物販

ネットで個人販売を始める際に使えるアプリ・サイト

ネットでの個人販売ビジネスは、年々ハードルが下がっており、興味を持つ人も多いのではないでしょうか。

よく知られていて簡単にできるのは、フリマアプリやオークションアプリです。
それ以外にも、初心者が簡単に始められる方法があります。

この記事では、ネットで個人販売するための、サイト作成や運営に役立つ各サービスをご紹介していきます。
あなたに適したネットショップの始め方が見えてくるはずです。

ネット販売を始めるためのツール5選

ネットで販売するというと、自分でWebサイトを作成すると思う人もいるでしょう。
しかし、それには専門知識が必要になります。

そこで、ネット販売の手助けをしてくれるアプリやサイトなどを利用します。
初心者向けに手軽にできるものから、上級者向けのものまで、さまざまです。
そして、それぞれにメリットとデメリットがあるので、それらも含めて解説していきます。

手軽な「フリマアプリ」「オークションアプリ」

誰でも簡単に始められるツールはフリマアプリオークションアプリです。
販売とは異なりますが、初心者の人はまずここから始めてみるといいでしょう。
会員登録すれば、専門知識も会費も必要ありません。

ここで商品写真の効果的な撮り方や、購入者とのやりとりなど、経験を積んでいくのがおすすめです。

しかしこれらのアプリは、具体的に欲しい物が決まっている人が多いので、独自商品を売ることは難しくなります。
また、あくまで商品の出品で、サイト運営という観点からは異なります。

集客力のある「モール出店」

続いてご紹介するのは、モールへの出店です。
モールとはAmazonや楽天市場などの、複合型ネットショップのことを言います。
実店舗で言うと、ショッピングモールに出店するイメージです。

ここでは運営サポートが充実していることが特徴となります。
また知名度もあるので、自分のサイトを見てくれる人も増えるでしょう。

しかし、多く出店があるるので、競合サイトに埋もれてしまう可能性もあります。
さらに会費や手数料などが必要なので、コスト面ではデメリットとなるでしょう。

機能がまとめて揃う「レンタルショッピングカート」

ネットショップに必要な、買い物カゴや決済システムなどを提供してくれるサービスが、レンタルショッピングカート(ASP)です。
ASPとは、アプリケーション・サービス・プロバイダの略で、ネット経由でソフトウェアを提供することをいいます。

初期費用、月額料金などのコストがかかりますが、サイトに必要な機能はほぼ提供されるので、初心者にとって有益なサービスです。
なかには無料のサイトもあるので、自分に合ったものを比較検討することが大切となります。

サイトデザインは制限があるものの、モールを利用するよりもオリジナリティを出せることもポイントです。
デメリットとしては、集客を自分自身で行うことになるので、広告掲載などに力を入れることが必須となります。

自由度の高い「パッケージソフト」

サイトの構築について知識がある人は、パッケージソフトを使うといいでしょう。
中規模から大規模サイト運営に向いている方法です。
ネットショップの機能が備わったソフトを購入、インストールして使用します。

サイトデザインなど自分好みにできるので、レンタルショッピングカートよりもさらに自由度が高いことが特徴です。
値段については無料のものから高額のものまであります。

また、サーバーやドメイン取得は自分で手続きをする必要があるので、それらの知識も求められます。

上級者向け「スクラッチ開発」

システム構築をすべて独自に行う方法です。
型にはまらない、自由なサイトを作ることができます。

高度な技術が必要なので、システム会社に依頼するのが一般的です。
しかし費用は高額になるので、初心者向きではありません。

フリマアプリのおすすめ

どんな種類のサービスがあるのかわかったところで、ここからは、それぞれ代表的なものを紹介していきます。
ネットショップに参入する人が多いことと同時に、このようなサービスを提供する企業も増えてきています。
料金や機能の違いをしっかり比較していきましょう。

まずはフリマアプリです。
中古品などを個人で販売するアプリで、簡単に販売できるとあって多くの人が利用しています。

また、売買時の金銭のやりとりは運営が代行してくれるので、安心できることもポイントでしょう。
中でも代表的な2つのアプリをご紹介します。

日本最大「メルカリ」

参考:メルカリ公式サイト

言わずと知れた有名フリマアプリです。
ここで購入したことがある人も多いのではないでしょうか。

利用者数が多いので、それだけ売れる確率も高くなります。
また、匿名配送の機能があるので、個人情報の心配もありません。

一方、手数料を取られることはデメリットです。
また、利用者数が多いということは、それだけ多様な購入者がいるということです。

「フリーマーケット」ですので、値引き交渉は当たり前のこと。
クレーマーなども多いので、気をつけて対応しなければいけません。

女性向け商品なら「ラクマ」

参考:ラクマ公式サイト

楽天が運営しているアプリです。
支払いに楽天ポイントが使えるなど、楽天ユーザーにとってはうれしい機能があるのが特徴です。

ラクマでは、美容アイテムやハイブランド商品などの、女性向け商品が多く出品されています。
自然に利用者は女性が多くなるので、女性をターゲットにした商品を売るならラクマを使うといいでしょう。

また、ラクマはメルカリよりも販売手数料が安いことがメリットす。
一方でメルカリより利用者数も少なく、知名度も低いことがデメリットとなります。このため、商品がなかなか売れないことも考えられます。

オークションアプリのおすすめ

オークションアプリとフリマアプリの違いをおさらいしましょう。
似ているようですが、商品の値段を決める仕組みが違います。

フリマアプリは商品を出品する際に、出品者が決定します。
一方オークションアプリでは、落札者が価値を付けた金額が支払われます。

出品者が最初の値段を設定すると、そこから入札者が増えるごとに、どんどん値段が吊り上がっていきます。
商品に付加価値が認められた場合、予想以上の額で落札されることもあります。

利用者数日本一「ヤフオク!」

参考:ヤフオク!公式サイト

Yahoo!が運営するオークションアプリです。
利用者が多いので比較的出品しやすいことが特徴です。

また、Yahoo!プレミアム会員であれば優遇されるメリットがあります。

落札者がなかなか入金してくれないなどの、トラブルはありますが、このところではトラブルを防ぐためのかんたん決済や、匿名発送などのシステムが充実しています。

少ない費用でできる「モバオク」

参考:モバオク公式サイト

モバオクは月額330円の会費で、出品し放題です。

また、独自決済システムのモバペイを導入しており、落札者が入金したことを確認して発送できるので安心です。
間に代行会社が入ってくれるので、トラブルも少ないのが特徴です。

ただヤフオクに比べると利用者は少ないので、入札がない場合もあります。

ECショッピングモールのおすすめ

続いてはECショッピングモールのご説明です。

ECサイトについては、知名度によって多くの人が訪れることが利点なので、大手サイトを利用することが有効でしょう。

その中でも特に利用者の多い3つをご紹介します。

アクセス数の多い「Amazon」

参考:Amazon公式サイト

Amazonで出品者として会員になる際、大口出品か小口出品のいずれか選びます。

大口出品者は月額4,900円と販売手数料が必要です。
小口出品者の場合、月額会費は必要ありませんが、1件ごとに販売手数料がかかります。
ビジネスとしての出品であれば、大口出品者を選びましょう。

また、発送業務などをAmazonが代行してくれるオプションもあり、効率の良い運営ができます。

Amazonは利用者数も国内最大です。

このことからも、集客力には期待できると言えます。

ターゲット層が当てはまるのであれば、Amazonで出店すると有利になるでしょう。

しかしAmazonでの販売は、自分のサイトを作ることはできません。
サイトにもこだわりたいのであれば、ほかのサービスを選ぶことをおすすめします。

料金プランが豊富な「楽天市場」

参考:楽天市場公式サイト

Amazonと同様に、利用者数が多いので集客力があることが利点です。

楽天には料金プランがいくつかあり、それぞれ機能や登録できる商品数などに違いがあります。
初心者向けのプランは、月額19,500円です。年間費用を一括で支払うため、初期投資費用が高額になります。

どのプランでも、オプション追加やサイトデザイン変更に料金が発生するのは注意点です。

楽天市場への出店には審査があり、一定の条件を満たしておかなければいけません。
条件は出品規模や出店カテゴリ、取扱商品によっても変わるので、出店の前によく調べておきましょう。
審査を通過した出店者なら顧客信頼度が高まりますが、初心者にとっては逆に「審査」がデメリットになることもあるでしょう。

楽天市場を利用するユーザーは、20代から40代の女性が多いというデータがあります。
女性向けなら楽天、男性向けならAmazonという選び方も一案ですね。

費用を抑えたいなら「Yahoo!ショッピング」

参考:Yahoo!ショッピング公式サイト

こちらは初期費用、月額会費がかかりません。
手数料は、購入者へのポイント付与分として最低2.5%、アフィリエイト費用として最低1%のみなので、費用を抑えたい人にはイチ押しのサイトです。

また、楽天よりも個人が出店しやすい条件となっているので、初心者にとっては始めやすいでしょう。
利用者数も増加傾向にはありますが、Amazonや楽天に比べるとやはり少ないことはデメリットです。

 

レンタルショッピングカートのおすすめ

ネットショップの機能がまとめて手に入るので、利用しやすいのがレンタルショッピングカートの魅力です。
それぞれ使える機能やサポート内容が違います。

登録者数が急増「BASE」

参考:BASE公式サイト

レンタルショッピングカートの中でも、登録者数が急増中のサイトです。
利用者数やアプリダウンロード数も多いので、耳にしたことがある人もいるでしょう。

BASEはオプションも充実しており、サイトデザインも豊富な種類が用意されています。

会員登録して10分ほどで、すぐにサイトが開設できるのも手軽でいいですね。

初期費用、月額会費は無料。
必要なのは販売手数料のみですが、売上の3.6%が発生します。
販売個数や売上金額が増えるほど手数料は高くなります。
会費制のものよりもコストが高くなってしまうこともあるので、比較検討が必要です。

充実のサポート「カラーミーショップ」

参考:カラーミーショップ公式サイト

サポート体制が手厚いことが特徴です。
運営会社がWeb事業に強いので、支援体制は万全です。

レンタルショッピングカートは、集客を自分で行う必要がありますが、カラーミーショップは広告を使った宣伝のサポートなども充実しています。
集客方法について自信がない人にとって頼りになる機能です。

料金に関してプランが数種類あり、初心者はエコノミープランがおすすめです。
販売手数料はかかりませんが、決済手数料としてクレジットカードは4%、代引きは280円の負担が発生します。
ほかの決済方法でも、それぞれ手数料が設定されているので確認しておきましょう。

多様な機能が使える「イージーマイショップ」

参考:イージーマイショップ公式サイト

こちらは、他社にはない細かな機能が付いています。
たとえば高解像度の画像を掲載が可能で、画像編集ができるツールも付いています。

また、商品ランキングの自動作成機能があり、購入者に喜ばれるサイト作りに有効です。

料金体制はプランが分かれていますが、無料のプランも用意されています。
いつでも有料に変更できるので、まずは無料プランから始めるのもいいでしょう。

パッケージソフトのおすすめ

最後にパッケージソフトについてご紹介します。

パッケージソフトは専門知識が必要なので、Webサイトの構築ができない場合は、既存のサービスの利用をおすすめします。
運営が軌道に乗ってから改めて、パッケージを使ってサイト作成するほうが合理的です。

パッケージソフトは高コストとなります。
各社によって値段は違いますが、初期費用だけでなくシステム更新なども視野に入れた、ランニングコストを考慮して決めましょう。

実績の多い「ecbeing」

参考:ecbeing公式サイト

多くのサイトで導入されており、セキュリティやシステムが安定しています。

これまで支援したECサイト構築数は千件を超えます。
400名体制の開発陣がサイト構築から運営までのコンサルティングや、マーケティング戦略のサポートを行います。

中規模から大規模サイトの運営に適していると言えるでしょう。

クラウド型「えびすマート」

参考:えびすマート

こちらはクラウド型のソフトとなります。
システムのアップデートが簡単にできるので、常に最新のバージョンで運営できます。

そしてクラウドサーバーなので、アクセスが集中してもサーバーがダウンすることがないことも安心できるポイントです。

また、サイトデザインをオーダーカスタマイズできるという特徴もあります。

実店舗との連携ができる「EC-ORANGE」

参考:EC-ORANGE公式サイト

ネット以外に実店舗も持っている場合はこのソフトがおすすめです。
両方のデータを共有できるシステムがあり、情報管理に役立ちます。

導入実績も多く、事業によってさまざまなパッケージを選ぶことができます。

しかしこのソフトは、システムの問題など自分で対応しなければいけないので、技術面に自信がない場合は、ほかのソフトを選ぶ方がいいでしょう。

まとめ

個人でネット販売を始めるための、役立つサービスを説明してきました。
自分に合ったものは見つかったでしょうか。

コストや自分の知識を考慮するだけでなく、どんな店にしたいかを考えることも重要です。
それによっても、どれを利用していくのかが変わります。

初心者でも始めやすいということは、ライバルも必然的に多くなるので、自分の店の良さを出せる方法を選んでいきましょう。