物販

中国のネットショップを一挙公開!注意点も徹底解説!

近年の中国ネットショップ(ECショップ)の成長には目を見張るものがあります。経済の急速な成長とともに、ネットショップにおいても中国市場が拡大していると言えるでしょう。

ECショップであるがゆえに、私たちは日本にいながら中国のショッピングを楽しむことができます。

そこで今回は、中国のECショップについて紹介していきます。利用する際の注意点も併せて紹介していくので、これから中国のネットショップの利用を検討している人はぜひ目を通してください。

越境EC市場とは

商品を購入する時、一昔前であれば最寄りのお店に出かけて実物を見ながら購入をするのが当たり前でした。しかしインターネットの急速な普及とともに、オンラインによるネットショップ(ECショップ)も普及してきました。

ネットショップの一番のメリットは、どこからでも欲しいものを購入できる利便性にあります。今や、自国にいながら他国の商品をボタン一つで購入可能です。これが国境を越えた「越境EC市場」として、日々拡大を続けています。

今後は新興国でもインターネットの普及が進み、それに伴ってネットショップはさらなる盛り上がりを見せることでしょう。越境EC市場は成長速度が速く、また成長の上限も高いのです。

越境ECのメリット

日本で越境ECを活用するメリットは主に、「オンライン売買ができること」と「日本製がブランドになること」の二つが挙げられます。

オンラインで売買ができるメリットは、物理的距離が関係なくなることだけではありません。現地に直接お店や商品を配置する必要がないため、コストやリスク面で大きなメリットがあります。

また、受注してから商品の発送を行うため、余分な在庫を抱えなくて済むという点も経営者側としてはありがたい話です。

そして日本にいると気づきにくいですが、実は日本の製品は世界でも高品質だという評価を受けており、海外においても非常に需要が高いのです。日本のインバウンド市場が拡大しているのも、日本製品を求める海外の人が多い証だと言えます。

こうしたことを踏まえると、日本での出店では得られなかったメリットを越境ECならば享受できると言えるでしょう。

中国ネットショップを利用する際の注意点

中国のネットショップを利用すれば、日本にいながら中国製品を買うことができます。ただし、中国のネットショップを利用する際には、いくつか気を付けなければいけないことがあるので覚えておきましょう。

例えば、関税の問題です。国を越えた通販は輸入扱いになるため関税がかかってしまい、通常より割高になってしまうのです。

個人でネットショップを利用する分には個人輸入扱いになります。多くの場合は16,667円以上の買い物に対して関税がかかります。

中国に限らず、関税については国や商品によって関税の倍率が異なります。詳しくは下記のサイトをご覧ください。

参考:税関 関税のしくみ

この他にも、中国のネットショップ利用において気を付けるべき点について紹介していきます。

詐欺に気を付ける

中国のネットショップ市場には、日本以上に詐欺サイトが横行しています。例えば、ショッピングをしていたら別のサイトに誘導され、そこで決済を行ったら詐欺で商品が届かない、といった事例は珍しくありません。

詐欺にあわないためには、「大手の有名なネットショップを利用する」「外部サイトで決済を行わない」といった対策が挙げられます。決済の手続きに少しでも違和感を覚えたら、そのサイトでの購入は止めたほうが賢明です。

直に商品を買うわけではないので、どうしてもこの手の詐欺サイトは一定数存在してしまいます。購入ボタンを押す前に、詐欺でないかの確認を徹底をすることが大切です。

輸入や使用が規制されている商品もある

購入するサイトだけでなく、購入する商品にも注意が必要になります。なぜなら、商品によっては使用に規制がかかっている場合があるからです。

例えば中国の物を日本で使用するためには、技術基準適合証明(通称、技適)が必要です。これはメーカー側が取得していないこともあり得ます。もし技適を取得していない物を日本で使用すると、法律違反になってしまいます。

技適の未取得は、中国産のスマホなどを使用する際に問題になりがちです。購入前に資格をちゃんと取得しているか確認しましょう。

ネットショップにはトラブルが付き物

その場で実物でやり取りをしないネットショップでは、写真と商品が違っていたり、配送の途中で商品に傷や破損がついたといったトラブルは付き物です。

そのためトラブルの有無よりも、しっかりとトラブルに対応してくれるかどうかが重要であると言えます。返品や返金対応がしっかりしていて、連絡が密にとれるサイトであれば、上記のようなことが起こっても安心してサイトを利用できます。

しかし中には、連絡が取れずに泣き寝入りするしかないサイトも少なからず存在しているのも事実です。

普段Amazonなどの大手ネットショップを利用している人にとっては想像もつかないでしょうが、中国のネットショップにはトラブル対応が悪いサイトも存在します。

もちろん全てのサイトがそうではないので、それを頭に入れた上で安心して利用できるネットショップを見つけましょう。

主な中国ネットショップを紹介

続いては、現在中国で主流となっている、中国ネットショップを紹介しています。これらのショップはいわゆる大手に分類されるため、前述したようなリスクにさらされる可能性は低いと言えるでしょう。

どんなネットショップがあるのかを知っておけば、ネットショップ探しも楽になります。自分の好みにあうネットショップを見つける参考にしてください。

淘宝(タオバオ)

淘宝(タオバオ)は、中国最大手のオンラインショップです。楽天市場のようなオンラインショッピングモールをイメージしてもらえば分かりやすいでしょう。

最大の特徴はなんといっても品ぞろえの豊富さであり、規模にものを言わせた多種多様な商品がそろっています。それは単純に購入する商品だけでなく、家事代行のようなサービスすら取り扱っているほどです。

ただし規模が大きく、いろんな人が出品しているため、どうしても粗悪品や偽物が混じることもあります。見分け方としては、以下の画像のように店舗情報を確認するのが効果的です。

過去の出品者情報が公開されているので、サービスの状況や商品の質などを確認することで粗悪品を避けられます。

それでも疑問に思うのであれば、チャットを利用して出品者に確認を取ることもできるので、正しく使えば安全なサイトと言えます。ないものはないと言われるほどの品ぞろえは圧巻です。ぜひ一度利用してみてください。

天猫(ティエンマオ)

天猫(ティエンマオ)は、アリババグループという先ほど紹介した淘宝と同じ会社が運営しているネットショップです。日本の企業が多く出店しているのが特徴で、安全性の高さの証明になると言えます。

個人商店の多い淘宝と違い、天猫は厳しい条件をクリアした法人のみが出店することができます。中国ネットショップにしては価格も高めですが、安全性も中国市場の中では非常に高いです。

注意点としては、淘宝とは商品一覧のページが一部繋がっている部分もあるため、淘宝を利用しているつもりがいつの間にか天猫に飛んでいたということが挙げられます。

詐欺などでは全くありませんが、淘宝で安い商品を探していたのに気づいたら天猫で高価格の商品を買っていた、ということもあるので気を付けましょう。

京東(ジンドン)

京東(ジンドン)は、直販をメインにしている総合ネットショップです。個人出店ではないので信頼性が高く、商品の発送も早いという特徴があります。

直販を主に取り扱っているため安全性が高く、ページ内のトーンなどが統一されてサイト全体が見やすい構造になっているのもメリットです。アフターケアも万全なので、高級品やブランド物の購入にも適しています。

日本企業も多く出店しており、価格は少し高めですが安心して利用ができます。中国市場の高級品を購入したい時には選択肢に入れるといいでしょう。

中国Amazon

言わずと知れたAmazonの中国サイトです。元々は別の会社でしたが、今は買収されたのでAmazonと同じだと考えても問題ありません。

日本にあるAmazonと使用感は変わりません。大手ならではの安心感が売りなので、中国市場でも使い慣れないサイトを使いたくないという人は中国Amazonを利用しましょう。

当当网(ダンダン)

当当网は、元々書籍をメインにしたオンラインショップでしたが、現在では幅広い商品をそろえたネットショップとなっています。

品ぞろえの多さや手数料の安さが特徴です。商品価格も安いので、個人で利用する分には非常に有用なサイトと言えるでしょう。

ただし、梱包が多少雑なのと、カスタマーサポートの返信が中国語でくる可能性があることはデメリットです。万が一の時にコミュニケーションがとりづらいので、利用する際には十分に気を付けてください。

唯品会(ウェイピンフイ)

唯品会(ウェイピンフイ)は、女性向けの商品を多く取り扱ってるネットショップです。アメリカにも進出しており、上場もしています。

独自の直販ルートを確立しているため、偽物が入り込まないことが大きなメリットです。海外での販売はもちろん、偽物が多く出回る中国国内においても高い信頼性でシェアを伸ばしています。

短期間限定で大幅な割引を行う「フラッシュセールス」をよく行っています。タイミングが合えば良質な商品を格安で手に入れられるため、こまめにチェックした方がいいネットショップと言えるでしょう。

おすすめ中国ECアプリ

続いては、中国ECアプリのおすすめを紹介していきます。現在はスマホから通販を行う人も多く、アプリが利用できれば通販もスムーズに購入できるでしょう。

使いやすく、信頼性の高いECアプリを紹介していくので、ぜひ参考にしてください。

拼多多(ピンドゥオドゥオ)

拼多多(ピンドゥオドゥオ)は、中国の低所得者をターゲットにしたECアプリです。他のネットショップよりも格安で商品を買うことのできる仕組みが特徴です。

拼多多は、他のユーザーと一緒に購入することで商品の価格が安くなる「拼購」というサービスの先駆けともいわれており、これによって高いシェアを獲得しました。

このサービスを利用すれば通常よりもはるかに安価で商品を購入できるため、利用者にとってもありがたいサービスと言えます。

とにかく安さを追求したいという人にとっては要チェックのECアプリと言えます。どの商品がどれくらい安くなるかは時と場合によって異なるため、こまめなサイトチェックを心掛けましょう。

参考:拼多多(iOS版)

参考:拼多多(andoroid版)

美团(メイ トゥアン)

美団(メイ トゥアン)は中国のデリバリーアプリです。食品配達だけでなく通常の通販やチケットの予約、クーポンの発行も行っています。

また、口コミにより、それぞれの商品に対する評価を確認することができるので、詐欺や不良商品をつかまされにくいです。口コミは、食べログのようなものだと思ってもらえれば間違いありません。

購入したクーポンを上手く活用することで、格安で各種サービスを利用することができます。何事もお得に利用したいと思っている人は、頭に入れておいた方がいいECアプリと言えるでしょう。

参考:美団(iOS版)

参考:美団(andoroid版)

小米商城(シャオミ)

小米商城(シャオミ)は、家電を中心としたECアプリです。長年電化製品を扱ってきたノウハウがあり、会社のブランド力が高く、信頼性の高さが特徴です。

シンプルで高品質、それでいて低価格な商品に定評があります。スマホ事業などで耳にしたことのある人も多いでしょう。

日本にも進出しており、これからどんどん事業を拡大していくことが予想されます。質のいい電化製品を格安で購入したい人は、目を離せないECアプリです。

参考:小米商城(iOS版)

中国商品の輸入ビジネス

中国市場を覗いてみると、その価格の安さに驚愕します。粗悪品もありますが、中には良質でかつ価格も安い商品も数多く存在しています。

あまりの安さに、中国商品を安く仕入れて日本で売る輸入ビジネスを考えた人も多いでしょう。実際に、こういった輸入ビジネスで利益を出している人もいます。

続いては、中国商品の輸入ビジネスについて紹介します。興味のある人はぜひ目を通してください。

仕入れには卸売りサイトを活用する

中国商品を仕入れる際には、安く仕入れることのできる卸売りサイトを利用するのが基本です。格安で商品を仕入れられるため、利益を上げやすいです。

おすすめは、阿里巴巴(アリババ)と呼ばれる卸売りサイトです。非常に低価格で商品を購入できるので、自分で利用するだけでなく、輸入ビジネス用の購入先としても重宝します。

個人で輸入ビジネスを行う場合は、まずはここで商品を仕入れて販売し、輸入ビジネスの基本的な流れを学んでいきましょう。価格が安く、リスクを抑えながら輸入ビジネスに挑戦できるのでおすすめです。

軌道に乗ってきたら輸入代行業者を活用する

輸入代行業者とは、名前の通り輸入における手続きや手配を全て代行してくれる業者のことです。輸入ビジネスが軌道に乗ってくると、個人で輸入できる量に限界が見えてくるため、これらの輸入代行業者の利用を検討してみましょう。

特に輸入ビジネスでは、言語や国の壁に阻まれるため、輸入代行業者に輸入を依頼するメリットは金額以上のものです。

前述したアリババも中国国内向けのサイトなので、中国語に精通していない人が輸入ビジネスに利用するのであれば、輸入代行業者に頼んだ方が余計なトラブルを背負わなくて済みます。

卸売りサイトと同様、輸入代行業者も多種多様です。費用や条件を加味しながら、利用しやすい輸入代行業者を探してみましょう。

まとめ

中国ネットショップ市場は、価格の安い商品が多いため、上手く活用すれば日本にいながら格安商品を大量に購入することができます。

その分偽物や輸入におけるリスクやデメリットもあるので、中国市場のメリット、デメリットを把握したうえで、賢く購入していくのが大切です。

輸入ビジネスを行う際にも、単価の安い中国市場はリスクを抑えられるので最適です。使いやすい卸売りサイトや輸入代行業者を見つけることができれば、安定した利益を上げられるでしょう。

中国ネットショップ市場は、今後もさらなる発展が予想されます。有名所や特徴を把握しておき、国内や他の海外ネットショップと上手に使い分けながら商品を購入してみましょう。

ところで、ビジネスで成功するためには独学よりも体系化された教材やサービスを活用して学ぶ方が結果が早く出ます。

ここではアクシグ編集部が予め登録した上で責任者に直接取材をし、有用性を確認した教材やサービスのみを厳選してご紹介します。無料ですのでお気軽にご登録またはご相談ください。

【無料レポート】中国輸入ビジネス成功の秘訣

安定して稼げる物販、副業として話題の中国輸入ビジネス。 「中国の卸サイト」で仕入れて、「アマゾン」「メルカリ」「ヤフオク」で売る、誰でもできる分かりやすい物販ビジネスです。

数万円の仕入れからスタートできる! 完全在宅でもOKだから、自分のペースでできる! 中国語不要、安く仕入れて検品・納品までしてくれる仕組みも紹介!

  • 数万円の仕入れからスタートできる!
  • 完全在宅でもOKだから、自分のペースでできる!
  • 中国語不要、安く仕入れて検品・納品までしてくれる仕組みも紹介!

行動力とやる気があればOK! サラリーマン、派遣社員、公務員、シングルマザー、自営業、フリーターなどあらゆる環境の方がどんどん成功しています。

この無料メール講座執筆者も、元は時給800円フリーターでしたが、 1年後には年収1,000万円、2年後には年収2,040万円を実現しました。

あなたも、中国輸入ビジネスで年収1,000万円を達成してみませんか?

【漫画で分かる】無在庫輸入物販ビジネス

アメリカやヨーロッパの商品を日本の「Amazon」などで 受注をしてから仕入れる無在庫方式の販売方法を解説しています。

  • まとまった資金がなくてもスタート可能!
  • 取り寄せ式なので大量の在庫を抱えなくて良い!
  • ネットで完結なので自宅でできる!

1つの商品の販売で1万円以上の利益を得ることもでき、 効率良く手元の資金が増やすことができます。

あなたもぜひ無在庫欧米輸入ビジネスで、 堅実な収入の柱を一緒に作りませんか?

【無料相談】Biz English

ビジネス英語は3ヶ月でマスターできます!

インターネットの買い物に慣れてくると、アメリカのアマゾンやeBayで購入したり出品したりしたくなるでしょう。英語ができなくてもGoogle翻訳やDeepLなどのツールを使えば始めるのは簡単です。

ところがクレームや返金などが発生すると機械翻訳では上手く交渉できません。金額が大きくなりビジネスレベルになるとなおさらリスクが高くなります。

ビズイングリッシュはビジネス英語専門の英会話スクールです。受講生は全くのゼロから英語でアカウントを復活させたり、海外の展示会で交渉に成功したりと幅広く活躍をしています!

今すぐビジネスレベルの英語力を身につけましょう!