物販

今の時代だからこそ儲かるビジネスを解説

本業の給料が少なくて「もっと稼ぎたい」と感じている方は多く、本業以外に副業ビジネスをしている方も大勢います。今回は、今の時代だからこそ儲かるビジネスについて詳しく解説しますので、ぜひ新しいビジネスに挑戦するきっかけにしてください。

「儲かるビジネス=怪しい」という印象を受けるかもしれませんが、儲ける為に必要なことは怪しいビジネスではありません。個人でできるビジネスでも儲けるビジネスはたくさんありますので、今の収入よりもっと稼ぎたいという方は参考にしてください。

儲かる仕事の条件はなに?

儲かる仕事と聞くと「きつい、しんどい、グレーな仕事」などの印象を受けますが、実際に儲かるビジネスのすべてがそういうわけではありません。もちろんそのようなビジネスもありますが、今回紹介するビジネスは、「儲かる為の条件」を満たしているものです。「儲かるビジネス」の条件とは何なのかを、詳しく解説します。

会社員が稼げない理由

いわゆる「普通の会社員」ではなかなか思ったように稼ぐことは難しいのが、色々な会社が乱立する今の状態です。その会社にいる会社員が儲からないのは、会社が儲かるようにできているためです。儲けているのは、社長や株主です。

その仕組みを知らずに、会社員として働いている人が大勢います。まずは、その仕組みを理解して「自分の立場では儲けることができない」ということを知りましょう。

ビジネスは小リスクで始める

どのようなビジネスをするにもリスクが付き物ですが、そのリスクを最小限に抑えることが重要です。初めてするビジネスであれば、失敗は必ずあるので、その時に大きなリスクがあると一回の失敗から立ち直ることが難しくなります。

失敗は必ずあるものと仮定して、リスクを最小限に抑えると、軌道修正をするスピードも早くなります。今回紹介するビジネスは、基本的に低リスクで始められるものなので、初めての方でもオススメです。

自分のスキルと経験を生かす

今から新しくビジネスをして儲けたいなら、今の自分にあるスキルや経験を活かしましょう。今の会社で働いている事は給料だけが結果ではなく、そこで学ぶスキルや経験もとても大切なものです。新しいビジネスをする時もその経験とスキルを生かすと、結果にも繋がりやすいので自分に何ができるのかを考えてみましょう。

楽に儲けられる仕事の探し方

ビジネスは星の数ほどありますが、その中から自分のスキルと経験を生かして、楽に儲けられるビジネスを見つける必要があります。そのような仕事を見つける時のポイントを紹介します。

利益率が高い仕事

利益率の高い仕事は、楽に稼げる事に直結します。利益とは収益から必要費用を引いたもので、人件費や設備維持費なども含めて、最終的に残るお金のことです。売上額が良くても経費がたくさんかかっていると利益率が悪く、最後に残るお金は少なくなります。

その基準を知るために「利益率」把握しておく事は、とても大事です。利益率は「利益÷売上×100」でパーセンテージが出せます。利益率を良くするためには単価を上げることや、費用を抑えることが重要です。

「価格が高くても絶対に欲しいもの」であれば単純に売上が高くなり、収益が増えます。この時、仕入れ値をどれくらいで設定するかも非常に重要です。

人件費などの経費を抑えるには、オンラインショップなどが有効です。自分が行うビジネスに合わせて、どのような方法があっているかを模索しましょう。

収益逓増型で儲けを出す

収益逓増型とは、生産要素を増やすほど、その数に比例して収益が増えていくビジネスモデルのことを指します。わかりやすい例として、「ネットブログ」が挙げられます。

ネットブログなどの情報を商品としているビジネスは、商品が増えるほど利益が増えやすいビジネスです。情報を取り揃えるまでには、時間をかけて作っていくか、人件費をかけてライターを雇う場合もあります。

収益ができるまでは時間とお金がかかりますが、売れるコンテンツを作れると売上は伸びていきます。収益逓増型ビジネスはコストを抑えつつ、収益を伸ばせるので軌道に乗れば稼げるビジネスです。

自分の得意なことを活かして稼ぐ

自分の得意なことを活かしてビジネスをする事は、とても効率がよく自分自身のやりがいにもつながります。ただの趣味としてではなく、あくまでビジネスとしてするのであれば、ターゲットと自分の情報が、どのように役に立つのかを明確する必要があります。

たとえば、自分の飼い猫のブログを書くにしても「自分の猫が可愛い」という内容だけではなく、フードや健康、薬など猫を飼っている人にとって役立つ情報を発信すればビジネスにつながります。「自分だからこそできる情報発信」を考えていけば、よいブログを書くことができます。

自分にとっての当たり前でも他の人にとったら新しい情報という可能性もあります。自分にしかできないことを考える時間は、非常に大切です。

認知度が低い仕事

世間一般で認知度の低い仕事であればあるほど、同業者が少なくなり必然的に稼ぎやすくなります。逆に、同業者が多く競争率の高いビジネスなら、他のライバルと差別化ができる商品やサービスなどを持つ必要があります。

また、ライバルよりも知名度を上げるために広告費を使用してもコストがかかり、利益率が悪くなります。競争相手が少ないビジネスだと、広告を使用しなくても、需要があればお客様が自然と集まるので違うポイントにコストをかけられます。

参入障壁が高いビジネスについて

参入障壁が高い仕事とは、その仕事する条件が難しかったり、起業しても儲からない、起業自体が難しいというようなビジネスを指します。プロスポーツ選手や医師、弁護士などは、特別な資格や才能が必要なビジネスです。

また、放送や電力、鉄道などの交易に関わる仕事は民間業者に顧客につかないので、もしそこに参入できれば儲かります。参入障壁が高い仕事を始めるのは容易ではありませんが、できるようになれば、高収入を得ることもできます。

儲かるビジネスは?おすすめのビジネス11選をご紹介

ビジネスを選ぶ基準は色々ありますが、「儲かること」「楽に仕事ができる」「不況に強い」というのは、ビジネスを選ぶポイントとして重要です。「儲かる仕事」ということだけにスポットを当てると、弁護士や医師などの難関資格が必要な職業は高収入です。

ただ「楽に仕事ができる」というポイントは抑えておらず、その後の激務が考えられます。逆に「楽に仕事ができる」ということにスポットライトを当てると、収入面での不安定さが懸念されるので、今回求めている要素を含んでいるとは言えません。

今から紹介する11の仕事は、年齢関係なく、難関資格を必要とせず仕事をする拘束時間も少ないものをまとめています。自分にあった仕事を探す参考として、ぜひ内容を確認してください。

アフィリエイトという仕事について

インターネットの広告を、自分が運営するサイトや、ブログに貼り付けて収入を得る「アフィリエイト」というビジネスは有名です。
副業として行なっている方も多く、少ない拘束時間と誰でも始められるというメリットがあります。

アフィリエイトで稼ぐには検索サイトでの上位表示が必須になるので、コンテンツマーケティングの知識が必須になります。誰でも始められるハードルの低さは魅力ですが、その分ライバルが多いというデメリットもあります。

ライバルとの差別化を図るためには、コンテンツマーケティングの知識をつけて、多くのひとが来るためのサイトやブログの運営が必要です。アフィリエイトが軌道に乗れば、更に色々な事業へ派生することも可能です。自らなにかを販売したり企業のオウンドメディアの受託することもできます。

他にも自分が学んだコンテンツマーケティングのノウハウを情報商品として、販売することも可能です。アフィリエイトは固定費もかからず誰でも気軽に始められるので、ブログやサイト運営に興味がある方にはオススメです。

セールスコピーライターという仕事について

性別や年齢を問わず、どこからでもできるビジネスとして「フリーランス」もオススメです。店舗や事務所を構えずに、個人で活動している人のことを指して「フリーランス」といいます。

電車での通勤中や外出先でも、パソコン1台あればどこでもできるので、拘束時間が少なくて自分で管理することができます。フリーランスといっても実務内容はさまざまですが、その中でもオススメなのは「セールスコピーライター」です。

ネット上で商品を販売する時に、大切な要素の1つに、商品の説明やキャッチコピーがあります。たとえば、営業職であれば営業トークを磨き、商品の魅力を120%にして伝えることが求められます。商品力だけでは同業者に差をつける事は難しくなっていて、セールスコピーが魅力的であれば売り上げもよくなります。

その為、セールスコピーライターは需要があり、文章を書く事で収入を得ることが可能です。文章を書くのが苦手という方でも「ネット上で商品を売る為の文章」を学べばセールスコピーはかけるので、特別な才能も必要ではありません。

ネットショップ運営という仕事について

インターネットショップを運営するのも、実店舗を持つよりも効率よく稼ぐことが可能です。アパレルのショップで月に100万円の売り上げがあると仮定して、実店舗のコストは「材料費、人件費、家賃、返済」などが固定費として毎月かかります。

必要コストに80万円がかかれば、20万円しか利益として残りません。このようなコストがネットショップでは「材料費とサーバー代」だけなので、必要コストが非常に安くなります。

また、実店舗と違い梱包をして配送するだけなので、個人での運営も可能です。ネットショップでは初期費用もかからないので、気軽に始めることができます。同じ売り上げでもコストがまったく違うので、儲けるためには、実店舗よりもネットショップを作った方が良いです。

BASEというサービスでは、簡単にネットショップを無料で作成できて、専門的な知識も必要としません。無料の会員登録をして商品画像と価格、説明文を設定すれば出品することが可能です。テンプレートの中から自分でデザインを選んで、好みのネットショップを作ることが可能です。

また他には、ココナラというサイトでは、物ではないアイディアやサービスを商品として売ることが可能です。変わった商品では、「占い」「電話悩み相談」「ビジネスのレクチャー」なども販売されています。

自宅の空きスペースで稼ぐ

自宅に空き部屋や空きスペースがある方は、そのスペースを利用して、稼ぐサービスもあります。金額としては大きくありませんが、転勤や引っ越し、出張などで一時的に荷物をどこかに預けておきたいという人と空きスペースがある人をつなげるサービスです。

国内のどこでもこのサービスは行なっていて、ダンボール1つから取り扱っているので、少しのスペースがあれば登録が可能です。「モノオク」というサービスに登録して、条件に合った人が現れるまで待っているだけなので、手間もほとんどかかりません。

大阪や東京などの都心での利用がとくに人気です。自宅だけではなく会社や倉庫などでの登録も可能で、公式ホームページでは動画での解説もしています。

他人の荷物を預かるのは不安ですが、荷物保険は「モノオク」の会社が代行してくれるので安心です。稼ぐ金額としては多くありませんが、簡単に、そして時間をかけずにできるビジネスです。

空き駐車場を利用したビジネスについて

自宅の駐車場に空きスペースがあれば、そのスペースを利用して月に3万円から10万円を稼ぐこともできます。このビジネスも代行会社があり、自分で集金や手続きは必要ないので、簡単に利用することが可能です。丸一日の貸し出しだけではなく、「朝だけ」や「週末のみ」などの貸し出しでも可能です。

会員登録後は駐車場利用者の予約を待つだけなので、無料登録以外の作業はとくにありません。初期費用は0円で利用者は連絡先とクレジットを登録しているので安心感もあり、トラブルの時にも24時間体制のコールセンターがあります。

ソーシャルレイティングというビジネスについて

ソーシャルレイティングというビジネスは、投資家と投資してほしい会社をマッチングさせるサービスです。
「投資」と聞くとリスキーなイメージがありますが小資本からの資産運用が可能で、1万円から誰でも始められる投資ビジネスです。

このビジネスの一番の魅力は、銀行では利回りは良くて0.02%ですが、ソーシャルレイティングでは低い利回りの投資でも2.5%以上の案件が沢山あることです。2.5%〜13%の利回りで運用できるので、少額の投資でも、稼ぐことが期待できます。

ソーシャルレイティングを始めるには、口座を開設して、投資する案件を選ぶだけです。そのあとはFXや株のような頻繁な取引は基本的にしないので、待っているだけで投資による利益が手に入ります。

今まで投資をしたことがないという方でも、ソーシャルレイティングなら始めやすいです。初めての方は、人気のある「クラウドクレジット」「SBI ソーシャルレイティング」などがオススメです。

ソーシャルレイティングに慣れてきたら、小資本の分散投資もオススメです。長期的な投資になるので稼ぐまでのスピード感はありませんが、長期投資をしたいという方向けのビジネスです。

不動産への投資ビジネスについて

不動産への投資は、ある程度まとまった初期投資金額がないとできないと思われがちですが、資金が沢山なくても不動産の投資は可能です。稼いでいる人の中には、年収400万ほどの人や公務員の方でも、不動産の投資をしている人は実在します。

不動産投資で成功している事例は公にはなりませんが、投資なので運用会社からアドバイスをもらいながら進めることが重要です。興味がある方は無料相談や無料セミナーイベントなどに足を運んで、必要な知識を蓄えましょう。

このビジネスも長期的なビジネスなので、利益を生み出すまでにすこし時間がかかります。その分、儲けが期待できる金額は大きくなるので、長期的に運用をすることが大切です。

チャットレディーで稼ぐビジネスについて

インターネットが普及した時から「チャットレディービジネス」は人気があり、今でも女性との会話を楽しむために利用している男性は大勢います。チャットレディービジネスと聞くと大人向けのビジネスにも聞こえますが、実態は顔は非公開で普通に話をするだけのものが多いです。

時給4000円以上稼ぐこともできるこのビジネスは、自宅での空いた時間に副業や主婦の方もできる仕事です。登録するサイトは安全性があり、信頼できるサイトを利用しましょう。パソコンが苦手という方でもサポート体制がしっかりしていて、カメラを持っていなくてもカメラ代金をキャッシュバックしてくれるキャンペーンもあります。

知り合いを紹介して稼ぐビジネスについて

企業と個人をマッチングさせる仲介役をして、稼ぐビジネス「Saleshub(セールスハブ)」もオススメです。サイトには多種多様の紹介依頼が投稿されていて、企業の求めている人物像の知り合いを紹介するだけで稼ぐことができます。

具体的には、引っ越し希望や事務所を探している人には、知り合いの不動産を紹介します。飲食店でイベントをしたい人を探している人は、イベントをしたいけどイベンターが見つからないという人を紹介したりします。

このビジネスでは、自分の人脈を駆使して紹介するだけなので、特別な資格や技術は必要ありません。なかには、商談アポイントのセッティングだけで30万以上を稼いでいる人もいるので、案件の選択は慎重にする必要がありますが、知り合いが多い人にはオススメのビジネスです。

記事の編集者や取材ライターで稼ぎぐビジネスについて

クラウドワークスやランサーズを通じてライティングで稼ぐ方法は、誰でも始められるお手軽なビジネスとして人気があります。ただ、全体的に単価が低いビジネスなので、高単価案件はほかのライバルと取り合いになります。副業で気軽にライティングで稼ぐには申し分ないですが、大きく稼ぎを出したいという方は、別口で探す必要があります。

高品質な記事を書く必要はありますが、利用するクラウドソーシングを選べば月に30万円以上を稼ぐことも可能です。魅力的な文章を書くために、始めは単価の低い案件で実績を積んで、スキルをつけることが大切です。

参考:クラウドワークス

フランチャイズのビジネスについて

フランチャイズビジネスでは稼ぐことはできないというのが世間の印象ですが、実際は収益の再現性が高く初期費用の安いフランチャイズビジネスもあります。開業資金を10万円だけでスタートできるシステムを愛用している会社もあり、少ない資金で経営を学ぶことが可能です。フランチャイズには数多くのスタイルがあるので、その種類を知るために資料請求から始めましょう。

まとめ

今回紹介したビジネスもほんの一部なので、自分にあったビジネスを見つけることが一番大切です。儲ける方法を知っておくと仕事に対するモチベーションも上がり、精神的にも、金銭的にも豊かになります。

なかには、資格や知識が必要なビジネスもあるので、目的のビジネスによってはある程度の初期投資は必要かもしれません。自分の世界を広げるためにも、ぜひ自分がしてみたいビジネスにチャレンジしてみてください。

無料講座|アクシグ式 最新情報
資金ゼロでネット物販を成功させる全手法


物販ビジネスで稼ぎたいけど、どうやって始めたらいいかわからない、売上が思うように伸びないなど悩んでいませんか?

本講座では世界最新の成功事例を実績をあげた成功者の経験をもとに、

  • 無在庫ネットショップ たった3ヶ月、1商品で 7214万9493円稼いだ方法
  • Amazonとネットショップで毎日39万円稼ぐ方法
  • 毎週19万3588円をInstagramから無料で集客して販売する方法
  • 無料でInstagramのインフルエンサーに商品を宣伝してもらう方法
  • 無在庫ストアで月商1億を超えた方法
  • 店舗せどりで1日1万円稼ぐ方法
  • アマゾンの在庫1パレットを僅か1000円で入手する方法
  • 無在庫ネットショップで儲かる商品を見つける海外の最新リサーチ法
などアクシグ代表の吉田が、日本ではまだ知られていない秘密の情報をお届けします。

あなたのビジネスを成功させるために、今すぐ限定情報を入手してください。