物販

ドコモ等のキャリアで利用できるスマホ決済を使ってAmazonギフト券を入手する方法を解説

Amazonでの買い物には、Amazonギフト券が便利です。また、Amazonギフト券を使えば、銀行口座やクレジットカード番号を登録することなく買い物ができるので、個人情報が流出する心配もありません。

そんなAmazonギフト券ですが、スマホ決済でチャージしたプリペイドカードを使って購入できるのをご存知でしたか?

この記事では、ドコモ・au・ソフトバンクの大手携帯電話会社のプリペイドカードを利用してAmazonギフト券を購入する方法を解説します。

プリペイドカードでAmazonギフト券を入手する方法

ドコモ・au・ソフトバンクの大手携帯電話会社(いわゆるキャリア)でスマートフォンを契約している人は、スマホ決済を利用できます。スマホ決済なら、購入代金を毎月の携帯利用料と一緒にまとめて支払えるのでとても便利です。

そして、スマホ決済はプリペイドカードにお金をチャージするのにも使えます。Amazonを利用している人は、Amazonギフト券を自分で使ったり、誰かに贈ったりする人も多いと思いますが、そのAmazonギフト券はプリペイドカードでも購入できるんですよ。

まずは、プリペイドカードでギフト券を購入する方法について解説します。

プリペイドカードは入金した金額だけ使える

プリペイドカードとは、自分が予め入金した金額分だけ利用できるカードのことです。クレジットカードとは違って審査が必要ないため、簡単に所有することができます。例えば、スターバックスカードやiTunesカードなどが有名ですよね。

プリペイドカードであれば、自分でチャージした金額分しか使えないので、使い過ぎを心配する必要はありません。

ただし、一般的なクレジットカードのポイント還元率は1%ですが、プリペイドカードのポイント還元率はキャンペーンの時以外は低い場合が多いです。

このようにメリット・デメリットがあるプリペイドカードですが、ドコモ・au・ソフトバンクの大手携帯電話会社でスマホを契約している人なら、スマホ決済を使ってプリペイドカードにチャージできるのです。

Amazonギフト券の買い方

(プリペイドカードへチャージする方法は、キャリアによって異なるので後ほど解説します。)

まずは、すでにチャージしたプリペイドカードを使ってAmazonギフト券を購入する方法を紹介します。

コンビニに行ってカードタイプのギフト券を買う方法もありますが、ここでは公式サイトを利用して購入してみます。

Amazon公式サイトのトップページにある検索窓の下の「ギフト券」というリンクをクリックしてください。

ギフト券には、電子メールタイプ、カードタイプ、チャージタイプなどの種類があるので、自分の好みのタイプを選んでください。

ギフト券の購入ページの支払い方法を選択する箇所では「クレジットカード決済」を選択してプリペイドカードの番号を入力しましょう(もちろん、他の決済手段でも全く問題ありません。)。

全ての項目の入力が済めば完了です。

カードタイプのギフト券を選んだ場合は、到着するまでしばらくかかります。

Amazonギフト券にチャージできる金額

Amazonギフト券はチャージする金額を自分で決められます。3,000円や10,000円など、あらかじめ提示された金額を選択してチャージすることもできますし、自分で金額を入力してチャージすることもできます。

自分で入力する場合は1円単位(50万円まで)で設定できるため、自分が望む金額ピッタリにチャージできます。

スマホ決済で直接ギフト券は購入できない

今まで、スマホ決済でプリペイドカードにチャージし、そのプリペイドカードでギフト券を購入するという手間のかかる方法を紹介しましたが、「直接、スマホ決済でギフト券を買えないの?」と思われた方もいらっしゃいますよね。

Amazonで書籍や日用品を購入するなら、LINE Payやメルペイなどのスマホ決済を利用できます。しかし、残念ながらスマホ決済でギフト券を購入することはできません。その他、プライム会員費の支払いや定期的に届く商品にもスマホ決済は利用できません。

ドコモの「d払い」でAmazonギフト券を入手する方法

ドコモでスマートフォンを契約している人なら、「d払い」を利用できます。d払いとは、いわゆる携帯決済のことで、申し込みなしで利用できます。

ここからは、ドコモのd払い(ドコモ払い)を利用してAmazonギフト券にチャージする方法を解説します。

dカードプリペイドへのチャージ方法

ドコモでスマートフォンを契約している人がスマホ決済でAmazonギフト券を購入するには、dカードプリペイドを間に挟むことになります(スマホ決済でdカードプリペイドにお金をチャージし、そのプリペイドカードを使ってAmazonギフト券を買うという流れになります。)。

dカードプリペイドは、入会申込が必要ですが、審査なしで発行してもらえます。まずは公式サイトでカードを申し込みましょう。

参考:dカードプリペイド

申し込み後1週間ほどでカードが届きます。

カードにお金をチャージするのは簡単です。ローソンでも行えますし、dカードプリペイドのマイページからも行えます。ローソンでは、レジでチャージしたい金額分の現金を支払うとプリペイドカードの残高を増やせます。金額は1,000円から1円単位で選択できます。

また、dカードプリペイドのマイページを利用すれば、500円からチャージできます。ここで支払い方法をd払い(ドコモ払い)に指定すると、支払金額はスマートフォンの利用代金請求時にまとめて請求されます。

利用限度額に注意する

d払いはスマートフォンの利用代金とまとめて支払えるので大変便利ですが、利用限度額があります。19歳までの方なら月に10,000円までしか利用できません。20歳以上の場合、契約期間が3ヶ月までは月10,000円まで、4~24ヶ月目は30,000円まで、25ヶ月目以降は契約者によって限度額が異なります。

参考:d払い ご利用案内

ポイントもプリペイドカードにチャージできる

ドコモでスマートフォンを契約していると、利用料金に応じてdポイントというポイントが貯まりますよね。貯まったポイントは、dカードプリペイドにチャージすることも可能です。dポイントのチャージ限度額は月10,000円ですが、ポイント還元分でさらにお買い物ができるのですからかなりお得ですよね。

ローソンの商品が3%オフで買える

dカードプリペイドはAmazonギフト券を購入する時だけでなく、ローソンで買い物をする時も使いたいカードです。というのも、ローソンでdカードプリペイド決済を利用すると、商品金額の3%分が後日dカードプリペイドにチャージされるからです。

例えば、ローソンで3,000円分の商品を購入してdカードプリペイドで支払うと、後日90円がdカードプリペイドにチャージされます。

auのプリペイドカードでAmazonギフト券を入手する方法

auでスマートフォン・携帯電話を契約している人なら、auかんたん決済を使うと便利です。au WALLETというプリペイド形式のカードへのチャージもauかんたん決済で行えます。「かんたん」という名前の通り、auで契約している人なら暗証番号のみで支払いが行えます。

ここからは、auかんたん決済を利用してプリペイドカードの残高を増やし、残高の範囲内でAmazonギフト券にチャージする方法を解説します。

auのプリペイドカードについて

auのプリペイドカードは公式サイトから申込んでください。au WALLET プリペイドカードが届いたら、早速チャージしておきましょう。チャージはローソンで1,000円以上1円単位で行えます。また、auショップや専用アプリからも行えます。

参考:au WALLET プリペイドカード

auのプリペイドカードのチャージ方法

専用アプリでは、登録している銀行口座やau 簡単決済を利用してau WALLET プリペイドカードの残高を増加させられます。

まずは、アプリを立ち上げ、トップページの「チャージ」を押せば入金ページに移動します。

入金手段として「auかんたん決済」を選び、金額を入力すればチャージ完了です。

auかんたん決済は限度額に注意

au WALLET プリペイドカードなら、毎月のスマホ代で貯まったポイントも加算できます。

auかんたん決済を利用してプリペイドカードにチャージできる上限は年齢や支払い状況によって異なります。12歳までは月1,500円まで、13~17歳までは月5,000円まで、18~19歳までは月10,000円まで、そして20歳以上であれば月80,000円まで可能です。しかし、年齢に関係なくauへの加入月数が半年以下の方は、auかんたん決済が使えません。

ソフトバンクカードでAmazonギフト券を入手する方法

ソフトバンクでスマートフォンを契約している場合は、「ソフトバンクまとめて支払い」という方法でスマホ決済できます。そして、ソフトバンクのプリペイドカードはソフトバンクカードです。したがって、ソフトバンクのスマホ決済を使ってAmazonギフト券を購入するには、「ソフトバンクまとめて支払い」を使って「ソフトバンクカード」にチャージし、それからそのカードを使ってAmazonギフト券を購入する必要があります。

ソフトバンクカードにチャージする方法

ソフトバンクが発行しているプリペイドカードは「ソフトバンクカード」といいます。ソフトバンクカードは、自身のスマートフォン、またはソフトバンクのお店で申込みできます。

参考:ソフトバンクのプリペイドカード

チャージ方法は簡単で、ソフトバンクのスマホアプリを使えば、手元に現金がなくてもチャージできるようになっています。チャージした金額は、後でスマートフォンの利用代金とまとめて請求されます。

現金で払う場合は、郵便局やコンビニエンスストア、セブンイレブンに設置してあるATMからもチャージできます。もちろん、銀行口座からもチャージできますし、貯まったTポイントもチャージして使えるので無駄がありません。

入金できる額には上限がある

ソフトバンクまとめて支払いには、1回で入金できる金額と1日に入金できる金額それぞれに上限が定められています。1日当たりの入金上限額は100万円ですが、1回で入金できる金額は最大10,000円なので、高額なものを買うには適していません。

上限は自分で決められる

ソフトバンクまとめて支払いで入金できる上限額は自分で設定できます。変更するにはパソコンのWebサイトまたはスマートフォンからマイソフトバンクにアクセスしてください。希望の利用可能額は1円単位で設定できます。

参考:マイソフトバンク

プリペイドカードを利用した現金化の仕組み

スマホ決済でチャージできるプリペイドカードは、現金化にも使えます。

ここからは、プリペイドカードを使用した現金化の仕組みを解説します。

Amazonギフト券を売って現金を手に入れる

その方法ですが、スマホ決済を使ってプリペイドカードにチャージし、それを使って購入したAmazonギフト券を売買サイトを通して売るだけです。もちろん平均的な換金率は90%程度なので、10,000円分のギフト券を売っても10,000円がまるまる手に入るわけではありません(ただ、この方法はスマホの利用代金が請求されるまでの暫定的な手段にすぎません。次の利用代金請求時までに口座にお金を入れておかないと、スマホの利用料が払えなくなってしまので注意してください。)。

ネット上には各種ギフト券の売買サービスが存在します。例えば、「アマテン」は、Amazonギフト券やnanacoなどを売ったり買ったりできるサービスを提供しています。ただ、それぞれのサイトごとに換金率は異なるので、しっかり調べてから利用するようにしましょう。

参考:アマテン

スマホ決済・プリペイドカード・ギフト券を上手に利用しよう

ドコモ・au・ソフトバンクのスマホ決済を利用してプリペイドカードにチャージすれば、Amazonギフト券をプリペイドカードで購入できます。「ECサイトにクレジットカード番号を入力するのは不安」という方には、プリペイドカードを利用してAmazonギフト券を購入するのをおすすめします。

また、買い物でお金を浪費したくない方なら、1ヶ月の許容額だけギフト券にチャージしておけば買い過ぎる心配はありません。

スマホ決済とプリペイドカード、そしてギフト券を上手に活用してAmazonでの買い物を楽しんでください。