ヤフオクで売れるものを徹底紹介!思わぬ高値も!

オークションで売れるものを見つけたら、少しでも高値で売れて欲しいと誰もが願うことでしょう。

この記事では、ヤフオク!などのネットオークションで高値で売れるものと、高値が付きやすくなるコツをご紹介します。

なお、以下の記事では主にヤフオク!を念頭に置いていますが、他のオークションサイトでも通用する内容となっています。

目次

ヤフオクの使い方


オークションと聞くと、何だか難しそうと思う方も多いです。しかし、大手オークションサイトのヤフオクは、初心者でも分かりやすく、気軽に始められる所が特徴です。やり方さえ分かれば誰でも簡単に出品や落札することが可能です。
ここからは、ヤフオクの基本的な使い方について紹介します。

ログインと認証手続き

まずは、ログインをしましょう。ヤフオクを開始するには「Yahoo! JAPAN ID」と「SMS認証」が必要となります。「Yahoo! JAPAN ID」を持っていないという方は、会員登録から始めましょう。会員登録は無料です。会員登録をし、「Yahoo! JAPAN ID」を取得出来たら、「Yahoo! JAPAN ID」と「SMS認証」を使ってログインをします。

利用者(出品者)の登録

ネットオークションは、ネット上で完結するオークションですので、名前も顔も知らない相手とやり取りしなくてはいけません。ですが、お金の取引があるので不安が残ります。そこで、ヤフオクでは「氏名」、「住所」、「電話番号」を事前に登録することにより、落札者が取引情報を連絡すると、登録した情報が落札者に開示される仕組みとなっています。この仕組みのお陰で、トラブルや詐欺被害などの防止に繋がっています。

Yahoo!ウォレットの登録

次にYahoo!ウォレットの登録をします。購入する場合、販売する場合、どちらにしてもヤフオクを利用するにはYahoo!ウォレットの登録が必要となります。Yahoo!ウォレットは、銀行引き落とし、クレジットカード払いを選ぶことができるので、自分に合った支払い方法を設定してください。
また、商品が落札された場合、その代金はYahoo!ウォレットで登録した口座に入金されます。

通知設定

オークションの中で入札、落札、コメントなどの動きがあった場合、ヤフオクから通知を受け取る事が出来るのでメール設定をしましょう。また、リアルタイムで状況が把握できるように設定し、自分のよく見るメールアドレス宛にメールが届くようにしましょう。

出品する

ここまでの手順で進められたら、いよいよ出品です。「出品する」という項目を選ぶと、どうやって出品すれば良いか手順が出てきますので、それに従って出品していきましょう。入力必須の項目もあるので抜け落ちの無いよう入力します。
また、オークションなので、最低落札価格を決めておかないと1円から始まってしまい、もし入札者が1人しかいなかった場合、1円で落札されてしまう事になります。ですので、最低でもこの価格で売れてほしい金額を設定するようにしましょう。

出品禁止商品、禁止行為に気をつける

ヤフオクでは出品禁止商品、禁止行為があり、万が一違反した場合、出品物削除や、アカウント停止などペナルティが課せられます。出品禁止商品、禁止行為に気をつけて利用しましょう。

禁止行為については、
・商品が手元に無い状態で出品する
・販売の対象を明確にしない
・Yahoo!かんたん決済以外で商品代金を支払う

出品禁止商品については、
・偽ブランド、無断複製したCDやDVDなど
・転売目的のチケット
・たばこ
・医薬品

などがあげられます。ガイドラインにて決められていますので、よく確認してください。

オークションで高値で落札されるコツ

具体的な高値が付く商品をご紹介する前に、オークションで高く売るための一般論についてお話しします。

ネットオークションというのは、ネットに掲載されている情報だけが全ての取引です。

掲載した内容だけで、落札者に「欲しい」と思わせなければなりませんし、出品者についても「信用できそう」と思わせる必要があります。

そのためには、写真の撮影方法、説明文の書き方などにコツがあります。まずは、これらをマスターしてください。

写真撮影のコツ

ヤフオク!で高く売るために最も効果的な商品のアピールは、魅力的な写真を載せることです。同じ商品でも、写真がキレイに撮れているだけで、何倍も魅力的に見えます。

コツその1 自然の光を活かす

写真を撮るときは、できるだけ自然光(太陽光)で撮った方がキレイに見えます。商品にもよりますが、蛍光灯の灯りでは、どことなく冷たい感じになって、魅力が薄れてしまいます。

できるだけ窓の近くで撮影して、自然の光を使って写真を撮りましょう。光が強すぎる場合は、トレーシングペーパーなどを使って光を弱めるとキレイに撮れます。

コツその2 背景に手を抜かない

商品を撮るときには、背景にも気を配ってください。床の上に直接置くのではなく、キレイな布を敷いてから置くようにすると、それだけで印象がグッと良くなります。

使う布は、商品が映えるような色にすることがコツです。白は大抵の商品が映えるので、幅広く使えますが、高級感を出したいときは、黒もいいでしょう。ただし、黒のハンドバッグを黒の背景に置いても目立ちませんから、商品の色との相性は考える必要があります。

コツその3 商品はきちんとセンターに置く

これは当たり前のことですが、商品はしっかり中央にくるように撮影しましょう。撮った写真は必ずよく確認して、部屋の中の他のものが映り込んだりして、ゴチャゴチャした写真になっていないか確認してください。

説明文の書き方のコツ

次は商品説明文の書き方のコツです。

コツその1 マイナス情報こそ、しっかり書く

商品を売る立場からは、商品の傷や汚れのようなマイナス情報は隠したくなるものです。しかし、こういった情報を隠したままオークションに出品すると、後のトラブルになる危険性があるばかりか、落札者にかえって不安を感じさせることにもなりかねません。商品のマイナス情報は、正直に書いて、その上で納得してもらって買ってもらいましょう。

コツその2 情報の見せ方を工夫する

これは商品のスペックなどを記載する場合のコツです。商品のスペックについては基本的に詳細に記載した方が親切で良いのですが、文章で長々と書いてしまうと、読みにくくなってしまいます。こういった場合は、箇条書きにするだけでかなり読みやすくなりますし、表にすれば更に読みやすくなります。商品情報を書くときは、読み手のことを考えて、読みやすさを意識しましょう。

コツその3 商品の使い方などにも言及する

商品の情報を羅列しただけの商品ページは、無味乾燥で面白味がありません。例えば、衣服の場合はおすすめのコーディネートを紹介するといったように、使い方などにも言及をすると商品の魅力を分かってもらえて、買ってもらいやすくなります。

出品時間・曜日のコツ

出品する時間帯や曜日についても気を配りましょう。一般的には週末が狙い目です。サラリーマンやOLを対象にするなら、時間帯はやや遅い時間、21時ごろが目安になります。

ただ、これは商品を売りたい層によっても変わります。子供服の様に、主婦を主なターゲットにする商品であれば、あえて平日の昼間にオークションの終了時間を設定する方法もあります。

漫然と出品するのではなく、どのような人に買ってほしいのかを考えて、その人がネットを見ているであろう時間帯にオークションを設定することがオススメです。

良い評価をためる

ヤフオクは顔を見ない相手とやり取りするため、出品者の信頼を表す「評価」が重視されます。例えば、落札者が同じような商品で迷っていても、評価が高い方が選ばれやすくなります。また、商品の値段も相場よりも高く売ることが出来るでしょう。ですので、まずは相手に信用してもらえるよう、良い評価を集めるようにしましょう。

ヤフオク!で実際に高値が付いた商品をご紹介

ここからは、実際にヤフオク!で高値で売れた商品をご紹介します。以下で紹介する中に、押入れなどで眠っているモノがあれば、お小遣い稼ぎのチャンスです。

古いゲーム機

いわゆるレトロゲーム機です。初代のファミリーコンピューターなどの場合は、商品の状態がよければ、かなりの値段が付きます。

英会話の教材

英会話の教材は、買ったきり実際には使わなかったという人も多いのではないでしょうか。

特にディズニーの英語教材は、かなりの高値が付いたケースが多く見られます。

「中古の」ランドセル

新品のランドセルは、ブランドもの・レアものを中心に高値で落札されているものがあります。これは理解できるのですが、意外なのは、一見すると何の変哲もない中古のランドセルにも結構な値段が付いていることです。ランドセルにも色々あり、ディズニーやサンリオのキャラクターものなどもあるので、思わぬ高値が付くこともあります。

学生服

学生服も売れています。こちらも新品の出品がありますが、中古でもそれなりの値段が付いています。

参考書

参考書は高値で売れやすい商品です。例えば、大学入試の受験本や大学の授業で使う専門書、建築関係の法令集や国家資格参考書は特に高値で売れやすくなっています。

電子辞書

電子辞書も高く売れます。勉学に励む学生はもちろん、社会人になっても資格を取ろうとしている方、英会話を勉強したいと思っている方、留学や出張で海外に行く方など、様々な理由で需要があるのです。

正規の値段で購入するよりもヤフオクで購入した方が安く手に入りますし、逆にいらなくなった人からすれば、いらなくなったものを高値で販売出来るので、お互いにメリットがあります。電子辞書はサイズが小さいので送料も高くないのが魅力です。

絵本(絵本セット)

絵本というのは、もともと一冊一冊の価格が高めなので、落札価格も高くなる傾向があります。名作といわれるような絵本は、世代を超えて読まれるもので、流行に左右されないというのも、安定して高値が付くポイントでしょう。「子供が大きくなったから」という理由でまとめて売っている人も多く、まとめ売り・セット売りが多いのも特徴といえます。

雑誌の付録

雑誌の付録も高値が付きやすい物の一つです。

付録は、その雑誌を買わなければ手に入らないものですし、基本的に再販がされないものなので、人気がある付録はレア度が高くなりやすいからです。

自分には必要がない付録が付いている雑誌を買ったときには、捨ててしまう前にヤフオク!に出品することを考えてみてください。

完成済のプラモデル

完成済みのプラモデルも需要があります。プラモデルを部屋に飾りたいけど、自分でするのは面倒くさい、そんな時間がないという人は結構いるのです。普通のプラモデルでも高値で取引されていますが、エアブラシ等を使って塗装したプラモデルですと、定価数倍〜数十倍などもっと高値で取引されているものもあります。

ジグソーパズル

ジグソーパズルも人気があります。アニメやコラボ商品、限定品などを集めているマニアの方もいれば、インテリア用として購入する人もいます。インテリア用としてなら、額にいれて出品するとより高値で売れる場合もあります。

ベビーグッズ

ベビーグッズも高値で取引されていることが多いです。赤ちゃんの成長は早く、一定の期間を過ぎると使わなくなるものが多いので、状態が良ければ高値で売ることができます。
例えば、
・抱っこひも
・ベビーカー
・チャイルドシート
・ベビーベッド
・ベビー服
などが多く出品されています。

レアな硬貨

硬貨は昔から熱心なコレクターがいるジャンルです。こういったマニア受けするジャンルには高値が付くものが沢山あります。

ただ、どのようなものに高値が付くのかは素人には分かりにくいので、転売したりして儲けを出すには難しいジャンルです。もし、手元に昔の記念硬貨などが眠っていたら、ヤフオク!で落札価格を調べてみるのもいいかもしれません。

レアな物(ホビーアイテム、コレクション)

レアなホビーアイテムやコレクション品もヤフオクでは高値で取引されています。どこのオークションでもそうですが、希少価値があるものはかなりの確率で高く売れます。出品物がレアな物なのかどうかを調べるためにも、ヤフオク内で落札相場を調べてから出品するようにしましょう。

例えば、おもちゃ、ゲーム、フィギュア、プラモデル、鉄道模型、記念切手など。え、こんな高くで売れるの!というものが家に眠っているかも知れませんので落札相場をリサーチしてみてください。

クオカード、テレフォンカード

クオカードや、今や珍しくなったテレフォンカードも需要があります。とはいえ、実用的な需要ではなく、アニメやアイドルとコラボしたものをコレクションしたい人に需要があるのです。こういった商品は、使用済みでも取引されています。

映画のパンフレット

映画のパンフレットも熱心なコレクターがいるジャンルなので、ものによっては、かなりの高値が付きます。パンフレットもその映画が公開されているときしか買えないものなので、レア度が高いのもポイントでしょう。

価格の点では映画のパンフレットほどではありませんが、ライブコンサートのパンフレットなど、各種イベントのパンフレットもオークションにかけられています。

ブランド品

ヤフオクでは正規のブランド品が高値で売れる傾向があります。とはいえ、正規店で購入するよりも値段が落ちますが、落札者からすれば少しでも安く購入できるほうが嬉しいわけです。使用感のない物の方が高値で売れることは当然ですが、ハイブランドであれば多少使用感があっても高値で取引されることがあります。

ブランド香水

ブランド物の香水は、新品はもちろん、使いかけの物でも高値で取引されています。廃盤品を手に入れたい、試しに使ってみたいという人に需要があるのです。

高級ブランドの紙袋・箱

ある人にとってはゴミでも、他の人にはお金を払う価値があるものもあります。紙袋などはその典型でしょう。本来はそれだけで値段が付くものではありませんが、ヤフオク!では売買の対象になります。

もともとタダのものなので、高値といってもそれほど高いものではありませんが、数枚のセットが1,000円以上で売られていたりします。「捨てられるはずのものが」と考えると、かなりの高値といえます。

レトロな絵葉書

絵葉書も意外な高値が付いているジャンルです。様々なタイプの絵葉書が売られていますが、特に高値が付いているのは、戦前のものなどの古い絵葉書です。

例えば、旧日本海軍の海軍工廠(海軍の造船所や工場)の絵葉書などは、かなりの高値で落札されています。

中古の電動工具

電動工具は、DIY向けの低価格の製品もありますが、プロ仕様の本格的なものは値が張ります。新品ではかなり高価なものもあるので、少しでも安く手に入れたい人は中古品を買い求めることになります。

もともと中古品の市場があり、ヤフオク!でも専門業者が出品しているケースが多いジャンルです。

一時的なブームで終わらずDIYが定着してきたので、これからも電動工具に高値が付きやすい傾向は続くでしょう。

自動車パーツ、カー用品

ヤフオクのユーザー層の中でも、特に30代以上の男性は多く、自動車関連のジャンルは出品数、落札数ともに多いです。ヤフオクでは車本体も出品でき、その周辺のマフラー、タイヤ、ホイールなどの自動車パーツも高値で取引されています。また、バイクなどの二輪車のパーツも高値で取引されています。

ソファなどの大型家具

ソファやベッドのような大型の家具は、ヤフオク!のようなオークションサイトで売られているイメージは薄いかもしれないですが、実際にはかなりの出品があり、ブランド品などでは高値が付いているものが多くあります。

引越しなどで不要になった家具は、処分しようとすると自分が費用を出さなければなりませんが、ヤフオク!で売ることができれば、逆にお金が入ります。処分する前にオークションに出してみることを検討してみてはいかがでしょうか。

生活家電(人気ブランド)

生活家電、特に人気ブランドは高値で取引されています。やはり人気ブランドの生活家電は、性能が優れているため長持ちしやすく、中古でも十分に使えるからです。正規の値段では手が出ないけど、ヤフオクなら手の届く範囲で手に入れられるということで、需要があります。

テレビ、エアコンのリモコン

テレビ、エアコンのリモコンも需要があります。なぜかと言うと、テレビやエアコン本体が大丈夫でも、リモコンが水没したり、破損したり、故障したりで使えなくなってしまい、必要としている人がいるからです。型が合えばリモコンは十分使えますので、もし本体の壊れてしまったテレビやエアコンのリモコンがあれば出品してみて下さい。

レコードプレイヤー、ビデオデッキ、カセットテープ

レコードプレイヤーやビデオデッキ、カセットテープは、今や昔懐かしいものというイメージですが、シニア層を中心に現在も需要があるのです。今手に入れようと思っても、家電量販店では手に入らないため、ヤフオクなどで取引されています。

音響機器

音響機器も高値で取引されています。例えば、スピーカー、アンプ、ヘッドフォンなど。こういった音響機器は流行に左右されづらいので、型落ち品でも高く取引されています。

楽器

楽器や楽器関連のグッズは高値で取引されています。新品で楽器を買うと高くなるので、中古でも良いから欲しいという人は多いのです。昔やっていたけど、最近はもう触っていない、という楽器はありませんか?もうしないのならヤフオクに出品しましょう。

お酒

お酒もヤフオクで高値で取引されています。特に高く売れるのはレアなお酒です。有名ブランドはもちろん、日本酒、希少価値の高い年代物のウイスキーやワインなど、なかなか手に入らないようなものはかなりの値がつきます。家で眠っている年代物のお酒があれば出品してみてください。思いもよらない値段で売れるかも知れません。
ただし、ヤフオクで継続的にお酒を販売したいという人は、通信販売酒類小売業免許の取得が必要となりますので気を付けて下さい。

古い、もしくは壊れたスマホ

意外と高く売れるのが、古いスマホや壊れたスマホです。スマホに詳しい人は、自分で分解して修理をしたり、必要なパーツを取ったりできるので一定数需要がある訳です。特にApple製品はダントツの人気があるので、Apple製品を持っている人は壊れていても一度出品してみてください。

カメラやレンズ

カメラやレンズも需要があります。特に一眼レフは、中古品でも安く購入したいと思っている人が多い商品です。カメラ関係は趣味の人も多いため、フリマアプリなどでも多く取引されていますが、ヤフオクでは、昔のモデルやヴィンテージカメラ、高価なカメラやマニアックなカメラやカメラ用品などが特に高値で取引されやすいです。

腕時計

デジタル時計に比べ、アナログ腕時計は価値が落ちにくいので、需要があります。特にビジネスマンからの需要が多く、仕事などでも使えるため、高値で取引されています。とくにブランド品である、ロレックス、オメガなどの高級腕時計は人気が高いです。

懐中時計

懐中時計も意外と需要があります。普段使いというよりは、コレクションをしている人が多く、年代が古かったり、レアな物だと高値で取引されています。壊れていても、それでも欲しいという人はいますので、出品してみましょう。

仏壇・仏具

意外ですが、ヤフオクでは仏壇・仏具も多く取引されています。新品で購入すると、かなり値が張ってしまいますが、ヤフオクなら安く買うことが出来るからです。家にもういらなくなった仏壇・仏具があるなら出品してみてはいかがでしょうか。

観葉植物

観葉植物などを飾るとお部屋が一気におしゃれになります。しかし、お花屋さんなどで購入すると、意外と値段が高いのです。ですのでそういった人たちが、ヤフオクで観葉植物を買ってくれるので、もういらなくなった観葉植物を売ってみると意外と高値で取引出来るかも知れません。

アウトドア用品

アウトドア用品も需要があり、高値で取引されています。スノボーの板、ゴルフクラブ、釣り竿、サーフィンボード等。アウトドアグッズは流行に左右されづらいため、古いものでも高値で売れます。アウトドアにはそれぞれシーズンがあるので、そのシーズンの少し前に出品することがポイントです。

意外だけどオークションで売れるもの

これまでも意外な出品物について何件か取り上げてきましたが、ここからは、「元値がタダ」や「普通はゴミ」といった、「そんなものまで売れるの?」という出品物をご紹介します。

無料配布されているフリーペーパー

モノの値段というのは、需給関係で決まります。つまり、「お金を払ってでも欲しい」と思う人がいれば、どんなものでも売れる可能性があります。

例えば、コンビニなどでも配布されているフリーペーパーも、表紙に人気タレントが使われていたりすると、ヤフオク!で売れることがあります。

また、フリーペーパーの中には、各都道府県や市町村で作られた物があります。それぞれの地域で限定配布されていたり、レアなものも多いので、そういったものは需要が供給を上回ることになり、値段も上がります。

拾ってきたものでも商品になる

例えば、松ぼっくりとかドングリといったものは、落ちているものを拾ってくるだけですが、ヤフオク!で売れることがあります。

これは、クリスマスのリースやオーナメントの様な飾りに使う人が居るからです。手近な所で拾ってくることができない人や、拾いに行く時間が惜しいといった人には、お金を払ってでも欲しいものになります。

捨てるはずのゴミも売れる!

中にはゴミになるはずだったものでも売れるものがあり、例えばジャンク品と呼ばれるものです。家電やカメラ、パソコンなど、故障してしまって動作しないものでも、修理技術がある人にとっては、お宝だったりすることもあります。

そのもの自体を使うのではなく、部品だけを外して再利用するケースもありますから、故障していても完全に無価値になってしまうわけではありません。

ラジカセやビデオデッキの様な、新品では手に入りにくくなっているものは、ジャンク品でも買い求める人が多いです。

更に言えば、技術がある人なら、ヤフオク!で買ったジャンク品から使えるパーツだけを集めて、完全に動作する製品を再生させ、それをヤフオク!で高値で売るといったことも可能です。

化粧品サンプル

化粧品サンプルも意外と需要があります。本体を買う前にまず試して使いたい。肌に合うのか確かめたい。という人が購入します。もし手元に、化粧品を購入時にもらったサンプルや、雑誌付録などのサンプルがある人は捨てずに出品してみてください。

iPhoneの空箱

壊れたスマホ、古いスマホ同様、iPhoneの空箱は意外と高く売れることが多いです。イヤホンなど、他のアイテムも揃っていると、もっと高値で取引されています。

本体が入っていないのに空箱だけ、なぜいるのか。と不思議に思いますが、iPhoneの空箱を集めてコレクションしている人もいるのです。また、リサイクルショップやフリマアプリで売る場合に、箱があった方がより高値で売れるので、箱だけ買う人も多いのです。

保冷剤

保冷剤も意外と需要があります。スーパーやお肉屋さん、ケーキ屋さんでもらった保冷剤がたまっていたらぜひ出品してみてください。停電時の防災グッズや冷凍庫が壊れた時用の予備、食品を持ちぶ時や発熱時のクーリング、ケガをしたときのアイシング用など様々な用途で使うことができるので、まとめ買いする人が多いです。

トイレットペーパーの芯、牛乳パックなど

トイレットペーパーの芯や空の牛乳パック、割り箸も意外と需要があります。使用目的は、子供の工作用。家でためるより、ヤフオクで購入する人がいるからです。特に夏休みの時期には、自由研究、工作などの宿題があるため、特に需要が高まります。単体よりも、何十個単位の方が買い手がつきやすいです。

流木、石、苔など

流木、石、苔なども意外と需要があります。インテリアやアート作品の材料に使われることが多いです。こういった自然のものは、その土地の所有者に所有権があるので、採取時は自分の土地で拾ったものにするなど注意しましょう。

離婚届

離婚届は役所へ行けばタダでもらえますが、ですが、役所に知り合いがいて取りに行きにくい、小さな子供がいて役所に行けない、時間がない。という人が購入することがあります。役所に何枚も取りに行って売るのはモラル的にNGですが、もし家に余った離婚届があれば出品してみてはいかがでしょうか。

髪の毛

髪の毛も買い取ってくれる人がいます。髪の毛は何に使われるかというと、ウィッグやかつら用に使われたり、美容師がカット練習のマネキンに被せる用途で使われます。買取価格は長さ・重さによって違いますが、平均500円前後〜で、長く、重量があればあるほど値段が上がっていきます。

高く売れる物の共通点


実はヤフオクで高く売れるものには共通点があります。例えば、新品の人気商品、廃番品、限定品です。どういった特徴が具体的にあるのか見ていきましょう。

新発売の人気商品

新発売された人気商品は店頭で品薄になり、ヤフオクで高く売買されることが多いです。それを目的とした転売ヤーがいることもまた事実です。新発売の人気商品はどこでも需要があるのです。

廃盤品

ジャンルを問わず、廃盤品はヤフオクで高く売れます。生産が終了しているものは、なかなか手に入らなくなるため希少価値があがります。少し値が張っても、本当に欲しい人はヤフオクなどで買うことが多いのです。廃盤品は様々なものがあり、化粧品や、ファッション小物、自動車用品、音楽機器など、その人にとっては、それでなくてはならないものなので、需要があるのです。

限定品

廃番品と同じく限定品も高値で取引されています。初回限定版のレコードやCD、芸能人のサイン入り商品、限定版フィギアなどなど、人間は限定という言葉に弱いため、特別感のある限定品を集めたくなるのです。コレクターが多いとより競争率が高くなり、高額になる可能性があります。

オークションで売れるものまとめ

ヤフオク!などのオークションサイトで売れるものについて見てきました。ヤフオク!には、売り手も買い手も色々な人が沢山集まっています。どんなものでも、欲しがる人がいれば、売れるのがヤフオク!です。

手元にある不用品を一度チェックしてみてください。意外に高値がつくものがあるかもしれませんよ。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ビジネスのノウハウを実践ベースで徹底的に追求するのがアクシグ。
世界で最も専門的で網羅的なコンテンツを提供し、ノウハウを惜しげもなく提供していきます。

目次