物販

中国輸入初心者がビジネスを始める前に知っておきたいポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

中国輸入ビジネスは初心者でも手がけることができる点が魅力です。

中国輸入ビジネスは少額資金からすぐに利益を出せる輸入ビジネスで、ビジネスモデルを構築してしまえば半自動的に利益を生み出すことが可能になります。

この記事では中国輸入ビジネスのメリットとデメリットについて紹介しています。

中国輸入の仕入れから販売までの手順

中国輸入は以下の手順で行います。

1. 売れそうな商品をリサーチする

2. 中国通販サイトで商品を仕入れる

3. 国内通販サイトで販売する

工程はとてもシンプルです。
商品をリサーチして仕入れて販売する。
日本では「せどり」が有名です。

売れそうな商品をリサーチして安く仕入れ、Amazonなどで販売して利益を得る物販転売ビジネス
中国輸入ビジネスも同様に、中国商品を販売し、利益を得ます。

次項からは上述した3つの工程ごとに詳しく解説していきます。

仕入れる商品をリサーチする

まず1番目の商品をリサーチする点では、Amazonで需要がある商品を検索し、同じものを中国通販サイトでリサーチします。

日本の商品と同じものが中国商品で検索できるのかと思われる方もいらっしゃると思いますが、探せばいろいろ出てきますので安心してください。

ひとつ注意しなくてはいけない点は、ブランド品のコピーです。
中国輸入ビジネスでノーブランドで安価な商品を販売していく場合は、その点の心配はないでしょう。

商品リサーチで大切な点は、これから需要がある商品で利益が見込めるかどうか。
この点に注意をして仕入れる商品を選びます。

実際にAmazonでのリサーチ方法が知りたい方は、下記の記事を参考にしてください。

参考:中国輸入ビジネスでの基本的なAmazonリサーチ方法

中国通販サイトで商品を仕入れる

2番目は中国サイトでリサーチした商品を仕入れます。

仕入れると言っても中国の輸入代行業者を利用するので、あなたは自分のパソコンから輸入代行業者に依頼するだけです。
現地に行く旅費と時間をかけずに中国サイトから商品を仕入れることができます。

もしも個人で中国サイトから商品を輸入するとなると、商品破損のチェック、価格交渉、トラブル対応などを全部自分でしなければなりません。
これは大変な労力を使い、リスクも出てきます。

商品を仕入れるのに時間がかかり売るタイミングを逃すことがないように、特に初心者のうちは輸入代行業者を使うことをおすすめします。

実際にお勧めとなる仕入サイトを知りたい方は、下記の記事を参考にしてください。

参考:中国輸入転売のおすすめ仕入れサイト

 国内通販サイトで販売する

3番目は、中国サイトで仕入れた商品を国内サイトで販売していきます。

販売先のサイトは、国内向けサイトでも有名なAmazonです。
Amazonであなたが仕入れた商品を出品して販売できる状態にします。

Amazonは個人でも簡単に出品できるので心配はいりません。
面倒な商品配送は自動にすることができます。

あなたが出品準備で主に行うのは、商品価格の調整登録作業です。
市場調査をして適正な販売価格をつけ、価値のある商品を自信を持ってお客様に販売していきましょう。

国内販売サイトはAmazon以外でもメルカリヤフオクがあります。
こちらも利用することで販路を拡大していくことが可能になります。

インターネットを上手く利用して、商品をどんどん販売していきましょう。

Amazonで商品の配送料を無料で出品する方法は、下記の記事を参考にしてください。

参考:Amazonに商品を配送料無料で出品する方法!配送料を設定するには?

中国輸入ビジネスで初心者が意識すべきポイントは3つ

初心者が中国輸入ビジネスをスタートするにあたって、知っておくべき基礎知識や考え方を理解しておくことが成功するうえで大切になってきます。

特に初心者が中国輸入ビジネスを始める場合、注意するべき点は以下の3点です。

Amazonでよく売れている中国輸入商品をリサーチ

中国輸入ビジネスで利益を出すには、Amazonでよく売れている中国輸入商品を見極めることです。

リサーチツール「モノレート」「プライスチェック」を使い、Amazonでよく売れている商品を探しだすことができれば、仕入れた商品はAmazonで必ず売れます。

最初は本当に自分が仕入れた商品が売れるのか不安になることもあるでしょう。
モチベーションをアップしていくためにも、早くAmazonで販売実績を作ることが大切です。

そうすることで自分の自信につながりマインドブロックを解除することにもつながっていきます。

商品は複数仕入れてリスク回避

輸入ビジネス初心者が陥りやすい点に、仕入れる商品の種類が少ないというケースがあります。

慣れないうちは多くの商品を選択するのは大変かもしれませんが、最初はできるだけ、多種類の商品を仕入れてリスク回避をすることが大切です。

具体例をあげると、仕入れ資金が4万円あった場合。
その4万円で1種類の商品を仕入れるより、5種類の商品を仕入れたほうがリスクを分散することができます。万が一、2つの商品が売れなくても、残りの3つの商品が売れれば、その売上で売れなかったマイナスをカバーできます。

最初のうちほど、売れる商品を見極めることが難しいと思うので、複数の商品を仕入れることで傾向と対策を把握していくことが必要になってきます。

くれぐれも、ひとつの商品だけをまとめ買いすることは避けるようにしましょう。

それ以外の、中国輸入におけるリスクなどについては、下記の記事を参考にしてください。

参考:中国輸入の失敗例!事例を学んでリスクを減らそう

仕入れ資金を増やしていくことが大切

輸入ビジネスは商品を仕入れる資金を増やして、売上と利益を着実に拡大させていくことが大切です。

商品を販売して得た売上を次回の資金に上乗せして仕入れを繰り返すことで、資金を増やしていくことができます。

たとえ商品が順調に売れて利益が出ているときでも、売上は商品を仕入れる資金以外には使わないようにします。

輸入ビジネスをはじめとする物販ビジネスにおいては、仕入れる資金が増えることで販売商品数が増え、売上が増加する流れがあります。

「ここまで輸入ビジネスを拡大していきたい!」というレベルに到達するまでは、売上を次回の仕入れに回す意識を常に持つことです。

また、ビジネスを始める前に確認しておくべき重要なことについては、下記の記事を参考にしてください。

参考:中国輸入初心者向け!ビジネスを始めるのに重要なこと

中国輸入ビジネスで活用するならこの仕入先

中国輸入ビジネスは在宅で行える点がとても魅力で、月収100万円以上稼ぐ人も出てきていますが、仕入れ先はどうしているのでしょう。

仕入れ先は人によりまちまちですが、よく使われているサイトがあるので紹介します。

タオバオでリスク回避

現在、中国EC市場はタオバオなしでは語れないほどで、中国では約2億人以上のユーザーに受け入れられています。

タオバオは2009年以降中国EC市場で急激に発展しており、現在では年間取引総額が約3兆元(約50兆円)以上と巨大市場に成長しています。

このタオバオがどのようにして中国ユーザーに受け入れられていったのか解説します。

タオバオができるまでの中国EC市場では、クレジットカード決済ではなく現金振込が多く使われており、ユーザーが商品代金を振込後に購入店が行方をくらましたり、サイトが削除されたりするなどのトラブルが多発。当然、中国ユーザーの間では「オンラインショッピングは信用できない」という認識があり中国EC市場は伸び悩んでいました。

タオバオは上記のようなユーザーの不満を解消するために、海外決済システムを参考にして「アリペイ」「アリワンワン」の2つのシステムを導入。アリペイとはインターネット銀行と同様のモバイルペイメントアプリで、ユーザーとサイト間での入出金はアリペイを介して行われています。

タオバオ利用者はアリペイに登録して支払い手続きをします。ユーザーは商品代金をアリペイに振込み、サイト側はアリペイを通じて代金振込みの報告を受けてから商品を発送、ユーザーの了承後にアリペイからサイトに商品代金が送金されるシステムです。
アリペイが少しずつ中国EC市場で受け入れられるようになり、決済保証が可能になりました。

アリワンワンは、タオバオでの商品取引に導入された専用チャットシステムです。
電話代もかからず、オフラインで履歴が残り、リアルタイムで気楽に交渉が可能になったアリワンワンの導入は、ネットショッピングにバーチャルリアリティーを与え、タオバオユーザーに安心感を与えています。
面識のない者同士が気楽に交流できる点もタオバオユーザーに支持されている所以です。

他にもタオバオは、出店の無料化や、ユーザー目線で格付けを行う信用評価システムを設けることで、ネットショッピングの有用性と信頼性を高めています。

中国EC市場の不信感を排除することができたタオバオは、ユーザー数を大幅に増やすことに成功。今では、中国EC市場の約8割を占めるまでに発展しています。

アリババでは過剰在庫に注意

アリババは、世界最大級のBtoBサイトです。

同じ商品がタオバオよりも安く販売されているケースが多いです。

ロット数が大きくなりがちで過剰在庫を抱えやすいデメリットがありますが、商品のオリジナル化やOEMなどの購買戦略を立てることができる点がメリットです。

義烏(イーウー)は商品数が多く安い

義烏(イーウー)小商品市場は中国の義烏市にあるメイン卸売市場で、170万種類以上の商品が販売されています。

広さは東京ドーム30個分で5区に分類されており、1区はアクセサリー類・玩具、2区は雑貨・什器、3区は家電、4区は化粧品・スポーツ用品、5区は衣類を扱っています。

手に入らない商品はないと言われていますが、以前は現地に買い付けに行かなければなりませんでした。けれど、現在ではインターネットで商品を仕入れることもできるようになっています。

店舗の様子は、全てではありませんが、Googleマップのストリートビューで確認することが可能です。

商品価格はタオバオアリババよりも安いことが多いでしょう。

中国輸入ビジネスが稼げる3つの理由

ここでは、中国輸入ビジネスがなぜ稼げるのか、その3つの理由について解説していきたいと思います。

中国輸入のイメージですが、本当に儲かるのか?と不安に思っている人もいるのではないでしょうか。

その不安は、これから紹介していく中国輸入が儲かる3つの理由を理解することで解消されると思います。

きっと、あなたに中国輸入の魅力を知ってもらえることでしょう。

中国は物価が安い

中国の物価が安いのは、中国政府の人民元安政策が原因です。

中国が発展してこられたのは、国が政策として人民元を意識的に低いレートに調節してきたからです。低いレートに設定することで海外サイドから見ると物価が安いことにつながります。

その結果、中国からの輸出が盛んになります。

つまり日本では中国商品を正規ルートよりも安く仕入れることができるのです。

日本との物理的距離が近い

日本と中国は物理的な距離が近いので、仕入れた商品を早く手に入れることが可能です。

上海と成田・羽田間の航空便は3時間程度。しかも、輸送距離が短いことから国際送料も安く抑えることが可能です。

輸入ビジネスで利益を得ていくには送料をしっかりと計算しておくことが必要です。
商品を安く仕入れても送料が高ければ、利益を上げていくことが難しくなります。

また、仕入れ時間を短縮することができれば、資金を回転させる頻度が早くなり、それだけ商品の販売回数を増やすことができます。

中国工場は技術レベルが高い

なぜ、大手企業が自社工場を中国にするのか。
人件費が安いという理由だけなら、もっと安いアフリカ、東南アジアなどがあります。

中国に自社工場を設置する理由は、その技術レベルの高さにあります。
実は、海外の一流ブランド製品も中国で多く製造されているのです。
中国でブランドの模造品が多く出回っているのも、技術レベルが高い裏付けと言っていいでしょう。

また、OEMを考えている方については、下記記事を参考にしてください。

参考:必見!中国輸入でOEMをしたい〜良い工場の見つけ方とは〜

Amazonで販売するメリットデメリットとは

Amazonで販売するメリットとデメリットには、どんなことがあるのでしょうか。

Amazonでは、Amazon自身も商品を販売しています。
Amazonと価格競争をしても販売規模の大きさから、まず勝ち目はありません。

また、Amazonはユーザーからすると「Amazonで買い物している」認識はありますが、どこから購入しているかを気にしていないことが大半です。
手数料も高いので、商品価格によっては赤字になることもあります。

Amazonのメリットデメリットをよく理解することが売上を上げていくコツです。

他よりも手数料が若干高い

Amazonはヤフオクメルカリと比較すると手数料が若干高いです。

販売手数料が販売価格の8~15%かかり、小口出品サービスを利用している場合は1商品あたり100円の手数料が発生します。

他にも大口出品FBAを利用すると販売価格の2〜3割程度の手数料がかかってきます。

手数料が高いAmazonですが、手数料を支払っても販売するメリットが大きいのでおすすめします。

価格競争で差別化

Amazon市場では、ひとつの商品ページに出品者全員が商品を出品します。
そのため、価格以外で他者と差別化するのが難しいのです。

対策方法としては、新規でAmazonの商品ページを作成したり、OEMでのオリジナル商品の販売やセット販売があります。

Amazonで価格競争が開始されてもモノレートでデータ分析を行うことで、元の価格に戻ることを予測できることがあります。
その場合は、ライバルよりも高く販売することも可能です。

価格競争が始まっても慌てずに、まずはデータを分析する習慣をつけるようにしましょう。

Amazonでの価格設定のコツなどについては、下記記事を参考にしてください。

参考:【超重要】Amazon出品で利益を最大化するための価格設定のコツと考え方

Amazonではリピーターを作ることが難しい

Amazonで出品する場合、自分のリピーターを作っていく際にはとても難しい課題がでてきます。

Amazonを利用するユーザーは出品者から購入している感覚はなく、あくまでもAmazonで購入している認識しか持っていません。
あなたもAmazonで商品を購入するとき、商品名で検索をして一番安い商品を選ぶのではないでしょうか。
少なくとも、ショップ名で商品検索はしませんよね。

他のサイトと違い、出品者から商品を選択するという流れがないので、Amazonでリピーターを作っていくのは難しいです。

相乗り出品もリピーターを考える必要はありません。

Amazonで新規出品を販売する場合、リピーターよりも新規ユーザーの獲得、ページビューのアップに尽力しましょう。

出品した商品の価格を差別化していくことが、効率よく稼げるコツになってきます。

中国輸入ビジネスには短期で成果を出せる可能性がある

中国輸入ビジネスの魅力は何だと思いますか?

中国輸入ビジネスは方法さえ間違えなければ、短期間で成果を出すことが可能です。

ここでは、中国輸入ビジネスの魅力をしっかりと知っていきましょう。

輸入ビジネスは数多く存在しますが、その中でも中国輸入ビジネスのメリットは、特に初心者には大きいものになります。

具体的にどんな魅力があるのか解説していきます。

語学力がなくてもビジネスできる

中国輸入ビジネスは語学力がなくても行うことができます

欧米輸入のように英語力を駆使して仕入れ先セラーと直接交渉する必要がなく、商品買い付けや価格交渉も輸入代行業者を通します。

自分で中国語を使って相手と交渉する必要がありません。

そうは言っても、全く知らなくてもいいということではなく、頻繁に登場する単語や商品名は覚えていくことが大切です。

輸入ビジネスを始める前に、まずは語学力をつけるとなると敷居が高くなりますが、中国輸入ビジネスではそのような心配はありません。

中国語が分からなくても、いつでも安心してビジネスを始めることができます。

少額投資で輸入ビジネスをスタートできる

中国輸入ビジネスが初心者でも始めやすい点として、少額投資で輸入ビジネスをスタートできる点です。

通常の物販ビジネスは商品を仕入れて在庫を抱える必要があります。
それには、かなりの資金が必要になってきます。

このように多額の初期投資が必要なビジネスは、そのリスクも考えるとなかなか踏み切れない人が多いのが現状です。

例えば、欧米輸入では商品単価が1万円以上かかることが当たり前です。
商品によっては、商品単価が数万円ということもあります。
一方、中国輸入で仕入れる商品単価は高くても3,000円以下の商品がほとんど。
商品単価が低いため、少額投資で輸入ビジネスをスタートさせることが可能になってきます。

商品単価を抑えることができる中国輸入ビジネスは、少額投資でできる点がメリットです。

在宅でビジネスができる

中国輸入ビジネスは、インターネットとパソコンがあれば、どこでも行うことができます。

海外でも自宅でも好きな場所でビジネスをすることが可能です。
商品の仕入れから出品、販売までの全工程をパソコン1台でできます。

中国輸入ビジネスを副業にしている人が多い理由も、完全在宅で仕事ができるビジネスモデルという点が大きいのです。

在宅でオークションを活用して稼ぎたい方は以下の記事が参考になります。

参考:中国輸入、オークションを利用して稼ぐ方法

中国輸入ビジネス初心者によくある疑問点とは

中国輸入ビジネスは、とてもシンプルでわかりやすいので初心者向きと言えるでしょう。
しかし、初めは誰でもわかないことがたくさんあります。

ここからは、よくある不安や疑問点をまとめています。

時間がなくてもビジネスが可能?

インターネットビジネスの魅力は、自分の都合のいい時間で好きに行える点です。
会社に出向く必要がなく、1日何時間以上取り組まなければ成果がでないということもありません。

Amazon FBAを使えば商品発送、お客様対応なども全て一任できるので、自分でやる必要はありません。

商品を売り続けることは可能なのか?

仕入れた商品が日本で売れるのか?
最初は誰でも突き当たる壁ですが、商品をリサーチして選び間違えなければ必ず売れます。

日本で数千円する商品でも、中国では数百円で仕入れることが可能です。
最初に提示した価格が高くても、販売価格を下げていけば売れるようになります。

例えば3,000円で商品を販売して売れなかったとして、1,000円以下に商品の値段を下げても200円で購入した商品ならば利益は出ます。

大切なのは、売れる商品を見極める目を養うことです。

他人が提供している商品情報を利用していても、そういう情報は皆が知っている情報でしかなく、価格破壊が起きて売れない商品に早変わりしてしまいます。

ずっと売れる商品を見つけていくには、自分のリサーチスキルをつけていくことが大切です。

模造品は大丈夫?

ブランド品を出品販売するのはやめましょう。

輸入転売ビジネスで、ブランド品を仕入れて国内販売することで1点あたり数万円の利益を出すことができる商品もあることは確かです。

それでもおすすめしない理由は、リスクが高いからです。

確かに1点で3万円の利益が出るなら、10点で30万円儲けることができます。しかし、ブランド品は仕入れ値も高いです。1点1万円としたら10点で10万円の資金が必要になってきます。そして、ブランド品は関税でチェックがかかるリスクもあるので、輸入できない可能性も出てきます。
もしも、輸入できなかったら、日本で販売できません。

ブランドには模造品も多く、特に中国では多く出回っています。
万が一、国内で販売できたとしても、ユーザーから「模造品」とクレームや評価をつけられたら、出品者としての評価も下がり、アカウント停止状態になることもあります。

そういう理由から中国輸入ビジネスでは、ブランド品はNG!です。

中国輸入自体に不安がある方については、下記の記事を参考にしてください。

参考:中国輸入は本当に安全?トラブル回避の方法とは

中国輸入ビジネスは初心者でも稼げるのが魅力

中国輸入ビジネスが初心者でも稼げるビジネスモデルであることがご理解いただけたと思います。

最初は、売れる商品を見極める力をつけること。慣れてきたら、OEMとして自社ブランドで販売していくことで差別化をはかり、独占的に稼ぐことが可能になります。

まずは資金を増やして販売経路を拡大していくことが先決ですが、少ない資金でチャレンジすることができるので、リスクが少ないネットビジネスと言えます。





  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る