物販

Amazon輸出事業者におすすめの厳選ツール9選!

個人輸出はとにかく手間がかかります。特に取り扱う商品が増えてくると、全て手作業でやっていたのでは追いつかなくなります。そのため、ツールの導入による効率化が欠かせません。

個人輸出で一番おすすめしたいプラットフォームはAmazonです。なぜなら、Amazonは作業を効率化できるツールが充実しているからです。

今回は、Amazon輸出におすすめのツールを9つ紹介します。

Amazon輸出ツールの種類

一口にツールと言っても様々な種類があります。最初にAmazon輸出ツールの種類を紹介します。

ASIN収集ツール

ASINとは全世界のAmazon共通の商品識別番号です。

ASINを取得することができれば、リサーチツールで簡単に価格差を把握できるようになります。

評価依頼ツール

これは商品の購入者に評価を依頼するツールです。依頼するとしないとでは、評価をもらえる確率が全く変わってきます。評価数が増えれば、購入率も上がります。

価格改定ツール

これはAmazonに出品した商品の価格変更ツールです。市場の変化に応じて、最適な価格に設定・変更ができます。

在庫管理ツール

在庫数を自動的に管理してくれるツールです。この手のツールを導入していると、在庫が足りなくなった時にアラートで知らせてくれます。

出品制限ツール

これは赤字になるリスクがある商品の出品を制限するためのツールです。ツールにもよりますが、制限の条件は自分で設定できる場合がほとんどです。

リサーチツール

市場調査やライバルの動向をチェックできるツールです。

ランキング追跡ツール

Amazonのランキングは日々変動しています。ランキング追跡ツールを使えば、常に最新のランキングを確認できます。

AmazonSEOツール

自分の商品の検索順位をチェックできるツールです。検索キーワードごとの順位を把握できます。

商品情報取得ツール

ライバルセラーの商品情報を一括で取得できます。

在庫追跡ツール

これは自分の在庫ではなく、他のセラーの在庫数を確認できるツールです。

無料のおすすめツール6選

 

Amazon輸出で使うツールには無料のものと有料のものがあります。有料ツールの方が機能は充実していますが、最初は無料ツールでも十分作業を効率化できます。特におすすめのツールを6つ紹介します。

Amadiff

参考:Amadiff

Amadiffの検索ボックスにASINコードを入力検索するだけで、各国のAmazon上での価格を簡単に把握できます。

以前はAmadiffのGoogle Chrome拡張機能もありました。拡張機能を追加すると、Google ChromeブラウザでAmazonページを開くと、商品の下に各国の価格・ランキングが表示されていました。しかし、現在は拡張機能の方はサービスが終了しています。

Calculator Widget

参考:Calculator Widget

これはGoogle Chromeのブラウザ拡張機能です。右上のアイコンをタップするだけでAmazonの手数料を計算できます。

takewari

参考:takewari

これは検索した商品のAmazonでの価格・ランキングを国ごとに確認できるツールです。現在はサービスが一時停止されています。メールを登録しておけば、サービス再開のお知らせが届きます。

モノレート

参考:モノレート

モノレートではAmazonでの商品の売れ行き・相場・出品者数などを確認できます。そのため、モノレートを利用すれば売れる商品だけを効率よく把握することができます。

まずは、一番上にある入力フォームに商品名、もしくはASINかJANコードを入力してください。

そして、検索結果から商品を探してクリックしてください。

すると、以下のようにグラフが3つ表示されます。

一番上のグラフは最安値です。これを見れば出品するときの価格設定の参考になります。最安値で仕入れて最高値で売るのが理想です。

二段目は出品者数のグラフです。

出品者数が多いほど売れにくい傾向がありますが、出品者数=ライバル数とは限りません。Amazonで実際にその商品の出品者をチェックしたときに、全員が最安値で出品していた場合は出品者全員がライバルとなりますが、価格差が大きい場合は、上位5人までがライバルです。

三段目はAmazonにおけるその商品の人気ランキングです。山になっている時期がよく売れた時期です。

グラフの統計期間はグラフ右上の「3ヶ月」「6ヶ月」「12ヶ月」「すべて」をクリックすることで変更できます。

また、左上の「すべて」「新品」「中古品」「コレクター」のタブで商品の状態を絞り込むこともできます。

さらに、グラフの下までページをスクロールすると、日別にランキング順位、出品者数、最安値の変動を新品・中古品・コレクター品別に確認できます。

camelcamelcamel

参考:camelcamelcamel

Amazonの出品商品の価格をチェックしてくれるツールです。設定した価格より安い商品が出品されると通知が来るため、仕入れの際に重宝します。

その価格OK?

参考:その価格OK?

Amazonだけでなく楽天やヤフオクに出品されている商品との価格を比較して、最安値を表示してくれるツールです。これも仕入れ時に重宝します。

おすすめの優良ツール3選

 

ある程度利益が出て売上が安定してきたら、有料ツールを導入して事業を拡張しましょう。

ここからは、日々の業務を効率化できるおすすめのツールを3つ紹介します。

アマトピア

参考:アマトピア

アマトピアの主な機能は次のとおりです。

・商品リサーチ
・ライバル在庫追跡
・価格改定
・顧客への評価依頼(メール)
・出品管理
・SEO対策

アマトピアには4つの料金プランがあります。

・Beginner
・Expert
・Master
・VIP

Beginnerプランは月額19,800円で、Amazonアカウント1個まで、ライバル在庫追跡は100商品まで、SEO対策はキーワード150個まで利用できます。

Expertプランは月額34,800円で、Amazonアカウント2個まで、ライバル在庫追跡は300商品まで、SEO対策はキーワード500個まで利用できます。

Masterプランは月額49,800円で、Amazonアカウント3個まで、ライバル在庫追跡は1,000商品まで、SEO対策はキーワード1,000個まで利用できます。さらに売上分析や広告運用、受注管理機能も利用可能です。

VIPプランは月額198,000円で、Amazonアカウント5個まで、ライバル在庫追跡は3,000商品まで、SEO対策はキーワード3,000個まで利用できます。さらに売上分析や広告運用、受注管理機能も利用可能です。

いずれのプランも最初の14日間は無料で利用できます。

PRIMA

参考:PRIMA

PRIMAで利用可能な機能は以下のとおりです。

・ASINからの商品データ取得
・価格改定
・Amazonポイントデータ取得
・最安値出品者フィルタリング
・卸価格の取得

PRIMAは全11カ国のAmazonに対応しており、Amazon大口アカウント(MWS)のAPIを利用して、継続的なデータ取得が可能となっています。

30日間の無料トライアル期間があり、その後は月額7,980円の利用料が発生します。

プライスター

参考:プライスター

プライスターの主な機能は次のとおりです。

・かんたん出品
・自動価格改定
・利益計算
・在庫管理
・顧客フォローメール配信
・リピート販売
・ランキングリサーチ

日本版プライスターは最初の30日間が無料で、2ヶ月目以降は月額4,800円かかります。

Amazon輸出はツールを導入すれば楽ちん

 

今回紹介したツールを導入すれば、Amazon輸出で効率よく稼ぐことができます。無料ツールでも十分効率化が図れますが、有料ツールの方が機能が充実しています。お金に余裕がある方は、ぜひ有料ツールを導入してみてください。

無料講座|アクシグ式 最新情報
資金ゼロでネット物販を成功させる全手法


物販ビジネスで稼ぎたいけど、どうやって始めたらいいかわからない、売上が思うように伸びないなど悩んでいませんか?

本講座では世界最新の成功事例を実績をあげた成功者の経験をもとに、

  • 無在庫ネットショップ たった3ヶ月、1商品で 7214万9493円稼いだ方法
  • Amazonとネットショップで毎日39万円稼ぐ方法
  • 毎週19万3588円をInstagramから無料で集客して販売する方法
  • 無料でInstagramのインフルエンサーに商品を宣伝してもらう方法
  • 無在庫ストアで月商1億を超えた方法
  • 店舗せどりで1日1万円稼ぐ方法
  • アマゾンの在庫1パレットを僅か1000円で入手する方法
  • 無在庫ネットショップで儲かる商品を見つける海外の最新リサーチ法
など専門家が独自に入手した、日本ではまだ知られていない秘密の情報をお届けします。

あなたのビジネスを成功させるために、今すぐ限定情報を入手してください。