物販

ドロップシッピングのやり方とは?アフィリエイトとの違いやメリット・デメリットをご紹介!

この記事を監修した吉田です。
2021年9月現在で成功者続出の秘密のノウハウを限定公開します。
今すぐ確認してください。

クリックして"1300万円稼いだ方法"を読んでみる。
吉田
吉田

ドロップシッピングは、2000年代後半に国内で大いに流行したビジネス形態です。2021年現在では、以前とは違った新しい形のドロップシッピングが誕生し、人気を集めています。

そこで今回は、ドロップシッピングの基本情報やそのやり方、メリット・デメリットなどについて詳しく解説します。

効率的なネットショップ運営を行いたい方や、ビジネスにおけるリスクをできるだけ回避したい方はぜひ参考にしてください。

ドロップシッピングの基礎知識

まずはドロップシッピングの基礎知識についてご紹介します。

ドロップシッピングとは?

ドロップシッピングとは、事前に在庫を確保することなく物品を販売し、注文が入ったらメーカーや卸業者から顧客に直接商品を発送するEコマースの一形態です。 基本的に取り扱うのは物販のみです。

通常のネットショップは販売前に商品を仕入れてストックしておきますが、商品が売れなければ不良在庫となり、仕入れにかかったコストはそのまま赤字になります。

しかし、ドロップシッピングでは商品が売れてから仕入れを行うので、在庫が売れ残ることで赤字化するリスクを回避できます。また、在庫管理や梱包・配送などの手間がかからないため、ネットビジネス初心者の方にとってもハードルが低く、起業しやすいとも言われています。

ドロップシッピングの基本的な収益構造は、売上金から仕入れ額と必要経費を差し引いた額で、利益率は約5~20%と言われています。

ドロップシッピングとアフィリエイトの違いは?

ドロップシッピングとよく比較されるものにアフィリエイトがあります。

アフィリエイトは「成功報酬型広告」とも言われ、自身のサイトに貼り付けておいた広告を通じて企業の商品が売れた場合に、その企業から報酬が支払われる仕組みのことです。

ドロップシッピングと同様、商品を紹介することで利益を得ることができますが、物販だけでなく、FX口座の開設やクレジットカードの申し込みなどさまざまな商品やサービスを取り扱うことができます。ただし、利益率はドロップシッピングに比べて低く、販売額の約1%程度と言われています。

それに対しドロップシッピングでは、商品の紹介・宣伝から販売までを自分で行います。販売価格も自由に決定できるので、高い価格を設定して販売すれば、利益も上がります

現在のドロップシッピングの形態

ドロップシッピングは、2000年代後半に大きな盛り上がりを見せていました。当時の最大手DSP(ドロップシッピングサービスプロバイダ)である「もしもドロップシッピング」は、会員数50万人を突破し、業界のトップを走り続けていました。

しかし、EC市場の変化やネットショップの台頭により、「もしもドロップシッピング」をはじめ多くのDSPがサービスを停止し、その姿を消してしまいました。

現在の国内におけるDSPは、

  • ドロップシッピング対応サプライヤー
  • ドロップシッピングサイト

という形で、メーカーと商品販売者の仲介的役割を果たすことが多くなっています。DPSを通して、メーカーや製造元が商品の登録を行い、商品販売者がその登録商品からショップで取り扱う商品を選んで販売するというシステムです。

ドロップシッピングのメリット

ドロップシッピングを利用するメリットとはどのようなものなのでしょうか?主なメリットとしては、以下の4点が考えられます。

  1. 簡単・低コストで起業できる
  2. 時間を有効に使える
  3. 機動性が高い
  4. トラブルを回避しやすい

簡単・低コストで起業できる

ドロップシッピングを始めるにあたって特別な資格などは必要ありません。また、仕入れや在庫管理、在庫スペースのための費用がかかりません。そのため、ショップ経営の知識や経験がない方でも気軽に、かつ簡単・低コストで始められます

時間を有効に使える

ネットショッピングサイトを立ち上げるとなると、商品の販売だけでなく、注文の受注管理や在庫管理など、多くの作業に手間がかかります。また、商品が売れた後も、梱包やラベル作成、集荷依頼、発送手続きなど、様々な業務を行わなければなりません。

しかし、ドロップシッピングの場合は、面倒な作業はDPSにすべて代行してもらうこともできます。そのため、空いた時間を商品開発やマーケティング、サイト分析、集客活動などに充てることができます。

機動性が高い

ドロップシッピングなら、受注から発送まで、すべてインターネット上で完結します。そのため、インターネットに接続できる環境さえあれば、いつでもどんな場所でもビジネスを運営できます。

この機動性の高さにより、自分のペースで自由にビジネスを行えるところが大きな魅力です。

トラブルを回避しやすい

ネットショップを運営していると、商品の注文や販売、発送などに関して消費者やメーカーとトラブルになることがままあります。しかし、ドロップシッピングならDPSを間に挟むので、予期しないトラブルを防ぐことができます

ドロップシッピングのデメリット

低コストで気軽に始められるドロップシッピング。しかし、以下のようなデメリットも存在します。

  • 販売技術が求められる
  • ライバルが多い
  • 売れる商品の見極めが難しい

販売技術が求められる

ドロップシッピングでは、商品の価格を自由に決めることができます。しかし、高い価格では商品はなかなか売れませんし、安い価格に設定すると利益が減ってしまい、ビジネスが成りたちません。以上より、ドロップシッピングを手掛けるのであれば、相場を見極める能力を高める必要があります。

加えて、ドロップシッピングでは、値付け以外にも高いレベルの販売技術が求められます。そのため、サービスの質の向上や、質の良い商品の選定、SNSによる集客活動など、常に販売に関する技術を向上させる必要があります。

ライバルが多い

ドロップシッピングは始めやすい反面、ライバルが多くなるというデメリットがあります。また、価格競争も起こりやすく、これによりショップが閉店に追い込まれることも少なくありません。

さらに、人気商品の場合は他のライバルと登録が重なり、品切れが起こりやすくなります。そのため、商品の入れ替えを常に行わなければなりません

ライバルとの差別化を図るためにも、集客活動やブランディングなどを工夫しましょう。また、価格面で勝負しようとせず、消費者のニーズにピンポイントで応えるニッチな商品を展開し、ショップの価値を高めるのも良い方法です。

売れる商品の見極めが難しい

ドロップシッピングでは在庫を持たずに販売するので、商品のことをよく知らないまま消費者に届けることもあります。そのため、売れると期待した商品が売れなかったり、反対に予想もしていなかった商品がヒットしたりなど、商品の見極めが難しい場合があります。

ドロップシッピングを利用する場合でも商品知識は必要です。物販事業を行う以上、取り扱う商品の内容や需要の有無についてしっかり把握しておく必要があります。 わからない場合は、メーカーや卸業者に細部まで問い合わせるなり、一度試しに購入してみて詳細を確認するなりしておきましょう。確認のために開封したとしても、人気商品であれば、その後中古品として販売することもできるので、大きな損失が出ることもありません。

ドロップシッピングを始める4つの方法

それでは、実際にドロップシッピングを始める方法をご紹介しましょう。代表的なものは、以下の4つです。

  1. メーカーや卸業者と直接交渉する
  2. DSPに登録する
  3. 仕入サイトでドロップシッピング対応商品を仕入れる
  4. ドロップシッピングサイトを利用する

メーカーや卸業者と直接交渉する

まずご紹介するのは、メーカーや卸業者と直接交渉することで、商品を自社サイトに掲載してもらう方法です。

しかし、メーカーや卸業者の多くは、面識がなく実績も少ない個人ショップとはなかなか契約を結びたがらないものです。また、ショップが在庫を持たないというドロップシッピングの内容も、メーカーや卸業者にとっては受け入れにくいでしょう。

メーカーや卸業者と直接交渉するのは、経験豊富で実績のあるネットショップでも難しい方法なので、初心者の方にはあまりおすすめできません。また、メーカー側との交渉や契約には、法律の知識が必要になることもあります。

DSPに登録する

DSPに登録するのも良い方法です。DSPに決済や注文受付、入金確認、配送などの面倒な業務を代行してもらえば、販売者は商品の販売業務に集中できます。

ドロップシッピング対応商品を仕入れる

通常の商品仕入れサイトから、ドロップシッピング対応商品を仕入れることもできます。

たとえば日本最大級の仕入れサイト「NETSEA(ネッシー)」では、「販売後注文可商材」というドロップシッピング可能商品を扱っています。

「販売後注文可商材」は在庫を持たずに自社サイトで販売できる商品で、「直送可」と「直送不可」の商品に分かれています。ドロップシッピングを行うなら直送可の商品を選びましょう。

ただし、NETSEAはドロップシッピング専門サイトではないため、すべての商品が販売後注文が可能なわけではありません。

詳しくは、NETSEA公式サイトの「消費者直送可能商材について」のページをご確認ください。

ドロップシッピングサイトを利用する

ドロップシッピングサイトを利用すれば、よりスムーズに業務を行うことができます。国内の代表的なドロップシッピングサイトとしては、「TopSeller(トップセラー)」がおすすめです。

月額480円から約25万点の商品が取り扱い可能で、顧客に商品を直接届けてもらえるので在庫のリスクもありません。また、受発注管理も行ってくれるので、追加の人件費も不要です。ぜひ試してみてください。

ドロップシッピングサイトで利益を出す4つのコツ

ドロップシッピングサイトで利益を出す方法は以下の4つです。

  1. 商品はこれから流行りそうなものを選ぶ
  2. 値段は適正に設定する
  3. 商品購入者の検索意図を探る
  4. 商品説明はシンプルに

商品はこれから流行りそうなものを選ぶ

大手ショッピングサイトの商品を個人のネットショップで販売し、利益を出すのは至難の業です。

そのため、既存の商品ではなく、「これから流行りそうなもの」を予想して販売しましょう。そのためには、社会の動きに常にアンテナを張り、流行を先読みする感覚を身に付ける必要があります。

値段は適正に設定する

ドロップシッピングにおける値段設定は、高すぎても安すぎても利益にはつながりません。そのため、値段は適正に設定しましょう。

また、適正価格のリサーチは、Amazonや楽天、Yahoo! JAPAN、価格.comなどの大手サイトを参考にするのが手っ取り早い方法です。おおよその相場が把握できたら、これらのサイトよりも若干安い価格に設定すると良いでしょう。

商品購入者の検索意図を探る

ドロップシッピングに限らず、商品を販売する際は、「ユーザーはなぜその商品を欲しがっているのか」という検索意図をしっかり知ることが重要です。

どのようなターゲット層が、どんな理由や目的で商品を購入するのかをきちんと把握できれば、扱う商品を誤ることもなくなります。

商品説明はシンプルに

商品説明は、誰が読んでもわかるような平易な文章でシンプルに書くことが重要です。複雑でわかりにくい説明では、消費者になかなか読んでもらえないからです。

読んだ人の頭の中にその商品のイメージが浮かぶよう、丁寧かつ簡潔な説明を心がけましょう。

ドロップシッピングなら効率的な販売活動が可能

今回の記事では、ドロップシッピングの基本情報と、そのメリット・デメリットなどについて詳しく解説してきました。

ドロップシッピングは、在庫のリスクや梱包・配送の手間がなく、効率的に販売活動を行える方法です。

現在は、ドロップシッピング対応サプライヤーや、ドロップシッピングサイトなどを利用する形が主流になっています。

興味のある方は、今回ご紹介したドロップシッピングについての情報をぜひ参考にしてください。

ところで、ビジネスで成功するためには独学よりも体系化された教材やサービスを活用して学ぶ方が結果が早く出ます。

ここではアクシグ編集部が予め登録した上で責任者に直接取材をし、有用性を確認した教材やサービスのみを厳選してご紹介します。無料ですのでお気軽にご登録またはご相談ください。

【限定公開】成功者続出の秘密のノウハウ

日本未上陸のノウハウで先行者利益が得られる大チャンス到来!

  • ○○○で仕入れた商品を1週間で1300万円販売したノウハウ
  • 2021年、海外で成功者続出中の最新事例
  • セレクトショップの商品を7割引で見つけるヒミツの方法
  • 無在庫でも販売できる最新の方法
  • Amazonの5倍成長しているマル秘プラットフォームとは
  • 114円で仕入れて10倍の値段で販売した実例

など、日本ではまだ知られていない秘密の情報をお届けします。

あなたのビジネスを成功させるために、今すぐ限定情報を入手してください。

【漫画で分かる】無在庫輸入物販ビジネス

アメリカやヨーロッパの商品を日本の「Amazon」などで 受注をしてから仕入れる無在庫方式の販売方法を解説しています。

  • まとまった資金がなくてもスタート可能!
  • 取り寄せ式なので大量の在庫を抱えなくて良い!
  • ネットで完結なので自宅でできる!

1つの商品の販売で1万円以上の利益を得ることもでき、 効率良く手元の資金が増やすことができます。

あなたもぜひ無在庫欧米輸入ビジネスで、 堅実な収入の柱を一緒に作りませんか?

【無料相談】Biz English

ビジネス英語は3ヶ月でマスターできます!

インターネットの買い物に慣れてくると、アメリカのアマゾンやeBayで購入したり出品したりしたくなるでしょう。英語ができなくてもGoogle翻訳やDeepLなどのツールを使えば始めるのは簡単です。

ところがクレームや返金などが発生すると機械翻訳では上手く交渉できません。金額が大きくなりビジネスレベルになるとなおさらリスクが高くなります。

ビズイングリッシュはビジネス英語専門の英会話スクールです。受講生は全くのゼロから英語でアカウントを復活させたり、海外の展示会で交渉に成功したりと幅広く活躍をしています!

今すぐビジネスレベルの英語力を身につけましょう!