物販

eBayではビジネスポリシーの設定が必須!設定方法をわかりやすく解説!

eBayを使って輸出ビジネスをするなら、ビジネポリシーの設定は絶対におすすめです。ビジネスポリシーを設定しておけば、大量出品をする場合でも手続きが簡単になることからも、設定しない手はありません。

そこで今回は、eBay輸出でビジネスポリシーを設定する方法を説明していきます。そこまで難しいことは何もないので、ぜひこちらの記事を読んでその方法をマスターしてください。

eBayのビジネスポリシーとは?

まず最初に、eBayのビジネスポリシーについて基本的なことを説明しましょう。まったく知らない方でも大丈夫です。読み進めていけば、なぜビジネスポリシーが必要なのかが理解できるはずです。

ビジネスポリシーには3種類ある

eBayのビジネスポリシーとは、「支払い(ペイメント)」「返品(リターン)」「発送(シッピング)」に関するルール設定ことです。この3つの項目は、せどりを行う人であれば必ず関わることになるものです。商品が売れれば、どのような形で代金を支払ってもらうかを決めなければなりませんし、時には返品対応を迫られることもあるでしょう。さらに、送料や発送するまでの日数なども、ユーザーにとっては知りたい情報の一つです。

これらの項目を自分なりにビジネスポリシーとしてルール化しておけば、それがショップの特徴になりますし、商品を出品するたびに設定する必要もなくなるので後々楽になります。とくに多品種の商品を大量に出品するケースで効果を発揮することになりますので、必ず事前に設定しておきましょう。

ビジネスポリシーはファイルエクスチェンジと併用しよう

eBayには、「ファイルエクスチェンジ」という無料の出品ツールがあります。これは、新規出品やすでに出品している商品の価格や商品名の変更、売れ残った商品の再出品などの作業を一括で行えるようになる便利なものです。ビジネスポリシーもこのファイルエクスチェンジで一括管理できるので、設定しておくと作業効率が格段にアップするでしょう。

設定したビジネスポリシーの名前は自分で決められる

ビジネスポリシーのユニークな点は、ポリシーごとに自分で名前をつけられることです。自分さえ分かっていれば良いので、極端な話、ペットの名前を付けても問題ありません。ただし、日本語だと、フルエクスチェンジに入力する際にエラーが出る可能性がありますので、英語の名前(半角英数字を使ったもの)をおすすめします。

検索結果で上位表示されるために

eBay輸出で成功するための生命線ともいえるのが、検索結果の上位表示を獲得することです。多くのユーザーが検索後に目を向けるのは、上位表示されている限られたお店だけです。ご自身がショッピングをするときのことを考えてみればよくわかるでしょう。

eBayで検索上位を獲得するための条件のひとつに「送料無料」があります(送料無料にすること自体はeBayも推奨しています)。これは、ビジネスポリシーの3項目のうちの「発送(シッピング)」で設定します。ここで「送料無料」にしておくと、eBayサイトのアルゴリズムでは上位表示されるようにプログラミングされているのです。これはぜひ覚えておいてください。

ビジネスポリシーの設定方法

ここからは、ビジネスポリシーの設定方法について解説していきます。

ビジネスポリシーの設定画面へたどり着く手順

最初に以下の参考リンク(eBay Customer Service)にアクセスしてください。

ヘルプの「Business policies」ページが表示されます。文中の青字で書いてある「opt in」をクリックします。

次に、表示された画面の左下にある「Get started」をクリックすると、ビジネスポリシーの設定画面に遷移します。

参考:eBay Customer Service

支払い(ペイメント)ポリシーを設定しよう

最初は、支払い(ペイメント)ポリシーの設定から始めましょう。

支払いポリシーの設定方法

支払いポリシーは、設定画面の「Create Policy」から「Payment」を選択します。

最上部の「Policy name」に自分の好きな名前を入力してください(半角英数字推奨)。その下の「Policy descriptioin」は、設定するポリシーに関するメモ書き用スペースとなっていますので、必要に応じてお使いください。

その下の「Set as defalt return policy」にチェックを入れると、設定した情報がデフォルトになるので、チェックを入れておきましょう。

そして、「Require immediate payment when buyer uses Buy it Now」にチェックを入れてください。

すべての設定が済んだら「Save」を押して終了です。

(注意点1)理由は定かではありませんが、なぜかこの「支払いポリシー」に限って、設定しようとすると最初にエラーが出ることが多いです。eBay側に問い合わせてもすぐにエラー解除とはならないので、時間をおいてリトライしてください。複数回エラーが出るかもしれませんが、根気よく続ければ必ず設定画面に遷移します。

(注意点2)今まではeBayの決済はすべてPayPalでしたが、2021年6月以降順次Payoneerに変更される予定となっています。今後PayPalは使えなくなるので、注意しましょう。

返品(リターン)ポリシーを設定しよう

続いては、返品対応についてのポリシーを設定する方法です。

返品(リターン)ポリシーの設定画面を開く

まず「Business policies」画面の「Create Policy」から「Return」を選択します。

最上部の「Policy name」に自分の好きな名前を決めて入力しましょう(半角英数字推奨)。その下の「Policy descriptioin」ですが、こちらも自分用のメモ書きスペースとなっているため、必要の応じてお使いください。

その下の「Set as defalt return policy」にチェックを入れると、設定した情報がデフォルト設定となります。必要に応じてチェックを入れておきましょう。

返品を受け付けるかを表示する

続いて同じ画面上で返品ポリシーを具体的に入力していきます。

設定する返品ポリシーの項目は全部で5つあります。最初の2項目と残りの3項目を分けて説明します。

まず、上2つの項目ですが、最初の項目は返品の可否を、2つ目の項目は返品可能な場合のその申請期限を設定する箇所です。

返品を受け付ける方が検索上位になりますし、仮に「返品を受け付けない」と表示していてもバイヤーは不満があればどんどん返品を求めてきます。よって、ここは「Returns Accepted」を選んで返品を受け付けるにしておきましょう。

次の欄は、到着後何日まで返品を受け付けるか、です。14日、30日、60日とあるので、ご自身の方針に従って決めてください。ちなみに最長の60日を選んだ場合がもっとも検索上位に表示されやすくなります。

返品の条件を表示する

残りの3つの項目は、返品を受け付ける際の条件に関するものです。

まず、返品の際に、「金銭」を返還するか「代わりの商品」を進呈するかの選択です。お金にする場合は、「Money Back」を選びます。

次は、「返品送料を誰が負担するか」です。これはセラーが負担するとしたほうが検索では上位表示されやすくなります。

最後は、「返金額」です。満額か、10%引き、15%引き、20%引き、から選びます。満額の場合は「No」を選びます。バイヤーから破損していると言われたら全額返金するほかありませんから「No」が無難でしょう。

すべての設定が済んだら「Save」を押して終了です。

発送(シッピング)ポリシーを設定しよう

最後は、発送についてのポリシーの設定方法です。

発送(シッピング)ポリシーの設定画面を開く

まず「Business policies」画面の「Create Policy」から「Shipping」を選択します。

最上部の「Policy name」には、これまでと同じように自分の好きな名前を入力すればOKです(半角英数字推奨)。

Domestic shippingでアメリカ向けの設定

続いて、「Domestic shipping」という欄ですが、これはアメリカへの送料の設定を意味します。

ここではまず「Services」から、到着日数と発送方法に関する設定をしてください。早ければ3日~5日くらいで到着する送り方もあれば、3週間以上かかる方法もあります。バイヤーの都合や商品の内容によっては送り方を変える必要もでてくるでしょうから、すべて設定しておくと良いでしょう。

発送ポリシーは、他の支払いポリシー・返品ポリシーに比べて、設定するパターンが多くなるのが一般的です。

さらに「Services」の横の「Cost」に送料を入力します。「Each additional」は、荷物が2個以上になる場合の追加送料です。送料無料にする場合は、さらに右横の「Free shipping」にチェックを入れてください(ちなみにここにチェックを入れると、送料欄はすべて「$0」になります)。

International shippingでアメリカ以外の国に送る場合の設定

アメリカ以外の国や地域に送る場合は、「International shipping」欄で設定します。

国や地域をプルダウンで選択し、運送会社と発送方法を設定します。

ちなみに、この下の「Exclude shipping locations」は、発送除外を意味します。発走除外設定をしておけば、たとえ注文されても送ることができないというメッセージが表示されることになります。発送除外国を設定したい場合は、「Create exclusion list」をクリックして、該当地域や国名にチェックを入れましょう。

特に最近は政情が不安定な国と地域が多いので、慣れないうちは除外地域を多めにしておくのがおすすめです。平和で親日的な国を優先的に選んでおき、慣れてくれば徐々に対象国を増やしていくのが良いでしょう。

ハンドリングタイム

「Handling time」には、受注してから発送するまでにかかる期間を設定します。無在庫販売の場合は、余裕をもって10日くらいをみておくのが無難かもしれません(もちろんそれより早く送れる方は、もっと短くても結構です)。

在庫があるという場合は、3日くらいの設定で大丈夫でしょう(もちろんもっと早く送れるという方は短くても結構です)。

ちなみに、「business days」とあるのは、営業日のことで、土日は含めないで計算するという意味です。

すべての設定が済んだら「Save」を押して終了です。

ビジネスポリシーを適用する

ビジネスポリシーが設定できたら、あとは実際に出品に向けてどの商品にどの設定を適用するのかを決めていくことになります。

具体的には、商品ごとの出品画面から設定する方法と冒頭でご紹介した「フルエクスチェンジ」を使用する方法とがあります。それぞれについて見ていきましょう。

出品画面からの設定

出品画面から設定する場合でかつビジネスポリシーが設定済みのときは、直接それぞれのポリシーをチョイスできるようになっています。ちなみに、ビジネスポリシー未設定の場合は、商品ごとに、支払い、返品、発送のポリシーを入力することになります。

フルエクスチェンジからの設定

フルエクスチェンジを利用する場合は、自分でネーミングしたポリシーの名前を入力するだけです。一括管理できるので、時短にもなり非常に便利です。

まとめ

こちらの記事では、eBayのビジネスポリシーとその設定の仕方などについて解説しました。

ビジネスポリシーは、いつでも自由に好きなだけ追加できますし、修正や削除も可能です。したがって、気軽に設定してしまってOKです。

ビジネスポリシーは事前に設定しておくに越したことはありません。便利なフルエクスチェンジとともに上手に活用しましょう。

ところで、ビジネスで成功するためには独学よりも体系化された教材やサービスを活用して学ぶ方が結果が早く出ます。

ここではアクシグ編集部が予め登録した上で責任者に直接取材をし、有用性を確認した教材やサービスのみを厳選してご紹介します。無料ですのでお気軽にご登録またはご相談ください。

【期間限定公開】物販の教科書

初心者から上級者まで成功事例を完全網羅!物販を仕組み化で安定して稼ぐ方法を実例を交えて解説します。

  • 物販の各ジャンル別の実践マニュアル
  • 売上伸び悩みを解消する高収益型ビジネス
  • 物販を自動化して自由な時間を得る秘訣
  • 安定資産で複数の収益源を生み出し構築する方法

その他、タメになる情報が盛りだくさん!

あなたのビジネスを成功させるために、今すぐ限定情報を入手してください。

【無料相談】Biz English

ビジネス英語は3ヶ月でマスターできます!

インターネットの買い物に慣れてくると、アメリカのアマゾンやeBayで購入したり出品したりしたくなるでしょう。英語ができなくてもGoogle翻訳やDeepLなどのツールを使えば始めるのは簡単です。

ところがクレームや返金などが発生すると機械翻訳では上手く交渉できません。金額が大きくなりビジネスレベルになるとなおさらリスクが高くなります。

ビズイングリッシュはビジネス英語専門の英会話スクールです。受講生は全くのゼロから英語でアカウントを復活させたり、海外の展示会で交渉に成功したりと幅広く活躍をしています!

今すぐビジネスレベルの英語力を身につけましょう!

【漫画で分かる】無在庫輸入物販ビジネス

アメリカやヨーロッパの商品を日本の「Amazon」などで 受注をしてから仕入れる無在庫方式の販売方法を解説しています。

  • まとまった資金がなくてもスタート可能!
  • 取り寄せ式なので大量の在庫を抱えなくて良い!
  • ネットで完結なので自宅でできる!

1つの商品の販売で1万円以上の利益を得ることもでき、 効率良く手元の資金が増やすことができます。

あなたもぜひ無在庫欧米輸入ビジネスで、 堅実な収入の柱を一緒に作りませんか?