物販

BASEでネットショップを作って稼ぐ方法を徹底解説!

この記事のテーマは、「BASEを使って、稼げるネットショップを作る」です。BASEとは、ネットショップ開設サービスの一つで、無料でショップを作ることができます。BASEは費用をかけずにネットショップを始めたいという人にはピッタリのサービスなので、ネットショップ開設に興味がある人は、この記事を是非参考にしてください。

BASEとはどんなサービスなのか

ネットショップを開くための方法にはいくつかありますが、BASEはその中のASPカートと呼ばれるものです。ネットショップを開設するためには、商品代金を決済するシステムである「ショッピングカート」を導入することが不可欠です。

このショッピングカートのシステムと、ショップを構築するためのツールなどをセットで提供してくれるのが、ASPカートと呼ばれるサービスです。BASEのようなASPカートのサービスを利用すると、プログラミングに関する特別な知識がなくても、ネットショップを開設することができます。

ECモールに出店する場合との相違点は?

簡単にネットショップを開設する方法としては、既存のECモールに出店するという方法もあります。例えば、楽天市場やYahoo!ショッピングに出店する場合が、これにあたります。

これらのECモールに出店する場合、登録費用が最初に発生し、その後も出店料やシステム利用料などの費用が定期的に発生します。BASEを利用する際に発生する費用については、後で詳しく解説しますが、初期費用や月額費用は発生しません。コストを抑えてネットショップを開設できます。

一方、ECモールに出店するメリットとしては、集客力が高いということがあります。楽天市場などのECモールは、多くの顧客を既に抱えているので、集客にかける労力は少なくて済みます。これに対して、BASEを利用する場合は、自分で集客をしなければならないため、お店に人を集めるのに苦労することが多くなります。

最後に、ECモールに出店する場合、ショップのデザインなどは、楽天市場などのプラットフォーマーが許可する範囲内でしか自由になりません。BASEの場合も完全に自由になるわけではありませんが、既存のECモールと比べれば、自由に自分の理想とするデザインにすることができます。自分なりの個性を出したショップにしたい場合は、BASEの方が適しています。

BASE以外のASPカートサービス

ASPカートを提供しているサイトは他にも色々あります。それらのサービスのいくつかを紹介します。

【STORES】
STORESは、BASEと並んで人気のサービスです。無料のフリープランと有料のスタンダードプランがありますが、無料プランでもほとんどの機能が使えます。無料プランで始めて、有料プランに切り替えるといったことも可能です。

デザインテンプレートが豊富に用意されているので、手軽におしゃれで個性的なショップが作れます。決済手数料が安いのも魅力的です。

【easy my shop】
easy my shopは、セット販売やオーダーメイド商品に強いことを売りにしています。セット販売に関しては、単品とセットを同時に販売したり、セット購入時に単品の在庫から引き当てたりといった機能が利用できます。

オーダーメイド商品に関しては、ネーム入れや商品のカスタムを受け付けることができるシステムが採用されています。カスタムを受け付けた場合に追加料金を発生させるといったことも可能です。無料プランと有料プランがあるほか、既存のページにショッピングカートを搭載するカートプランもあります。

【FC2ショッピングカート】
FC2ショッピングカートにも無料プランと有料プランがあります。有料プランには利用できるデータ容量に応じて、プロプラン1とプロプラン2があります。プロプラン1の場合、初期費用が
2500円で、月額費用は750円です。月750円で、独自ドメインが利用可能になるなどの充実したサービスが利用できます。

FC2カートというアプリもあり、iPhoneを使って商品の登録作業や在庫管理などが行えます。

BASEを選んだ場合の3つのメリット

この項目では、BASEを選んだ場合のメリットについて解説します。ASPカートサービスにも色々あるので、どれを選ぶべきなのかは難しいところですが、ここでご紹介する利点の中で気に入った点があった場合は是非BASEを利用してみてください。

手軽に始められ、カスタマイズも可能

BASEの魅力の一つは、手軽にネットショップが開設できることです。各種テンプレートが無料で使える他、DESIGN MARKETでデザイナーが作成したものを購入する有料のテンプレートも数多くあります。

また、プログラミングの知識がある人は、「HTML編集」というAppsを追加すれば、自分でHTMLやCSSを修正することができるようになります。

もちろん、最初の登録作業や、商品の登録作業も簡単にできるように配慮されているので、手軽にネットショップが開設できます。

初期費用ゼロなので、リスクが小さい

詳細は後述しますが、BASEを利用する際に発生する決済手数料は、商品が売れた場合にかかる費用です。初期費用や毎月固定で発生する費用はありません。つまり、売上がゼロならば、発生するコストはゼロということになります。

費用がかからないので、ショップを開設することによるリスクは極めて小さく、個人事業主や小規模な商店などの場合でも、安心してネットショップを開設できます。

無料で使える独自ドメイン

BASEでは独自ドメインが無料で使えます。無料でネットショップ開設ができるサービスでも、独自ドメインを使用する場合は有料プランに切り替える必要があるところもあるので、無料のまま独自ドメインが使えることは、BASEを利用する大きなメリットです。

ショップの信頼性をアピールしたり、SEO対策をしたりする上でも、独自ドメインを利用できると有利なので、BASEを利用する際には、独自ドメインを設定するようにするといいいでしょう。

BASEを選んだ場合の2つのデメリット

このようにメリットが多いBASEですが、欠点もないわけではありません。この項目では、BASEのデメリットについて解説します。

決済手数料などが発生する

これまでにも解説したように、BASEを利用してネットショップを開設する際には費用はかかりません。ただし、売上があれば、決済手数料が発生します。決済手数料は、送料を含めた売上に対して3.6%が発生し、それに固定額の40円がプラスされます。

そして、さらにサービス利用料として3.0%がかかるので、合計で「6.6%+40円」がBASEでかかる手数料です。割合で発生する料金なので、売上が高額になれば、手数料も高くなります。手数料が高額になり得ることは、BASEのデメリットといえるでしょう。

集客は独自に行う必要がある

この点は、BASEをECモールと比較したところでも触れたのですが、BASEでネットショップを開設した場合、「お客さまからのアクセスをどのようにして集めるか」が大きな問題になります。

楽天市場やYahoo!ショッピングに比べれば、独自に展開しているネットショップの知名度は、極めて低いものです。アクセスを集めることができなければ、売上も期待できません。このことは、BASEの大きなデメリットになり得ます。

BASEで稼ぐにはどうすればよいか

BASEを利用すると簡単にネットショップが開設できるので、色々な人が利用しています。その中には、売上のことはあまり気にしていないという人もいらっしゃるでしょう。

そのような方はいいのですが、BASEである程度稼ごうと思えば、相応の努力が必要になります。BASEで稼ぐにはどうすればいいのか、解説します。

売上を上げるには何が必要か

実店舗の場合を考えてみれば分かりますが、売上を上げるためには、そもそもお客さまを集めなければいけません。ネットショップの場合には、アクセス数を上げる必要があるということになります。

実店舗に来店した人の全員が商品を買うわけでないように、ネットショップにアクセスした人も、多くはサイトを閲覧するだけの人で購入には至りませんから、実際に売上に繋がるのはアクセス数の一部に過ぎません。

つまり、売上を伸ばすためには、アクセス数を大きく伸ばす必要があるということになります。

アクセス数を伸ばすためにはどうすればよいか

では、アクセス数を伸ばすためには、どんな対策が考えられるでしょうか。資金が豊富にあるのならば、ネット広告などを使う方法もないわけではありませんが、せっかく無料でショップを開設できるサービスを利用しているのですから、まずは費用をかけない方法を模索したいところです。そこで考えられるのが、SNSの活用です。

BASEには、Instagramと連携できる機能があります。Instagramの投稿に商品をタグ付けして、BASEの商品販売ページに直接リンクさせることができます。新商品やおすすめ商品は、Instagramを利用して積極的にPRしていきましょう。

初心者でも稼ぎやすいBASEでの販売商品

BASEで稼ぐためには、「売れやすい商品を売る」ということも極めて重要です。

ただし、「どんな商品でも売れればいい」という考え方では、お店の特色を出すことができず、固定客がついてくれません。お店のコンセプトをちゃんと考えて、それに合った商品を揃えていくようにしてください。

ここでは、初心者でも比較的稼ぎやすい商品をご紹介します。

一点ものの手作りの商品

世の中の商品のほとんどは、誰にでも仕入れることができて、販売することができる商品です。お客さまの側からすれば、どこでも買える商品ということになります。この場合、どうしても価格競争になるので、儲けが出にくくなります。

一方、手作りの商品は、それぞれが一点ものです。同じ商品が世の中に存在しないので、価格競争にならず、稼ぎやすい商品となります。

ただ、手作りの商品を売るには、商品となり得るだけのクオリティの商品を作れる技術が必要になります。自分にその技術がない場合は、知人が作成した商品の販売を請け負うという方法もあります。

デザインができる人なら、手工芸的な技術はなくても、スマホケースやTシャツなどに自作のデザインをプリントして販売することもできます。デザインセンスがある人なら、こういった商品で稼ぐ方法もあります。

デジタルデータの販売

BASEには、写真や動画、音楽などのデジタルデータを販売する機能もあります。写真を撮ったり、絵やイラストを描いたり、作曲したりといったクリエイティブな活動を行っている人は、BASEを通じて、それらを販売することができます。

先ほどご紹介したスマホケースやTシャツの場合のように、商品を作成するための経費がかからないので、作品が売れれば、売上額の多くが利益になります

海外から商品を輸入して販売

特別な才能がない人でもBASEで稼ぎやすい方法として、海外製品を輸入して販売するという方法が挙げられます。

国内で普通に流通している商品はライバルも多く、高い利益を上げることは難しくなります。しかし、日本ではなかなか売っていない海外のアパレルや雑貨などを仕入れて販売すれば、ライバルが少なく、稼ぎやすくなります。

BASEでネットショップを開設する方法

BASEを利用するのはとても簡単です。この項目では、利用方法の概要を解説しますので、まだBASEを利用したことがない方は、参考にしてください。

BASEに新規登録する

まずはBASEのTOPページから、新規登録の手続を行いましょう。メールアドレス、パスワード、ショップのURLを入力すれば、新規登録ができます。

なお、この際のショップURLは、独自ドメインではありません。独自ドメインの設定は、一旦登録手続を済ませた後、独自ドメインのAppをインストールして行います。

入力作業を終えて、「無料でネットショップを開く」ボタンをクリックすると、誓約書が表示されます。内容を確認したら「上記に同意する」を押しましょう。

認証手続とショップ情報の入力

「同意する」を押すと、登録したメールアドレスに認証手続用のメールが送られてきます。メールに記載されたURLをクリックして、認証を完了してください。

認証がなされたら、「ショップ設定」のページが開きます。事業者の氏名などの「特定商取引法に基づく表記」の内容を入力したり、ショップの説明を入力したり、決済方法を選択したりといった様々な入力事項があります。少し手間ですが、しっかり入力してください。

「商品管理」から販売商品を登録

商品の登録は、「商品管理」をクリックすれば行えます。商品名、商品説明、価格、在庫数などを入力するとともに、商品画像をアップロードしてください。

これらの作業が終わって、ショップ情報からショップを公開すれば、ネットショップが無事開設できたことになります。

ただし、クレジットカード決済のJCB・アメリカンエクスプレスに関しては、準備期間あるいは審査が必要になります。詳細は公式サイトのヘルプをご確認ください。

BASEで稼ぐための方法

この項目では、BASEでより稼ぐための方法について解説しています。是非BASEで商品を販売する際の参考にしてください。

売れる商品を探す

当たり前のことと思われるかもしれませんが、売れ筋の商品を扱うことは売上を伸ばすための重要なポイントです。

実際にBASEで売上を上げているショップの出品を参考にするのもよいでしょう。ただし、以下の画像のように、BASE内だけでも同じ商品が沢山売られているケースがあります。


このような場合、価格競争になるので、利益は期待できません。客寄せ用の商品として、利益は度外視して売るか、その商品と似たテイストでも少し違った商品を探して、直接の競争にならないようにするといった工夫が必要になります。

集客の手段として、SNSなどを積極的に使う

BASEの欠点は集客力が弱いことです。これはBASEに限ったことではなく、大手のECモールに出店するような場合を除けば、多くのネットショップの悩みとなっているものです。

前述のようにBASEはInstagramとの連携が可能なので、Instagramを中心としたSNSを積極的に利用して、集客を図っていきましょう。

Instagramは女性の利用率が高いので、レディース商品を多く扱っているショップの場合には特に効果的です。

BASEが運営しているメディア「BASE Mag」を活用する

BASEでは、BASEを使ってショップを運営している人が記事を投稿できるBASE Magというメディアを運営しています。

商品紹介を書いた記事を投稿することができるので、商品をお客さまに知ってもらうきっかけができます。

書いた記事が全て採用されるわけではないのですが、自分の想いを伝えることができる場なので、自分が販売する商品に強い想い入れがある人は、積極的に記事を書いてみるといいでしょう。

BASEの店舗は複数持てる

BASEのショップは、登録したアドレス1つにつき1店舗と決められています。逆に言うと、メールアドレスを複数用意すれば、複数のショップが持てるということになります。

既存のショップの売れ行きが望ましくないときは、コンセプトを変えた別のショップを立ち上げることで、売上のアップを図ることができます。

また、複数ジャンルの商品を扱う場合、同じショップで雑多な商品を扱うのは、ショップの個性をアピールする上でもマイナスです。このような場合も、商品ジャンルごとに複数のショップを運営すると、結果として売上のアップに繋がる可能性があります。

まとめ

BASEのメリットやデメリット、使い方や売上を伸ばす方法など、様々な観点からBASEについて説明してきました。

この記事をお読みくださった方の多くはネットショップの開設に興味がある方かと思いますが、BASEを利用すれば、初期費用ゼロでネットショップ開設ができます。

特筆するようなリスクはありませんから、興味がある方は、この記事をきっかけにしてBASEでネットショップを開いてみてください。