物販

海外クレジットカードを作るときの、便利なカード作成代行業者をご紹介!

海外でクレジットカードを作りたい時に、日本に住みながら海外のクレジットカードを作成するのは、手間がかかりそうで、どうすれば良いのか分かりません。それでも海外のクレジットカードが必要で作成したいという方は、海外のクレジットカードを代理で作成してくれる代行業者を活用するのも1つの方法です。今回は、海外のクレジットカードを作りたいという方の為に、海外のクレジットカード代理作成業者についてご紹介します。

なぜ海外のクレジットカードが必要になる?

日本に住みながら海外のクレジットカードが必要な人はどのような人なのでしょうか?

もし自分がその環境に陥った時の為にも、海外のクレジットカードを作成するべきタイミングを知っておきましょう。海外に住む人以外でも海外のクレジットカードがあると便利な場合があります。

日本のクレジットカード審査に通らない場合

国内のクレジットカード審査に通らない場合、海外のクレジットカードを取得しておけば、カードの利用が可能です。クレジットカードの審査に通らない理由としては、過去に長期延滞などの金融トラブルがあって、いわゆる「ブラックリスト」に該当する場合です。

クレジットカードは信用で成立つ金融手段なので、ブラックリストに載るとクレジットカードの審査はかなり通りにくくなります。そのような時には、海外のクレジットカードを取得できる可能性はあります。審査管理の厳しいところであれば、海外であってもクレジットカードの作成はできない時もあるので注意してください。

海外に長期滞在する時

海外への出張や留学で、長期間日本から離れて、海外での在住中に使用する為に必要な場合があります。アメリカやヨーロッパの主な都市ではキャッシュレス決済が主流となっていて、現金での支払いが珍しいというのが現状です。

クレジットカードの使用自体がその人の信用にも繋がる程、カードを持っていた方が無難です。国際ブランドのクレジットカードであれば日本で作成したものでも海外での使用ができますが、為替の状況で支払う金額に違いが出てきます。海外のクレジットカードであれば海外の通貨が必要ですが、為替に影響されないので円高の時に両替をしておけば海外のクレジットカードの方が得をする可能性があります。

海外のオンラインショップを利用する場合

海外のオンラインショップでも、クレジットカードを使用する場面が沢山あります。大手オンラインショップであれば海外のクレジットカードがなくても購入できますが、現地向けに作成されているオンラインショップの場合は現地のクレジットカードでないと買い物ができない場合が多いです。その為海外のオンラインショップで買い物をする時に海外のクレジットカードがあれば、不便な思いをせずに買い物をする事ができます。

クレジットカードの作り方は国ごとに違う?

クレジットカードの作成方法は国によって、必要な条件が違います。ほとんどの場合現地で住んでいる人が作成できるような仕組みですが、その仕組みについて国ごとに詳しくご紹介します。海外のクレジットカードが欲しいという方は、まず海外でのクレジットカードを作る条件から把握しておきましょう。

クレジットカードをアメリカで作成する場合

クレジットカードを作るには銀行の口座が必須になりますが、アメリカの場合はその口座を開設するのに社会保障番号もしくは納税者番号が必要です。この2つは、アメリカ人でなくてもアメリカに住んでいる人なら、必要書類を用意して社会保障事務所で手続きをすれば作成可能です。また、カードの受け取りにはアメリカの住所が必要なので、日本に住みながらアメリカでクレジットカードを作成するのは不可能です。

クレジットカードをカナダで作成する場合

カナダの場合は口座を開設した銀行へ直接申し込みをして、取り扱っているクレジットカードを作る必要があります。また、アメリカと同様で現地での信用情報(年収や住宅情報、公共料金の支払い情報などの個人情報)が必要です。

さらにカナダでクレジットカードを作成するには、8万円ほどの保証金(デポジットとも呼ばれています)が必要です。カナダのクレジットカードも、日本に住みながら作成するのは不可能です。

クレジットカードを台湾で作成する場合

台湾でのクレジットカードを作成する際にも、外国人の場合「居留証」と呼ばれる書類かパスポートのコピーが必要です。居留書は外人が台湾に住む際に発行される書類で、パスポートにも現在の居住について記載がされています。

その為、他国と同様で日本に住みながら台湾でクレジットカードを作成するのは、通常であれば不可能です。台湾に住んでいる人であれば「20歳以上」「年収20万元以上」であれば、審査の厳しい為カードで以外は作成が可能です。

海外でクレジットカードを作成する方法は?

クレジットカードを作成するには、まず現地に住む住所を持ち、現地の口座に預金があり、信用情報がある人という条件は必須です。国によってクレジットカードを作成できる条件に差がありますが、最低限の条件で作成できるところを選べば、海外のクレジットカードを作れる可能性があります。

海外に住所を持つ事について

クレジットカードを作成する時には海外で生活していなくても、海外に住所を持つことは可能です。その方法は「家屋の購入」か「賃貸契約」もしくは「会社の登記」するという3つの方法があります。

その為には、ビザが必要で「就労ビザ」か「オーナービザ」もしくは「留学ビザ」、それがない場合は住所を海外に持つことは困難です。この中で、オーナービザは現地で生活をしていなくても取得が可能です。

海外の現地口座に預金をする事について

現地の銀行口座を作る時には、開設する銀行口座への預金が必須です。その金額は国や銀行によって数万円〜数十万まで違いがあるので、作成する銀行を事前に調べておきましょう。また、その口座を開設した銀行のクレジットカードを作成する時には、さらにデポジットが必要な場合があります。

信用情報について

日本でカードが作れない人でも海外で作れる理由として、信用情報の取り扱いの違いが挙げられます。信用情報はクレジットヒストリーとも呼ばれていて、日本には信用情報機関というものがあります。そこではクレジットカードだけではなく個人の様々な情報を保管しています。

例えば、アメリカにおいては同じように信用情報を取り扱う会社が「Equifax」と「Experian」と「Trans Union」の3つあります。この3つの機関は、互いに情報を提携しているのですぐに信用情報を参照することができます。

アメリカではこの3つの機関にある信用情報で審査をするので、日本で保管している情報は関係ありません。ただ、アメリカでの信用情報を作るには時間と手間がかかります。まずはセキュアドクレジットカードと呼ばれるカードを作成して、一年ほど利用すれば信用情報を作る事ができます。

このカードは仕組み的にはデビットカードのようなものなので支払いの時に残高不足だとその履歴も残り、信用情報としてはあまり良くないので気をつけましょう。1番スムーズにクレジットカードが作れるタイミングは銀行からカードを作る勧誘が来た時に作る事です。セキュアドクレジットカードを使用して信用情報を積み上げていると。自動的に銀行から連絡が来るのでその連絡を待つのも良いです。

クレジットカード取得代行業者について

クレジットカードを作るのに必要なビザや口座の開設などは、現地の言葉でする必要があるので言葉がわからない場合は代行業者を利用しましょう。代理業者を利用した時に手数料はかかりますが、口座の開設などがスムーズにできるのでクレジットカードを作成まで時間がかかりません。

代行業者を装った詐欺に注意する

海外でクレジットカードを作成する場合、手間がかかり時間がかかります。海外の現地に行って様々な手続きをする必要があるので、代理業者を利用する人は多いです。けれども、代行業者の中には手数料だけをもらったり個人情報を聞き出したりするような代行業者を装った詐欺が、実際に起きています。

日本でクレジットカードが作れないからといって、法外な手数料を請求する業者もあるので、事前に情報をチェックしときましょう。特に「簡単に誰でも確実に」と言ったキャッチコピーの業者は、要注意ですので覚えて起きましょう。

日本でカード作成の為の準備はできる?

日本国内でクレジットカードを作成する時に参照される信用情報に問題がなければ、アメリカのクレジットカードを作る為の準備を整えておく事ができます。あらかじめカードの準備や銀行口座開設の為の準備をしておいて、実際にクレジットカードを作成する時スムーズにストレスなく作成できます。

アメリカならJALとANAのカードがオススメ

アメリカでクレジットカードを作成する場合「JAL USA CARD」と「ANA CARD USA」がオススメです。理由は、アメリカへ行く前にアメリカの銀行口座を設定したカードを作る方法があるからです。

本来はセキュアドクレジットカードを作成してある程度の期間使用して、アメリカでの信用情報を積み上げる必要があります。このクレジットカードの場合は年会費はかかりますが日本の信用情報が問題なければ、アメリカのクレジットカードの作成が可能です。

注意点は、発行までは約1ヵ月ほどかかるので必要になるタイミングを考慮して申請することと、受け取りはアメリカでの受け取りのみという点です。通常であれば、アメリカで発行される社会保障番号が必要ですが、この申請の際には必要ありません。

アメリカン・エキスプレスを持っている場合

日本でも発行できるアメリカン・エキスプレスというブランドのクレジットカードを持っている場合は、難しい申請もなくすぐにアメリカで使用できるクレジットカードを作成できます。この場合は日本国内における信用情報に問題がないという前提になりますが、電話をするだけで年会費なしでアメリカのAMEXに切り替える事が可能です。

切り替え時には切り替え残高がある状態では切替ができないので、引き落としがすべて完了している状態で申請が必要です。また、日本で支払っている年会費については日割りで計算されて、残っている分が返金されるので年会費を支払った直後でも問題ありません。

海外で作成したクレジットカードは日本で使える?

海外で作成したクレジットカードは大手ブランドであれば、殆どが日本でも使用する事ができます。海外から日本へ来ている旅行者が使用しているのと同じように、海外で作成したクレジットカードをそのまま使えます。

近少しずつ使える場所が増えて来ている中国のクレジットカードブランド「銀聯カード」やアメリカの「ディスカバー」のように、中には使用できないブランドもあるので注意しましょう。逆に日本で作成したクレジットカードの中でも、「JCB」は国内ブランドなので海外で使用できない場合があります。

オリンピックに合わせたグローバル化

今現在では日本国内の主要都市において、海外のクレジットカードを使用出来るところが殆どです。今後はオリンピックに開催に向けて更に海外のクレジットカードを使いやすくする為の働きが加速していくとされていて、海外のクレジットカードをATMでキャッシングする事も可能になっていきます。

VISAカードなら「Plusマーク」Master Cardなら「Cirrusマーク」が付いているATMならキャッシングが可能です。

海外クレジットカードの必要性について

海外のクレジットカードを取得する為には、様々な手続きや書類申請が必要です。海外のクレジットカードは日本でも作成できる場合もあるので、自分にあったクレジットカード作成方法を選びましょう。

とはいえ、日本でクレジットカードが作成できる人で生活基盤が日本であれば、海外のクレジットカードをわざわざ作る必要性もそこまで高くはありません。クレジットカードを作成する為にも、日本での信用情報を積み上げることも意識しましょう。

まとめ

国内でも海外でもクレジットカードを作成する為には「信用情報」が重要な要素になります。もし海外でクレジットカードを使いたいという場合は、国によっても基準が違うのでどのように作るのか調べて起きましょう。その為には、海外の住所や口座などが必要なので、自分がどのようにすれば1番効率よく準備ができるか今回の内容を参考にしてください。