物販

Amazonのバリエーション商品登録を活用して売上を伸ばす方法

「Amazonで売上を伸ばしたいけれど、新たに取扱商品を増やすのは難しい」「なるべく資金をかけずに業績をあげたい」という方には、バリエーション登録やセット売りを活用することをオススメします。バリエーションを増やすだけであれば、現在の仕入れルートをそのまま生かせ、大量の在庫を抱えずに済むのです。この記事では、バリエーション登録をすることによって得られるメリットやバリエーション登録の手順について解説していきます。

バリエーション登録とは?

バリエーション登録とは、Amazonの商品ページを作る際、1つの商品ページに複数商品を載せる方法です。まったく関係のない商品を載せることができないので、同一商品の色違いやサイズ違いをまとめて登録します。

《例》
ドレッシースター シフォンワンピース ロング丈 Vネック レーススリーブ フォーマルドレス 結婚式 お呼ばれ レディース
カラーバリエーション:グリーン・ブラック・ホワイト・レッド・ネイビー・グレープ・ダークレッド・ブラッシュ・ワインレッド

バリエーション登録・セット商品を作れば売上が伸びる

バリエーション登録やセット商品販売をすれば、簡単に売上を伸ばすことができます。たとえば、今売っている商品の中に黒色のシューズがあったとします。そのシューズにカラーバリエーションがあるのであれば、バリエーション登録をして色違いシューズの販売も始めましょう。

今までAmazonの商品ページを見て、黒以外のモデルが欲しかった人はページを離脱していました。しかし、あなたがバリエーション登録したことによって、別のカラーを望む人も購入者になってくれるのです。今すでに売っている商品の中で、バリエーション登録できるものがないか確認してみましょう。

バリエーション登録の例

バリエーション登録は、カラーバリエーションに限ったことではありません。組み方の例を挙げていくので、真似できそうなものからはじめてみましょう。単純に個数だけを増やしたセット売りは、新たに在庫を抱える必要もないのでリスクが少ないです。

バリエーション登録組み方の例
同一商品を複数個セットで売る-セット売りの価格を少しだけ値引きすることで売上アップが望めます
サイズ違いで売る-同一商品のS・M・Lサイズなど
同一商品の量違い-小麦粉1㎏の商品ページに、3・5・10kgも載せるなど

ただし、「購入者にとって役に立つ」登録をする必要があります。以下のような出品をAmazonでは禁止していますので注意してください。

《バリエーション登録として不適切なもの》
・異なる商品デザインや機能を持つ商品をバリエーション登録すること
カラーバリエーション登録ができるのは、同一メーカー・同一モデルのみです。黒色だけデザインが違う、などの出品は購入者に誤解を与え、クレームの原因になります。また、ナンバーロック式の金庫と鍵付き金庫、蓋付きドキュメントファイルと蓋なしドキュメントファイルなど、類似していても機能が違う商品は、バリエーション登録の対象になりません。

・特定の機能を持つ商品をバリエーション登録すること
iPhone用端子の携帯充電器とmicroUSB端子の携帯充電器は、同じ機能を持っていますが、バリエーション登録することはできません。iPhone用端子充電器を買う人は、microUSB端子充電器を欲していないからです。使用用途が同じでも、使用者が異なる商品は別商品として登録する必要があります。

・同じカラーの異なる商品をバリエーション登録すること
カラーバリエーション登録は、同じ商品デザインの中の違うカラーを登録することを指します。同一カラーの違う商品デザインを1つの商品ページに記載することはできません。複数メーカーの黒いシューズのみを集めた商品ページ、という登録は禁止です。

バリエーション登録をする3つのメリット

ここでは、バリエーション登録によって得られる3つのメリットを紹介します。

必然的にレビュー数が増える

バリエーション登録では、同じ商品ページに複数の商品が出品されている状態になります。つまり、今までであれば黒色シューズに10件のレビュー、茶色に10件、紺に10件と分かれていたものが、30件のレビューがある商品としてカウントされるのです。「商品レビューが多いほうが信用できる」という心理が働くため、購入者に好印象を与えることが可能です。

売上が伸びる

同じページ内で別のバリエーションを見ることができるというのは、単純に多くの商品が購入者の目にとまることを意味しています。

・TOPに表示されたカラーは好みではなかった場合も、他のカラーが目に留まり購入
・一緒に登録されていた類似商品も気に入り、もともと購入予定だったものとあわせて購入
・1kg買う予定だったが3kg売りのほうが価格的に得と気づき、購入商品をグレードアップ
など、さまざまなシーン・需要に対応できるようになります。

SEO効果が高まる

レビュー数や商品売上の増加に伴い、商品ページの信用度が上がります。これによって売上が伸びる→信用度が上がる→Google検索でも上位表示されるようになる→売上が上がるというサイクルが生まれます。

バリエーション登録の仕組みを理解しよう

バリエーション登録をする前に、仕組みを理解しておくことが大切です。ASINや登録時の親子関係について説明していくので、参考にしてください。

ASINとは

ASINは、「Amazon Standard Identification Number」を略した名称です。Amazon内の商品を識別する10桁の番号で、書籍を除くすべての商品ページに記載されています。

商品登録時に商品のJANコードを入力することで、ASINが自動で設定されます。JANコードとは、日本で利用されている商品識別コード、いわゆるバーコードのことです。

バリエーション登録における親子関係

バリエーション登録をする際には、販売する商品の大元になる商品を親、バリエーション販売する商品を子として登録します。この関係性を親子関係と呼び、親のことを「親ASIN」子のことを「子ASIN」と表記しますので覚えておきましょう。

親子関係の仕組み

バリエーション登録の際に注目すべき点は、親ASINは実在しない架空の商品だということです。

《例》
バリエーション登録したい商品が以下の6つだった場合
・黒シューズ25㎝
・黒シューズ26㎝
・黒シューズ27㎝
・茶シューズ25㎝
・茶シューズ26㎝
・茶シューズ27㎝
すべて、子ASINとして登録します。いずれか1つを親として挙げるのではない、ということを覚えておいてください。

《登録手順》
(1)子ASINの商品ページを個別で作る
(2)親ASINとして架空の商品を掲載したページを作る
(3)親ASINの商品ページと小ASINの商品ページを紐付ける

親ASINは子ASINの紐付けのためだけに存在するので、実際の商品ページには影響しません。

バリエーション登録手順

バリエーションの登録には、自分でイチから商品ページを作って出品する方法と、すでに他の出品者が作った商品ページにバリエーションを追加する方法があります。ここでは、親ASIN子ASIN両方をイチから作ってバリエーション登録するときの手順を解説します。

子ASINの商品ページを作る

バリエーションとして必要な数だけ、子ASINの商品ページを登録します。

《商品ページの登録手順》
(1)カテゴリを選択して登録
Amazonセラーセントラルにログインし、上部のメニューバー「在庫」の中にある「商品登録」を選択します。「商品を新規に登録する」を選ぶと、カテゴリ選択ページに飛ぶので、該当するカテゴリを選択してください。

(2)重要情報の入力
商品名・JANコード・ブランド名・色・カラーマップ・対象・パッケージ商品数などの項目がありますので、すべて入力します。パッケージ商品数とは、1つの包装の中に含まれる個数のことです。

(3)商品情報の入力
出品情報のタブを押すと、出品者SKU・在庫・コンディション・販売価格・自社発送orFBA発送などの項目が出てくるので、入力します。出品者SKUとは商品の識別番号のことで、出品者が自由に設定できます。自分が管理しやすいナンバーを設定しましょう。たとえば、出品日時を入れていつ頃出品した商品なのかわかるようにする、棚番を入れて自社発送時のピッキングを楽にするなどの使い方ができます。

(4)画像の設定
画像のタブを押して、画像を設定しましょう。

(5)説明の入力
商品の仕様や特記事項を入力します。素材やサイズ、使用用途など丁寧に説明することで売上アップにもつながります。

(6)検索キーワードの設定
SEO効果が大きい部分です。どんな検索キーワードが入力されたときに表示したいのか、よく考えて入力してください。

(7)コンプライアンス情報・詳細の入力
任意ですが、埋められる項目は埋めておいたほうが良いです。

親ASINの商品ページを作る

子ASINと同様の登録手順ですが、途中でバリエーションの設定をおこなう必要があります。1から登録手順を説明するので、手順に沿って実際に登録してみてください。はじめに、Amazonセラーセントラルのメニューバーの中の「在庫」から「商品登録」を選択します。

商品を1点ずつ登録するの中の「商品を新規に登録する」をクリックして下さい。

小ASINと同じ製品カテゴリを設定します。

重要情報を入力する

つづいて重要情報を入力します。カテゴリによって入力が必要な項目が異なるので、指示に従って入力していきましょう。

画像は入力内容の一例ですが、商品名・メーカー名・ブランド名・メーカー型番・販売形態・JANコードといった項目が並んでいます。親ASINの登録の場合、重要情報にある「JANコード」の入力は必要ありません。

バリエーションの種類を選択する

バリエーションの種類を選択します。選択のタブを開くと、色・サイズなどバリエーションの種類がタブで表示されますので、登録したい内容に合わせて選んでください。

バリエーションを入力する

バリエーションの詳細を入力します。色のバリエーションであれば、登録したい色をすべて入力して「バリエーションを登録」、サイズのバリエーションであれば、登録したいサイズをすべて入力して「バリエーションを登録」ボタンを押します。

カラーマップの中から該当色を設定する

先程は自分の言葉で色を入力しましたが、次はカラーマップの中から該当色を選択します。ベージュ・ホワイト・レッド・黄緑・水色・ネイビー・ブロンズ・透明など、選択制のタブが出てきますので近いものを選びましょう。

子ASINと親ASINの商品ページを結びつける

ここから、子ASINと親ASINの商品ページを結びつける作業にはいります。「商品コード(JANコード等)」「商品コードのタイプ」の部分に、先程登録した子ASINのASINコードを入力してください。商品コードのタイプは、ASINにします。

横にある「コンディション」は、販売する商品の状態に応じて適切なものを選びます。

それぞれの販売価格を設定する

最後に、それぞれの販売価格を設定します。すべて同じ価格にすることも、バリエーションごとに異なる価格をつけることもできます。サイズ違いの場合は特に、大きいサイズほど仕入れ価格が高くなる場合があるので、状況に応じて設定してください。

「保存して終了」ボタンを押せば、バリエーション登録が完了です。無事、先に登録しておいた子ASIN商品ページが1つに統合されました。

あとからバリエーション登録するには?

新作カラーが出た時、登録のし忘れに気づいた時、仕入れの幅を広げたときなど、あとからバリエーション登録をしたくなることもあるでしょう。そんな時、いちいち最初からやり直す必要はありません。

《あとからバリエーションを追加する手順》
(1)Amazonセラーセントラルの「在庫」から「在庫管理」を選択

(2)バリエーションの親ASIN商品ページを表示させ、右上にある「詳細の編集」をクリック

(3)「バリエーション」タブからバリエーション情報を入力

この方法で、あとからでもバリエーションの追加が可能です。

まとめ

バリエーション登録を増やしていくことで、今まで取り逃していたお客様を掴むことが可能です。新規出品をおこなうときに「この商品はバリエーション売りできないだろうか?」と考えるクセをつけましょう。

登録作業は一見複雑そうですが、慣れると簡単な作業です。購入者にとっても見やすいページができあがり、出品者にとっては少ない労力で売上を伸ばせるwin-winの手段なので、積極的に利用してください。