物販

eBay出品者必見!おすすめの発送方法と注意点を徹底解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

eBay輸出で一番多いトラブルは、配送途中のトラブルです。配送方法は慎重に選ばないと、荷物が紛失したり返品されたりします。

そこで今回は、eBay出品者向けに、おすすめの配送方法と注意点を徹底解説します。

日本から海外発送する方法

まず最初に、日本から海外発送できる配送サービスを紹介します

海外配送業者は4つ

日本から海外発送してくれる配送業者は以下の4社です。

  • 日本郵便
  • ヤマト運輸
  • Fedex
  • DHL

30kg以上の荷物はFedexかDHLで配送する必要がありますが、30kg以下の荷物は日本郵便で送るのが一般的です。

日本郵便の海外配送サービス

日本郵便を利用した海外配送方法は3つあります。

  • 小型包装物
  • 国際小包
  • 国際スピード郵便(EMS)

小型包装物として配送できるのは三辺の合計が90cm以内・重量2kg以内の荷物です。国際小包として配送できるのは三辺合計2~3m以内・重量30kg以内の荷物です。国際スピード郵便(EMS)は配送先地域によって若干異なりますが、最大辺の長さが1.5m以下・三辺合計3m以下・重量30kg以内の荷物を配送可能です。

海外発送で主に使うのは小型包装物と国際スピード郵便(EMS)です。国際小包はEMSより配送スピードが遅いにもかかわらずEMSと料金がほぼ変わらないため、あまり使いません。

小型包装物サービスは以下の6つです。

  • SAL便
  • SAL便書留
  • e-packet
  • e-packetライト
  • 航空便(AIR)
  • 航空便書留

eBay輸出でよく使う発送方法5選

ここからは以下のサービスについて、それぞれの特徴を説明します。

  • SAL便
  • 国際スピード郵便(EMS)
  • 航空便(AIR)
  • e-packet
  • e-packetライト

SAL便

まず1つ目は、SAL便です。2kg以内の荷物であれば最安で発送できます

航空便やEMSより配送料金が安いにもかかわらず、不着トラブルが少ないのが特徴です。ただし、他の配送方法と比べると優先順位が低いため、到着まで少し時間がかかります

荷物の追跡サービスをつける場合は、410円を支払ってSAL便書留として発送しましょう。

国際スピード郵便(EMS)

2つ目は、国際スピード郵便(EMS)です。配送料は高いですが、配送スピードが最も速く、追跡番号も発行されます。

配送可能な荷物の大きさ・重量は配送先によって異なります。詳しくは以下のページをご確認ください。

EMSの荷物の大きさ・重量

また、配送料金も配送先によって異なります。

EMSの配送料金

航空便(AIR)

3つ目は、航空便(AIR)です。送料はSAL便よりは高いですが、EMSよりは安いです。SAL同様、410円プラスすれば書留として発送できます(追跡可能です)。

EMSほどではありませんが、配送スピードも結構速いです。発送してから1~2週間ほどで荷物が到着します。

e-packet

4つ目は、「e-packet」です。SAL便の次に安い配送方法です。配送スピードも航空便とほぼ同じです。

また、書留がデフォルトなので、追加料金無しで荷物の追跡が可能です。さらに、荷物が紛失した場合は、6,000円まで保証してもらえます。

e-packetライト

5つ目は、e-packetライトです。これはSAL便書留の上位互換です。サービスはSAL便書留と同等ですが、配送料金がSAL便書留より安いです。

しかし、e-packetライトで送るには郵便局に直接出向く必要があります。また、e-packetライトが使える配送先はまだ限られています

国際eパケットライト

eBayでの発送方法の選び方

続いて、eBayでの発送方法の選び方を解説します。

eBayの発送方法選択画面には以下の3つの選択肢が表示されます。

  • Economy
  • Standard
  • Expedited

Economy

まず1つ目の「Economy」では、以下の3つの配送方法を利用できます。

  • SAL便
  • SAL便書留
  • e-packetライト

Standard

2つ目の「Standard」では、以下の3つの配送サービスが利用できます。

  • 航空便
  • 航空便書留
  • e-packet

Expedited

3つ目の「Expendted」は、国際スピード郵便(EMS)を指します。

eBayのシッピングツールを使って発送する方法

続いて、eBayのシッピングツールの使い方を説明します。

シッピングツールとは?

eBayにはシッピングツールがあります。これは送り状の作成ツールです。

手書きで送り状を書いたり、国際郵便ページで作成するととにかく時間がかかりますが、シッピングツールを使えば短時間で発送可能です。

シッピングツールの使い方

シッピングツールの使い方を説明します。

まずはシッピングツールのページを開いて、eBayにログインしてください。

シッピングツール

ログイン後の画面左上に「eBayとシンク」という黄緑色のボタンが表示されますので、そのボタンをクリックしてeBayと同期させます。同期が完了すると、以下のように出荷可能商品が一覧表示されます。

一覧の中から送り状を作成したい商品を選択して、商品情報の右側にある下記項目を入力します。

  • アイテム名
  • 重量
  • 金額
  • 原産国

入力が完了したら、発送詳細から発送方法を選択します。発送詳細画面では、「発送方法」の他、「発送品目」「損害賠償額(EMSのみ)」「保険料」が設定可能です。

全ての入力が完了したら「右上の「ラベル発行」をクリックしてください。※ラベルを作成したい商品にチェックを入れると、右上の「ラベル発行」などの項目が選択できるようになります。

ちなみに、重量は郵便局で測ってもらえるため、空欄でも問題ありません。

ラベル発行をクリックすると、ラベルとなるPDFがダウンロードされます。これで送り状ラベルの作成は完了です。

発送が完了したら、発送待ちに表示された該当商品を選択して「発送完了」をクリックしてください。そうすると、自動的に取引相手に追跡番号が送られます

eBay発送の注意点

続いて、発送の際の注意点をいくつか紹介します。

一部の国では荷物の追跡ができない

まず1つ目は、一部の国では荷物の追跡ができないことです。

EMSや書留で発送すれば追跡番号が発行されますが、以下のような国に発送した場合は、日本を出た後の追跡ができません

  • オーストラリア
  • カナダ
  • 南米全土
  • アフリカ全土

荷物が届かないなどのトラブルが発生した場合は、日本の郵便局に調査請求書を提出して調査を依頼しましょう。調査には大体1ヶ月ほどかかります。

一部の国では荷物がよく紛失する

2つ目は、一部の国では荷物がよく紛失することです。紛失しやすい国と地域を以下に示します。

  • イタリア
  • スペイン
  • フランス
  • 中東諸国
  • 南米全土

上記の国・地域に発送する場合は、必ず追跡可能なEMSか書留を利用しましょう

返品されないように注意

3つ目は、保管切れになると荷物が日本に返品されてしまうことです。

日本では不在配達の場合でも再配達してもらえますが、海外では不在配達の場合は郵便局で荷物が保管されるだけで再配達されないことが多いです。そのため、受取人本人が郵便局に荷物を取りに行く必要があります。

もし荷物を追跡して「保管」と書かれていた場合は、不在配達で荷物が郵便局に保管されています。保管期限が過ぎると日本に返品されてしまうため、落札者に取りに行くように連絡しましょう。

梱包方法について

最後に梱包方法について説明します。

おすすめ梱包材

おすすめの梱包資材を紹介します。

(1)新品のダンボール(硬め)
食品や家電が入っていた中古ダンボールの輸入が禁止されている国もあります。注意しましょう。

(2)厚手の封筒

(3)防水性のクリアパック

(4)プチプチなどの緩衝材

(5)透明テープ
ガムテープよりも粘着性が高いためおすすめです。

梱包の注意点

国際配送では、国内配送より荷物が雑に扱われる傾向があります。「割れ物注意」と書いておけば配達員が配慮してくれるというような習慣もないので、より丁寧に梱包する必要があります

国内配送の倍程度の梱包材を巻きましょう。また、少しでもダンボールに隙間がある場合は、プチプチや新聞紙を丸めたものを詰めて隙間をなくしてください。ただし、梱包材を入れ過ぎると重量がかさんで送料が高くなります。注意してください。

国際配送は注意が必要

国際配送は日本の配送と勝手が違います。丁寧に梱包して、必ず追跡番号をつけるようにしましょう。

そもそも荷物を追跡できない国・地域は、発送除外国に設定するのがおすすめです。

無料動画|アクシグ流 物販ビジネス大全
資金ゼロでネット物販を成功させる全手法


物販ビジネスで稼ぎたいけど、どうやって始めたらいいかわからない、売上が思うように伸びないなど悩んでいませんか?

本映像では実績をあげた成功者の経験をもとに、

  • 現在の収入にプラス5万円の副業収入を獲得した「不用品販売」
  • わずか25歳で年商2億円を稼いだ「eBay輸出」
  • 1日2時間弱の作業で月収70万円を突破した「Amazon輸出」
  • 本業の傍らたった半年で月100万円を達成した「中国輸出」
  • 知識ゼロから年収2000万円の仕組みを作り上げた「中古品輸入」
  • 利益率70%以上、OLが副業で月30万円を稼いだ「インスタグラム物販」
  • マレーシアに住みながら1つの商品で月商1000万円を売り上げた「中国輸入」
  • 大学生が資金・リサーチ・在庫なしで月収30万円を稼いだ「韓国輸出」
など、さまざまな物販ビジネスでの稼ぎ方を全3時間30分にわたって徹底的に解説しています。




おすすめコンテンツ


資金ゼロでネット物販を成功させる全手法を無料で公開します!


最高級のステータス持つアメックスの極秘情報を無料公開します!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

【無料】アクシグ流 物販ビジネス大全
資金ゼロでネット物販を成功させる全手法
【無料】物販ビジネス大全
ネット物販を成功させる全手法