物販

ビームせどりなら初心者でも最短で利益を出せる!ビームせどりのコツと注意点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

せどりは、仕入れ前のリサーチが大変ですが、バーコードリーダーを使って「ビームせどり」をすれば、事前リサーチは最低限で済みます。

今回は、ビームせどりのコツやおすすめのバーコードリーダーなどを紹介します。

ビームせどりとは?

ビームせどりとは、バーコードリーダーを使ったせどり手法のことです。

バーコードリーダーを使う

店舗で商品のバーコードを片っ端から読み取り、利益の出る商品をその場で選別して仕入れていきます。ビームせどりは、バーコードリーダーせどりと呼ばれることもあります。

バーコードリーダーは必須?

ちなみにバーコードはスマホでも読み取ることができるため、バーコードリーダーは必須アイテムではありません。

しかし、バーコードリーダーを使った方が作業効率が上がりますし、店員さんにバーコードを読み取っていることを気づかれにくくもなります。したがって、バーコードリーダーを用意した方が良いでしょう。

バーコードリーダーのメリット

せどりにバーコードリーダーを使う最大のメリットは、リサーチのスピードが上がることです。スマホだけでやるより時短になります。

また、撮影禁止の店でもバーコードリーダーなら問題ありません。

ショーケースの中も読み取れる

高性能のバーコードリーダーを使えば、少し離れた距離のバーコードも読み取れるため、ショーケースの中の商品も容易にチェックできます。

バーコードリーダーのデメリット

しかし、バーコードリーダーせどりも良いことばかりではありません。主なデメリットを2つ紹介します。

バーコードリーダー禁止の店がある

撮影禁止のお店ほど多くはありませんが、一部バーコードリーダーの使用を禁止している店舗があります。特に、ブックオフは昔からバーコードリーダー利用者が多かったこともあり、使用を禁止している店舗が多く見られます。

バーコードリーダーを買わなければいけない

バーコードリーダーは、安いものでも1万円近く、良いものだと2~3万円もします。転売初心者にとっては痛い出費です。

バーコードリーダーでビームせどりをする際のポイント

ビームせどりは一般的なせどりと少し勝手が違います。ビームせどりのコツを2つ紹介します。

とにかくリサーチしまくる

バーコードリーダーせどりは効率的ですが、慣れないうちは意外と手間取ります。とにかく数をこなして、より早くバーコードを読み取れるようになりましょう。

検索ツールを使う

バーコードリーダーはスマホにBluetooth接続できるタイプのものを使用しましょう。

スマホに接続したら、「せどりすと」などの検索ツールを利用して、効率的にリサーチしていきましょう。

おすすめのバーコードリーダー

ビームせどりにおすすめのバーコードリーダーを2つ紹介します。

MS910+

1つ目は、ユニテック・ジャパンのワイヤレスCCDスキャナ「MS910+」です。

大人気機種「MS910」のアップグレード版です。スキャン速度は650スキャン/秒で、約8時間利用可能です。値段は2019年9月20日時点で、Amazonでは13,800円となっています。これはバーコードリーダーでは安い方です。

KDC20i

2つ目は、KOAMTACKDC20iです。

KDC20iは値段が3万円弱と高めですが、その分MS910+より機能が勝っています。特にKDC20iは読み取り距離が長いため(最大30cm)、ショーケースの中の商品まで調べることも可能です。ある程度お金に余裕がある人にはKDC20iをおすすめします。

ビームせどりにおすすめのアプリ

前述の通り、バーコードリーダーをスマホと接続して使用する際は、検索ツールを導入すると効率的に仕入れが可能になります。ビームせどりにおすすめの検索ツール(アプリ)を紹介します。

Amacode

Amacodeはバーコードを読み取った商品のAmazonにおける価格や売れ行きを分析できるツールです。Amazonで転売する場合は必須アプリと言えます。

参考:Amacode – セラー専用リサーチツール(iOS版)

参考:Amacode – せどり転売支援ツール(Android版)

せどりすと(iOS版)

Amacodeが出る前は、このせどりすとが主流のリサーチツールでした。今でも利用者は多くいますが、Amazonで仕様変更があるとしばらく使えなくなったりします。

参考:せどりすと

せどろいど(Android版)

せどりすとのAndroid版だと思ってください。使い方もせどりすととほとんど変わりません。

参考:せどろいど

バーコードリーダーの目立たない持ち方

バーコードリーダーを堂々と持ち歩いて読み取っていると、明らかに不自然です。バーコードリーダーを禁止していない店舗でも、店員さんにつまみ出される恐れがあります。

そのため、バーコードリーダーは目立たないように持ち歩きましょう。

持ち方(1)

スタンダードな持ち方は、まずスマホを持って、スマホの裏にバーコードリーダーをつけるやり方です。

バーコードリーダーも見えにくいですし、スマホ画面で検索ツールを操作しながらスキャンできます。ただし、この持ち方だと少しスキャンに時間がかかります。

持ち方(2)

スピード重視の方は、片手にスマホを持ち、もう片方の手でバーコードリーダーを持ちましょう。持ち方(1)より少し目立ちますが、こちらの方が早くスキャンできます。

ビームせどりは効率的

バーコードリーダーは高いですが、ビームせどりなら効率的に売れ筋商品を仕入れることができるため、バーコードリーダー代くらいはすぐに回収できます。ぜひ一度バーコードリーダーを利用して、その便利さを実感して下さい。

無料動画|アクシグ流 物販ビジネス大全
資金ゼロでネット物販を成功させる全手法


物販ビジネスで稼ぎたいけど、どうやって始めたらいいかわからない、売上が思うように伸びないなど悩んでいませんか?

本映像では実績をあげた成功者の経験をもとに、

  • 現在の収入にプラス5万円の副業収入を獲得した「不用品販売」
  • わずか25歳で年商2億円を稼いだ「eBay輸出」
  • 1日2時間弱の作業で月収70万円を突破した「Amazon輸出」
  • 本業の傍らたった半年で月100万円を達成した「中国輸出」
  • 知識ゼロから年収2000万円の仕組みを作り上げた「中古品輸入」
  • 利益率70%以上、OLが副業で月30万円を稼いだ「インスタグラム物販」
  • マレーシアに住みながら1つの商品で月商1000万円を売り上げた「中国輸入」
  • 大学生が資金・リサーチ・在庫なしで月収30万円を稼いだ「韓国輸出」
など、さまざまな物販ビジネスでの稼ぎ方を全3時間30分にわたって徹底的に解説しています。




おすすめコンテンツ


資金ゼロでネット物販を成功させる全手法を無料で公開します!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

【無料】アクシグ流 物販ビジネス大全
資金ゼロでネット物販を成功させる全手法
【無料】物販ビジネス大全
ネット物販を成功させる全手法