物販

コンディション「可」でも大丈夫?Amazonアウトレットの疑問を解消します!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

この記事では、Amazonアウトレットについてご紹介します。アウトレットというと一般的には、メーカーの余剰在庫や訳あり品について、安く販売することを言いますが、Amazonでも通常の新品としては販売できない商品を低価格で販売しているものをアウトレットと呼んでいます。

ただ、詳細は後で解説しますが、通常の新品としては販売できないといっても、実用上は何の問題もないものです。ほぼ新品同然のものが安く買えるので、あまり細かいことに拘らないタイプの人は、Amazonアウトレットを使うと、お得にお買い物ができます。

Amazonアウトレットとは、どんな販売形態なのか、商品のコンディションは?

Amazonアウトレットで扱っている商品は、大きく分けて2つです。一旦は販売されて返品された商品と、Amazonの倉庫で梱包に傷が付くなどして販売ができなくなった商品です。食料品・飲料に関しては、倉庫で保管しているうちに賞味期限が近くなったものが販売されています。

返品された商品などが販売されているというと、品質に問題がないのか心配になる方もいらっしゃるかもしれませんが、使用に適さないものは販売されていません。実際には、どのような商品が販売されているのか、以下で解説していきます。

ユーザーからの評価は?

Amazonアウトレットを使った人の評価は全体的にかなり高くなっています。Amazonアウトレットのストアフロントに掲載された評価は、過去12ヶ月間で90%以上が肯定的な評価をつけています。否定的な評価もゼロではありませんが、数%程度です。

フィードバック欄に記載されたコメントでも、「とくに問題はなかった」「アウトレット品とは思えない」といったものが目立ちます。もっとも、アウトレットなので、商品の状態は「思っていたのと違った」という人もいます。

ただ、新品の場合でも初期不良の商品にあたってしまうことがあることを考えると、多少の低評価があることは当然ともいえます。全体的には、Amazonアウトレットのユーザーの満足度はかなり高いと言って良いでしょう。

商品のコンディションは?

では、Amazonでは商品のコンディションについて、どのように考えているのでしょうか。Amazonのトップページの上部にある検索窓のところで商品カテゴリーを選べますが、このカテゴリーの一番下にはAmazonアウトレットがあります。

これを選択して、検索窓を空欄のまま虫眼鏡のボタンを押すと、Amazonアウトレットのページが開きます。また、Amazonのトップページを一番下までスクロールさせると、Amazonアウトレットへのリンクがあります。

そこには、「商品の状態が良いにも関わらず」「Amazon.co.jp の厳密な基準では新品として販売しない」ものをアウトレット品として販売することが書かれています。Amazonアウトレットは、中古品という扱いで出品がされていますが、上のような書き方がされていることからも分かるように、実際には、かなり新品に近いものが販売されているわけです。

具体的な商品で見てみましょう。BOSEのスピーカー、「Bose Companion 2 Series III multimedia speaker system PCスピーカー」です。

商品ページ開くと、発売元が「Amazonアウトレット」となっていることが確認できます。コンディションは「中古」となっていることが確認できます。程度によって、「ほぼ新品」「非常に良い」、「良い」「可」の4段階があります。

コンディションのところは、「詳細」をクリックすると、もっと詳しい情報を読むことができます。

ここには、「商品の表面に小さな傷があります。外装に多少の損傷があります」といった内容が書かれていることが多いです。外箱の損傷についてだけ書かれている場合や、本体は新品同様といった記述がある場合もあります。

「商品の表面に小さな傷がある」と書かれている場合でも、実際には傷が見当たらないこともあります。購入を検討する際には、アウトレットの値引き率を見るために、新品の場合はいくらで販売されているのかもチェックしておくといいでしょう。検索窓のカテゴリーのところを「Amazonデバイス」にして、商品名をコピペして検索してみます。

検索結果です。商品の詳細ページも見てみましょう。

新品の価格と比較すると、Amazonアウトレットは2割引前後くらいが多いようです。

箱がなかったり、傷がついていたりしている、本体にも多少の傷があるかもしれない、これらの点が気になる人にはオススメしませんが、少しの傷で2割引になるなら、かなりお得ではないでしょうか。

Amazonアウトレットでの販売可否の判断

次に、具体的にどのような傷でAmazonアウトレットでの販売対象になるのか、見てみます。AmazonのHPにいくつか具体的に紹介されています。

まず、本については、ひっかき傷やこすれの跡といったものがあっても販売されます。もちろん、読書する上で問題のないものに限られます。表紙が折れている、小さなはがれがあるといった場合も同様です。逆に、水濡れについては、販売対象になりません。

CDやDVD、ゲームといったものも、ほぼ同様の基準です。ケースや歌詞カードに、はがれや折れがある、あるいはケースや歌詞カードにひっかき傷やこすれ跡があるといった場合は、販売対象です。

ただし、ディスクに再生に影響がでる可能性がある傷があるものは、販売対象から除かれます。ケース破損が大きくて、商品本体に影響している可能性があったり、開封時に怪我を生じたりする危険性があるものも覗かれます。

外箱などの梱包に関しては、はがれ、破れ、角潰れ、穴あきなどがあっても販売対象になりますが、輸送に耐えられないと判断される程度に損傷しているものは、販売対象になりません。

食料品や飲料がアウトレット販売される基準

食料品や飲料については、賞味期限が近いものがアウトレットによる販売になる可能性があります。具体的には、賞味期限の残りの日数が45日から14日の商品です。

賞味期限の残りが数日とか一週間といったレベルのものは販売されません。早めに食べるのであれば、何の問題もないくらいの日数が残っているものが販売されています。

食料品や飲料については、賞味期限が近いというだけなので、アウトレットでも新品の表示です。商品ページにある「新品の出品:~」とある青文字をクリックすると、賞味期限が記載されたページを見ることができます。

またお米に関しては精米してから60日程度経過したものがアウトレットとして扱われています。

通常と同じ条件で返品できるので安心

アウトレットというと、「返品不可」での販売ではないかと思う方もいらっしゃるかもしれませんが、Amazonの場合、アウトレットも一般の商品と同じ条件で返品ができます。ただし、返品は可能ですが、アウトレットは基本的に一点もので代替ができないので、交換の対照にはなりません。具体的な返品の条件については、以下のURLを参照してください。

参考: 返品・交換の条件(Amazon公式HP)

トラブルや不具合による返品は全額返金、自己都合による返品は50%というのが、基本です。なお、食料品や飲料のように、自己都合での返品は受け付けていないものもあります。

メーカー保証が適用されない場合も

Amazonアウトレットの場合、メーカー保証の対象になる商品もありますが、対象とならないものもあります。販売されている商品には、一度販売されて返品されたものも含まれているからです。

具体的には、Amazonの倉庫での外装損傷でアウトレットに回ったり、新品未使用の状態で返品された場合のように、梱包が開封されたり使用されたりした形跡がないものについては、保証書も同梱され、メーカー保証の対象になります。逆に、開封された形跡がある商品に関しては、保証書は同梱されず、メーカー保証の対象にもなりません。

初期不良があった場合には返品することができますから問題ありませんが、ある程度使用してから不具合が出たような場合は、有償での修理になる可能性があります。Amazonアウトレットは中古品としての販売ですから、この点は仕方がないと思われます。

Amazonアウトレットを利用する場合には、保証が利かない可能性があるということは覚えておくといいでしょう。

一般の中古品を比べたら

メーカー保証がつかない可能性はあるとはいえ、全般的にAmazonアウトレットは厳しめに商品のコンディションをチェックしています。普通に中古品として販売されている「非常に良い」の商品よりも、Amazonアウトレットの「可」の商品の方がコンディションがいい場合は多々あります。すべてがそうではないかもしれませんが、Amazonアウトレットの商品のコンディションはおおむね良好です。

Amazonアウトレットの商品の探し方、買い方

ここからは、Amazonアウトレットの商品の探し方と買い方について、説明します。

商品詳細ページから

まず、普通に商品名などで商品を探して、そこからアウトレットを探す方法があります。商品詳細ページにある「新品&中古品~」とある青文字をクリックして、出品者一覧を表示してください。中古品の出品者に「amazonアウトレット」とある出品があれば、それはAmazonアウトレットの商品です。

Amazonアウトレットのカテゴリーから探す

すでに簡単には説明したのですが、Amazonアウトレットの専用ページもあります。

このページを自分で探すときは、Amazonのトップページで、検索窓の左にある最初は「すべて」になっているところを下にスクロールして、一番下の「Amazonアウトレット」を選んでください。検索窓は空欄のままで虫眼鏡のボタンを押します。あるいは、トップページの一番下の方にもリンクがあります。

ここから、好きな商品カテゴリーを選択して商品を探すことができます。また、検索窓の左のカテゴリー選択が「Amazonアウトレット」の状態で、検索窓の商品名などを入れて検索すれば、Amazonアウトレットの出品がある商品だけを検索できます。

欲しい商品が見つかったら、後は普段のAmazonと購入方法は同じです。

スマホアプリを使う場合

スマホの場合は、以下のような手順でAmazonアウトレットの商品を購入できます。まずAmazonショッピングアプリを起動して、左上の三本線のマークをタップします。

メニュー画面が開きますので、「カテゴリー」を選びます。

カテゴリーを一番下までスクロールすると、「Amazonアウトレット」があるので、これをタップします。

これでAmazonアウトレットのページが開きます。

カテゴリーから探したり、検索したりして欲しい商品を見つけてください。そこから先は、普段の買い物と同じです。

実際の商品でAmazonアウトレットのコンディション等をチェック その1

ここからは、実際の商品でAmazonアウトレットでは、どのような形で商品が販売されているのか等について見てみます。2つの商品について紹介しますが、最初はWi-Fiルーターです。

販売価格は、新品の2割引くらいです。使用上問題ない商品が届けば、個人的には多少傷があってもOKなのですが、どうでしょうか。

ちなみに商品のコンディションは

今回注文したWi-Fiルーターのコンディションは「可」となっていました。外装に傷があるほか、本体にも小さな傷があるらしいです。ちなみに、Amazonアウトレットの商品の場合でも「プライム」のマークはつきます。つまり、プライム会員なら、お急ぎ便やお届け日時指定便が無料で使えます。このあたりは通常の商品と扱いは同じです。

外箱には確かに傷があった

配送は普段通りのAmazonの箱で届きました。商品の外装(箱)について、確認してみます。

一見すると、ほとんど傷らしい傷はありません。

普通の新品で買った場合と違うのは、「amazon.アウトレット 検品済」のシールが貼られていることです。ちゃんとAmazonによる商品のチェックがなされていることが分かります。

また、箱にはAmazonアウトレットのシールで封がされています。検品が終了した時点で貼られたものでしょう。

よくよく見ると箱には細かな傷があります。人によりますが、この程度ならとくに気にする必要もないでしょう。

商品自体には傷は?

外箱から、内容物を取り出します。この商品の場合、箱が二重になっていました。

同梱品が確認できます。説明書なども揃っています。

商品が包まれている袋には開封の跡があります。この商品が返品されたもので最初の購入者が袋を開けた際のものか、Amazonで検品する際に袋を開けたのか、詳細は不明です。

商品の表面には、傷防止の透明フィルムが貼られています。

フィルムを剥がしてみましたが、傷はないです。

電源を入れ、実際に接続を試してみましたが、動作に問題はありません。コンディション「可」の商品でしたが、全体的にとくに問題はありませんでした。

実際の商品でAmazonアウトレットのコンディション等をチェック その2

Amazonアウトレットの商品2つ目です。今度は電気圧力鍋です。

価格は、やはり約2割引

こちらの電気圧力鍋、通常の新品との価格を比較すると、約2割引程度です。Amazonとして、何らかの基準に基づいて価格を設定しているのでしょが、この程度の割引率が多いようです。

やはり「中古品」となっていますが、実質新品に近いものが売られていることも多いAmazonアウトレットです。コンディションは「」ですが、期待して注文します。

外装等をチェックしてみる

今回は、このような形で届きました。Wi-Fiルーターのときと比較すると、はっきり箱が破れていることが分かります。やはりAmazonアウトレットのテープで封をしてありますね。

このくらい箱にダメージがあると、商品自体は大丈夫なのか少し心配になります。また、今回は、同梱されている説明書が折れていました。ただ、このくらい折れていても、読む上では何も問題ありません。おそらく、この商品は、開封後に返品された商品なのでしょう。

商品自体には、問題はない

箱や説明書に多少の難があったことは上に書いたとおりですが、商品自体には問題ありませんでした。多少の傷は覚悟していましたが、かなりじっくり観察してみても傷らしい傷は見つかりません。

商品自体に問題がなかったので個人的にはこれで満足ですが、既に書いたように、Amazonアウトレットでは、開封の形跡がある商品はメーカー保証の対象になりません。この商品も開封済みで、メーカー保証の対象にはなりません。この点は、Amazonアウトレットを利用する場合は、仕方ありません。今回買ったのは電気圧力鍋で、おそらく簡単には故障しないと判断して価格面を優先してアウトレットで買いましたが、商品によっては保証がつかないことはネックになるかもしれません。

まとめ

Amazonアウトレットについて、商品のコンディションのことなど中心に解説しました。ここまでに書いていない注意点としては、アウトレットはすぐに売切れてしまう可能性が高いということです。

この記事で紹介したように、Amazonアウトレットでは使用には問題のないものが販売されていて、新品に近いものも多いため、細かいことを気にしないタイプの人には非常にお買い得です。商品の種類も幅広く、PS4のようなゲーム機や、おもちゃ、家電、パソコン関連機器など様々なものが取り扱われています。

「新品で買うのは少し高いなぁ」と思っている商品は、Amazonアウトレットに出品されていないかチェックしてみてください。もし、見つけることができたら、売切れてしまわないうちに購入することをオススメします。

無料動画|アクシグ流 物販ビジネス大全
資金ゼロでネット物販を成功させる全手法


物販ビジネスで稼ぎたいけど、どうやって始めたらいいかわからない、売上が思うように伸びないなど悩んでいませんか?

本映像では実績をあげた成功者の経験をもとに、

  • 現在の収入にプラス5万円の副業収入を獲得した「不用品販売」
  • わずか25歳で年商2億円を稼いだ「eBay輸出」
  • 1日2時間弱の作業で月収70万円を突破した「Amazon輸出」
  • 本業の傍らたった半年で月100万円を達成した「中国輸出」
  • 知識ゼロから年収2000万円の仕組みを作り上げた「中古品輸入」
  • 利益率70%以上、OLが副業で月30万円を稼いだ「インスタグラム物販」
  • マレーシアに住みながら1つの商品で月商1000万円を売り上げた「中国輸入」
  • 大学生が資金・リサーチ・在庫なしで月収30万円を稼いだ「韓国輸出」
など、さまざまな物販ビジネスでの稼ぎ方を全3時間30分にわたって徹底的に解説しています。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る