物販

ドロップシッピングの儲かる方法を徹底解説!

ネットショップの運営はネット環境とデバイスさえあれば、誰でもできるビジネスです。今回はネットショップ運営の中でも「ドロップシッピング」について徹底的に解説します。通常のネットショップとの違いやドロップシッピングを行う方法、ドロップシッピングで稼ぐ方法などをご紹介します。

ドロップシッピングはどんなビジネス?

ドロップシッピングは通常のネットショップの運営とは異なり、商品の注文が入るとメーカーに通知が入ってメーカーから直送で消費者に届けられます。そのため、商品を仕入れる事なく、ショップの運営が可能になります。

通常のネットショップでは商品を仕入れて販売し、注文後に梱包して配送しますがドロップシッピングでは仕入れと梱包、配送がありません。また、自分で価格設定ができるので自由性があります。

消費者からはドロップシッピングだとわからない

ショップのサイト自体は通常のネットショップと全く同じで、ドロップシッピングという形態で運営していることは購入者からはわかりません。通常通りサイトで商品を注文して、住所などを入力して決済し、自宅に商品が届くという流れです。

届けられる商品にもネットショップのラベルが貼られるので、ドロップシッピングだとは気づきません。その為運営形態で購入客数に違いが出ることはありません。

在庫を持たずにネットショップが開業できる

商品の注文が購入者から入ると、メーカーが梱包作業に移ります。そのままメーカーから購入者の住所へ配送手続きがされるので、その間サイトの運営している自分は作業しません。在庫を持たずに運営して、梱包や配送の手間やコストがかからずネットショップの運営ができます。

無在庫販売とは違う

一般的に無在庫販売は、注文後に仕入れをして転売するという形態です。ドロップシッピングでは注文後に仕入れるという事はせずに、直接メーカーが作業を行います。その為自分は商品に触れる事なく、サイトの運営を行うだけでビジネスができるというのがドロップシッピングの特徴です。

アフィリエイトとも違う

アフィリエイトは企業に代わって商品を宣伝して、アクセス数や購入数で報酬がもらえるというものです。アフィリエイトは広告だけがメインのビジネスという事になります。

ドロップシッピングは広告ではなく実際にショップを運営して、サイトの管理や商品の選別などを行います。アフィリエイトでは商品の魅力を伝える事が重要ですが、ドロップシッピングではそれ以外にも運営全体の管理が重要です。

ドロップシッピングでは集客が重要要素

ドロップシッピングでは通常のネットショップ運営に比べると、手間がかからず楽に感じますがその分他に手間をかけられるというのが魅力です。ネットショップで1番重要な事は集客をして、購入客数を伸ばし続ける事です。

集客を伸ばし続くけるにはSEO対策ブログなどでアクセス数を伸ばして、商品を出来るだけ多くの方に知ってもらう事が重要です。そのためにはライバル分析やSEO対策をしっかりと行う必要があります。

また、ブログでは商品のレビューを書いて、ネットショップのリンクを乗せてそこからサイトへ案内するという方法もあります。集客をするには様々な方法がありますが、ブログを書いて集客に成功している事例が多いです。魅力的な商品の伝え方をする以外に、第3者的な目線で商品を紹介し、ブログを読む人にとって有益な情報である事が重要です。

ドロップシッピングで購入する流れについて

商品が購入された時の流れは通常のネットショップとは大きく異なります。まず購入者がネットショップで商品を購入します。ネットショップに注文が入るとその情報が商品を在庫しているメーカーに送られます。そのあとメーカーから直接購入者の住所へ配送されるという流れです。

商品の料金を回収するのがメーカーの場合もあればネットショップ側が回収する場合もありますが、取り扱うメーカーや卸業者によってことなります。自分の見えないところで配送などが進められるので初めは不思議な感じがしますが、慣れると手間が少なくて運営に集中できます。

ブログの運営も同時にできる

ドロップシッピングでサイトを運営しながら、関連するブログも運営して集客を図っている方が多いです。ブログも簡単に誰でも始める事ができるので、ブログを先に始めてからブログに訪れる人を増やしてからドロップシッピングを始めるという事も可能です。

ブログ形式でサイトを初めて、後からドロップシッピングでショップサイトとして運営する事ができます。通常のネットショップよりも時間があるので、管理に力を入れらるのも魅力です。DSPというドロップシッピングサービスプロバイダに登録して、いつでもサービスをスタートする事ができます。

ドロップシッピングのメリットは?

世界的に見てもドロップシッピングという形態でサイトを運営する人が増えていて、日本でも同様に増加傾向にあります。ドロップシッピングが増えているという事はそれだけメリットがあるという事になりますが、そのメリットについて詳しくご紹介します。

これから始めようと思っている方も、ぜひ参考にしてドロップシッピングの魅力をしっかりと理解しておきましょう。難しいという印象のあるドロップシッピングですが、通常の運営方法とは違うメリットがたくさんあります。

少ない労力で利益が得られる

サイトの開設が完了して商品のラインナップも決まれば、あとは定期的なメンテナンスだけして商品が売れるのを待つだけです。その待っている間は集客の工夫をしたり、販売する商品の事が考えたりできます。また、ブログで商品紹介をしてアフィリエイトのような感覚で、サイトへ誘導する為の準備も行えます。

このように少ない労力で利益を得られる可能性があるので、時間があまりないという方にもドロップシッピングという形態はオススメです。

仲介業者が少なくて済む

ドロップシッピングはアフィリエイトと似ているような印象を受けますが、実態的にはアフィリエイトでは仲介業者が入ります。商品を購入者に届けるまでにアフィリエイト会社が入り、その分利益が分散してしまいます。

ドロップシッピングでは自分で商品の価格を設定して、中間業者が入らずに済むので利益が出た時の取り分も大きくなります。

品揃えを豊富にできる

通常のネットショップの運営方法では、商品を仕入れて在庫にしてから商品を販売します。その為在庫として抱えている商品しか売れませんが、ドロップシッピングでは在庫を抱える事なく商品を販売できます。売れ残ってしまうという恐れがなく商売ができるので、商品のラインナップを充実させる事もできます。

メインカテゴリの商品だけではなく、関連商品も数多く取り扱う事ができるので幅広い客層を集める事もできます。品揃えを豊富にして購買チャンスを逃さないというのもドロップシッピングのメリットです。

作業時間が短い

通常のネットショップ運営では、仕入れをして荷ほどきなどの作業があります。また、商品の在庫管理や棚卸し作業など在庫を持つ事によって、多くの作業が必要になります。

ドロップシッピングではそのような作業が限りなく少ないので、他の事に時間を使えます。通常の運営方法よりも時間的な余裕があるので、利益を出す工夫に時間を割く事ができます。

ネットショップ開業前の練習として

ドロップシッピングで本格的なネットショップを運営する為の練習をする事も可能です。いきなり在庫を持ちながらショップを運営するのはリスクがありますが、それに比べるとドロップシッピングではリスクが少ないです。その為サイトデザインやサイトの運営などの練習としてドロップシッピングを行う方も多いです。

ドロップシッピングでの運営がある程度軌道に乗ったタイミングで実際に商品を仕入れて、商売規模を大きくして運営するという方法もあります。また、実店舗を持ちたいという方もドロップシッピングでマーケティング技術を学ぶ事ができます。

ドロップシッピングのデメリットは?

ドロップシッピングのデメリットは大きく分けて5つあります。「サービスの停止」「売れる商品はなくなりやすい」「価格競争」「配送の管理が難しい」「ツールなどに投資してしまう」という5つに分けて詳しく解説していきます。

サービスの停止について

取り扱いを始めた商品の取り扱いが終了してしまう、というのはドロップシッピングでは多々起こります。また、メーカーや卸業者自体がドロップシッピングサービスを終了してしまうという事もあり得ます。

自分で商品を管理していないので、商品の販売数や期間はメーカーや卸業者に一任する他ありません。サービスの終了も通常のネットショップやアフィリエイトと同様にシステムサービスの終了で、ドロップシッピングが利用できなくなるというのもこちらではどうする事もできません。

売れる商品の取り扱いについて

売れやすい人気商品というのは、自分のサイトだけではなく他のライバルのサイトでも基本的に同じです。その為、メーカーでの在庫数の減少が早くなります。

せっかく好調に売れ始めていた商品でも、メーカーに在庫がなければ売ることはできません。決まった在庫数をあらかじめ仕入れる方法とは違い、売れる商品であっても在庫のキープができません。

売れない商品を抱えるリスクがないという反面で、売れる商品の在庫キープができないというのはドロップシッピングのデメリットと言えます。売れる商品は少数ではなくたくさんの種類で、多少メーカーの在庫切れが発生しても問題商品数を取り扱っておく必要があります。

価格競争がある事について

ドロップシッピングでは価格の設定を自分で行う事ができます。これは他のライバルと価格的な差をつけられるメリットとも言えますが、価格競争が起こるというデメリットとも言えます。ネットショッピングでは価格を比べて同じ商品であれば安いショップで買うという選択をするのが、ほとんどのユーザーです。その為ドロップシッピングという形態をとる上で、他のライバルとの価格競争は避けられません。

価格が下がってしまうとそれに伴って利益も減少してしまうので、価格競争に巻き込まれやすい
ドロップシッピングでは利益を出しにくいです。そのような自体を避けるにはライバルの少ないカテゴリを取り扱って、価格の水準が高い状態のカテゴリを販売すれば大丈夫です。また、他にかかるコストを下げる事で利益の最大化も可能です。

配送の管理について

ドロップシッピングでは梱包と配送はメーカーや卸業者に委託する事になります。こちらで配送の管理を行うことはできないので、注文が入ってから配送までどれぐらいの時間がかかるのかはわかりません。およその日数はあらかじめ取り決められますが、きっちりとした日付や時間は不明瞭です。

問い合わせればわかりますが、いくつも注文が入っていて1つずつ確認するのは非常に非効率です。その為ドロップシッピングでの配送日数はおよその日付で案内することが多いです。

ツールなどに投資してしまう

これはドロップシッピングを始めるだけで考えられるデメリットではありませんが、ネット上にはドロップシッピングで稼ぐ方法やノウハウを有料提供しているサイトがあります。また、情報だけではなく運営するのが楽になるツールを有料で販売している方も大勢います。

ドロップシッピングを始めても思っていたように売上が伸びない場合、そのようなツールや情報を手に入れたくなります。「これさえあれば売れる」という確信を持って手に入れても、実際に結果が出るのには時間がかかります。このようなツール、情報をいくつも購入してしまうと投資経費が高額になります。

ドロップシッピングで重要なのはツールや情報だけではなく、ひたむきに集客を工夫して売れる商品を取り扱うサイトを運営する事だと覚えておきましょう。

まとめ

ドロップシッピングは徐々に実践している方が増えていて、それに伴いライバルも増えているビジネス形態です。その為に必要なものは、集客に必要な技術と知識量や魅力的なサイトを運営するスキルです。今回ご紹介した内容を見て、ドロップシッピングに魅力を感じた方はぜひチャレンジしてみてください。

ところで、ビジネスで成功するためには独学よりも体系化された教材やサービスを活用して学ぶ方が結果が早く出ます。

ここではアクシグ編集部が予め登録した上で責任者に直接取材をし、有用性を確認した教材やサービスのみを厳選してご紹介します。無料ですのでお気軽にご登録またはご相談ください。

【漫画で分かる】無在庫輸入物販ビジネス

アメリカやヨーロッパの商品を日本の「Amazon」などで 受注をしてから仕入れる無在庫方式の販売方法を解説しています。

  • まとまった資金がなくてもスタート可能!
  • 取り寄せ式なので大量の在庫を抱えなくて良い!
  • ネットで完結なので自宅でできる!

1つの商品の販売で1万円以上の利益を得ることもでき、 効率良く手元の資金が増やすことができます。

あなたもぜひ無在庫欧米輸入ビジネスで、 堅実な収入の柱を一緒に作りませんか?

【無料相談】Biz English

ビジネス英語は3ヶ月でマスターできます!

インターネットの買い物に慣れてくると、アメリカのアマゾンやeBayで購入したり出品したりしたくなるでしょう。英語ができなくてもGoogle翻訳やDeepLなどのツールを使えば始めるのは簡単です。

ところがクレームや返金などが発生すると機械翻訳では上手く交渉できません。金額が大きくなりビジネスレベルになるとなおさらリスクが高くなります。

ビズイングリッシュはビジネス英語専門の英会話スクールです。受講生は全くのゼロから英語でアカウントを復活させたり、海外の展示会で交渉に成功したりと幅広く活躍をしています!

今すぐビジネスレベルの英語力を身につけましょう!