物販

Amazonツールランキング【ベスト3】本当に使えるツールはこれだ!

この記事では、Amazon転売ビジネスで役立つツールを紹介していきます。Amazonビジネスの作業を効率化させ、今よりも収益を拡大させていきたい方へ向けた記事です。

Amazonに関するツールは様々な種類がありますが、どのようなものを選べばよいのか迷ってしまうでしょう。また、ツールを使うことでどのような効果を期待できるのか?いまいち分からないという人も少なくありません。当記事を読めばAmazonツールの種類や期待できる効果が分かりますので、是非最後までご覧ください。

Amazon輸出に必要なツールとは?

まずは、Amazon輸出ツールのタイプについて紹介していきます。Amazon輸出で使われているツールにはどのようなものがあるのか、まずは全体像を把握するのです。そうすることで、利用目的に適したツールを選びやすくなります。

自動評価依頼ツール

商品を購入してくれたお客さまのもとへ、自動的にセラー評価や商品評価を依頼できるツールです。多くのお客さまからフィードバックをいただくことで、他の販売者よりも優位に立つことができます。

価格改定ツール

Amazonで販売されている商品は、価格が刻一刻と変動しています。その際に、価格改定ツールへ自分のルールを設定すると、値動きに応じて自動的に商品の価格を変更させることが可能です。

在庫管理ツール

商品の在庫数が変動した時や、在庫が不足したときに通知してくれるツールです。扱う商品数が多くなると確認に手間がかかるので、このツールを使った方が作業は速くなります。

出品制限ツール

JANコード等を使い、事前にリスクの高い商品を出品対象から排除するためのツールです。主に、無在庫販売を行う人たちが大量出品する際に利用します。

商品リサーチツール

商品ランキングをリサーチしたり、送料や手数料を計算するのに便利なツールです。Amazonで販売する商品を決める際は、その商品の需要と利益計算を考える必要があります。需要がなければ売れませんし、利益が出ないと商売にならないからです。

しかし、これらを自分1人で調べるのは時間がかかってしまいます。ツールを使うことで圧倒的に作業を効率化し、これらの情報をすぐに把握することができます。

ランキング追跡ツール

商品カテゴリーランキングの変動を追跡してくれるツールです。ランキングを見れば売れる商品を確認できるため、リサーチする際に役立ちます。

在庫数追跡ツール

他の販売者の在庫数を確認できるツールです。ツールを使用しなくても確認することはできますが、ツールを活用することで作業を効率化できます。

Amazon輸出ツールのランキング【ベスト3】

それでは、Amazon輸出ツールのランキングを紹介していきます。Amazon輸出ツールのベスト3は以下の通りです。

1位:アマトピア

アマトピアで利用できる機能は以下の7つです。

  • 商品リサーチ
  • 価格改定
  • 在庫追跡
  • 出品管理
  • SEO対策
  • 売上分析
  • 顧客フォロー

出品管理は無料で利用できます。顧客フォローは一部無料となります。その他の機能は有料ですが、14日間は無料で利用することができます

気になる価格は、ビギナープランで19800円/月です。少し割高になりますが、本格的にやる方にとっては気にならない価格帯でしょう。

まず、価格改定機能ですが、カートの価格や最安価格だけではなく、Yahooショッピングや楽天の価格に合わせて変更することができます。他のツールの価格改定機能は、世界中のAmazonに対応していないことが多いです。

しかし、アマトピアは世界中のAmazonに対応しているため、非常に使い勝手が良いと言えます。Amazonポイントを含めた価格改定ができる点も、他のツールにはないメリットです。

商品リサーチ機能では、事前に利益計算を自在に行うことができます。こちらも他のツールにはない機能であり、非常に便利です。

SEO対策機能は、通常手動で行う必要がある検索順位チェックを自動で行うことができます。また、画像やテキストのビフォーアフターによるコンバージョン率の違いを測定することも可能です。中国輸入を中心とした自社ブランドを持っている販売者に特に喜ばれる機能です。

売上分析機能では、Amazonで販売した商品のデータを仔細に調べることができます。販売数やコンバージョン率、レビュー数の上昇率などを調べることができるため、新規出品者にとっては嬉しい機能です。

料金が高額な分、トップクラスの機能を利用することができます。気になる方は無料期間だけでも試してみてはいかがでしょうか。

2位:PRIMA(プライマ)

PRIMA(プライマ)の主な機能は以下の3つです。

  • ランキングの調査
  • 価格改定
  • 出品機能

PRIMAの価格改定機能でも、細かい価格改定を行うことができます。利用ユーザー数が多いので情報を入手しやすく、安定性も高いです。

PRIMAの最大の特徴は、ebayの出品ファイルも作成できる点です。この機能が導入されているツールはPRIMAの強みと言えます。デメリットがあるとすれば、PRIMAがインストール型のツールである点です。

古くからあるツールなので仕方がありませんが、結局別でVPSサーバーなどが必要になってしまいます。そのため、月々の費用としてはおおよそ7,000円から8,000円と考えておいた方が良いでしょう。

3位:プライスター

プライスターは、Amazonツールとして最も有名なツールです。出品から価格比較、ランキングの推移チェックなどを行うことができます。

プライスターの最大のメリットは、PRIMA(プライマ)と違ってインストールが不要な点です。WEBアプリとして最初から基本的な機能が揃っています。

反対にプライスターのデメリットは、売上ランキング機能以外に突出した機能がない点です。基本的な機能は最初から 全て揃っていますが、応用的な機能はあまり存在しないのです。

全ての分野で平均点以上のポテンシャルを持っているので、3位としてランクインさせました。Amazon転売初心者は、とりあえずこのツールを使っておけば間違いないでしょう。逆に、Amazon転売の上級者になると、プライスターでは満足できなくなる可能性があります。

自分のスキルや経験に合わせてツールを選んでいくことをオススメします。

Amazon輸入ツールに必要な機能とは?

これまでAmazon「輸出」ツールについて解説してきましたが、ここからはAmazon「輸入」ツールについて解説していきます。また先ほどと同様に、必要となる機能を1つずつ紹介していきます。

リサーチ機能

Amazon転売の基本である「安く買って高く売る」を実現するには、国内外で価格差のある商品を探し出すことが必要です。しかし、価格差だけを重要視しても売れないため、商品ランキングや出品数などの情報もリサーチしなければいけません。

この際に必要になるのがリサーチ機能です。リサーチツールを使いこなすことで、収益性の高い商品を探し出すことができます。

画像検索機能

画像検索機能は、日本語対応していない中国圏のサイトから目当ての商品を検索するときに使用します。簡単な手順としては、まず国内のサイトで商品の画像を探し、その画像に酷似している画像を中国圏のサイトで探します。見つかった画像に関連した画像を中国内から複数拾いだして、1番安いサイトを選ぶといった流れです。

刈り取り機能

「刈り取り」とは、Amazonで仕入れた商品をAmazonで販売することです。通常、転売は海外から格安で商品を仕入れ、日本のAmazonで売るのが一般的です。しかし、「刈り取り」はAmazon内で取引が完了するため、合理的にビジネスを進めていくことができます。

出品者・市場分析機能

Amazon転売では、出品者を分析することも大切です。膨大な商品群の中から売れる商品を見つけるよりも、既にうまくいっている出品者を真似した方が結果が出やすいからです。

また、市場分析も怠ってはいけません。EC市場では常に売れ筋やトレンドなどが発生しているからです。トレンドをリサーチしておくことで、収益性の高い商品を探し出すことができます。

在庫追跡機能

利益を見込める商品を見つけたら、次はその商品をどれだけ仕入れるのかを決めなければいけません。一般的にAmazon売れ筋ランキングやモノレートなどのツールから商品数を決めますが、それだとどうしても推定の域を出ません。

そのような時に在庫追跡ツールを使い、商品の在庫変動を実数ベースで記録していけば、商品の仕入れ個数の判断は正確性を増します。

販売予測機能

販売予測機能とは、商品ランキングの変動数や出品者数の増減によって、商品の売れる数を推定するものです。あくまでも「推定」なので、在庫追跡ツールに比べると正確性は劣ります。ただ、販売予測ツールは即時に判定できるため、実数を追う在庫追跡ツールよりも即効性が高いです。

費用計算機能

リサーチをした結果、利益を見込める商品が決まったとしても、その時点では本当に利益が出るのかは分かりません。

転売には国際送料や関税、消費税などの経費が発生するため、それらの額もしっかり計算に入れておく必要があります。費用計算ツールを使うことで、経費を計算したうえでの利益を把握することができます

自動注文・出品補助機能

Amazonの市場では常に価格変動が起きているため、商品を仕入れる際はタイミングを見計らう必要があります。最も価格が安いタイミングで仕入れなければ、大きな利益を見込めません

しかし、人間が常に商品の価格変動をチェックするのは非効率です。そのため、自動注文や出品補助をツールで代替する必要があります。時間がかかる作業をツールに任せることで、スピーディーにビジネスを進めていくことが可能になるのです。

価格改定機能

Amazon輸入では商品の登録後、売れるまで放置するわけにはいきません。なぜなら、出品した後も商品の価格にテコ入れしていく必要があるからです。

Amazonには多くの競合が存在していて、商品の価格競争も常に行われています。変動する相場に応じて、ツールを使いながら価格改定していく必要があります。

自動評価依頼機能

自動評価依頼とは、商品を購入してくれたお客さんにセラー評価や商品の評価を依頼することです。Amazonで他の販売者よりも優位に立つためには、多くのお客さんからの評価が必要になります。自動評価依頼ツールを使うことで、お客さんからのフィードバックを自動で受け取ることが可能になるのです。

Amazon内でのSEO対策機能

ここでいうSEOとは、Amazonの一覧ページで上位に表示させるための施策のことです。Amazon輸入ツールを使えば、どのようなキーワードで自分の商品が上位表示できるのか調査することができます。

在庫管理機能

在庫切れを起こしている商品や、余暇在庫となっている商品を管理・分析してくれるツールです。

Amazon輸入ツールのランキング【ベスト3】

続いて、Amazon輸入ツールのランキングを紹介していきます。Aamzon輸入ツールのベスト3は以下の通りです。

1位:camelcamelcamel(キャメルキャメルキャメル)

camelcamelcamelとは世界各国のAmazonの中で、あらかじめ設定した価格以下に変動した商品が出てきた場合、メールで通知してくれるサービスです。過去の商品価格も分かるため、過去最安値の少し上にアラートを設定すると良いです。そして、通知が来たら一気に仕入れるという流れを作り出します。

2位:アマトピア

輸出ランキングでもランクインしていたアマトピアですが、やはり機能だけで言うと最高のツールと言えます。アマトピアのリサーチ機能と在庫追跡機能を使いこなせれば、輸出入ビジネスは十分やっていけます。アマトピアのリサーチツールは非常に使いやすいため、すぐに扱えるようになるでしょう。

価格改定機能に関しては、無在庫販売の人に向けた機能です。FBA販売しかしていない人は、あまり使う機会がないでしょう。

参考:アマトピア公式ページ

3位:あまログ

あまログは、他の販売者の売り上げや販売数、商品内容などを分析できるツールです。あまログのメリットは、過去のデータを見れるので使い始めた瞬間からデータを取得できる点です。

しかし、実際には自分が扱うつもりの商品の在庫数をチェックできれば良いので、使い始めてもそこまで出番がないことに気が付きます。あまログの月額費は1万円を超えるので、費用対効果が高いとは言えません。金銭的に余裕があるものの時間がないという方は利用してみると良いでしょう。

参考:あまログ公式ページ

まとめ

今回は、Amazon転売ビジネスで役立つツールを紹介しました。収益をさらに拡大するためにも、今回紹介したツールを活用して日々のリサーチに役立ててみてください。

無料講座|アクシグ式 最新情報
資金ゼロでネット物販を成功させる全手法


物販ビジネスで稼ぎたいけど、どうやって始めたらいいかわからない、売上が思うように伸びないなど悩んでいませんか?

本講座では世界最新の成功事例を実績をあげた成功者の経験をもとに、

  • 無在庫ネットショップ たった3ヶ月、1商品で 7214万9493円稼いだ方法
  • Amazonとネットショップで毎日39万円稼ぐ方法
  • 毎週19万3588円をInstagramから無料で集客して販売する方法
  • 無料でInstagramのインフルエンサーに商品を宣伝してもらう方法
  • 無在庫ストアで月商1億を超えた方法
  • 店舗せどりで1日1万円稼ぐ方法
  • アマゾンの在庫1パレットを僅か1000円で入手する方法
  • 無在庫ネットショップで儲かる商品を見つける海外の最新リサーチ法
などアクシグ代表の吉田が、日本ではまだ知られていない秘密の情報をお届けします。

あなたのビジネスを成功させるために、今すぐ限定情報を入手してください。