物販

ノークレーム・ノーリターンの効力やメリットは?バイヤー・セラー両者向けトラブル回避法も紹介

ECサイトを閲覧していると、よく「ノークレーム・ノーリターン」という表記を目にします。これはセラーからの意思表示の一種ですが、実際のところ、ノークレーム・ノーリターンと表記することにどれ程の効力があるのでしょうか?

今回はノークレーム・ノーリターンの意味合いと効力、さらにはセラーとバイヤー双方の立場からノークレーム・ノーリターン表記に関して気をつけるべき点などについて掘り下げていきます。

ノークレーム・ノーリターン表記に含まれる意味合い

ECサイトやインターネットオークションで商品を購入する場合、商品を実際に手に取って確認することはできません。そのためネット物販のセラーはバイヤーからの返品依頼やクレームを受ける確率が実店舗販売よりも高くなります。

そこで多くのセラーは、バイヤーからの返品のリクエストや苦情を受けるリスクを少なくするために、「ノークレーム・ノーリターンでお願いします」と商品ページに記載する場合があります。このように表記することで、いわば「当店は返品、苦情は受けつけません」というメッセージをバイヤーに伝えようとしているわけです。

ノークレーム・ノーリターン表記は法的な効力が認められる?

サイト上で「ノークレーム・ノーリターン」と記載することは、法的に見てどれほどの効力があるのでしょうか?

売主の担保責任とは?

基本的に、セラーの売る意思とバイヤーの買う意志が合致した場合に売買契約が成立します。この売買契約が締結されたことで、バイヤーが受け取った商品に購入時には分からなかった何らかのキズや欠陥が見つかった場合、セラーはバイヤーからの損害賠償や契約解除の請求に応じる責任が生じます。これを「売主の担保責任」といいます。

売主の担保責任とノークレーム・ノーリターンの関係性

不備のある商品を販売した売主には担保責任が生じる以上、ノークレーム・ノーリターンと表記しても何の効力もないように思えます。しかし、そういうわけではありません。実はノークレーム・ノーリターンは、売り主が担保責任を負わないことを定めた特約として認められているのです。

つまりバイヤーはノークレーム・ノーリターン表記のある商品を購入したら、その時点で「ノークレーム・ノーリターン特約」に同意したことになり、商品入手後にキズや欠陥を発見したとしても損害賠償を請求できなくなってしまうのです。

ノークレーム・ノーリターン表記は法的にも効力があるということですね。

ノークレーム・ノーリターンは無効になることもあるので要注意

上述の通りノークレーム・ノーリターンは法的にも効力があるということでしたが、あくまでも当事者間の特約にすぎず、状況によっては無効となる場合もあるので注意が必要です。

これからノークレーム・ノーリターンが無効になる場合について説明します。

セラーがあらかじめ商品にキズや欠陥があることを知っていた場合

セラーがあらかじめ商品にキズや欠陥があることを知っていたにもかかわらず、その事実を隠したまま商品を販売した場合、ノークレーム・ノーリターンの特約は無効になります。

セラーは、自分の商品にキズや欠陥があることを知っている場合は、その情報を商品ページ上に提示する必要があります。そして、その情報を理解したうえでバイヤーが商品を購入した場合は「ノークレーム・ノーリターン特約」に同意したことになるので、ノークレーム・ノーリターンの特約は有効となります。しかし、提示しなかった場合は、原則どおり売主の担保責任を負担しなければならないのです。

セラーが事業者でバイヤーが消費者の場合

「消費者契約法」が適用される場面でも、ノークレーム・ノーリターン特約が無効になる場合があります。消費者契約法とは、事業者と消費者との間で締結される契約によって消費者が不当な損失を被ることがないように消費者を保護することを目的とした法令です。

この法令でいう事業者には法人やその他の団体だけでなく、個人事業者も含まれます。消費者は事業者ではない個人を表します。したがってセラーが事業者で、バイヤーが消費者という関係が当てはまる場合は、ノークレーム・ノーリターンは効力を持たなくなることがあります。

ノークレーム・ノーリターンと表記する理由

バイヤーの中には細かいことが気になる人や自分勝手な人だけでなく、難癖をつけることを楽しみにしている人さえいます。残念なことですがそのような人は何かしら理由を探してクレームをつけてきたり、損害賠償を請求したりしてきます。

例えば、自分が想像していたのと違った、思っていたよりも傷が大きかった、自分に合わなかった、欲しいと思っていたが途中で気が変わった、別に欲しいものが見つかったので必要なくなったなど、ありとあらゆる理由をつけて返品や損害の賠償を請求したりするのです。

その点、商品ページに商品の現状を記し「ノークレーム・ノーリターンでお願いします」と表記しておけば、不要なトラブルを避けることができます。

それでも、返品要求やクレームをつけてくるバイヤーに対しては「ノークレーム・ノーリターン特約」が功を奏してきます。このように多くのセラーは自己防衛のために「ノークレーム・ノーリターン」の表記を行っているのです。

【バイヤー向け】ノークレーム・ノーリターン商品には手を出さない方がいい?

次にノークレーム・ノーリターンに関してバイヤーの視点で考えてきましょう。欲しい商品にノークレーム・ノーリターンの表記がある場合、その商品には手を出さない方がいいのでしょうか?

人によってそれぞれではあるでしょうが、細かい点が気になる方や、神経質な方は避けた方が無難でしょう。それでもその商品がどうしても欲しい場合は、以下のポイントをチェックすることをおすすめします。

  • 該当商品の現状は詳細に記載されているか?
  • セラーの評価は良いか?
  • 値段相応の商品か?

上記の点を考慮することによって、取引相手となるセラーは信頼に値する人か、商品の現状は販売価格に見合ったものかどうかを冷静に判断することができます。

中にはすべての商品に対して「ノークレーム・ノーリターン」と表記しているセラーもいます。その場合は、そのショップに対する評価やコメントを見たうえで、信頼できそうであれば購入を検討してみましょう。

【バイヤー向け】ノークレーム・ノーリターンの商品も時には返品可能

ノークレーム・ノーリターンの表記があったとしても、記載されていた情報と受け取った商品の現状が大きく異なっていた場合は、一度セラーに問い合わせてみましょう。もしその不備が配送過程で生じたものであった場合は、セラーは保険を適用して損失分を補いつつ、新しいものに交換してくれる場合もあります。

念のための保険として「ノークレーム・ノーリターン」の表記をしているセラーもいるので、取引相手が良心的なセラーであれば、返品や賠償の請求にも応じてくれるでしょう

リターン交渉が通った事例と通らなかった事例

ここではノークレーム・ノーリターンの商品に問い合わせた際に、問い合わせに応じてもらえた事例と、応じてもらえなかった事例をいくつか見てみましょう。

【事例1】付属物が付属していなかったので返品要求

写真とともに「写真が写っているものがすべてです。ノークレーム・ノーリターンでお願いします。」という表記のあるテキストを購入。購入後、本来は付属しているテキスト教材のDVDが付属していないことに気づき、DVDが欲しかったので送料は自分で持つという条件で返品ができるか問い合わせたところ受け入れてもらえたという事例があります。

セラーが良心的な方だったことから返品が通ったという例ですね。

【事例2】スノーボードブーツのサイズが合わなかったので返品要求

フリマアプリでスノーボードブーツを購入した方の事例です。商品ページにはブーツの写真と詳細情報が記されており、自分の足にピッタリのサイズだと思い購入。商品を受け取り履こうとしたところ、思っていたよりもサイズが小さく、足が痛いくらいだったので返品要望の問い合わせをしましたが受け入れてもらえませんでした。

商品ページに現状を知らせる写真や詳細な情報が記載されていたのですから、当然といえば当然ですね。

靴等は同じサイズ表記でもメーカーによって微妙にサイズが違うので、試着できない通販では注意が必要です。

【事例3】作動しない機器を返品期限を超えた後に返品要求

動作確認済みと書かれているDVDデッキを購入。購入後動作確認したところ正常に作動しなかったのでノークレーム・ノーリターンと書かれていたが返品を要請したが、返品期限を超えていたため受け入れてもらえなかったという事例もあります。

多くのショップは初期不良を受け入れる期限を一週間に設定しています。返品期限を超えてしまうと、動作不良の原因が初期不良にあるのかを判断するのが難しくなるため、返品要求に応じてもらうのは難しくなります。

そのためAV機器などは、商品を受け取ったらすぐに動作確認をすべきです。

「ノークレーム・ノーリターン」が規約違反になることも

よく「ノークレーム・ノーリターン」を目にしますが、実はすべてのECサイトやフリマアプリが「ノークレーム・ノーリターン」表記を許可しているわけではありません。各ECサイトやアプリの規約をしっかり理解して、アカウント停止等の罰を受けることのないように注意しましょう。

メルカリはOK?NG?

日本最大級のインターネットフリーマーケットサイトのメルカリは、商品に問題があっても返品に応じないという記載は禁止行為に該当することをメルカリガイドに明記しています。実際に禁止されている表記は以下の通りです。

  • 返品不可
  • ノークレーム (NC)
  • ノーリターン (NR)
  • ノーキャンセル (NC)
  • 3N (ノークレーム・ノーリターン・ノーキャンセルの略語)
  • その他、商品に問題があっても返品に応じないことを記載しているもの

どのような商品であっても、メルカリでは「ノークレーム・ノーリターン」と表記することは許されていないので注意してください。

参考:メルカリガイド

minne(ミンネ)はOK?NG?

ハンドメイドマーケットのミンネも「ノークレーム・ノーリターン」を利用規約に反する記述、または取引に当たってトラブルの元となる記述として挙げています。

利用規約の17条には、バイヤーからの購入作品に関する問合せに対して、セラーはバイヤーとの話し合いなどの対応を取る必要があること、18条には、作品の破損や梱包不良などがあった場合もセラーは適切に交換、修補などを行う必要があると記載されています。

また明確に「ノークレーム・ノーリターン」のような記述は記載できませんと書かれています。

このようにサイトによってははっきりとノークレーム・ノーリターン表記が禁止されていますので、バイヤーは利用規約をしっかりと把握してルールに沿った売買を行いましょう。

参考:minneよくある質問

ノークレーム・ノーリターンに関して注意すべき点

ノークレーム・ノーリターンと表記していたとしても商品取引にトラブルは付きものです。

ここでは、不必要なトラブルを避けるためにセラーとバイヤーがそれぞれ気をつけるべき点について説明します。

【セラー向け】気をつけるべき点

「ノークレーム・ノーリターン」の表記をつけるのであれば、商品の現状を詳細に記載するようにしましょう。バイヤーに商品の状態をしっかり理解してもらったうえで購入してもらうことが不必要なトラブルを避ける鍵です。何かしらの傷があるならば、その点を写真に写し、説明を加えるようにしてください。

前述のとおり、基本的に事業者として商品を扱う場合は、ノークレーム・ノーリターン特約は利用できないので注意しましょう。

【バイヤー向け】気をつけるべき点

基本的には、ノークレーム・ノーリターンの表記がある商品を購入した後に返品を要求したり損害の賠償を請求したりすることはできません。

バイヤーはノークレーム・ノーリターンが付された商品に興味がある場合、記載されている説明文や写真に注意を払い、可能な限り商品の状態を把握することに努めましょう。必要に応じてバイヤーに問合せ、商品に関する情報を加えてもらうこともできるでしょう。現状を把握したうえで購入する価値があるかどうかを判断するようにすれば、トラブルを避けることができるでしょう。

まとめ

今回は、セラー側とバイヤー側、両方の視点から「ノークレーム・ノーリターン」の効力や気をつけるべき点に関して解説しましたが、いかがでしたか。

物販においてトラブルは付きものですが、セラーはしっかりと情報公開をしたうえで「ノークレーム・ノーリターン」を表記しておけば不必要なトラブルを回避できますし、バイヤーとしても事前に商品の状態をしっかり把握しておけば気持ちよく取引を行うことができます。

「ノークレーム・ノーリターン」は、その意味や法的効力を正しく理解したうえで扱うかぎり、セラーとバイヤー双方にとってメリットとなるものです。ぜひ、こちらの記事を参考に、正しく「ノークレーム・ノーリターン」に関わっていただければと思います。

ところで、ビジネスで成功するためには独学よりも体系化された教材やサービスを活用して学ぶ方が結果が早く出ます。

ここではアクシグ編集部が予め登録した上で責任者に直接取材をし、有用性を確認した教材やサービスのみを厳選してご紹介します。無料ですのでお気軽にご登録またはご相談ください。

【限定公開】成功者続出の秘密のノウハウ

日本未上陸のノウハウで先行者利益が得られる大チャンス到来!

  • 月間利益195万円を突破した本人による最新成功事例の紹介
  • 世界トップ3位の日本人が誰も知らない革命的販売手法とは
  • アカウント停止リスクの無い安全なビジネスモデル
  • 無在庫でも販売できる最新の方法
  • Amazonの5倍成長しているマル秘プラットフォームとは
  • 利益率80%超えの超マル秘仕入れ手法

など、日本ではまだ知られていない秘密の情報をお届けします。

あなたのビジネスを成功させるために、今すぐ限定情報を入手してください。

【漫画で分かる】無在庫輸入物販ビジネス

アメリカやヨーロッパの商品を日本の「Amazon」などで 受注をしてから仕入れる無在庫方式の販売方法を解説しています。

  • まとまった資金がなくてもスタート可能!
  • 取り寄せ式なので大量の在庫を抱えなくて良い!
  • ネットで完結なので自宅でできる!

1つの商品の販売で1万円以上の利益を得ることもでき、 効率良く手元の資金が増やすことができます。

あなたもぜひ無在庫欧米輸入ビジネスで、 堅実な収入の柱を一緒に作りませんか?

【無料相談】Biz English

ビジネス英語は3ヶ月でマスターできます!

インターネットの買い物に慣れてくると、アメリカのアマゾンやeBayで購入したり出品したりしたくなるでしょう。英語ができなくてもGoogle翻訳やDeepLなどのツールを使えば始めるのは簡単です。

ところがクレームや返金などが発生すると機械翻訳では上手く交渉できません。金額が大きくなりビジネスレベルになるとなおさらリスクが高くなります。

ビズイングリッシュはビジネス英語専門の英会話スクールです。受講生は全くのゼロから英語でアカウントを復活させたり、海外の展示会で交渉に成功したりと幅広く活躍をしています!

今すぐビジネスレベルの英語力を身につけましょう!