物販

電脳せどりは儲からないと言われる理由とは?成功するコツを解説

転売(せどり)には店舗せどりと電脳せどりの2種類があります。

店舗せどりは、家電量販店やディスカウントストアなどの実店舗で商品を仕入れて転売する手法です。それに対して、商品をネットショップで仕入れて転売する手法を電脳せどりと言います。ネットショッピングに慣れている人には電脳せどりをおすすめします。

電脳せどりは儲からないと言われていますが、コツをつかめば稼げます。今回は、電脳せどりが儲からないと言われる理由と成功するためのコツを解説します。

電脳せどりの魅力

電脳せどりには店舗せどりにはない魅力がたくさんあります。

自宅で完結

実店舗せどりの場合は複数の店舗を回る必要があるため、交通費や時間がかかります。

電脳せどりは仕入れも販売も全てネット上で完結するため、自宅から出る必要がありません。交通費がかからないのはもちろん、仕入れにかける時間も実店舗せどりより圧倒的に少なくて済みます。空いた時間をリサーチや分析に割くことができるため、結果として効率良く稼げるようになります。

カードのポイントが貯まる

仕入れ時の決済にクレジットカードを利用すれば、仕入れの度にポイントが貯まります。しかも、仕入れは何度も行うことになるので、相当な量のポイントが貯まります。貯まったポイントは仕入れに回しても良いですし、経費にならない生活費として使っても良いでしょう。

大量仕入れやリピート仕入れが簡単

実店舗で仕入れる場合は在庫に限りがあります。売れ筋商品を見つけても1点限りの場合は、他の仕入れ先を探さなければけません。

ネットショップにも限りはありますが、実店舗よりは圧倒的に多くの在庫があります。そのため、電脳せどりなら一度に大量の商品を仕入れることが可能です。

電脳せどりは稼ぎにくい?

しかし、ネットでは「電脳せどりは稼ぎにくい」という声があります。稼ぎにくいと言われる背景には以下のような理由があります。

ライバルが多い

電脳せどりは手軽に取り組めるため、ライバルがたくさんいます。

そのため、綿密なリサーチをしないと稼げる商品を見つけることができません。

商品が多すぎる

実店舗仕入れの場合は、その店舗にある商品の中から利益の出る商品を探すだけで済みます。

しかし、ネットで仕入れる場合は商品の数が膨大であるため、全て調べるとなると時間がかかりすぎます。

そのため、ある程度ジャンルやメーカーを絞って調べる必要があります。

ネットショップが多すぎる

ネットショップやECモールの数が多いので、どこで仕入れてどこで売れば一番利益が出るのかが初心者には分かりません。

儲かる市場は限られているので、それさえ知っていれば最小限の市場調査で稼ぐことができます。

実物を確認できない

ネットショップから購入する場合は商品の実物を見ることができないので、不良品をつかまされるリスクがあります。不良品は買ってもらえないので、当然赤字になります。

購入時は出品者の評価をよく確認するようにしましょう。

出品者とのやり取りが手間

ヤフオクやメルカリなどの個人間取引サイトから仕入れる場合は、出品者とのやり取りがネックとなります。規約外の取引条件を提示してきたり、なかなか発送しない出品者もいるため、少しストレスが溜まります。

出品までに時間がかかる

ネットで仕入れる場合、商品を購入してから手元に届くまで数日かかるため、すぐに出品できません。商品によってはその数日の間に相場が変動することもあるため注意が必要です。

送料がかかる

ネットを通して仕入れた場合、自宅まで商品を配達してもらうことになるため、商品代金の他に送料がかかってしまいます。

振込手数料がかかる

仕入れ時の決済で銀行振込を利用すると、振込手数料がかかります。

この費用を抑えるため、通常は手数料のかからないクレジットカード決済が利用されます。

電脳せどりのコツ

電脳せどりで効率良く稼ぐコツを解説します。

サイトを絞り込む

電脳せどりの効率化で欠かせないのは、販売するサイトの絞り込みです。

「◯◯な商品は△△で販売する」というように、商品によって販売するサイトをあらかじめ決定しておくとリサーチの手間が大幅に省けます。

おすすめの販売サイトはヤフオク・メルカリ・Amazonの3つです。よほどマニアックな商品でない限り、この3つのサイトのいずれかで販売できます。

ヤフオク

参考:ヤフオク

・限定品
・非売品
・賞品
・廃盤商品

上記の希少価値の高い商品は、ヤフオクにオークション形式で出品しましょう。入手が困難な商品は、一般相場を大幅に上回る価格で落札されることも珍しくありません。

ヤフオクの市場調査には、オークファンがおすすめです。

参考:オークファン無料会員登録はこちら

オークファンなら商品名で検索するだけで過去の落札数や落札相場を確認できます。

メルカリ

参考:メルカリ

・古着
・化粧品
・サプリメント
・美容家電
・ベビー用品

上記のような商品の中古品は、女性利用者の多いメルカリに出品しましょう。

メルカリの市場調査は、条件検索するだけで完結します。検索フォームに出品予定の商品名を入力して検索してみてください。検索結果が表示されたら、左サイドバーにある「販売状況」の項目内の「売り切れ」にチェックを入れて絞り込み検索してください。

売り切れ商品は需要が高いと言えるので、どんな商品が売り切れになっているかをチェックすれば、メルカリでのおおまかな需要がわかります。そして、売り切れ商品の価格の平均が売れる価格の相場となります。

Amazon

参考:Amazon

ヤフオク、メルカリで出品したほうがよい商品以外は、Amazonで販売しましょう。Amazonは月間の利用者が5,000万人近くいる、日本で最大級のECモールで集客力は抜群です。

Amazonの市場調査にはデルタトレーサーを使います。

参考:デルタトレーサー

使い方は簡単です。デルタトレーサーのホームページを開いて、「Amazon.co.jpの相場をチェックする」という入力フォームに、ASIN、JAN、キーワードを入力して、「商品を探す」をクリックしてください。今回は「GoPro HERO 8」で検索しました。

検索結果が出たら、該当商品を探してクリックします。
(直接該当商品のASIN、JANを入力した場合はこの画面は表示されず、直接次の画面へ飛びます)

すると商品詳細画面が表示されます。

商品詳細画面にはそれぞれ、「商品名」「ASIN」「JAN」「ブランド名」「規格番号」「発売日」「ランキング」「他サイトへのリンク」といった情報が確認できます。

この画面には、上から順番に以下の情報が表示されます。

まずは、商品の「出品状況」「価格」「見込利益」「出品」が一覧表が表示されます。

続いて、「価格」「出品数」「ランキング」の3つのデータを、視覚的に把握することが出来るグラフで、「新品」「中古」「コレクター」別、「平均」「送料」を同時に確認でき、調査期間も「1ヶ月」「3ヶ月」「6ヶ月」「12ヶ月」で確認することが出来ます。

その次は、日別の相場情報の詳細が表示されています。
「ランキング」「新品最安値」「新品出品数」「中古最安値」「中古出品数」のそれぞれを、取得日ごとに確認できます。

さらに、外部ECサイトの価格と差額が表示されます(表示されるものとされないものがあります)。

最後はKeepa.comの参考データです。

PCの場合は、これらすべてを公式サイトから直接利用することが出来ますが、Google Chromeの拡張機能としてインストールし、無料会員登録をすることにより、Amazonの商品ページに直接「出品状況」の表を表示させることが出来ますので、「Amazonで商品を見つける」「デルタトレーサーに商品情報を入力する」「仕入れ対象可能かどうかを確認する」といった手間を省いて利用する事ができます。

1つ2つ程度の商品であれば、インストールせずに使用しても問題はないでしょうが、調べる商品数が増えれば、作業時間も増え、時間効率が著しく低下しますので、PCでの利用の場合は、Google Chromeの拡張機能としてインストールしての利用がおすすめです。

これまで、Amazonの商品データ収集ツールとしては、モノレートがマストでしたが、モノレートのサイト閉鎖以降、現状ではデルタトレーサーを利用するのがベストですが、デルタトレーサーもいずれは有料化される(当初は2020年7月に無料化は終了という話でしたが、延期されました)という話もありますので、万が一のことを考え、他の選択肢も事前に検討しておきましょう。

FBAを利用する

Amazonで販売する場合は、FBAを利用しましょう。

FBA(fulfillment by Amazon)とは、Amazonの物流拠点であるフルフィルメントセンター(FBA倉庫)に商品を事前に納品しておくことで、商品の管理・注文処理・配送・返品を全てAmazonが代行してくれるサービスのことです。作業を大幅に効率化できるだけでなく、購入率も上がります。

ただし、FBAを利用するには注文前に商品を納品しておく必要があります。注文発生後にFBA倉庫に商品を納品することはできません。

損益計算

FBAを利用する場合、通常の販売手数料に加えて配送代行手数料と在庫保管手数料がかかります。2020年7月時点での具体的な手数料については以下のリンク先を参照して下さい。

参考:Amazon出品サービス

手数料で赤字にならないよう、仕入れ前には必ず損益計算してください。

Amazonの損益計算には「FBA料金シミュレーター」がおすすめです。商品価格や仕入れ値、FBA倉庫への送料を入力するだけで、出品手数料やFBA利用にかかる手数料などを自動で計算できます。損益率も算出してくれるため、ひと目で利益の出る商品かどうかの判別ができます。

まずは、FBA料金シミュレーターのページを開いてください。

参考:FBA料金シミュレーター

商品名やASINコードで検索して、商品を選択してください。

下に代金の入力フォームが表示されるので、「FBA発送の場合」の列にある商品代金・Amazonへの納品・商品原価を入力して、下の「計算」ボタンをクリックしてください。

すると、出品手数料・FBA手数料が自動計算され、純利益・利益率が表とグラフで表示されます。

仕入れサイトは絞り込まない

販売先のサイトは限定した方が作業を効率化できますが、仕入れ先のサイトは限定せず、幅広くリサーチしましょう。なぜなら、商品によって最安値の仕入れ先が異なるからです。

電脳せどりは儲かる

電脳せどりは効率よく稼げる転売手法です。市場を絞ってリサーチすれば誰でも簡単に「売れ筋商品」を見つけることができます。せどりをするなら電脳せどりをおすすめします。