物販

eBay出品の際の送料設定かんたん解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

eBayの送料設定をややこしいと感じる方は多いでしょう。適切な送料を国別に設定するには、まず商品の重さを計らなければなりません。さらに、さまざまな発送方法があり、日本郵便のサイトでそれらの送料を調べる必要があります。また、実際にeBayの送料を決定する際にも、わからない英単語が多くて困る方もいるでしょう。そこで、eBayの送料の設定の仕方や、英単語の意味、さらにはおすすめの設定をご紹介します。

eBay出品をする際に送料を設定する方法

送料の設定に関しては、完全に理解するまではかなり難しい部分です。

たとえばメルカリであれば、送料込みの価格を設定すればいいだけですし、ヤフオクであれば商品説明の部分に送料を書くなどして、落札されたら購入者に送料を伝えれば大丈夫です。

しかし、eBayの場合は基本的に出品管理が全自動なので、出品の段階で詳細な送料を指定する必要があります。

eBayの送料設定について

eBayは米国のサイトです。そのため、アメリカ国内に発送する際の送料と、アメリカ以外の国に発送する場合の送料をそれぞれ別に設定しなければなりません。

Worldwide(海外への出品)設定をしないという方法もありますが、これはあくまでもアメリカにおいての国内と海外なので、どちらにせよ日本のセラーは最低限アメリカには発送できるようにしておく必要があります。

また、eBayでは出品ごとに送料を決定することができません。

Shipping Policyという、いわゆる送料のパターンをあらかじめ作っておいて、各出品でどのShipping Policyを使うかを選択することによって送料を決定するのです。

日本郵便の送料に関して

日本郵便を使って海外に出品する場合に、EMSなら4つの地域、小型包装物なら3つの地域に分けて考える必要があります。

EMSの場合です。

1 アジア

2 北中米、中近東、オセアニア

3 ヨーロッパ、ロシア

4 南米、アフリカ

小型包装物の場合は、2と3を一緒にして考えます。

これらの地域ごとに、そして配送サービスごとに送料を決定します。

eBayの出品者は、よく小型包装物のSAL便、国際eパケット、EMSで送りますが、その場合3、3、4で合計10パターンもの送料を設定することになり、これでは管理が大変です。

ですから、簡単なのが国際eパケットとEMSだけ使用する方法です。国際eパケットであれば送料無料、EMSであれば差額を支払ってもらうという形なら比較的単純に送料の設定ができます。

送料の料金設定について

たとえば、EMSで500gの荷物をアメリカのニューヨークに送ると2000円です。現在の為替レートが125だとすると、割って16ドルです。そこで、16ドルで設定するといいかのように思われますが、このような設定の仕方をすると損をしてしまいます。

なぜなら、送料にはeBayの他にPayPalの手数料がかかるからです。2000円から手数料分の15%を引くと1700円なので、実際に送料としてもらえるのは1700円、本来かかる送料より300円も安くなってしまいます。

手数料で15%引かれることを考えて逆算すると、おおよそ17.5%増しの料金を設定しなければなりません。

2000円の17.5%増しは2350円なので、これを125で割って18.8ドルに設定するのが正解です。

また、eBayでは梱包にかかる手数料も送料に含めることが可能です。ですので、少し高めに送料設定をすることができます。

ただ、注意する点は、あまり高くしすぎるとバイヤーから低評価をつけられるということと、特定のカテゴリでは送料に上限が設けられているということです。

高すぎず安すぎず、自分が損をしない程度の送料を設定しましょう。

このようにPolicyを作り、これを出品に適用します。

最初が面倒ですが、一度作ってしまえばあとは同じくらいの重さの商品になら同じPolicyを適用することができます。

商品の重さやサイズによっては小型包装物にできない場合もありますし、アメリカのみの発送にしたいという場合もあるでしょう。そのような場合のために、送料のパターンをいくつか作っておくことができるので、それぞれPolicyを作れば次回以降は適用するだけで大丈夫です。

「Add shipping details」とは?

送料設定は3ヶ所から行えます。

それは、「add shipping details(新規出品)」「Buy it now(出品している商品)のみを編集する画面」「Shipping Policy(送料設定の編集)」です。

初心者はたいてい「add shipping details(新規出品)」から送料設定を行うでしょうから、ここでは新規出品について解説します。

基本設定の仕方

「Set up your shipping preferences」が表示されている場合は「Cancel」をクリックします。そして、「Add shipping details」「Add or remove options」をクリックします。これで、配送オプションを編集できるようになります。

上から順に、アメリカ以外に発送するかの設定、配達手段の選択肢の設定、直接受け渡しできるかの設定、同梱時の割引設定です。

アメリカ以外への発送設定はチェックあり、配達手段の選択肢は「Generic…」、直接受け渡しはチェックなし、そして同梱時の割引設定は初心者の間はチェックなしにしておくのがおすすめです。

その次の、その他の設定の部分はチェックなしで大丈夫です。

設定が完了したら、「Save」をクリックして保存して終了します。

アメリカにおける送料設定

アメリカへの送料設定をするには、まず画面上部の「Show all shipping options」をクリックします。そして、「Flat: same cost toall buyers」を選択します。複数設定して、落札後にバイヤーが選択するようにする場合は、「Offer additional service」をクリックします。

その次に、配達手段と送料をそれぞれ設定します。

送料無料にしたい場合は、「Free shipping」にチェックを入れましょう。

同梱時の割引設定をする場合は「Each additional」が表示されるので、2つ目からの送料を設定します。

それから、落札から出荷までの期間を設定するのですが、おすすめは3営業日です。バイヤーは購入したら1日でも早く届いてほしいと思いますから、出荷は長くても3営業日以内にはしましょう。

「Service」を見るといろいろ選べるようになっています。ですが、eBay初心者の方はEconomy Shipping from outside US、Standard Shipping from outside US、Expedited Shipping from outside USの3種類だけで大丈夫です。

これは順に、「格安」「標準」「高速」のような感覚で構いません。

また、「Economy」はSAL便、「Standard」が国際eパケットなどと決まっているわけではないのですが、自分自身で「Economy」ならSAL便、「Standard」ならeパケット、「Expedited」ならEMSと勝手に決めておけばいいです。

画像のような設定にすると、SAL便だと無料でEMSだと18ドルかかるということになります。なお、「SAL便」「国際パケット」「EMS」はどれも日本郵便から発送できますが、特徴に違いがあります。

SAL便は追跡できず、到着までかかる時間も長いですが、送料は安いです。国際eパケットは追跡があり、送料は普通くらいです。EMSは追跡があり、送料が高い分早く到着します。

実際の価格は日本郵便のサイトから確認できます。

アメリカ以外の国への送料を設定する

アメリカ以外の国への送料を設定するには、まず「Flat: same cost to all buyers」を選択します。複数設定する場合は「Offer additional service」をクリックします。

それから、送料設定の基準を決めます。

「Choose custom location」では、自分が選択した地域に対して有効になります。「Worldwide」では、全世界に対して有効になります。

次に配送手段を選択しますが、このときの選び方ははアメリカ向けと同じで大丈夫です。

そして送料を設定するのですが、このときに送料で赤字にならないよう、一番高い地域を基準に計算するようにしましょう。そして、選択可能な対象地域を設定します。ただしこれは、「Worldwide」を選択した場合は設定する必要がありません。

この画像の設定では、Economyで送れる国はカナダ、メキシコ、ヨーロッパ、アジア、オーストラリアで、それ以外の地域へはExpeditedでしか送れないようになっています。

また、「Ship to」の部分を「choose custom location」に設定すると自分で任意の国が選べるようになり、「worldwide」にするとすべての国が表示されます。

この場合、例えばカナダは、「choose custom location」でチェックを入れましたし、「worldwide」にも含まれていますから、バイヤーはSAL便もしくはEMSを選択できることになります。逆にロシアの場合「choose custom location」には入っていないので、「worldwide」にしか含まれていません。そのため、バイヤーはEMSしか選択できないことになります。

Shipping Policyについて

送料設定は、eBay初心者にとってはかなり高いハードルです。ここを理解しないとうまく出品できなかったり、大赤字を出してしまうことになります。

そこで、ここではShipping Policyについて解説します。

Shippimng Policyとは

eBayでセラーを始める際に「Shipping Policy」という言葉をよく聞きますが、これについて解説します。

ポリシーというと日本では「プライバシーポリシー」みたいな単語があって大げさに聞こえますが、ここでは設定のパターンのようなものという理解で大丈夫です。

実際の例で解説します。

重量が250gの時はアジアが7ドルで欧米が10ドルで南米アフリカが15ドル、重量が500gの時はアジアが9ドルで欧米が15ドルで南米アフリカが20ドルというパターンを自分が1回設定したとします。これを、出品の際に毎回設定するのはとても面倒です。

ですから、このような場合は以下のようなポリシーを先に作っておきます。

ポリシー1(250gの時) アジアが7ドルで欧米が10ドルで南米アフリカが15ドル

ポリシー2(500gの時) アジアが9ドルで欧米が15ドルで南米アフリカが20ドル

そうしたら、250gくらいの商品を出品するときにはポリシー1を、500gくらいの商品を出品するときにはポリシー2を、というように、最初に作った設定のパターンを次回以降繰り返し使えるというわけです。それだけで出品作業がとても楽になりますので、ポリシーは必ず決めておいてください。

その他のポリシーとしてPayment policyがありますが、これは支払いに関する設定パターンです。
おおむね、即時支払を必要とするか必要としないかの2パターンで大丈夫でしょう。

Return policyは返品に関する設定パターンです。
これに関しては、ポリシーは1つだけでいいでしょう。

Policy nameなどの設定

ここはPolicyの名前を記入し、必要に応じて詳細を書いておく欄です。名前の登録は必須です。出品する際にどのポリシーを適用するかは、名前を見て判断するからです。ポリシーの設定内容を出品時に確認することもできますが、それだと手間がかかるので、名前だけ見てどんなポリシーかわかるようにしておきましょう。

Policy descriptionはポリシーに関する詳細な説明ですが、これは書いても書かなくてもいいです。できれば名前だけで設定内容を判断できるようにしておきましょう。

Domestic shippingとは

Domesticというのは「国内の」という意味の形容詞ですので、ここでいうDomesticとはアメリカを指すことになります。ここで設定するのは、アメリカへの送料です。

まず一番上の「Flat: same cost to all buyers」の選択についてですが、他のオプションとしてバイヤーの住所によって送料を計算したり、直接手渡しなどがあります。ですが、日本郵便で送る場合は、国が同じなら送料はどの地域でも一定なので、「Flat: same cost to all buyers」の選択のままにしておけば問題ありません。

次に、その下のServicesに関して解説します。ここでは、発送方法とそれぞれの送料を設定することができます。日本のセラーは、「Economy か Standard か Expedited Shipping from outside US」を選びましょう。

ちなみにですが、「from outside US」が付いていないただの「Economy」「Standard」「Expedited」 Shipping もあります。日数を見ると、こちらのほうが短く設定できることがわかります。短く設定できる分、バイヤーからの印象はこちらのほうが良くなりますが、未着になる可能性が高くなります。そうすると、評価が下がる原因になりかねませんから、必ずfrom outside US付きに設定しておきましょう。

この部分の項目を増やしたい場合には、下にある「Offer additional service」をクリックすると1行追加されます。

それから、その右のCostについてです。ここが実際にバイヤーからもらう送料です。

そして更に右のEach additionalですが、これは2個目以降の購入に際してに追加で支払ってもらう送料になります。

例えば、1個買えば送料20ドルで、2個目以降は15ドルにしたいとします。つまり、2個買えば送料35ドル、3個買えば送料50ドル、4個買えば送料65ドルとなります。この場合、Costは20.00にして、Each additionalは15.00にします。

なお、このEach additionalは、同一リスト内で複数個購入された場合に有効になる項目です。複数リストで複数購入された場合の送料は、再計算されてinvoiceを送るようになります。

その横のFree shippingにチェックを入れると、CostとEach additionalに0.00と入力されます。つまり送料無料です。

最後にHandling timeですが、これは入金されてから何日以内に発送するかの設定です。この日にちというのはPST(太平洋標準時)またはPDT(太平洋夏時間)が基準となっています。

太平洋標準時なら、日本では17時が日付の切り替わる時間です。つまり、例えばHandling Timeを1日に設定していた場合、日本時間で午後4時59分までに入金があったものに関してはは翌日の午後4時59分までにトラッキングナンバーをアップロードしなければなりません。

1日で発送すると宣言しておいたほうがバイヤーからの最初の印象は良くなりますが、実際にそれができなかった場合評価が落ちる原因になります。それよりは、3日で発送すると言って実際に3日で発送したほうがいいことになります。

International Shippingについて

アメリカ以外の国への発送についての設定です。

「Sell globally…」の部分の表示が出ているようであれば、チェックを外しておきましょう。表示が出ていなければそのままで構いません。重要なのはその下からです。

「Flat: same cost to all buyers」のところでいくつか候補を選べるようになっていますが、設定はそのままにしておきます。これは全てのバイヤーに同じ料金を設定するという意味です。自分で料金を国ごとに設定するので、通常はこのままです。

その他の候補として「No international shipping」がありますが、これはアメリカ国内以外には発送しないという意味です。アメリカ以外には出品しないという方はこの設定をしてください。eBayはアメリカのサイトなので、少なくともアメリカには発送できるようにしておく必要があります。

その下のShip toのの項目に関してですが、「Worldwide」は全世界で料金を同一にする場合に選択します。この設定のほうが簡単なので、初心者のうちはこの設定でいいかもしれません。

「Choose custom location」を選択すると、料金を国別に設定することができます。これに関しては後ほど説明します。

「Service」「Cost」「Each additional」については、先に説明した通りです。これは特にアメリカを対象としたものではないので、「from outside US」のオプションは付きません。

その下の、Additional ship to…は、Custom locationで設定しなかった国や地域以外からの購入に関しては、問い合わせを受け付けるという意味です。

例を挙げると、チェックボックスがある国の分は送料を設定しておいて、他の国については問い合わせできるようにAdditional ship to…で「Will ship to worldwide」にしておく方法があります。

その他について

「Shipping rate tables」は、出品した商品の重さやサイズによって料金を設定するものです。

その次、「Exclude shipping locations」は、発送を除外する国の設定を適用するかというチェックボックスです。

発送を除外する国を設定するには、アカウント設定で「Site preferences」の画面を開いてから、「Exclude shipping locations from…」の項目の一番右にあるEditをクリックします。すると設定画面が現れます。

除外国を設定する場合は、

1 Site Preferencesで発送を除外する国を設定
2 Shipping policyでExclude shipping locationsにチェックを入れた状態でpolicyを作成
3 作成したShipping policyを出品時に設定

の順番でやるといいです。

送料設定で大切な3つのポイント

送料設定で大切なポイントは3つあります。

アメリカ目線で考えること

対象の国とそうではない国を考えること

送料は無料とすること

この3つを踏まえて、先に紹介したおすすめ設定をしています。

送料設定はアメリカ中心に考える

eBayはアメリカのサイトなので、すべてをアメリカ中心に考えなければなりません。

例えば、ロシアは日本の感覚でいうとヨーロッパとアジアの中間に分類されるかもしれませんが、アメリカの感覚だとロシアはアジアです。つまり、画像のようにAsiaに送る設定をすると、ロシアまでアジア料金が適用されてしまうことになります。

しかし、日本からロシアに発送する際にはヨーロッパと同じ料金がかかりますから、ロシアにアジアと同じ料金で発送してしまうとかなりの損をします。

これを防ぐために、以下のようにチェックします。つまり、ロシアをヨーロッパのグループに入れた設定をするのです。

これでロシアのバイヤーから購入されてもちゃんとヨーロッパ料金で送ることができます。

このように、アメリカから送る設定と日本から送る設定がeBayでは異なる場合があるので、注意が必要です。

ちなみに、イスラエルやトルコなどの中東に送る時も注意が必要です。中東はebayではアジア枠ですが、日本から発送する場合の料金帯はアメリカと同じです。

中東への発送対策方法ですが、出品によって2種類の対応をします。

まず対応1です。

これは、エコノミーをFree Shippingにする場合の設定です。このような設定をすると、損をするのは中東のバイヤーがFreeを選ばずにスタンダード(EMS)とした場合にだけです。なぜこんな設定をするかというと、中東のバイヤーはEMSを嫌うため、スタンダードはまず選ばないからです。そして中国などのバイヤーはスタンダードを選ぶことがあるからです。

次に対応2です。

これは、スタンダード(EMS)をFree Shippingにする場合の設定です。この場合、アジア全体ををアメリカ一帯の送料と同じにしているので、中東からの購入では損は発生しません。ただし中国や韓国、シンガポールといったアジア諸国からの購買率低下が考えられるでしょう。

この設定は、2kg以上の商品や、仕入値が高い商品を出品する際に使うといいです。

アジア枠を設定する際はどうやっても損をしてしまうので、出品によってパターンを変えるしかありません。

対象の国とそうでない国を分けて考える

送料設定で大切なことは「トラブルを避け、確実に届くようにする」ことに尽きます。

おすすめ設定としては、南米とアフリカは送料を出品ページに載せないことです。バイヤーに表示される画面は以下のような感じです。

図のように、「セラーに問い合わせてください」という表示が出ます。

南米とアフリカを避けるのは、トラブルが起こりやすい割に利益が出にくいからです。また、eBayの送料設定では配送方法の組み合わせを最大4パターンしか作れないので、南米とアフリカは優先順位的にも設定することができません。

ただしまったく無視するのではなく、問合せが来たら個別対応するということが大事です。出品を検索ページで上位に表示させるには、全世界に発送するというスタンスが重要だからです。

設定する画面はここです。

Additional ship to…の部分を「Will ship worldwide」にしておきます。

ただし、N. and S. Americaにチェックを入れていると、ブラジルやペルーなどの南米からも問合せなしで購入と支払いが完了してしまいます。しかし、南米はアフリカと同じく日本からの送料が一番高いです。

よって、N. and S. Americaのチェックは外すことをおすすめします。ただし、カナダも S.America(北米)の枠に含まれていますので、ここに関しては個別にチェックをして対応します。

送料は無料にするべき

当然のことですが、送料は無料のほうが売れやすいです。

eBayでは送料無料の方が商品ページ上位に表示されて優遇される傾向にあります。そこで、「Free shipping」にチェック入れるか、もしくは送料を0ドルに指定しましょう。

ただ、返金時のリスクが怖い方や、一点物商品の場合は送料無料にする必要はありません。

なるべくたくさん売れてほしい場合は、送料は無料にしておきましょうという話です。

eBayのおすすめ送料設定は?

送料設定は初心者が一番迷うところです。

そこで、おすすめの送料設定をご紹介します。

送料選択をするとき、たくさん選択肢があって、どれを選べばいいか分からない初心者の方も多いでしょう。

まず、「…Shipping from outside US」を選ぶことは確実です。これはアメリカ以外から発送するという意味です。

主に使うのは以下の3種類です。

Economy Shipping 安くて遅い
Standard Shipping 普通
Expedited Shipping 高くて速い

おすすめ設定は以下のとおりです。

Economy Shipping 小型包装物(書留付)、SAL便、eパケットライト
Standard Shipping eパケット
Expedited Shipping EMS

届くまでの日数をバイヤーから聞かれた場合は、このように答えましょう。

Economy Shipping 2~4週間
Standard Shipping 7~10日
Expedited Shipping 3~5日

利益を最大限確保するにはこのように料金設定を分けたほうがいいのですが、EMSをたくさん送ると割引もあるので、たくさん送る機会のある方は全部EMSにするなど、そのあたりは損得を個別に計算してみましょう。

発送を除外する国はどこ?

発送を除外する国は、画面一番下の「Exclude shipping locations」から設定できます。「Edit exclusion list」をクリックすると国や地域の一覧が表示されるので、除外したい国をひとつひとつ選択すれば大丈夫です。

おすすめの設定はとても単純です。

APO/FPOとJapanを除外するだけです。

「APO/FPO」とは、米軍基地のことです。

米軍基地は場所によってEMSの取り扱いが無いなど、配送トラブルに遭いやすいです。なので除外します。

また、南米・アフリカ地域や、カナダや、ヨーロッパを除外しているという人も多いです。なぜなら、南米やアフリカは配送料金が高く、カナダは配送遅延が多く、ヨーロッパは配送トラブルが多いからです。

「初心者のうちはなるべくトラブルを回避したい」という方は、はじめのうちは配送地域をアメリカとアジアだけにしておいてもいいでしょう。

また、「Japan」を除外する理由は、日本からアクセスした時に自分の出品が見えなくなるからです。つまり、ライバルを遠ざけることができるというわけです。

ちなみにですが、当然ながらリサーチする時には逆に自分の住所を日本以外に直してからリサーチしないと、同じように「Japan」を除外しているセラーの商品が見えなくなってしまうので注意が必要です。

自分の住所を「Japan」ではなく「USA」にするには、適当に何か商品画面を開いて、ShippingのところをUSAで検索して「Get Rates」をクリックすれば大丈夫です。

画像を参考にしてください。

送料は重さによって変える

基本的にはFree Shippingで送料設定をしたほうが検索上位に表示されやすくなります。

最初に、バイヤーに「SAL便、eパケット、EMS」というように配送方法を選んでもらうパターンを作ります。なぜこのようにパターンが必要かというと、追加料金を払ってでも早く欲しいというバイヤーも案外多いからです。

3kgまでの場合。

アメリカ、オセアニア、アジア(第1地帯、第2-1地帯)

Economy Shipping from outside US 送料無料
Standard Shipping from outside US 5ドル
Expedited Shipping from outside US 10ドル

ヨーロッパ(第2-2地帯)

Expedited Shipping from outside US 20ドル

南米・アフリカ(第3地帯)

Expedited Shipping from outside US 50ドル

ヨーロッパとアフリカもに関しては項目が足りないのでEMSだけにしておきます。

同様に、日本郵便のリンクから地域ごとの送料の差額を計算してパターンを増やしていきます。

ちなみにこの設定だと、アメリカを基準とした送料になっているので、アジアに売れると送料分得することになります。

仕入れ値によって送料パターンを変える

「バイヤーに発送方法を選ばせる設定」のほか、「EMSのみ」のパターンも作りましょう。

大きく分けて2パターン用意しているということです。

Economy 送料無料パターン(追加料金で選べる)
Expedited 送料無料パターン

ここで重要なのが、商品が破損したり紛失したりしたときの補償です。

SAL便とeパケットはが補償が6,000円までですが、EMSは最大200万円の補償が付きます。

ですから、たとえば仕入れ価格が15000円くらいまでは「Economy 送料無料パターン」それ以上は「Expedited 送料無料パターン」を使うようにしましょう。

これだと、もし仕入れ値15000円のものをeパケットで送って紛失した場合、9000円の赤字になりますが、それくらいの差額はEconomyでたくさん売ればすぐに取り戻せます。

このあたりの詳細な価格設定は、あなたの利益率や売れる個数、価格帯などから決めるといいです。

まず紛失しないだろう、などと思っていてはいけません。紛失や破損することは少なからずあるので、補償のこともしっかり頭に入れておきましょう。

送料設定は慎重にトラブルのないように

送料設定に関しては、セラーごとに考え方やポリシーが違います。ですから、あなたの販売方法に一番合った送料設定を少しずつ構成していくようにしましょう。

どんなシチュエーションにも対応できるよう、様々な送料設定パターンを組めるようになればあなたも初心者脱出です。

トラブルのないeBay出品をするようにしましょう。

【期間限定公開】物販ビジネスと相性の良い最強のクレジットカードとは?



物販ビジネスではクレジットカードは必須です。あなたも何かしら使用していますよね。

ただ、あなたが使っているそのクレカ…実はものすごく損をしています。

多くの人はクレジットカードなんてどれも同じと思いがちですが、使うクレカが変われば利益率の向上、支払サイクルの長期化、最初から限度額が大きいなど、ビジネスに大きく影響を与えます。

そんな数あるクレジットカードの中でも、物販ビジネスと最も相性の良い最強のカードをあなただけに特別にお教えします。

広告やCMなどは一切やっていない極秘のクレジットカードなので、お見逃しのないようにしてくださいね!

【11月30日までの限定公開】
>>> 最強のクレジットカード情報を無料で入手する


おすすめコンテンツ


資金ゼロでネット物販を成功させる全手法を無料で公開します!


最高級のステータス持つアメックスの極秘情報を無料公開します!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

【無料】アクシグ流 物販ビジネス大全
資金ゼロでネット物販を成功させる全手法
【無料】物販ビジネス大全
ネット物販を成功させる全手法