物販

AmazonせどりはFBAが便利!FBAの使い方と注意点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

Amazonは利用者数が多いため、せどりに最適なマーケットプレイスと言えます。そして、何と言ってもFBAがあることがAmazonせどりの一番の魅力です。FBAを利用すれば面倒な梱包・発送作業をAmazonに代行してもらえるため、作業を大幅に効率化できます。

今回は、そんなFBAの利用方法と注意点を解説します。

Amazonの発送方法

Amazonセラーには、2種類の発送方法があります。

自己発送

1つ目は、自分で購入者の住所等を調べて発送する方法です。送り状を自分で作成するだけでなく、配送業者も自分で手配することになります。

FBAを利用する

2つ目は、FBAを利用して、Amazonに発送を代行してもらう方法です。

FBA(fulfillment by Amazon)とは、Amazonの物流拠点であるフルフィルメントセンター(FBA倉庫)に商品を事前に納品しておくことで、商品の管理・注文処理・配送・返品を全てAmazonが代行してくれるサービスのことです。

ただし、FBAを利用するには注文前に商品を納品しておく必要があります。注文発生後にFBA倉庫に商品を納品することはできません。

FBAのメリット

FBAには「発送作業の手間が省ける」こと以外にもメリットがたくさんあります。主なメリットを5つ紹介します。

在庫を保管するスペースが不要になる

通常は仕入れた商品は自分で保管する必要があるため、そのためのスペース・倉庫が必要になります。

しかし、FBAを利用する場合だと事前にFBA倉庫に商品を納品することになるため、保管スペースを自分で用意する必要がありません。仕入れたそばからFBAに納品してしまえば、自宅が在庫で溢れることはなくなります。

梱包する手間が省ける

FBAは発送だけでなく梱包作業も代行してくれます。

しかも、Amazonは商品に合わせて最適な梱包方法を選んでくれます。例えば、小さい商品にはプチプチ入りの封筒を、大きな商品にはダンボールを使い、隙間がある場合は緩衝材も入れてくれます。素人がやるよりしっかりとした梱包になるため、配送途中に商品が破損する可能性が低くなります。

購入されやすくなる

同じ値段でも、自社発送とAmazon発送(FBA利用)とでは後者の方が購入率が高くなる傾向にあります。

理由は大きく分けて2つあります。

1つ目は、FBAを利用すればAmazonプライムの送料無料サービスが利用できるからです。送料無料と表示されれば必然的に購入されやすくなります。

2つ目は、配達が早いことです。FBAから発送する場合、注文が発生した当日、遅くても翌日にはAmazon倉庫から発送されます。商品が早く届けば、顧客満足度も高くなります。

FBAを利用するデメリット

しかし、FBAも良いことばかりではありません。主なデメリットを3つ紹介します。

手数料がかかる

FBAを利用するには、配送代行手数料と在庫保管手数料がかかります。2019年7月時点での具体的な手数料については以下のリンク先を参照して下さい。

参考:Amazon出品サービス

商品状態がすぐには分からない

FBAを利用した場合、手元に商品が無いため、顧客から商品の状態について質問された時にすぐ答えられないというデメリットもあります。

出品までに時間がかかる

FBAを利用した場合、FBA倉庫への納品・受領の手続きが完了するまで出品することができないため、どうしても出品までに時間がかかってしまいます。

FBAの納品手順

FBAに商品を納品する方法を解説します。

商品登録

FBAに納品する前に、商品登録が必要です。

セラーセントラルの「在庫」から「商品登録」を選択してください。

商品リストが表示されたら、自分が出品したい商品を選択してください。

出品者SKUをつける

商品を選択したら、まずはSKUを設定しましょう。SKUは商品の管理コードです。自分で設定しなくてもランダムで番号が割り当てられますが、在庫管理画面ではSKUの番号順に表示されるため、自分で設定した方が管理がしやすくなります。

販売価格を決める

次に、他の出品者の価格を参考に、出品価格を決定しましょう。

コンディション説明を書く

次に商品のコンディションの説明を入力してください。特に中古品を出品する場合は、Amazonの規約に従って正確にコンディションを記載してください。

フルフィルメントチャンネル

商品登録の最後に「フルフィルメントチャンネル」という項目があります。ここでFBAを利用するかの選択をします。「商品が売れた場合、Amazonに配送を代行およびカスタマーサービスを依頼する(FBA倉庫)」の方にチェックを入れてください。

在庫管理画面で確認

商品登録が完了したら、セラーセントラルの在庫管理をクリックしてください。


上記の手順通りに商品登録ができていれば、登録した商品が停止中(在庫切れ)として表示されているはずです。


FBAに納品したい商品にチェックを入れて、


「在庫商品を納品/補充する」を選択してください。

FBA納品

数量や納品プランの設定などの納品手続きもしてください。

FBAの注意点

FBAを利用する上での注意点を4つ紹介します。

FBA納品の主なルール

FBAに納品する際は、ダンボールに明記された商品情報と、中身の商品が一致している必要があります。また、1つのダンボールには納品番号が同じ商品しか梱包してはいけない決まりになっています。

加えて、商品サイズごとに使用できるダンボールの最大サイズが決められています。商品に対してダンボールが大きすぎると輸送中に商品が動いて破損する恐れがあるためです。

さらに、荷物の重量が15kgを超える場合は、必ずダンボールに「重量超過」と明記しなければいけません。

FBA納品に必要なラベル

FBA納品では以下のラベルが必要になります。

・出品者SKU
・納品ラベル
・重量超過ラベル

ラベルは自分で作成した上で貼付してください。

Amazonの倉庫までは自分で発送

「FBAは発送・梱包の代行サービス」と書きましたが、Amazonの倉庫までは自分で発送しなければいけません。FC倉庫が近ければ持ち込み納品がおすすめですが、納品先がいつも同じ倉庫とは限りません。

FBA料金シミュレーター

FBAは作業を効率化できる非常に便利なサービスですが、手数料で赤字になる可能性もあります。そのため、FBAを利用する際は損益計算が必須です。

FBAの損益計算には「FBA料金シミュレーター」がおすすめです。商品価格や仕入れ値、FBA倉庫への送料を入力するだけで、出品手数料やFBA利用にかかる手数料などを自動で計算できます。損益率も算出してくれるため、ひと目で利益の出る商品かどうかの判別ができます。

まずは、FBA料金シミュレーターのページを開いてください。

参考:FBA料金シミュレーター


商品名やASINコードで検索して、商品を選択してください。


下に代金の入力フォームが表示されるので、「FBA発送の場合」の列にある商品代金・Amazonへの納品・商品原価を入力して、下の「計算」ボタンをクリックしてください。


すると、出品手数料・FBA手数料が自動計算され、純利益・利益率が表とグラフで表示されます。

FBAは便利

AmazonでせどりをするならFBAの利用が欠かせません。しかし、FBAを利用するにはいくつかルールがあるので注意してください。

無料動画|アクシグ流 物販ビジネス大全
資金ゼロでネット物販を成功させる全手法


物販ビジネスで稼ぎたいけど、どうやって始めたらいいかわからない、売上が思うように伸びないなど悩んでいませんか?

本映像では実績をあげた成功者の経験をもとに、

  • 現在の収入にプラス5万円の副業収入を獲得した「不用品販売」
  • わずか25歳で年商2億円を稼いだ「eBay輸出」
  • 1日2時間弱の作業で月収70万円を突破した「Amazon輸出」
  • 本業の傍らたった半年で月100万円を達成した「中国輸出」
  • 知識ゼロから年収2000万円の仕組みを作り上げた「中古品輸入」
  • 利益率70%以上、OLが副業で月30万円を稼いだ「インスタグラム物販」
  • マレーシアに住みながら1つの商品で月商1000万円を売り上げた「中国輸入」
  • 大学生が資金・リサーチ・在庫なしで月収30万円を稼いだ「韓国輸出」
など、さまざまな物販ビジネスでの稼ぎ方を全3時間30分にわたって徹底的に解説しています。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る