物販

ブックオフはせどり禁止!最新のブックオフ事情と注意点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

せどり黎明期は、ブックオフは代表的な仕入れ先でした。当時のブックオフ店内は1日中転売屋で賑わっていたものです。しかし、現在のブックオフでは転売屋をめっきり見かけなくなりました。その背景には、せどり禁止店舗の出現があります。

今回は、最新のブックオフ事情と、現在のブックオフせどりコツ注意点を解説します。

ブックオフ事情

最初に、ブックオフの概要と最新のブックオフ事情について紹介します。

ブックオフとは?

そもそもブックオフとは、ブックオフコーポレーション株式会社が運営する中古本・中古家電販売のチェーン店です。全盛期は1,000店舗弱ありましたが、2019年3月時点で794店舗まで縮小しています。

3種類のブックオフ

ブックオフには3種類の店舗があります。

・BOOK OFF
・BOOKOFF PLUS
・BOOKOFF SUPER BAZAAR

BOOK OFFは、街中でもよく見かけるブックオフ実店舗のことです。中古の書籍・CD・DVD・ゲームソフトを主に扱っています。

BOOKOFF PLUSは、書籍・CD・DVD・ゲームソフトに加えて、家電やホビーグッズも扱っている実店舗です。

BOOKOFF SUPER BAZAARはブックオフの超大型店舗です。書籍・CD・DVD・ゲームソフトはもちろん、洋服・子供服、スポーツ用品、ベビー用品、ブランド品、楽器、生活雑貨など幅広い商品を扱っています。

また、3つの実店舗の他にブックオフにはオンラインショップもあります。

参考: BOOK OFF ONLINE

直営店・FC加盟店

ブックオフの店舗には直営店とFC加盟店があります。FC加盟店の方が価格帯も安く、セールの頻度も高い傾向にあります。

ブックオフの単品管理

ブックオフ全盛期は、店内の商品がカテゴリごとに一律に値付けされていたため、お買い得品がたくさんありました。

しかし、現在はAmazonの最安値を参考に商品1つずつ値付けがされています。具体的には、Amazonの中古品最安値の1割程度安い価格に設定されています。そのため、ブックオフで仕入れた商品をAmazonで転売しても利益を出すのが難しくなっているのが現状です。

ワンデーサンクスパスの廃止

また、昔のブックオフにはワンデーサンクスパスというクーポンがありました。これは購入時のスタンプを10個集めるともらえるクーポンで、会計時にワンデーサンクスパスを出すと価格が10%OFFになるという、せどり屋にとっては非常にありがたいサービスでした。

しかし、2015年にワンデーサンクスパスが廃止され、ブックオフからせどり屋が激減しました。

ブックオフせどりのメリット

ブックオフから仕入れるメリットは3つあります。

ライバルが減っている

古本せどりが流行っていた時期は、ブックオフの店内はたくさんの転売屋で溢れかえっていました。

しかし、一般客への配慮からせどりを禁止する店舗が増えたことで、転売屋があまりブックオフに寄り付かなくなりました。そのため、ブックオフには現在ライバルがほとんどいません。

安い

ブックオフで販売されている商品はただでさえ安いのに、せどり禁止の影響で売上が激減したため、現在は古本せどり全盛期よりもさらに単価が安くなっています。

100円コーナーにも売れ筋商品がたくさんあります。

幅広い商品を扱える

ブックオフでは、古本の他にもゲームソフト・家電・古着など、転売で儲かりやすい商品がたくさん売られています。

古本転売で経験を積んだ後は、上記のような古本より単価の高い商品に手を出すのも良いでしょう。

ブックオフ転売のデメリット

しかし、ブックオフ仕入れも良いことばかりではありません。主なデメリットをいくつか紹介します。

大量仕入れが難しい

中古品である以上、数に限りがあります。そのため、売れ筋商品を見つけたとしても、大量に仕入れることは困難です。特に、実店舗では1点ものが多いため、オンラインショップも併用していく必要があります。

商品数の減少

メルカリ・ラクマといったフリマアプリの普及により、現在では個人でも簡単に物販ができるようになりました。古本やゲームソフトはブックオフに買い取ってもらうより直接メルカリに出品した方が高く売れるため、ブックオフに持ち込まれる商品数が減少しています。

地域格差がある

ブックオフの店舗数は地域によってかなり差があります。都市部だと近所に3つも4つも店舗があることも多いですが、田舎になると車で30分以上走っても1店舗もないということも珍しくありません。

そのため、ブックオフせどりの難易度は住む場所にかなり左右されます。

ブックオフせどり禁止

最近、「転売禁止」や「せどり禁止」という張り紙が貼られたブックオフ店舗を見かけることが増えました。

全面禁止は一部

しかし、ブックオフ全体でせどりが禁止されているわけではありません。一部の店舗でせどりが全面禁止されているというだけの話です。

禁止店舗は割合で言うとまだ少ないため、ブックオフせどりはまだまだ可能です。

ビームせどり禁止

せどり全面禁止の店舗は少ないですが、ビームせどりを禁止している店舗は結構あります。

ビームせどりとは、バーコードリーダーを使って商品のバーコードをスキャンして利益の出る商品を探していく手法です。

他の客を無視して店内の商品を片っ端から調べるビームせどらーが続出し、一般客からの苦情が絶えなかったため、現在はバーコードリーダーの使用を禁止している店舗が増えています。

ビームせどりのマナー

もちろん、まだビームせどりができる店舗は残っていますが、他のお客への迷惑を考えずにスキャンしていると、すぐ禁止されてしまいます。

バーコードリーダーを使う際は、客足の少ない時間帯を狙いましょう。

バーコードリーダーの持ち方

また、バーコードリーダーを堂々と持ち歩いて読み取っていると、明らかに不自然です。バーコードリーダーを禁止していない店舗でも、店員さんにつまみ出されるおそれがあります。

そのため、バーコードリーダーは目立たないように持ち歩きましょう。スタンダードな持ち方は、まずスマホを持って、スマホの裏にバーコードリーダーをつけるやり方です。これならバーコードリーダーも見えにくいですし、スマホ画面で検索ツールを操作しながらスキャンできます。

ビームせどり禁止店舗での仕入れ

バーコードリーダーの使用が禁止されていても、スマホでのリサーチは禁止されていない店舗が多いので、ビームせどり禁止店ではスマホを使いましょう。

ブックオフせどりの注意点

ブックオフから仕入れた古本・中古品を転売する際は、3つ注意点があります。

古物商許可が必要

古本・中古品を転売するには、基本的に古物商許可が必要です。

古物商許可とは、古物を販売する際に必要な免許です。一度消費者の手に渡った物は商品の状態にかかわらず古物とみなされるため、ヤフオクやメルカリなどの個人間取引サイトで購入した新品商品も古物に該当します。

古物商許可を受けていない状態で中古品転売事業を行った場合、古物営業法違反により3年以下の懲役又は100万円以下の罰金が課せられます。

事業として古本を仕入れて転売する場合は、必ず古物商許可を取りましょう。

古物商許可は所轄の警察署に19,000円を払って申請すれば取得できます。申請に必要な書類は役所でもらえます。

検品

ブックオフで仕入れた商品は、破損していたり汚れていたりすることが多くあります。

購入前に自分で検品できるものは検品しましょう。また、出品前はクリーニングして少しでも状態を良くしてから販売しましょう。

買取査定の呼び出しをチェック

買取が盛んな店舗は品揃えが豊富です。買取査定終了の呼び出し放送が多い店舗は、仕入れ先として最適です。

逆に言うと、1日中店舗にいて一度も買取査定の呼び出しがない店舗には、売れ筋商品はほとんどありません。そんな店舗にいても時間の無駄なので、別の店舗に向かいましょう。

ブックオフせどりは稼ぎにくくなっている

ブックオフせどりはまだ稼げますが、年々稼ぎにくくなっているのが現状です。

ただ、ブックオフは安く仕入れられるため、資金の少ないせどり初心者がせどりの経験を積むためにブックオフせどりをするのは良いことです。せどりの流れを掴んだら、仕入れ先を家電量販店やドン・キホーテに移して、もっと利益率の高い商品を狙っていきましょう。

無料動画|アクシグ流 物販ビジネス大全
資金ゼロでネット物販を成功させる全手法


物販ビジネスで稼ぎたいけど、どうやって始めたらいいかわからない、売上が思うように伸びないなど悩んでいませんか?

本映像では実績をあげた成功者の経験をもとに、

  • 現在の収入にプラス5万円の副業収入を獲得した「不用品販売」
  • わずか25歳で年商2億円を稼いだ「eBay輸出」
  • 1日2時間弱の作業で月収70万円を突破した「Amazon輸出」
  • 本業の傍らたった半年で月100万円を達成した「中国輸出」
  • 知識ゼロから年収2000万円の仕組みを作り上げた「中古品輸入」
  • 利益率70%以上、OLが副業で月30万円を稼いだ「インスタグラム物販」
  • マレーシアに住みながら1つの商品で月商1000万円を売り上げた「中国輸入」
  • 大学生が資金・リサーチ・在庫なしで月収30万円を稼いだ「韓国輸出」
など、さまざまな物販ビジネスでの稼ぎ方を全3時間30分にわたって徹底的に解説しています。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る