Amazonでカートを取る必要性と方法をご紹介!取れない原因もあわせて解説!

Amazonでの販売ビジネスを成功させるうえで、カートを取ることは非常に重要と言えます。カートが取れれば、取り扱う商品の売上が飛躍的に伸びていくからです。

今回は、カートを取ることの重要性とその方法、カートを取れない原因などについてご紹介します。Amazonでビジネスを始めようとしている人はもちろん、既に始めているけれど伸び悩んでいるという人もぜひ目を通してみてください。

目次

ショッピングカートボックスについて

ショッピングカートボックスは、Amazon独自のシステムです。購入した商品をカートに入れるのはどのショッピングサイトも同じですが、購入されるまでの流れは大きく異なります。

まずは、Amazonにおけるショッピングカートボックスの仕組みとカートを取る重要性について見ていきましょう。以下の記述を読めば、カートの獲得が売上のアップにどう影響するかが分かりますので、必ず頭に入れておきましょう。

カートを取ると売上が伸びる理由

Amazonでは、1つの商品に対する商品ページは1つだけです。したがって、複数のセラーが同じ商品を出品している場合、同じ商品ページでまとめて表示されます。

下記の画像は、ある商品の商品ページです。「新品の出品」「中古品の出品」の項目を見ると、複数のセラーからの出品があることが分かります。

ここで購入者が画面右側にある「カートに入れる」ボタンをクリックすると、商品がひとつカートに入ることになります。購入者は、基本的にはひとつしか商品を欲していないので、複数のセラーのうちの誰かの商品がカートに入ることになります。その「誰か」になれる権利を持っている人、それこそが「カートを取得」した人なのです。

多くのAmazonユーザーは、商品を購入する際にすべての出品者を細かくチェックしたりしませんし、よほど価格やサービスに違いでもないかぎり「カートに入れる」ボタンを押して購入していきます。そのため、カートを獲得した人の商品だけが売れていくことになるのです。

カートを取れなかった人の商品について

カートを取れなかった他の出品者たちはどうなるのでしょうか。結論から言うと、彼らはひとまとめにして表示されることになります。

例えば、どんな商品でも良いので、その商品ページを表示してみてください。そうしたらページ右側にある「新品(&中古品)の出品」という項目をクリックしてください。すると、他の出品者たちが一覧表示されているのが確認できるでしょう

自分の商品を買ってもらうためには、この出品者達の中から自分の商品を選んでもらわなければなりません。カートを獲得している人と違ってライバル出品者との競争になることから、厳しい戦いになることは想像に難くないでしょう。

カートを取る方法

カートを取るためには、下記のページに記載されている様々な条件を満たす必要があります。

しかも、下記ページで紹介されている条件は最低条件であり、全て満たしたとしてもカートを取得できるとは限りません。カートを取るためには、他に必要なことがあるのです。

続いては、カートを取るための具体的な方法をご紹介していきます。条件を満たす項目が増えるほどカートを取れる確率が高まるため、変更できるところはすぐにでも直していきましょう。

参考:ショッピングカートボックスの利用資格あり

適正な価格設定

カートを取得できる商品は、適正な市場価格である必要があります。価格が高すぎる場合はもちろん、安すぎてもカート取得は難しくなってしまいます。

カートを取得しているかどうかは、セラーセントラルの「価格管理」のページで確認できます。

さらに、Amazon出品コーチをチェックすれば、価格が明らかに相場からずれている商品が把握できます。こちらも併せて確認してみてください。

オプションの充実

Amazonでは、配送料を無料にしたり即日発送を行ったりといった様々なオプションを設定できるようになっています。そして、カートを取得するためには、なるべくオプションを充実させたほうが有利になります。

特に送料無料は、カートを取得したいのであれば必ず設定しておかなければならないオプションです。

セラーの評価を高める

カートを取得するには、セラーとしての評価も重要です。不良品を発送しない、注文後すぐに発送する、在庫切れを理由としてキャンセルしない、といったことに気を付けてサービスを提供していれば、カートを取得できる可能性が高まります。

ちなみに、自己のセラーとしての評価は、セラーセントラル内のアカウント健全性という項目から確認できます。自分の評価はこまめにチェックしておきましょう。

優れたセラーかどうかは様々な指標を吟味して判断されますが、特に重要なのが「注文不良率」「キャンセル率」「出荷遅延率」の3点です。下記ページでそれぞれ詳細を確認した上で、比率が悪化しないよう十分に気を付けましょう。

参考:注文不良率
参考:キャンセル率
参考:出荷遅延率

常に在庫を保つ

どれだけ優れたセラーであっても、在庫切れを起こしていてはカートは取得できません。そのため、在庫の管理には細心の注意を払う必要があります。

幸いAmazonには、在庫が減ったり無くなったりすると通知してくれる機能があります。気持ち早めに通知が来るよう設定しておき、在庫が切れる前に補充するよう心がけてください。

まだまだある!カートを取るための方法

最低限の条件を満たしただけでは優位には立てません。カートを取得するためには競合の中で1番になる必要があります。そのため、できることは全てやるという覚悟が必要です。

そこで続いては、激しい競争を避けつつカートを取得する方法や、カートの取得に有利になる要素についてご紹介していこうと思います。

素早い返信を心がける

購入者から質問や問い合わせがあった場合は、迅速に返信してください。ついつい正確な内容を返信しようとしていろいろ調べたりしがちですが、そのような作業に時間をかけすぎると、購入者は返信がないことに対して不安を感じてしまいます。

調べ物に時間がかかりそうなときは、「確認が取れ次第改めてご連絡差し上げます」といった内容の文章だけでも先に送っておきましょう。それだけでも購入者は安心しますし、結果として望んでいたような回答ではなかったとしても、悪い評価をつけられることはほとんどなくなります。

価格以外で差別化

新品やメーカーものは、それ以上安価に仕入れることができないため、価格面での差別化は難しい状況です。代わりに、そのような商品を扱う場合は、セット売りや追加サービスなどで差別化を図りましょう。

多少値段が高くても、それに見合った付加価値がついていれば、購入してくれる人は現れます。継続的に商品を購入してもらえればカートを獲得できる確率も上がりますので、価格面以外の努力を怠らないようにしましょう。

ポイントを上手く利用する

ポイントは、お得感を喚起するのにとても効果的です。多少値段が高くても、ポイントに釣られて商品を購入してしまう人は少なくありません。

継続して購入するとポイントが増えたり、次回利用時のポイント付与率が上がったりといった、次回の購入を促すポイントの付け方がおすすめです。

即日発送を心掛ける

注文から商品が届くまでの時間は、早ければ早いほど良い評価をもらえます。物理的な距離を運送するのに必要な時間はどうにもできませんが、注文を受けてから発送するまでの時間は自分の努力で短縮できます。

注文があった商品はその日のうちに発送して、購入者の満足度を高めていきましょう。特にクリスマスやお盆など、到着の遅れが絶対に許されない時期の注文には注意しましょう。

また、いろいろと事情があって即日発送が困難な状態にある時の対応にも気をつけましょう。そのようなときは、出品ステータスを停止中に変更したり、後述するFBAを活用したりして急場をしのぎましょう。

FBAを利用する

FBAとは、商品の梱包、発送、保管といった業務をAmazonに代行してもらうサービスです。作業の効率が大きく上がるため、多くの人が利用しています。

FBAを利用して発送される商品には、プライムマークが付与されます。このマークがついているとカートを獲得しやすくなるため、カートを取りたいなら必ずFBAを利用しましょう。

カートが取れない理由

ここまでに紹介した方法を全て実践していたとしても、なおカートが取れないケースはあります。

そこで、カートを取るための方法を一通り試したにもかかわらずカートが取れないときは、その理由を1つずつチェックしなければなりません。

続いては、カート取得の障害になり得る事由についてご紹介します。どれか1つにでも当てはまってしまうとカートの取得が厳しくなるため、必ず確認しておきましょう。

アカウントを登録してから時間が経っていない

カートは、アカウントを作成してからの期間が長いほど取りやすくなっています。アカウントが古い人ほど実績や信頼が積み重なっていくため、当然と言えば当然です。

アカウントの作成日を動かすことはできないので、こらばっかりは対策の施しようがありません。

もっとも、競合の少ない商品であれば、アカウントを登録したての人でもカートを取れる可能性はあります。競合が多い商品を出品するのは避けるというのも、カート取得の観点からは立派な戦略の1つです。

実績が足りない

カートを取るためには、それまでの販売実績が重要です。商品を売れば売るほど、カートを取れる確率は高くなっていきます。

実績がないうちはどれだけ好条件で販売していたとしても、カートを取ることは難しくなってしまいます。まずはコツコツと販売実績を積み重ねてください。その後、ある程度売れる商品ができたら、条件を見直してカートの取得を狙っていきましょう。

Amazonが既にカートを獲得している

商品の中には、Amazon自体がカートを取得している商品もあります。この場合、カートを取得できる可能性はほぼありません。

商品を仕入れる前にカートを獲得している出品者を確認し、それがAmazonであれば商品を仕入れないことも選択肢に入れましょう。すでに仕入れてしまった場合は、セット売りにするなど価格面以外での差別化を図り、少しでも早く売り切ることを意識してください。

中古品はカートが取れなくても売れる可能性がある

新品とは違い、中古品はカートを取っていなくても売れる可能性があります。価格だけでなく、商品の状態によっても評価されるからです。

中古品を購入する人たちは、「新品に近いものを少しでも安く買いたい」「どんなにボロくてもいいから安く買いたい」「ほどほどに綺麗でほどほどに安ければそれでOK」など、様々な動機から商品を検討するので、カートを取得している商品以外の商品もチェックするのが一般的です。そのため、中古品の状態に応じた価格を付けておけば、カートを取得しているかどうかに関係なく購入してもらえるのです。

アカウントができたばかりで販売実績がなく、カートが取れない人は、中古品で実績を積み重ねていくことも検討してみましょう。

すぐに解決できない原因にも迅速に対応する

カートを取れない原因には、その場の対応でどうにかなるものから、すぐには解決できないものまでいろいろあります。しかし、原因に対して迅速に対応すれば道が拓けてくるという点では共通しています。

すぐには解決できない原因があったとしても先延ばしにはせず、解決までの筋道を考え、ひとつひとつ迅速に対応していけば、カートが取得できることでしょう。

まとめ

Amazonでビジネスをするなら、カートの獲得は最重要事項の1つです。カートを取得できた商品が1つでもあれば、安定した売上が見込めます。

カートを取得するには、適正な価格設定や送料の無料化が欠かせません。しかし、ライバルも同じことをしているため、最低条件を満たしているだけではカートを獲得できない場合もあります。

そのようなときは、カートを取れない他の原因について考え、迅速に対応策を実施するように心がけましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ビジネスのノウハウを実践ベースで徹底的に追求するのがアクシグ。
世界で最も専門的で網羅的なコンテンツを提供し、ノウハウを惜しげもなく提供していきます。

目次