物販

日本のE-BIKE事情と個人輸入すべき外国製E-BIKE

記事の概要 近年、E-BIKEがトレンドになりつつあります。この記事では、日本のE-BIKE事情と、おすすめの外国製E-BIKEを紹介します。E-BIKEの個人輸入を考えている人はぜひ最後までお読みください。

E-BIKEとは?

まず最初に、E-BIKEの特徴と、これをおすすめしたい人を紹介します。

E-BIKE=電動アシストバイク

E-BIKEはスポーツタイプの電動アシスト自転車です。

一般的な電動アシスト自転車はママチャリタイプのものが多いですが、E-BIKEはロードバイクタイプやクロスバイクタイプなどで、電動モーターとバッテリーもママチャリタイプのバイクと比べてかなり軽量化されています。

体力に自信がない人

大人になると仕事が忙しくてなかなか運動ができません。体力も衰えてくるので、歳を重ねれば重ねるほどスポーツや運動をするのが難しくなります。

しかし、E-BIKEを買えば、体力や筋力が衰えた大人でも気軽にサイクリングができるようになります。

夫婦でサイクリングを楽しみたい人

女性は男性よりも体力や筋力が劣るため、夫婦でサイクリングをしたくても遠慮しているという女性はたくさんいます。

E-BIKEなら夫婦間の体力差を埋めてくれるため、旦那さんも思う存分サイクリングを楽しめます。

グループライドで遅れを取りたくない人

サイクリングが趣味の人は、グループライドをしている人も多いことでしょう。

グループライドといえば、仲間同士の助け合いが醍醐味であり、後半疲れてきても仲間がアシストしてくれます。しかし、毎回アシストされているようでは気が引けてしまうでしょう。

E-BIKEを買えば、アシストされてばかりのグループライドから卒業できます。

通勤ラッシュを回避したい人

最近は満員電車のストレスから逃れるため、自転車通勤をしている人も多いですが、暑い時期の自転車通勤は汗ダラダラで大変です。

しかし、E-BIKEを使えば快適に通勤できるため、会社についてから汗の臭いを気にする必要もなくなります。

見た目重視の人

「電動アシスト自転車に興味はあるけど、ママチャリは嫌!もっとスタイリッシュなものがいい」という見た目重視の方にもE-BIKEはおすすめです。

日本のE-BIKE事情

ここからは、日本の電動アシスト自転車事情や電動アシストに関する規制について解説します。

ほとんどがママチャリ

日本の電動アシスト自転車の約9割はママチャリタイプです。スポーツタイプのE-BIKEはほとんど出回っていません。

電動アシスト自転車ブランド

日本で電動アシスト自転車を販売しているメーカーはいくつかありますが、ヤマハ・パナソニック・ブリジストンの3社がほとんどのシェアを占めています。この3社は電動アシスト自転車の御三家と呼ばれています。

電動アシスト規制はややこしい

電動アシスト自転車は、自転車と原付バイクの中間に位置する乗り物です。

もっとも、道路交通法上は電動アシスト自転車は通常の自転車と同等に扱われます

日本のアシスト規制

日本の道路交通法では、電動アシストに対して以下の規制が設けられています。一つでも条件に違反する場合は、自転車とはみなされません。

(1)電動モーターによるアシストである
(2)24km/h未満の走行において、操縦者の力とアシストの力の比率が1:2以内である
(3)走行速度が10km/hを超えるとアシストは緩やかに減り、24km/hに達するとアシストは完全に停止する仕様である

規制は国別

電動アシストに対する規制は国によって異なります。

上記の通り、日本の電動アシスト自転車は24km/hを超えると電動アシストが停止しますが、ヨーロッパでは25km/h、アメリカでは32km/hまでアシストが可能です。

さらにアメリカでは、免許を取得すれば最大45km/hまでアシスト可能な高性能電動バイクにも乗れます。

E-BIKEの日本上陸

E-BIKEは海外では一大ブームとなっています。しかし、日本国内ではまだあまり普及していません。

日本上陸を阻む規制

海外のE-BIKEが日本に入ってきにくい最大の要因は日本のアシスト規制にあります。アシスト可能な最高速度は海外でも定められていますが、最大アシスト比率が定められているのは日本だけです。

このアシスト比率の規制が、外国製E-BIKEの日本上陸を阻んでいます。

BOCSHとShimano

そんな中、BOCSHとShimanoという海外メーカーが日本向けのE-BIKEを開発しました。これにより、ようやく外国製のE-BIKEが日本に入ってくるようになりました。

おすすめの外国製E-BIKE

多くのE-BIKE愛好家が日本上陸を待っている、外国製E-BIKE(マウンテンバイクタイプ)を5種紹介します。

GIANT FULL-E+ 3

参考:GIANT FULL-E+ 3

アルミ製の丈夫で軽量なフレームに、ヤマハ製の高性能電動モーターを搭載したマウンテンバイクです。険しい坂道でも快適に走行できます。

参考価格はUS$3,570です。

TREK Powerfly 5

参考:TREK Powerfly 5

Powerfly 5はTREKの一番スタンダードなE-BIKEです。バッテリーが大型で、チェーンスタビライザーなど多種多様なユニットを搭載しているため、重量は23kgと若干重めです。

フレーム内のバッテリーは簡単に取り外せますが、取り付けたままでも充電できます。

参考価格はUS$4,199.99です。

Rocky Mountain Altitude Powerplay

参考:Rocky Mountain Altitude Powerplay

Rocky MountainのAltitude Powerplayは632Whもの超大型バッテリーを内蔵したE-BIKEです。直感的なアシストと最高のハンドリングにより快適なライドを実現しています。

E-BIKEの個人輸入

日本でE-BIKEを扱っている個人や業者はまだ少ないため、E-BIKEの個人輸入転売市場はブルーオーシャンと言えます。

規制に注意

ただし、海外のE-BIKEで日本のアシスト規制に準拠したモデルはまだまだ少ないのが現状です。輸入する際は、E-BIKEの性能をよく確認してから購入してください。

E-BIKE輸入の特徴

日本の方が安い?

日本で売られている海外製品は、基本的に現地価格より高くなります。なぜなら、海外から日本へ送るためのの送料や関税などが価格に上乗せされているからです。

しかし、E-BIKEに関しては日本の販売価格の方が現地価格より安いモデルが結構あります。なぜなら、E-BIKEはまだ日本でほとんど普及していないため、テスト販売をしている段階だからです。そのため、今ならわざわざ輸入しなくても、日本で海外のE-BIKEを仕入れることも可能です。

生産量が少ない

ただ、E-BIKEは生産台数が限られているため、売れ筋バイクを見つけても大量仕入れができません

1年を通して売れる

サイクリングは基本的に1年中できるスポーツです。特にE-BIKEは冬用モデルなどもあるため、E-BIKEは年間通して安定して売れます。

中国製E−BIKEの輸入販売が主流

上記で海外製品は関税や送料の関係で高くなってしまうため、海外製品を輸入して販売するよりも、日本で販売されている海外モデルの方が安く仕入れられ、転売ビジネスとして成り立つとご説明しました。

しかし、最近では個人輸入ビジネスとして中国製E−BIKEが価格の安さから注目を集めています。

日本で販売されているE−BIKEは安価なもので約12万円程度が相場ですが、中国ECサイトのアリババなどで輸入すれば送料や関税込みでも12万円以下で輸入が可能です。

日本であれば、生産台数が限られているため、12万円程度のE−BIKEを在庫として確保し続けるのは難しいかもしれませんが、中国市場は大きいので12万円以下で輸入販売できるE−BIKEの種類が豊富にあります。

1年通して売れる商品であるため、なるべく種類や在庫数を持っておくと利益につながりやすいです。

信頼や安心面で日本製を、規制のポイントを満たしたうえで、価格面で中国製のE−BIKEを持っておくと、常に安定して利益を得られます。

中国から輸入する場合は代行業者を活用

中国からE−BIKEを輸入するときは、輸入代行業者を利用すると便利です。なかでもおすすめなのがイーウーパスポートです。

イーウーパスポートはタオバオやアリババといった中国のECサイトを始め、義烏、深センなど中国中のあらゆるルートから商品をリサーチし買い付けてくれます。

配送・検品までしっかり行ってくれるので、仕入れたものが不良品であったというようなトラブルも未然に防いでくれます。問題が起きた場合でも日本人の社員が常駐しているので安心です。

ゴールド会員であれば、中国輸入ビジネスを成功させるための秘訣を無料で学べます。個人輸入をしている方はお試しください。

参考:イーウーパスポート メール講座

E-BIKE市場はブルーオーシャン

海外ではE-BIKEは10年近くの歴史がありますが、日本で本格的に販売されだしたのは2018年です。歴史が浅い分ライバルも少ないため、今から参入すれば独占販売も可能です。転売用の商材を探している方は、E-BIKEを扱ってみてはいかがでしょうか。

ところで、ビジネスで成功するためには独学よりも体系化された教材やサービスを活用して学ぶ方が結果が早く出ます。

インターネットを活用してビジネスを始めること自体は簡単です。そのためインターネット上にはあらゆるレベルの教材やサービスが存在しています。最新の情報にアップデートされているものから、途中で放置されているものまで本当にいろいろです。

そして、どんな教材やサービスを選ぶかによって、成功の度合いも大きく異なってきます。

評判も良いものから悪いものまでさまざまです。このように評価が安定しないのは、各々の教材のサービスの質が一定していないことが原因です。

ここではアクシグ編集部が予め登録した上で責任者に直接取材をし、有用性を確認した教材やサービスのみを厳選してご紹介します。無料ですのでお気軽にご登録またはご相談ください。

【無料レポート】中国輸入ビジネス成功の秘訣

安定して稼げる物販、副業として話題の中国輸入ビジネス。 「中国の卸サイト」で仕入れて、「アマゾン」「メルカリ」「ヤフオク」で売る、誰でもできる分かりやすい物販ビジネスです。

数万円の仕入れからスタートできる! 完全在宅でもOKだから、自分のペースでできる! 中国語不要、安く仕入れて検品・納品までしてくれる仕組みも紹介!

  • 数万円の仕入れからスタートできる!
  • 完全在宅でもOKだから、自分のペースでできる!
  • 中国語不要、安く仕入れて検品・納品までしてくれる仕組みも紹介!

行動力とやる気があればOK! サラリーマン、派遣社員、公務員、シングルマザー、自営業、フリーターなどあらゆる環境の方がどんどん成功しています。

この無料メール講座執筆者も、元は時給800円フリーターでしたが、 1年後には年収1,000万円、2年後には年収2,040万円を実現しました。

あなたも、中国輸入ビジネスで年収1,000万円を達成してみませんか?

【漫画で分かる】無在庫輸入物販ビジネス

アメリカやヨーロッパの商品を日本の「Amazon」などで 受注をしてから仕入れる無在庫方式の販売方法を解説しています。

  • ・まとまった資金がなくてもスタート可能!
  • ・取り寄せ式なので大量の在庫を抱えなくて良い!
  • ・ネットで完結なので自宅でできる!

1つの商品の販売で1万円以上の利益を得ることもでき、 効率良く手元の資金が増やすことができます。

あなたもぜひ無在庫欧米輸入ビジネスで、 堅実な収入の柱を一緒に作りませんか?

【無料相談】Biz English

ビジネス英語は3ヶ月でマスターできます!

インターネットの買い物に慣れてくると、アメリカのアマゾンやeBayで購入したり出品したりしたくなるでしょう。英語ができなくてもGoogle翻訳やDeepLなどのツールを使えば始めるのは簡単です。

ところがクレームや返金などが発生すると機械翻訳では上手く交渉できません。金額が大きくなりビジネスレベルになるとなおさらリスクが高くなります。

ビズイングリッシュはビジネス英語専門の英会話スクールです。受講生は全くのゼロから英語でアカウントを復活させたり、海外の展示会で交渉に成功したりと幅広く活躍をしています!

今すぐビジネスレベルの英語力を身につけましょう!

【無料レポート】けいすけ式、eBay輸出大百科

4130分以上の有料級動画コンテンツを無料プレゼントします!

この大百科を見てeBay輸出を実践していただければ、全くの初心者でも完全在宅で月収30万円を達成できる内容になっています。

その方法に興味がございましたら、ぜひ無料で394本のこの動画を受け取ってください。