物販

アマゾンせどりで稼ぐコツ!おすすめの仕入れ先を一挙公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

現在は個人でも簡単に出品できるプラットフォームがたくさんありますが、せどりで稼ぎやすいのはAmazonです

今回は、Amazonせどりのコツと、おすすめの仕入れ先を紹介します。

Amazonせどりの手法

Amazon転売は仕入れ方法によって3種類に大別できます。

電脳せどり

いわゆるネットショップで仕入れる転売手法です。

電脳せどりは自宅で完結します。また、時間に縛られることなくいつでも仕入れができるため、本業がある人でも気軽に取り組めます。

店舗せどり

家電量販店やディスカウントストアといった実店舗で仕入れる方法です。

店舗まで足を運ばなければいけないデメリットはありますが、ネットでは見つからない掘り出し物が見つかることがあります。

輸入せどり

海外のショップから仕入れる手法です。

輸入せどりは価格差を出しやすいため非常に稼ぎやすくなっています。また、海外のショップには日本では売られていない商品もたくさんあるため、きちんとリサーチすれば最も稼げる転売手法と言えます。

Amazonせどりのリサーチ

転売をする上で一番最初にしなければいけないことはリサーチです。リサーチ抜きで利益を出すことはほぼ不可能です。

まずは、Amazon売れ筋ランキングなどを確認して、人気のある商品をピックアップしてください。

ただし、人気のある商品=売れる商品ではありません。需要が大きくてもライバルが多いようでは売れません。

また、売れる商品=利益の出る商品とも限りません。特にFBAを利用して出品する場合は、各種手数料で赤字になる可能性もあります。

したがって、人気商品を把握したら、次は市場調査と利益計算をする必要があります。

Amazonの市場調査

Amazonの市場調査にはモノレートがおすすめです。

モノレートではAmazonでの商品の売れ行き・相場・出品者数などを確認できます。そのため、モノレートを利用すれば売れる商品だけを効率よく把握することができます。

使い方は簡単です。モノレートのホームページを開いて、一番上の入力フォームに商品名、もしくはASINかJANコードを入力して検索してください。

 

そして、検索結果から該当商品を探してクリックしてください。

すると、以下のように3つのグラフが表示されます。

一番上のグラフは最安値です。出品するときの価格設定の参考になります。最安値で仕入れて最高値で売るのが理想です。

二段目は出品者数のグラフです。

出品者数が多いほど売れにくい傾向にありますが、出品者数=ライバル数とは限りません。Amazonで実際にその商品の出品商品を見たときに、全員が最安値で出品していた場合は出品者全員がライバルとなりますが、価格差が大きい場合は、上位5人までがライバルです。

三段目はAmazonにおけるその商品の人気ランキングです。山になっている時期がよく売れた時期です。

グラフの統計期間はグラフ右上の「3ヶ月」「6ヶ月」「12ヶ月」「すべて」をクリックすることで変更できます。

また、左上の「すべて」「新品」「中古品」「コレクター」のタブで商品の状態を限定することもできます。

さらに、グラフの下までページをスクロールすると、日別にランキング順位・出品者数・最安値の変動を新品・中古品・コレクター品別に確認できます。

 

ちなみに、モノレートはスマホからアクセスするとスマホ版のページになります。

使い方や確認できるデータは同じです。

 

スマホでモノレートを利用する場合は、ホーム画面に追加しておくとすぐに使えて便利です。

Androidの場合は、モノレートのホームページを開いた状態でタブの右上にあるアイコンをタップして、「ホーム画面に追加」を選択してください。

iPhoneの場合は、ページ下にある□に↑が重なったアイコン(共有ボタン)をタップして、「ホーム画面に追加」をタップしてください。

Amazon転売の利益計算

モノレートで売れる商品を見つけたら、FBA料金シミュレーターで利益計算をしましょう

FBA料金シミュレーターとは、商品価格や原価、FBA倉庫への送料を入力するだけで、出品手数料やFBA利用にかかる手数料などを自動計算してしてくれるツールです。損益率も算出されるため、ひと目で利益の出る商品かどうかの判別ができます。

まずは、FBA料金シミュレーターのページを開いてください。

商品名やASINコードで検索して、商品を選択してください。

下に代金の入力フォームが表示されるので、「FBA発送の場合」の列にある商品代金・Amazonへの納品・商品原価を入力して、下の「計算」ボタンをクリックしてください。

すると、出品手数料・FBA手数料が自動計算され、純利益・利益率が表とグラフで表示されます

 

仕入れにおすすめのネットショップ

商品を選定したら、仕入れ先を探しましょう。

転売におすすめの国内大手ネットショップサイトを紹介します。

大手ネットショップ

参考:Yahoo!ショッピング

Yahoo!プレミアム会員になってYahoo!ショッピングで仕入れれば、ポイントが還元されてさらにお得です。

 

参考:楽天市場

楽天はAmazonに次ぐ日本で第2位のECモールです。大抵の商品はここで仕入れることができます。

 

参考:LOHACO

日用品の仕入れにはLOHACOもおすすめです。

 

参考:Qoo10

Qoo10は世界最大級のオークションサイト「eBay」が運営するECサイトです。上記のショッピングサイトにはない独自の商品が多数販売されています。

 

家電量販店のオンラインショップ

家電の仕入れは、大手家電量販店のオンラインショップがおすすめです。普段の価格は高いですが、在庫処分セールなどの大型セール開催中はかなり安く仕入れることができます。

おすすめののオンラインショップは以下のとおりです。

 

参考:ヤマダモール

 

参考:ヨドバシ.com

 

参考:ソフマップ・ドットコム

 

参考:ビックカメラ.com

 

参考:コジマネット

 

参考:Joshin webショップ

仕入れにおすすめの実店舗

売れ筋商品が安く手に入るディスカウントストアを4つ紹介します。

BOOK OFF(ブックオフ)

書籍・ゲームソフト・CD・DVDなどはBOOK OFFで仕入れるのがおすすめです。

参考:BOOK OFF

 

ブックオフには全部で4種類あります。

・BOOK OFF

・BOOKOFF PLUS

・BOOKOFF SUPER BAZAAR

・BOOK OFF ONLINE

 

BOOK OFFは、街中でよく見かけるブックオフ実店舗のことです。中古の書籍・CD・DVD・ゲームソフトを主に扱っています。

 

BOOKOFF PLUSは、書籍・CD・DVD・ゲームソフトに加えて、家電やホビーグッズも扱っている実店舗です。

 

BOOKOFF SUPER BAZAARはブックオフの超大型店舗です。書籍・CD・DVD・ゲームソフトはもちろん、洋服・子供服、スポーツ用品、ベビー用品、ブランド品、楽器、生活雑貨など幅広い商品を扱っています。

 

HARD OFF(ハードオフ)

パソコン・オーディオ機器はHARD OFFで安く仕入れることができます。

参考:HARD OFF

 

元々ハードオフは、中古のAV機器・楽器・パソコンなどを扱うショップでしたが、今ではアパレル・ホビーグッズ・お酒など幅広い商品を扱っています。そして、扱う商品のジャンルごとにショップ名が異なります。

ハードオフ : パソコン・オーディオ・楽器・カメラ・カーグッズ・プラモデル

モードオフ : レディース服・メンズ服・アクセサリー・時計・バッグ・シューズ

オフハウス : ブランド品・アクセサリー・家具・家電・インテリア・子供服

ガレージオフ : カーオーディオ・カーナビ・カーグッズ・カーパーツ・タイヤ・ホイール・自転車

ホビーオフ : カプセルトイ・カード・ミニカー・ノベルティ・プラモデル・フィギュア

リカーオフ : アルコール類・グラス類

ハードオフ系列はブックオフより店舗数が多く、全国に896店舗もあるため仕入れが容易です。また、店員によって値付けがバラバラであるため、お買い得商品が多い傾向にあります。正常に動く商品がジャンク品として売られていることも珍しくありません。

 

コストコ

コストコはアメリカ発の会員制・倉庫型スーパーマーケットです。コストコは卸店でもあるため、全般的に価格が安く、品揃えも豊富です。

日本の一般的なスーパーマーケットと違い、大量仕入れができるだけでなく転売のサポート体制が整っています。ビジネス会員になれば従業員やマーケティング担当者からセール情報などを直接教えてもらえます。転売屋にとってはこれ以上無いほど居心地の良い仕入れ先と言えます。

にもかかわらず、コストコで仕入れている転売屋はそこまで多くありません。理由としては、店舗数が少ないことと、店舗の立地が悪いことが挙げられます(駅から遠い場所にあることが多く、車がないと行けません)。

そのため、一般的な家電量販店やディスカウントストアなどで仕入れたものを転売するよりもコストコ転売は有利だと言えます。

コストコは全国に25店舗しかありません(2019年6月時点)。

店舗詳細は以下のページからご確認いただけます。

参考:コストコ 店舗一覧

ドン・キホーテ

ドン・キホーテはとにかく価格が安いことが最大の魅力です。特におもちゃやゲームソフトを安く仕入れることができます。陳列棚の一番下や取りにくい一番上には「在庫処分品」「訳あり」などと表記されたお得な商品が隠れています。

セール時はさらに価格が安くなります。ドンキホーテは5~6月に在庫処分セールが開催されることが多いです。年末年始も歳末セールが行われているため、狙い目です。

ドン・キホーテは日本全国に300以上の店舗があるため、仕入れに行くのが簡単です。また、夜遅くまで営業しているため、副業で転売をしている人でも、仕事終わりに仕入れが可能です。

ただし、ドン・キホーテは扱っている商品数・ジャンルが幅広く、大量の商品がギュウギュウに陳列されているため、目当ての商品を見つけるのに時間がかかります。また、独自のバーコードを使用しているため、バーコードでのリサーチができません。

さらに、コンディションが良くない商品がよくあります。パッケージが破損していたり箱がないこともあるため、購入前によく確認してください。

仕入れにおすすめの個人間取引サイト(アプリ)

中古品に関しては、フリマアプリやネットオークションが仕入れ先として最適です。

おすすめの仕入れ先を3つ紹介します。

メルカリ

フリマアプリの代名詞と言えばメルカリです。1ヶ月あたり約2,000万もの人が利用していると言われています。20~30代の女性利用者が多いため、ファッション・雑貨関連の中古品の仕入れに最適です。

参考:メルカリ

メルカリでは値引き交渉が当たり前という独自の文化」があります。上手く交渉すれば提示価格よりかなり安く購入することができます。

値引き交渉をするには、事前にその商品の相場を把握しておく必要がありますが、メルカリの相場はサイト内で条件検索するだけで確認できます。

検索フォームに仕入れ予定の商品名を入力して検索してみてください。検索結果が表示されたら、左サイドバーにある「販売状況」の項目内の「売り切れ」にチェックを入れて絞り込み検索してください。

売り切れ商品の価格の平均が大体の相場となります。

ラクマ

ラクマは国内第2位の市場規模を誇るフリマサイトです。メルカリ同様、女性利用者が多いことで有名です。メルカリには無い商品が出品されていたりするので、メルカリの控えとして利用すると良いでしょう。

参考:ラクマ

メルカリやラクマなどのフリマサイトで仕入れる際は、フリマウォッチPCツールの利用をおすすめします。

目当ての商品を登録しておけば、その商品が出品された時にすぐに通知が来るようになります。

ヤフオク

ヤフオクは日本最大のオークションサイトです。大抵のものはここで手に入ります。

参考:ヤフオク

おすすめの海外の仕入れ先

輸入転売は難しいと思われがちですが、そんなことはありません。むしろライバルが少ないため稼ぎやすいと言えます。

特に売れ筋商品の多い海外のECモールを紹介します。

Amazon.com(アメリカ版Amazon)

参考:アメリカ版Amazon

Amazonは元々アメリカ発のECサイトです。本家のAmazon.comは日本のAmazonよりもさらに品揃えが豊富です。サイトのレイアウト・デザイン・システムが日本のAmazonと変わらないため非常に使いやすくなっています。

eBay

参考:eBay

eBayは世界最大級のオークションサイトで、その市場規模はヤフオクの10倍以上です。日本では買えない商品も多く出品されており、価格も日本の相場より安いです。日本へ発送してくれる出品者も多いのでとても便利です。

中国のECモール

中国のECモールには格安商品がたくさん出品されています。特におすすめのECモールを3つ紹介します。

 

(1)参考:Aliexpress

Aliexpressは中国のECサイトですが、中国国外のユーザーをターゲットにしています。日本語にも対応しており、日本のクレジットカードも利用可能です。また、日本まで直接発送してもらえます。格安の中国製品の仕入れに最適なサイトです。

 

(2)参考:淘宝網(タオバオ)

淘宝網は個人間取引中心のECサイトです。日本でいうところのメルカリやヤフオクにあたります。上記のAliexpressよりも品揃えが豊富で価格が安いのが特徴です。しかし、サイトの表記が全て中国語で、日本に直接発送してくれる出品者もほとんどいません。そのため、淘宝網からの仕入れには輸入代行業者の利用が必須です。

 

(3)アリババ

アリババは中国の企業間取引中心のECサイトです。単品ではなくまとめて仕入れたい時におすすめです。

 

アリババには2種類あります。

1つ目は、中国国内向けアリババ「阿里巴巴1688.com」です。表記はすべて中国語です。

参考:阿里巴巴1688.com

1688.comには、中国の現地メーカー・工場が出品しているため、ほぼ卸売価格で購入できます。品揃えも豊富です。もっとも、中国国内向けであるため、不良品が多いのも事実です。

 

2つ目は、全世界向けアリババ「Alibaba.com」です。表記は英語です。

参考:Alibaba.com

こちらは中国メーカーが海外輸出を目的に出品しており、価格は少し高めとなっています。だからといって品質が特別良いわけではなく、1688.comとほぼ変わりません。

個人輸入には、価格の安い1688.comがおすすめです。

Amazonせどりは稼ぎやすい

Amazonはリサーチツールが充実しているため、転売初心者でも稼ぎやすいプラットフォームと言えます。

今回紹介した仕入れ先を使えば、簡単に売れ筋商品を仕入れることができます。ぜひ転売してみてください。





  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る