物販

uk版eBayはアメリカよりも稼げる?その出品方法を紹介!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

現在ほとんどの商品がアメリカのサイトで取引されているeBay。
しかし、アメリカ以外にもeBayサイトはいくつか存在します。

こちらで商品を売るための機能のことを、複数eBayマーケットプレイスといいます。

この機能を利用することで、さらに商品が売れやすくなるだけでなく、より高い値段で販売することも可能なのです。

では、実際にどのように出品していくのか、その方法や具体例などを見ていきましょう。

アメリカ以外の国々でのeBay事情

eBayといえば、アメリカを拠点にしてB2C(ビジネス─消費者)およびC2C(消費者─消費者)の販売サービスをインターネット上で展開しているサイトです。
このサイトは現在多くの国に対応しており、日本はもちろん、イギリスやドイツなどのヨーロッパ各国にも対応しています。

では、例えばドイツの国内向けに出品する場合にはドイツ用に作られたサイトに登録しなければいけないのでしょうか。
また、国ごとにサイト登録することで生まれるメリットにはなにかあるのか、詳しく見て行きましょう。

国ごとにeBayアカウントを作る必要性とは?

結論から言うと、国ごとにeBayアカウントを作り分ける必要はありません
eBayアカウントは世界共通で利用でき、一つのアカウントでどの国のeBayにもアクセスすることができるからです。

なので、一つのアカウントを作っておけば、全世界に出品することが可能になります。
しかし、出品制限枠やフィードバックなども世界共通なので覚えておきましょう。

ただ、手数料だけは国ごとに違いがあります
たとえばアメリカで出品していても、他の国のストアでは違う手数料がかかるといったものです。

なので、手数料を抑えたければ、国ごとにあるeBayサイトのそれぞれでストアを作ることをお勧めします。

アメリカのeBayで出品したものは他の国でも見れるのか?

eBayのアカウントは先程説明したように世界共通ですが、出品物は出品した国でしか基本的に表示されません。
例外的に、その出品物が他の国でほとんど出品されていなかったり、そもそも存在しない場合は表示されることがあります。

では、実際に検索してみたものを見てみましょう。

例えばこの商品。こちらはイギリスのサーバーで検索をかけていますが、1品しか表示されていません。
しかし、ページ下部にある「eBayの全商品表示」をクリックすると・・・

このように、他の国の出品物まで表示されるようになります。
また、最初から世界中の商品を見られるようにオプションで設定することもできるので、世界中の出品物を見たい方は検索対象に設定しておくとよいでしょう。

では、国ごとに分けて出品する意味は?

アカウントも世界共通で全世界どこのeBayでも全商品を閲覧できるのなら、わざわざアメリカ以外のeBayに出品する意味はあるのでしょうか。
アメリカeBayは他の国のeBayと比べても出品数が非常に多く、その分利用者も多いにもかかわらずです。

しかし、アメリカ以外のeBayで出品するメリットはあります。
それは、eBayの国ごとに表示される言語が違うことです。

アメリカのサーバーを使っていると、本文やタイトルは英語で表示されるでしょう。
これはサイトの表記をそのサーバーの母国語に合わせることが原因で、ドイツサーバーならドイツ語、フランスならフランス語が適用されるようになっています。

いくら良い商品でも、文章が読めずに詳細がわからなければ、あまり買う気にはなれません。
さらに、それが海外からの輸出入だとより顕著になります。

そのため、母国語で説明を見てもらい、安心感を持ってもらうことでより商品の売却率が高まるのです。
国ごとにアカウントを用意するメリットはここにあるのです。

イギリスeBayではアメリカeBayよりも高く売れる理由

eBayはアメリカに拠点があり、そこから世界中に向けてサービスを展開しています。
そのため、アカウントも世界共通で使用することができます。

ここでは、そのメリットを利用してより効率的に収益を上げる方法をご紹介します。

1か月に落札される商品数の違い

では、実際に落札された商品数を見てみましょう。

表を見れば分かるとおり、アメリカの出品数が圧倒的に多く、イギリスと倍以上の差があります。
ただ、アメリカの落札数が異常なだけで、オーストラリアの出品数も十分多いのです。

こちらは落札数を表示しているだけなので、出品数はより多くなっているでしょう。

eBay平均落札価格の差

しかし、平均落札価格はイギリスeBayの方がアメリカeBayよりも高いのです。その差を生み出している原因は何でしょうか。

それは、ずばり価格です。以下の表をご覧ください。

このように、平均落札価格はアメリカよりもイギリスのほうが高いことがわかります。その割合はなんと50%です。アメリカで販売していたものをイギリスで販売するだけで収益が1.5倍になるのです。

各国のeBay落札率の差

イギリスで売ることでアメリカよりも高値で売れることがわかっていただけたかと思います。
しかし、いざ出品しても売れなければ意味がありません。
では、実際にそれぞれの国でどれほどの商品が落札されているか見てみましょう。

もっとも落札率が高いのはドイツという結果になりました。
しかし、イギリスも負けておらず、第二位に食い込んでいます。
このようにアメリカ以外の国でも落札率はそこまで大きな違いはないので、アメリカeBayで商品が売れていない方は他の国で出品することを考えても良いでしょう。

国ごとに需要が異なる

国ごとに需要が異なるので、売れる商品の値段に差があるのは当然です。
より高値で売って収益を上げるために、その国で何が一番売れるのか把握しておきましょう。
では、以下の図をご覧ください。

各国、ジャンルも違えば値段も違いますね。
これらを覚えておいて、ジャンルごとに出品する国を分ければより効率的に収益をあげることができるでしょう。

新品と中古で売却率に差は出るのか

eBayはオークションサイトなので、新品と中古商品が入り乱れています。
その中でより売れているのは、実は中古商品の方なのです。

この表は全世界のデータをまとめたものなのですが、見てわかる通り、中古商品は全世界で半数以上売れています。
しかしこれにはカラクリがあります。それは、出品数の差です。

多くの出品者はAmazonなどから新品をそのまま出品しており、一度に多くの量を出品しています。
しかし、中古商品は自分の使ったものやヴィンテージ品の出品になるので、そもそも出品される商品が少なく、売却率も高めになっているのです。

なので、新品でも中古でも極端な違いはないのです。

わざわざイギリスで販売する4つのメリット

アメリカが拠点のeBayですが、国によって違いがあることはわかっていただけたでしょうか。

では、ここからはイギリスで出品するメリットに関して詳しく見て行きましょう。

根本的なアメリカとイギリスの違い

売却する際の値段や手数料などは、国ごとに様々な違いがありました。
しかし、そもそも国が違えば、根本的に違う部分が出てきます。それが、だれを対象として商品を販売するかです。

アメリカのeBayであるeBay.comでは、アメリカ人に売れやすい商品が販売されています。
ただ、アメリカ人にうける商品がイギリスでも人気があるかと言うとそうではありません。
逆に、アメリカ人に人気のない商品でもイギリスでは売れるということはあります。
アメリカでは売れにくいものでもイギリスでは需要がある商品はたくさんあります
そのような商品をリサーチして、より高い売却率を目指しましょう。

ストア登録をして手数料を安くする

eBayアカウントは世界共通で、どの国のサーバーでも使用することができます。

しかし、手数料が安くなるストア登録は、販売する国のeBayに登録しなければ適応されません。
そのため、アメリカ以外の国に向けて販売する際には、その国のeBayストア登録をしておきましょう。

イギリスのeBayにはアメリカにはないチャンスが

アメリカは非常に出品者も多くすでに開拓された市場ですが、イギリスはそれほどではありません。
イギリスで需要のあるものを探し、ストア登録もして積極的にイギリスでの売買を進めていきましょう。

もちろんイギリス以外にもビジネスチャンスのある国は多くありますので、どのような国で出品するにしても、どうすれば効率的に利益を上げられるかを考えながら行動していくことが重要です。

イギリスでの販売をより効率よくする輸入代行サービス

ここまでイギリスで出品することのメリットを見てきましたが、より利益を出すために導入すべきことがあります。
それが、eBay輸入代行です。
このサービスを利用することで、eBayで購入した商品を一度に配送できるので、手間と送料を節約できるのです。

そんな代行業者ですが、イギリスにはすでにいくつか業者が存在しています。その違いを見て行きましょう。

1.手数料

まず気になるのが、手数料の差ですね。

これは業者によって異なり、一律の業者もいれば、最初は安くても依頼内容で追加料金を取るところもあります。
そのため、どこ業者が一番良いか一概に言うことはできません。

ですので、事前に輸入予定の商品を決めておき、どうすれば一番お金を抑えることができるのか検討することが重要になります。

2.サービス内容

単純に輸入といっても、利用可能なサービスには差があります。

特にeBayやAmazon以外のサイトも利用されている方は、輸入対応可能なショップをしっかり確認しておきましょう。
輸入業者の中には、eBayとAmazon以外のマイナーなサイトには対応しないという所もあります。

なので、eBayやAmazon以外のサイトの利用に興味がある方は、そのショップが対応可能かどうか事前に確認しておくことが大切です。

3.オプションサービス

代行サービス業者には、輸入に関する様々なオプションを設けているところもあります。
例えば商品の取り置きや不良品の返品サービスなどです。
特にeBayの商品は質が悪いことが稀にあるので、返品サービスが付いているところを選ぶのが無難です。

このようなサービスの有無は、eBayでの商売を左右することもあります。
自分に有利なオプションを探して損をしないように輸入しましょう。

複数eBayマーケットプレイスを利用しよう

ここまでで、イギリスへの出品には多くのメリットがあるのがお分かりいただけたでしょう。
しかし、出来ればイギリスだけでなくアメリカや他の国にも出品したいという方もいらっしゃるでしょう。

そんな方にお勧めの機能が、『複数eBayマーケットプレイス』です。
複数eBayマーケットプレイスとは、一つの商品を一度に複数の国に向けて出品できる機能で、普段行っている手順と同じように出品するだけで複数の国の落札者に見てもらえるようになります。

では、実際に複数eBayマーケットプレイスを利用するにはどうすればよいか見て行きましょう。

複数eBayマーケットプレイスに出品するメリット

まずは、複数eBayマーケットプレイスに出品することのメリットを見て行きましょう。

複数eBayマーケットプレイスに出品する最も大きなメリットは、より多くの落札者の目に留まることです。
そのため、購入率も上がり、その分収益も上げやすくなります。

なので、一つの国に対しての出品に慣れて来たら、複数eBayマーケットプレイスを利用してみるとよいでしょう。

複数eBayマーケットプレイスの利用条件

複数eBayマーケットプレイスで出品するには、いくつか条件があります。
普段から気を付けなければならないものもあるので、注意しましょう。

  • 悪い評判のたっていないeBayアカウントであること
  • eBayアカウントと連結したPaypalアカウントを所有していること
  • 支払いオプションとしてPayPalを利用していること
  • バイヤーとして少なくとも10個のフィードバックポイントを獲得していること
  • 複数eBayマーケットプレイス対象ジャンル商品のみを出品すること
  • 複数eBayマーケットプレイスの対象外のカテゴリには、ビデオゲーム、DVD&映画、狩猟用ナイフ、自動車部品、車両などがあります。
  • 英国、ヨーロッパ、または世界各国へ配送可能であること

以上の各項目に該当していることが必要です。

複数eBayマーケットプレイス利用時の注意点

これまで出品していた国以外の国へ出品する場合、事前に自分の評価が標準以上か確認しておきましょう。
もしも、自身の評価が芳しくないようであれば、評価が上がるよう心がけてください。

評価を上げるのは難しいと感じている方は、セラースタンダード要件を再度確認して、そこに書かれていることを実行していきましょう。

CrossBorderTradeフィールドを使ってアメリカ以外にも商品を表示させる

eBayには出品を一括で行うことのできる『File exchange』というツールが存在します。
これを使えばセラー(出品者)はPC上にあるアイテム(商品)データを、様々なファイルから簡単にeBay側にアップロード、商品を出品することができるのです。

しかも、File exchangeには出品した商品をそのサイトの国以外にも表示させる機能があるのです。それが、『CrossBorderTrade』です。

CrossBorderTradeとは?

CrossBorderTradeとは、アメリカeBay出品商品をアメリカ以外にも表示させるための機能のことを指します。
なお、これは現在

アメリカのほかには

  • カナダ
  • アイルランド
  • 英国

の三つしか対応していません。

また、追加でどこの国へ表示できるのかは使っているサイトにもよるので注意しましょう。

組み合わせは以下の通りです。

使っているeBayCrossBorderTradeへ入力したもの 表示可能されるeBayサイト
eBayアメリカUK イギリス
eBayカナダUK イギリス
eBayイギリスNorth America アメリカ、カナダ
eBayアイルランドNorth America アメリカ、カナダ

CrossBorderTradeの具体的な使用方法

では、実際にCrossBorderTradeフィールドを設定してみましょう。

File Exchangeのテンプレートを開き、新しい列を挿入します。
その後一番上の行(ヘッダー)に「CrossBorderTrade」と入力します。
各商品の行(フィールド値)には、現在の使用サイトに応じた値を入力しましょう。
例えば日本人セラーの場合、eBay米国を使用している場合が多いでしょうから、UKと入力します。
これにより英国でも利用可能となるのです。

最後に、

  • IntlShippingService-1:Option
  • IntlShippingService-1:Locations
  • IntlShippingService-1:Cost

の3項目の発送オプションを追加しましょう。

こちらの入力が完了したら、テンプレートを保存してFile Exchangeにアップロードして完了です。

CrossBorderTradeフィールドの設定例

設定が完了したら、具体例と照らし合わせて確認しておきましょう。

以下の表を参照してください。なお、先ほど挙げた項目以外は省いてあります。

CrossBorderTradeIntlShippingService-1:OptionIntlShippingService-1:LocationsIntlShippingService-1:Cost
UKUPSWorldwideSaverUK8.99

まとめ

世界各国のeBayには様々な違いがあります。

しかし、アメリカ以外のeBayで出品をしている方はまだ少なく、まさにブルーオーシャンともいえる状態です。
現在アメリカのみで出品であまり収益を出せていない方は、他の国でストアを登録してみてはいかがでしょうか。

無料動画|アクシグ流 物販ビジネス大全
資金ゼロでネット物販を成功させる全手法


物販ビジネスで稼ぎたいけど、どうやって始めたらいいかわからない、売上が思うように伸びないとなど悩んでいませんか?

本映像では実績をあげた成功者の経験をもとに、

  • 現在の収入にプラス5万円の副業収入を獲得した「不用品販売」
  • わずか25歳で年商2億円を稼いだ「eBay輸出」
  • 1日2時間弱の作業で月収70万円を突破した「Amazon輸出」
  • 本業の傍らたった半年で月100万円を達成した「中国輸出」
  • 知識ゼロから年収2000万円の仕組みを作り上げた「中古品輸入」
  • 利益率70%以上、OLが副業で月30万円を稼いだ「インスタグラム物販」
  • マレーシアに住みながら1つの商品で月商1000万円を売り上げた「中国輸入」
  • 大学生が資金・リサーチ・在庫なしで月収30万円を稼いだ「韓国輸出」
など、さまざまな物販ビジネスでの稼ぎ方を全3時間30分にわたって徹底的に解説しています。




おすすめコンテンツ


資金ゼロでネット物販を成功させる全手法を無料で公開します!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

【無料】アクシグ流 物販ビジネス大全
資金ゼロでネット物販を成功させる全手法
【無料】物販ビジネス大全
ネット物販を成功させる全手法