物販

Amazonプライム会員はお得?ポイントサイトを使って無料で会員になる裏ワザも紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

Amazonプライムは、月額料金500円、年間料金4900円を支払うだけで、さまざまな特典を受けられるお得なサービスです。しかし、はじめて利用する際には、本当にもとがとれるのか気になりますし、すべてのサービス内容を把握しているとは限りませんよね。

この記事では、Amazonプライム会員のみが受けられる特典を解説します。さらに、有料であるはずの会員費を無料にする裏ワザについても紹介しますので、是非参考にしてください。

Amazonプライムとは?支払い方法から会員限定のメリットまで徹底解説

ここでは、Amazonプライム会員になるための会費、Amazonプライム会員になることで得られる特典を紹介します。もとがとれるかどうか、といった観点についても、「何回利用すればもとがとれる!」というように具体的に解説していきますので、是非参考にしてください。

Amazonプライム会員になるための会費

Amazonプライム会員には、月間プランと年間プランという2つのプランが存在します。月間プランは税込み500円、年間プランは税込み4,900円なので、一定ペースで利用するならば年間プランに申し込むほうがお得です。

月間プランのまま1年間継続してしまうと、年間で6,000円かかり、1,100円も損をしてしまいます。

Amazonプライム会費の支払い方法

Amazonプライム会費の支払いに使える手段は以下のとおりです。

・クレジットカード
・携帯決済-au、docomoのみ
・Amazonギフト券
・JCBのOki Dokiポイント
・プライムギフトコード

先にAmazonプライム無料体験を登録していた場合、無料体験終了時に有料会員へ自動移行、決済される流れです。クレジットカード以外での支払いを希望する場合には、「Amazonプライム会員情報を管理する」ページから支払い方法を変更します。

Amazonのヘルプページに表記されている支払い方法は、Amazonギフト券での支払いとなっていますが、買い物で貯めたAmazonポイントも使用できます。

Amazonプライム会員は返金も可能

Amazonプライムには、30日の無料体験期間が存在しています。しかし、無料体験期間終了時に自動的に有料会員へ移行されてしまうため、「無料体験だけしてキャンセルするつもりだったのに、会費を引き落とされてしまった」という事態にもなり得ます。

予期せぬ自動更新で会費が引き落とされしまった場合、Amazonに連絡をすれば会費の返金が可能です。しかし、「有料期間に移行後、プライム会員特典を利用していないこと」が返金条件になりますので、注意してください。

※Amazon Dash Button端末を使用した商品の注文は、2019年8月31日で終了しています。

Amazonプライム会員は配送料・お急ぎ便無料

Amazonには、Amazon.co.jpが販売を行っている商品と、Amazonと契約した出品者が販売をしているAmazonマーケットプレイス商品があります。どちらの商品であっても、「Amazon.co.jpが発送します」という表記がある商品であれば、金額に関わらず配送料が無料です。通常会員の場合、2,000円以下の買い物には配送料がかかるので、プライム会員優遇の価格設定といえるでしょう。

通常会員だと有料サービスであるお急ぎ便、当日お急ぎ便も、プライム会員なら無料で利用できます。通常一回頼むだけで510~650円かかってしまうサービスなので、月1回Amazonで買い物をすれば会員費を回収できてしまいます。

また、急ぎで商品を受けとりたい人にオススメなのが、プライム会員限定サービス「プライムナウ」です。対象エリアは、東京都の7区、新宿区・板橋区・練馬区・北区・中野区・豊島区・杉並区に限られますが、食品スーパーライフで取り扱っているあらゆる商品が最短2時間で受け取れます。

※Amazonパントリーは、Amazonプライム会員限定サ-ビスから、通常会員も利用できるサービスに変更になっています。

プライム会員なら、おむつ・おしりふきが15%オフ

Amazonには、Amazonファミリーという子育て中ユーザー向けのサービスがあります。登録自体は通常会員でもでき、登録者限定のセールや子供の年齢にあった商品の紹介が受けられる、というのがサービス内容です。

Amazonプライム会員だと更にオトクな特典が2つ用意されているので、紹介していきます。

(1)おむつ・おしりふきがいつでも15%オフ

パンパースやメリーズ、ムーニーなど有名メーカーをはじめ、Amazonで取り扱いをしているおむつとおしりふきが15%オフで購入できます。実店舗で購入するとかさばって持ち帰りが大変なジャンルでもあるため、家まで届けてくれる上に安いというのは魅力です。15%オフで購入するには「定期便で購入すること」という条件がありますが、配送頻度は月1回~半年に1回のペースまで調節でき、次回配送のスキップやキャンセルも可能なので心配はいりません。

おむつの使用枚数は1日あたり6~10枚と言われています。メーカーにもよりますが、金額にして1ヶ月5,000~6,000円程度なので、15%オフで買えれば750~900円お得に買うことができる計算です。Amazonプライム会費月額500円と比較しても、子供がいる家庭では十分もとがとれるでしょう。

(2)ベビー用品のお試しボックスが受け取れる

複数メーカーのおむつが詰め合わせになったボックスが受け取れるサービスです。「500円で購入すると、500円分クーポンがもらえる」という仕組みなので、実質無料で受け取れることになります。受け取ったクーポンで他のベビー用品を購入すれば、無駄にはなりません。

Amazonフレッシュが追加会費無しで利用できる

Amazonフレッシュとは、Oisixや鎌倉ハムなどの専門店で販売されている食材、生鮮食品、日用品が最短4時間で受け取れるAmazonプライム会員限定サービスです。

ただし、対象地区は限られていて、東京、神奈川、千葉の一部地域にしか配達してもらえません。Amazonアカウントにログインした状態でAmazonフレッシュのページに飛ぶと、登録住所が対応地区かどうか教えてくれるので参考にしてください。

Amazonプライム会員であれば、追加会費無しで利用でき、最低注文額4,000円、10,000円以上注文することで配送料が無料になります。10,000円以下の注文では配送料が390円かかるため、月2回以上利用するのであればAmazonフレッシュ会員に登録したほうがお得です。

Amazonフレッシュ会員
・会員費月額500円
・最低注文額は4,000円
・注文金額に限らず配送料無料

primevideoで映画やTV番組が見れる

primevideoとは、Amazonプライム会員になることで、映画やドラマ、アニメなどの番組が見られるようになるサービスです。一部プライム会員にならなくても視聴できる番組がありますが、会員特典対象の番組が追加料金無しで見放題になることを考えると、プライム会員になってから利用するほうが得策と言えるでしょう。

PC、スマートフォン、タブレット、TV画面で視聴することが可能で、事前ダウンロードすれば、オフラインでの視聴も可能です。1つのアカウントで3デバイスまで同時視聴できるので、家族それぞれ違う番組が見たいというときにも対応できます。

Amazonプライムでしか見られない番組もあるので、すでに他の動画配信サイトに登録済みという人も導入を検討してみてください。無料で見れる本数が劣るとはいえ、一般的な動画配信サイトへの登録が月額1,000円程度と考えると、Amazonプライム会費は決して高い金額ではありません。

Prime Musicで200万曲聴き放題

Amazonには、6,500万曲以上が聴き放題のAmazonMusicUnlimitedという有料サービスが存在しますが、Amazonプライム会員ならそのうち200万曲を無料で聴くことができます。無料にも関わらず、広告表示がなく、オフライン再生も可能という点が魅力です。Amazonで販売されているデジタルミュージックが1曲250円と考えると、月2曲新しい曲を聴けばAmazon会費のもとがとれる計算です。

primevideoと同じく、1つのアカウントで複数デバイスでの再生が可能なので、プレイリストを分けておけば家族それぞれ好きな音楽を聴くことができます。

ちなみに、有料サービス「AmazonMusicUnlimited」の月額費は通常980円ですが、Amazonプライム会員であれば月額780円で登録できます。

AmazonPhotosで写真を無制限管理

AmazonPhotosは、プライム会員向けの無制限・無圧縮フォトストレージです。以前まで5GB以上のデータは有料でしたが、容量問わず無料で利用できる仕様にアップグレードされました。保存した写真は、スマートフォン、タブレット、パソコンのどこからでも閲覧が可能です。プライム会員の人が招待をすれば、会員でない人でも5人まで共有可能なので、家族や友人との共通アルバムとして使えます。

アップロードした写真はスマートフォンのアルバムから削除しても残るので、携帯の空き容量を確保したい人にもオススメです。iCloudのストレージ容量にかかる月額料金は、5GBまでが無料、50GBまでが130円、200GBまでが400円なので、Amazonプライム会費のみで利用できるサービスだと考えると大変お得なことがわかります。

primereadingで様々なジャンルの本が読み放題

Amazonプライム会員なら、追加料金無しで数百冊の漫画、雑誌、洋書等が読み放題です。Kindle端末を持っていなくても、スマートフォン、タブレット、パソコンのいずれかがあれば、いつでもどこでも無料で読書を楽しめます。

ラインナップは不定期に入れ替わるため、比較的発売されたばかりの本が追加されることもあり、飽きがきません。無料ということで、人気のない本が選ばれているのでは?と考えがちですが、ベストセラー本も読み放題対象になっていますので、プライム会員の人は利用し尽くすことをオススメします。

プライム会員になろうか迷っているという人は、無料期間中にprimereadingのラインナップをチェックして、会員サービス継続の判断材料にしましょう。書籍を買うとなったら漫画で500円前後、単行本で1500円前後するので、月1冊も読めばAmazon会費のもとがとれてしまいます。

Amazonショッピングアプリとは

Amazonでは、スマートフォン向けのアプリをAppStore、GooglePlayそれぞれで配信しています。評価は2.5と低めですが、商品をカメラで撮影して検索したりTodayウェジェットを使って商品の配達状況をチェックできたりと、公式サイトの利用だけでは使えないようなサービスも充実しています。興味のある人はダウンロードしてみてください。

無料でAmazonプライム会員になる裏ワザ

Amazonプライムの会費は「クレジットカード」「Softbank以外の携帯決済」「Amazonギフト券」「JCBのOki Dokiポイント」で支払うことが可能です。また、クレジット会社などがポイントと引き換えで発行する「プライムギフトコード」を入力することでも、利用できます。ここでは、「Amazonギフト券」「プライムギフトコード」を利用して、実質無料でAmazonプライム会員になる方法をお伝えします。

ポイントサイトでAmazonギフト券を手に入れる

無料でAmazonプライム会員になる裏ワザ1つ目は、モッピーやちょびリッチなどのポイントサイトでポイントを貯め、Amazonギフト券に交換するという方法です。ポイントサイトとは、広告バナーのクリックやスマホアプリのダウンロード、無料体験レッスンの申込みなど、誰にでもできる簡単作業をするだけでお金を稼げるサイトです。仕組みとしては、それぞれのサイト独自のポイントを稼ぎ、換金できる額までポイントが溜まったところで、Amazonギフト券やTポイントに交換する、という流れになります。

登録料なしの上、無料でポイントを貯める方法も多数あるので、時間さえかければ完全無料でAmazonプライム会員に登録することが可能です。また、現在は行なっていませんが、以前モッピーではポイントをAmazonプライムギフトコードに交換できるキャンペーンをしていたことがあります。ポイントサイトで交換できる商品は入れ替わりが激しいので、こまめにチェックすると良いでしょう。

クレジットカードに貯まったポイントをプライムギフトカードと交換

プライムギフトコードとは、登録するとAmazonプライムの会員特典が受けられるコードです。個人への販売は行っておらず、法人がAmazonから事前購入し、インセンティブとして顧客や従業員へ配る、という使い方をされています。

以前はポイントサイトでも交換ができた「プライムギフトコード」ですが、現在の主な交換方法はクレジットカードのポイントとの交換です。

American Express:12,500ポイントで1年分のプライムギフトコードと交換

セゾンカード:900ポイントで1年分のプライムギフトコードと交換

JCBカード:1,100Oki Dokiポイントで1年分のプライムギフトコードと交換

クレジットカードのポイントは無料で手に入れられるわけではありませんが、日々の買い物や、携帯代金や購入料金の支払いをクレジットカードで行うようにすれば、意外とすぐに貯まっていきます。積極的にクレジットカードの使用回数を増やすことで、プライムギフトコードの交換条件をクリアでき、実質無料でAmazonプライム会員になることができるでしょう。

ポイントサイトを経由してAmazonで買い物をするとお得

Amazonで買い物をする際、ポイントサイトを経由して買い物をすることで、ポイントサイトのポイントが貰える、会員ランクが上がるなどのメリットがあります。ただ、経由できるポイントサイトは変動が大きく、以前はポイントが貯まったサイトでも突然提携終了になることがあるため、注意が必要です。

有名ポイントサイトモッピーも以前はポイントを還元していたのですが、現在ポイントの貯まる買い物先としてAmazonは選択不可能になっています。ただ、期間限定でポイント還元対象に復活している例もありますので、キャンペーンをこまめにチェックしておくと良いでしょう。

ここでは、2020年1月現在、Amazonでの買い物の際に経由するとお得なサイトを2つ紹介します。

セゾンポイントモール経由で買い物をして永久不滅ポイントを貯める

セゾンポイントモールとは、サイトを経由してのネットショッピングや、簡単なアンケート、ゲームプレイなどによって、永久不滅ポイントを貯めることができるサイトです。貯まった永久不滅ポイントは、買い物に使用できるほかAmazonギフト券や掃除機、美顔器などのアイテムとも交換できます。セゾンカードを所持しているのであれば、ぜひ有効活用しましょう。

《ポイントの貯め方》
(1)セゾンポイントモールにアクセスし、インターネットショッピングで貯めるを選択
(2)検索窓に「Amazon」と入力してショップページに飛び、「このショップを利用する」という赤いボタンをクリック
(3)通常通り買い物をする

Amazonサイトに移行したあと24時間が経つと、経由が無効になってしまうので注意しましょう。

ECナビを経由して、会員グレードを上げる

ECナビでは、現在Amazonで買い物をしてもECナビポイントは加算されません。ただ、ECメンバーズクラブの会員グレードアップにはつながるので、直接Amazonで買い物をするよりもお得です。

ECナビの会員グレードは、一般、ブロンズ、シルバー、ゴールドの4段階で、ゴールド会員になると獲得したポイントに応じて、最大20%をボーナスポイントとして受け取ることができます。ゴールド会員になる条件は、過去半年間にお買い物承認15回かつ3,000ポイントを獲得していることです。

Amazonを頻繁に利用する人であれば、半年間で15回は簡単に超えられますので積極的に利用しましょう。お買い物承認までにはタイムラグが発生するのですが、Amazonでの買い物は承認が早い点が魅力です。ただし、Amazonの利用だけでは3,000ポイント獲得の条件が満たせないため、こちらは別案件で満たすようにしましょう。

また、ECナビではポイント山分けキャンペーンなどのサービスを不定期で開催しており、キャンペーン内容によってはAmazonの買い物でもポイント還元がされることがあります。定期的にチェックしておくと良いでしょう。

まとめ

Amazonプライム会員になるメリットから、無料でAmazonプライム会員になる方法、お得にショッピングを楽しむ方法まで解説してきました。

Amazonプライム会員特典は、買い物、動画鑑賞、読書、音楽鑑賞など、さまざまなジャンルで恩恵を受けられるようになっており、何か1つでもさされば十分もとがとれるサービスです。ポイントサイトやクレジットカードを利用することで、更にお得になるので、この記事を参考にAmazonライフを楽しんでいただければ幸いです。

無料講座|アクシグ式 最新情報
資金ゼロでネット物販を成功させる全手法


物販ビジネスで稼ぎたいけど、どうやって始めたらいいかわからない、売上が思うように伸びないなど悩んでいませんか?

本講座では世界最新の成功事例を実績をあげた成功者の経験をもとに、

  • 無在庫ネットショップ たった3ヶ月、1商品で 7214万9493円稼いだ方法
  • Amazonとネットショップで毎日39万円稼ぐ方法
  • 毎週19万3588円をInstagramから無料で集客して販売する方法
  • 本業の傍らたった半年で月100万円を達成した「中国輸出」
  • 無料でInstagramのインフルエンサーに商品を宣伝してもらう方法
  • 無在庫ストアで月商1億を超えた方法
  • 店舗せどりで1日1万円稼ぐ方法
  • アマゾンの在庫1パレットを僅か1000円で入手する方法」
  • 無在庫ネットショップで儲かる商品を見つける海外の最新リサーチ法
などアクシグ代表の吉田ゆうすけが、日本ではまだ知られていない秘密の情報をお届けします。

あなたのビジネスを成功させるために、今すぐLINEで限定情報を入手してください。

友だち追加



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る