基準があります。顧客満足度指数にはある一定の基準が設けられており、その基準を満たしていないとAmazonに目をつけられてしまいます。

その項目は以下の6つです。

・注文不良率
・キャンセル率
・出荷遅延率
・追跡可能率
・期日内配送率
・返品の不満足度

これら6つの項目に対してそれぞれ3段階の評価がつけられますが、評価が悪い項目が増えるとペナルティーが科される可能性が高まります。

購入者評価が重要な理由

Amazonでは購入者評価を重要な指標の一つとしています。

出品者は、購入者から低い評価を多く受けることでペナルティーを受ける可能性が高まります。そうならないためにも、出品者としては購入者に対して真摯な対応を取る必要があります。

カスタマーレビューが重要な理由

カスタマレビューとは購入者による口コミや評判などですが、Amazonではこのような顧客からのフィードバックを重要視しています。顧客の生の声が新たな顧客の獲得につながるケースもあるからです。また、カスタマレビューでの高評価はAmazonというECサイト自体の評判の底上げにもつながるのでとても重要です。

そのため、自分で別アカウントを用意してレビューを書き込んだり、あるいは知り合いに良い評価をしてもらったりする不正が発覚した場合は、ペナルティーの対象となります。

複数アカウントは規約違反?

Amazonで転売している人の中にはアカウントを複数持っている方もいますが、本来それは規約で禁止されています。

基本的に1人1アカウントがルールとなっているので、複数のアカウントを所持していることがバレたらペナルティーの対象となります。

違法品の販売

言うまでもなく、違法品の販売はペナルティー対象です。例えば、ブランド品の偽物を販売した場合は、出品者自身が偽物と気づいていなかった場合でもペナルティーが科されます。

Amazonで商品を販売するからには細心の注意が必要ということです。「知らなかった」では済まされません。

不正登録で取得したアカウント

不正な情報を使って登録したアカウントはペナルティーの対象となります。例えば、自分以外の家族の情報を使って取得したアカウントなどがこれに該当します。

また、先ほども触れましたが、一人で複数のアカウントを登録するもの不正登録となります。ご注意ください。

ペナルティーを受けて停止したアカウントを復活させるには?

アカウントが停止されても、きちんと改善策をアピールできれば、復活する可能性はあります。

あなたのアカウントが停止に追い込まれたとしても、うろたえる必要はありません。落ち着いて以下の対処方法を試してください。

規約違反を受けた商品の請求書か領収証を仕入れ先から入手しておく

商品が原因でペナルティーを受けた場合は、その商品の請求書か領収書を準備しておきましょう。請求書には、最低でも以下の項目について記載されている必要があります。

・仕入れ先情報(名称、電話番号、住所、ウェブサイト)
・購入者情報(名称、電話番号、住所、ウェブサイト)
・商品の説明(審査中の商品資料であることが分かるもの)
・商品の数量(購入数と出品数の整合性が取れているもの)
・請求書の日付(365日以内に発行されたもののみ)

仕入れ先のウェブサイトの情報は、トップページではなく購入した商品ページのURLが必要です。

ペナルティーを受けた原因を明確にする

なぜペナルティーを受けたのか?実は、この理由を知ることが一番重要です。そうしないと対策の方向性がずれてしまうからです。

方向性がずれてしまうと、Amazonが求めている改善計画案を作ることも出来なくなります。また、あなたに全く非がないとしても、決して言い訳がましいことを考えてはダメです。あなたが関わっている時点で責任はあるので、真摯に受け止めて対応しましょう。そうすることがペナルティー解除への近道です。

問題に対して具体性な改善計画を立てる

このステップは非常に重要です。問題に対して具体的な改善計画を立てなければなりません。

ここでは、どんな些細なことであってもいいので、思いつく限り書いていきましょう。また、日付・値段・数量・人数などの数値的な情報は、正確に書く必要があります。

改善計画には下記のような改善策を記載しましょう。

・今回問題となった商品は今後出品しない
・問題の可能性がある商品を再度検品する
・検品の品質を上げる
・規約違反を防ぐためのダブルチェック手順をフローに加える
・仕入れの品質を改善する
・仕入れ先ショップの選定基準を設ける

改善計画はできるものから順次実施する

ペナルティーを受けたからといって、落ち込んでいてはいけません。モタモタしていても問題は解決しないので、できることからすぐに実施しましょう。

素早く動けば、真摯に対応していることをAmazonにアピールできます。

問題が起きた時は、できるだけ早くその原因を取り除いて平常運転に戻すのがビジネスの基本と心得ておきましょう。

ペナルティーを受けても凹まない!

もちろん、ペナルティーは受けないに越したことはありません。しかし、受けてしまった場合でも消極的に考えないで、ある意味自分のビジネスを見つめ直すいい機会だと積極的に捉えてみましょう。

ペナルティーを受けたということは、自分のビジネスに問題があったということです。その問題を解決することはもちろんのこと、まだ問題として表面化していない事項についても考えてみましょう。

その結果、自分のビジネスのウイークポイントに気づくことができれば、今回受けたペナルティーから学んだことになります。

ですので、ペナルティーを受けたからといって落ち込むことなく、逆に好機と捉え、将来のビジネスに役立てるようにしましょう。

Amazonへ改善計画を提出

改善計画が完成したら、ASIN別の請求書と共に改善計画を提出します。改善計画のメールには以下の項目を記載してください。

・今回の問題点
・今回の問題点を解決するために実施したこと
・同様の問題を防ぐための方策

なお、改善計画を提出しても、すぐにアカウント停止が解除されるとは限りません。交渉は数回に及ぶことも珍しくはありません。中には、10回以上改善報告を提出したケースもあります。

いずれにしても、アカウント停止が解除されなければ、次はアカウントの削除(閉鎖)が待っているので、詳細な改善報告書を作って提出する必要があります。

改善計画のメールは以下の点に注意しながら作成してください。

・謝罪
ビジネスの基本です。まず最初に謝罪の気持ちを示すことから始めましょう。たとえ自分に非がなかったとしても、言い訳はせずに謝罪すること自体が重要です。

・今回の問題点
ペナルティーを受けた原因について記載します。そうすれば、問題点を理解していることをアピールすることができます。

・問題点の解決のために実施したこと
謝罪とペナルティの原因についての分析結果を記載したら、次は改善策を提示します。これがきちんと出来ていないと交渉は成功しません。

・今後、同様の問題を防ぐための予防策
改善策の次は今後の再発防止策です。同じ問題を二度繰り返してはなりません。その意思を示すためにもきちんとした再発防止策を提示しましょう。

最後は、まとめの言葉で締めくくってください。

以下に簡単な例文を記載しておきます。

例文:

ご担当者様へ

お世話になっております。御社のサイトで商品を出品させていただいている〇〇と申します。

この度は、私が出品した商品「〇〇」が原因で、購入者様のみならず御社にまで多大なご迷惑をおかけしてしまいました。心からお詫び申し上げます。

二度とこのようなことを起こさぬよう、万全の防止策を施す所存でおります。

・今回の問題点
今回、私は誤って規約違反の商品を販売してしまい、購入者様に多大な迷惑をかけてしまいました。規約違反の原因は、仕入れの段階で商品の検品を怠ったことが原因です。

・今回の問題を解決するために実施したこと
〇月〇日 今回の問題を受け、同じ商品の販売をすべて取り止めました。
〇月〇日 同じ仕入先から調達した他の商品についても販売を取りやめました。
〇月〇日 在庫の検品を徹底するための手順をマニュアル化しました。

・同様の問題を発生させないための方策
今回仕入れた調達先とは取引を中止します。また、仕入れ先の選定基準を見直し、さらに厳しい基準を設けた上で仕入れ先を選択します。

今回の件を真摯に受け止め、二度と同じ問題を起こさぬよう身を引き締めて取り組んで参ります。

また、今後は御社のガイドラインを正確に理解した上でビジネスに取り組むことをお約束いたします。

〇〇〇〇年〇〇月〇〇日
○○○○(名前を記載)

アカウント停止措置が解除されるまで粘り強く改善計画を修正する

どれほど一生懸命に作った改善計画書であっても、1回でアカウント停止措置が解除されるとは限りません。むしろ、1回で解除されることの方が珍しいくらいです。

ですので、粘り強く何度も改善計画をブラッシュアップしてください。

何度修正しても改善計画書が認められない場合は?

通常は、数回修正すれば改善計画書が認められ、制裁が解除されます。しかし、何度修正しても認められないケースもあります。

かと言ってアカウントスペシャリスト(Amazon側の交渉人)に問題点を問い合わせたとしても答えてはもらえません。

そんな時は、アカウントヘルスサポート(AHS)に問い合わせると良いでしょう。AHSであれば改善計画についてのアドバイスがもらえます。

それでも具体的な内容については言及してくれません。しかし、改善計画に関するアドバイスがもらえるだけでも問い合わせる価値は十分にあります。

それでもダメな場合は?

自分なりにベストを尽くしたつもりでも、どうにもならないこともあります。アカウントスペシャリストに何度も改善計画を送ったのに認めてもらえずに17日間のタイムリミットを迎えた場合は、アカウント削除という最悪の結末を迎えることになります。

ただ、この記事で紹介した対策を実施すれば、かなり高い確率でアカウントの停止は解除されるでしょう。

削除(閉鎖)されたAmazonアカウントは復活できるの?

Amazonアカウントは、いったん削除(閉鎖)されてしまうと復活させるのはかなり難しくなります。その場合は、新しいアカウントを作成したほうが早いでしょう。新しいアカウントを作成する際は、閉鎖されたアカウント情報を使用してはいけません。閉鎖されたアカウント情報を使った新規アカウントの作成は不可能だと思っておいてください。

Amazonアカウントでペナルティーを受けないための心構え

今回は、Amazonアカウントの停止・削除、さらにはアカウントを停止された後の復活手順などについてまとめました。

Amazonは、時にアカウント停止や削除といったペナルティを販売者に科すことがあります。しかし、出品者はAmazonの看板を背負っている以上、不正をはたらけばペナルティを課されるのはある意味当然のことです。

しかし、ペナルティを科されたとしても、真摯な対応を心がけていればペナルティーの解除は可能です。

実際にペナルティを科された時は、是非、この記事のことを思い出してください。

無料講座|アクシグ式 最新情報
資金ゼロでネット物販を成功させる全手法


物販ビジネスで稼ぎたいけど、どうやって始めたらいいかわからない、売上が思うように伸びないなど悩んでいませんか?

本講座では世界最新の成功事例を実績をあげた成功者の経験をもとに、

  • 無在庫ネットショップ たった3ヶ月、1商品で 7214万9493円稼いだ方法
  • Amazonとネットショップで毎日39万円稼ぐ方法
  • 毎週19万3588円をInstagramから無料で集客して販売する方法
  • 無料でInstagramのインフルエンサーに商品を宣伝してもらう方法
  • 無在庫ストアで月商1億を超えた方法
  • 店舗せどりで1日1万円稼ぐ方法
  • アマゾンの在庫1パレットを僅か1000円で入手する方法
  • 無在庫ネットショップで儲かる商品を見つける海外の最新リサーチ法
などアクシグ代表の吉田が、日本ではまだ知られていない秘密の情報をお届けします。

あなたのビジネスを成功させるために、今すぐ限定情報を入手してください。