特集

ヤフオクのAmazonギフト券詐欺とは?被害にあわないために手口と対策を知ろう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

Amazonでの買い物にAmazonギフト券を利用している人は多いと思います。Amazonギフト券を使えば、現金やクレジットカードを持っていなくてもAmazonで買い物ができますし、銀行振込や代引きの手間も省けます。

決済の手段としてだけでなく、プレゼントとしても人気があるAmazonギフト券ですが、どうせなら安く手に入れたいですよね?Amazonギフト券を安く購入するならヤフオクです。ヤフオクでAmazonギフト券を購入する時はTポイントが利用できますし、出品されているギフト券によっては10%OFFになるなど、かなりお得に購入することができます。

しかし、ヤフオクではAmazonギフト券にかかわる詐欺も多発しています。

今回は、ヤフオクでAmazonギフト券詐欺にあわないために、その手口と対策を解説していきます。

Amazonギフト券の種類

Amazonギフト券には様々な種類があります。

最も一般的なのが、コンビニや量販店で購入することができる「カードタイプ」です。文字通りカードになっており、裏側に記載されているギフト券番号をAmazonのアカウントに登録すると、購入したカードの金額分がチャージされ、買い物ができるようになります。コンビニの店頭に置かれた端末から購入する「シートタイプ」もありますが、使い方は「カードタイプ」と同じです。

他にも、自分のアカウントに直接金額をチャージじて利用する「チャージタイプ」や、メールに記載されたギフト券番号を登録する「Eメールタイプ」もあります。

どのタイプのAmazonギフト券を購入する場合でも、このギフト券番号がないと使うことはできません。

ヤフオクに出品されているAmazonギフト券

ヤフオクには、多数のAmazonギフト券が出品されています。その中でも数が多いのが「Eメールタイプ」です。

ギフト券を落札すると、出品者からギフト券番号が通知されます。実際に商品を発送することは無いため、送料を支払う必要はありません。もちろん、「カードタイプ」やプレゼントBOXに入ったものを購入した場合は、それを送ってもらう必要があるので当然送料が発生します。ただ、この手のギフト券の出品数は少なめです。

「Eメールタイプ」のAmazonギフト券を落札すると、下の画像のようにヤフオクの取引ナビを通してギフト券番号が通知されます。

Amazonギフト券が販売できるフリマサイトはヤフオクとモバオクだけ

Amazonギフト券は、基本的に金券ショップやフリマサイトでの販売が禁止されています。

販売できるフリマサイトはヤフオクとモバオクのみで、メルカリやラクマでは禁止になっています。

ヤフオクでの購入は危ない?

コンビニなどで販売されているAmazonギフト券が安くなっていることはまずありません。フリマサイトやオークションサイト等で購入した方が安く手に入るのは事実です。ヤフオクでは1万円分のギフト券が10%OFFになっていたり、もっと安く出品されていたりすることもあります。

しかし、本当にヤフオクで出品されているAmazonギフト券を購入しても大丈夫なのでしょうか?

ヤフオクでは詐欺が多発!?

実は、ヤフオクでは、Amazonギフト券にかかわる詐欺行為が多発しているのです。

どんな詐欺かというと「ギフト券番号が使用できない」「偽物のギフト券が送られてきた」「商品が届かない」等です。偽物を販売して利益を得る悪質な出品者がいるのです。

反対に、悪質な購入者もいて、使用可能なカードを故意に「使えない」とクレームをつけて返金を要求するケースもあります。

この手のトラブルが多発するので、メルカリやラクマではギフト券の販売が禁止されているのでしょう。

悪質なのが出品者なのか購入者なのか分からない

上記のような悪質な行為が行われると、ヤフオク側に「出品者に騙された」「購入者からクレームが付けられた」等の問い合わせが入ります。しかし、どちらが悪いのか判断しにくいので、対処しようがないのが現実です。

なぜかというと、Amazonギフト券はギフト券番号をアカウントに登録してみなければ使用できるカードなのか判断できず、詐欺かクレームかの証明が難しいからです。

例えば、購入者から「使用済みのギフト券番号だった」と言われても、それが本当に使用済みの番号を送るという詐欺だったのか、購入者がお金を取るために嘘のクレームを入れているだけなのか分からないのです。

ヤフオクは身分確認がされていない利用者が多い

ヤフオクに出品する時には身分確認がありますが、必須ではありません。したがって身分確認をしていない出品者も多くいます。

他にも偽の身分証を提出している人や、高評価を偽装している人もいます。ヤフオクは出品のハードルが低い分、身分をはっきり保証できない出品者も多く出品しており、悪意のある人と誠実な人の区別がつきにくいのです。

ヤフオクでのAmazonギフト券詐欺のパターン

 

ヤフオクをはじめとした個人間取引サイトは、個人同士で取引することになるのでトラブルになりやすい傾向があります。

ここからは、ヤフオクでのAmazonギフト券詐欺のパターンをまとめていきます。以下の事例に当てはまっている時は「詐欺かもしれない」と注意しましょう。

【1】商品が届かない

商品代金の支払いを済ませたのに商品が届かないことは、Amazonギフト券に限らずネットオークションではよくあります。出品者が商品を発送しないままお金を騙し取るケースです。アカウントも消してしまうことも多いので、購入者は泣き寝入りすることになります。

ヤフオクには「Yahoo!かんたん決済」といって、購入者が支払った代金を一旦Yahoo!JAPANが預かり、購入者から商品の受け取り連絡がYahoo!JAPANに入ってから出品者に支払うシステムがあります。

かんたん決済なら受け取り連絡をしなければ出品者に購入代金が支払われることはないから、仮に商品が届かなくても安心では?と思うかもしれません。しかし、Yahoo!かんたん決済では、受け取り連絡をしなくても代金の支払いから14日を過ぎれば出品者に支払われるシステムになっています。そのため、油断していると詐欺師が代金をせしめてしまいます。そこで、8日過ぎても商品が届かないようであれば、ヤフオクへ報告しましょう。

【2】使用済みのカードだった時

購入したカードが手元に届いても安心はできません。届いたカードが使用済みものである可能性もあるからです。

お伝えしたように、Amazonギフト券は番号を登録してみないと本物かどうか見分けが付きません。しかも、購入時にギフト券番号を知ることはできないので、本物かどうか確かめようにもその手段がありません。

また、出品者に悪意がなく、誤って使用済のカードを出品していたという事もあります。その一方で、「知らなかった」と被害者のフリをする詐欺師もいます。

いずれにせよ、怪しいと思った時はすぐにヤフオクへ報告しましょう。

【3】不正ギフト券だった時

不正ギフト券を購入してしまうこともあります。

不正ギフト券とは、正規の販売ルートで入手せずに、窃盗や振り込め詐欺、ワンクリック詐欺等の犯罪で得たお金で購入したカードの事です。近年、詐欺で購入させたカードを販売する手法も増えています。

このような不正ギフト券を購入してしまうと、Amazonアカウントが凍結されたり、警察から連絡が来たりするおそれがあります。

不正ギフト券の場合、詐欺の被害者がAmazonに訴えるとそのカードは使えなくなります。そんなカードを購入して番号を登録してしまうと、あなたに疑いがかかってしまいます。

ネットでAmazonギフト券を購入する時の注意点

ヤフオク等のネットオークションでAmazonギフト券詐欺にあっても、被害が数万円程度であれば警察は動いてくれないことが多いです。そのため、自分の身は自分で守るしかありません。

そこで、安全に購入するために、注意すべきポイントをチェックしておきましょう。

【1】専用サイトで購入する

基本的に、Amazonギフト券は、一部の例外を除き、フリマサイトでは販売されていないとお伝えしました。

しかし、Amazonギフト券を専用に扱うサイトは存在します。有名なのはベテルギフトというサイトで、金券専門のフリマサイトのようなものです。Amazonギフト券だけでなく、iTunesカードGooglePlayギフトカード等も扱っています。ヤフオクには無い返金制度もありますし、出品者の身分もしっかり管理されています。

ヤフオクではなく、このような専門サイトから購入するのが一番安全です。出品者が自由に価格を決められるので安く購入することも可能です。

参考:ベテルギフト

【2】出品者の評価をよく見る

Amazonギフト券に限らず、オークションサイトやフリマサイトで買い物をする時は、出品者の評価をチェックする必要があります。

「良い評価が多い=しっかりした出品者」だと思って間違いないでしょう。ただし、高評価を偽装したり、詐欺を働いたアカウントを消して別名で再登録したりする悪質な出品者もいることを忘れないでください。

【3】時間がかかることもある

オークションサイトを利用してAmazonギフト券を手に入れる場合、使えるようになるまでに時間がかかることも覚えておきましょう。これは正規の出品者から購入する場合でも同様です。

オークションでは入札時間が設定されており、ヤフオクだと落札まで最短でも1日、長くて7日かかります。入札しても落札まで時間がかかるうえ、必ず自分が落札できるとは限りません。すぐにAmazonギフト券を使いたい場合は、専門サイトで購入したほうが良いでしょう。

ちなみに、ヤフオクには、即決価格と言って、その値段で入札すれば即時に落札できるシステムも用意されています。「オークションが面倒…」なのであれば、即決価格が設定されているAmazonギフト券を買ってしまいましょう。

詐欺被害にあったらどうする?

詐欺の手口は巧妙なため、十分に注意していても騙されてしまうことはあります。もしヤフオクでAmazonギフト券詐欺にあってしまったら、どうすれば良いのでしょうか?

【1】Amazonカスタマーサポートへ連絡

まずはAmazonのカスタマーサポートに連絡しましょう。もしAmazonギフト券がチャージされる前であれば、カードをロックしてもらえることがあります。ただし、チャージしてしまった後では、Amazon側ではどうすることもできないようです。

【2】ヤフオクカスタマーサポートへ連絡

ヤフオクのカスタマーサポートへも連絡して、出品者の情報や状況を伝えましょう。悪質な出品者であれば振込手続きをストップしてもらえることがあります。ただし、落札代金を支払ってから14日過ぎていれば、既にその代金は出品者へ振り込まれてしまっているので、返金してもらえることはほぼありません。

「詐欺かな?」と思ったときは、以下の公式サイトも参照してください。

参考:ヤフオク!ヘルプ

【3】消費者庁や国民生活センターへ相談

怪しい出品者の情報と状況を消費者庁や国民生活センターに相談するという方法もあります。

消費者庁とは、消費者が安心して消費生活を送るための支援活動を目的とした行政機関です。

他方、国民生活センターは、国民生活の安全と向上を目指して、国民生活に関する情報提供や調査研究をしています。

ただし、これらの機関がどの程度動いてくれるのかはその地方の自治体にもよりますので、必ず対処してくれるとは言い切れません。

参考:消費者庁

参考:国民生活センター

【4】警察に相談

お金を騙し取られたときは警察に通報するのが一番だという方も多いと思います。しかし、民事不介入と言って、警察は金銭トラブルについては介入することができません。

ただ、詐欺については捜査の対象になることがあります。被害額が多額、または被害者が複数でないと捜査してもらえないこともありますが、一度相談してみると良いでしょう。

ネットを介したギフト券の購入には要注意!

Amazonギフト券を少しでも安く購入しようと思ってヤフオクを利用するのは自然なことです。しかし、ヤフオクではAmazonギフト券にかかわる詐欺が多発しており、被害にあう可能性があります。詐欺にあっても代金が返ってくることはほとんどありません。だいたいは泣き寝入りすることになるでしょう。そのため、ヤフオクでAmazonギフト券を購入するのであれば、事前にヤフオクでの詐欺の手口を十分理解しておきましょう。

無料講座|アクシグ式 最新情報
資金ゼロでネット物販を成功させる全手法


物販ビジネスで稼ぎたいけど、どうやって始めたらいいかわからない、売上が思うように伸びないなど悩んでいませんか?

本講座では世界最新の成功事例を実績をあげた成功者の経験をもとに、

  • 無在庫ネットショップ たった3ヶ月、1商品で 7214万9493円稼いだ方法
  • Amazonとネットショップで毎日39万円稼ぐ方法
  • 毎週19万3588円をInstagramから無料で集客して販売する方法
  • 無料でInstagramのインフルエンサーに商品を宣伝してもらう方法
  • 無在庫ストアで月商1億を超えた方法
  • 店舗せどりで1日1万円稼ぐ方法
  • アマゾンの在庫1パレットを僅か1000円で入手する方法
  • 無在庫ネットショップで儲かる商品を見つける海外の最新リサーチ法
などアクシグ代表の吉田が、日本ではまだ知られていない秘密の情報をお届けします。

あなたのビジネスを成功させるために、今すぐ限定情報を入手してください。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る