物販

ECサイトの構築におすすめなECパッケージを比較

自分の思いどおりの通販サイトを作るには、ECパッケージを利用するのがおすすめです。もっとも、ECパッケージといっても様々な種類があるため、どれを利用したら良いのか迷ってしまうかもしれません。

この記事では、ECパッケージについて解説していきます。各ECパッケージが提供しているサービスも併せてご紹介しますので、ECサイト構築初心者さんだけでなく、ベテランの方もぜひご覧ください。

ECサイトの構築に役立つECパッケージとは?

「ECパッケージ」について「聞いたことはあっても具体的なところは分からない」という方もいらっしゃると思います。

そこでまずは、ECパッケージとは何なのか、どのような会社が利用するべきなのかを解説します。

プログラマー不在の会社

個人や企業がECサイトを運営する場合、商品をお気に入りに追加する機能や支払い手続きに関する機能など、組み込むべき機能は数多くあります。しかし、全ての機能を一つ一つプログラミングしているようでは、手間も時間もかかってしまいますよね。

特に自社にプログラマーが在籍していない場合は、外部のプログラマーとの契約を済ませてから開発開始となるため、費用も時間もかかってしまいます。

そんな時に役立つのがECパッケージです。ECパッケージとは、ECサイトの運営に必要な各種機能がパッケージ化されたものです。ユーザー自身が用意したサーバーにECパッケージをインストールするだけで、比較的容易に本格的なECサイトが構築できるようになっています。

自分(自社)が思い描いた通りのECサイトを開設したい

ネットショップを作成できるサービスには色々ありますが、その多くはあらかじめ機能が限定されているため、似たようなECサイトしか作れません。もちろん、見た目のデザインやカラーは自由に変更できますが、実装させる機能を細かくカスタマイズすることは不可能です。

そこで、プログラマーにイチから作ってもらうほどではないけれど、自分(自社)が思い描いた通りのECサイトを開設したいという方にはECパッケージが適しています。

ECサイト担当者の業務負荷を減らしたい

すでに独自のECサイトを運営している方の中には、売り上げをさらに伸ばすためにECサイトの拡張を検討されている方もいらっしゃることでしょう。

もっとも、ECサイトを大きくすればするほど、ECサイト担当者の負担は増していきます。しかし、ECパッケージを導入すれば、販売管理や顧客分析などを自動化することができるため、担当者の業務負担を減らすことができます。

ECサイト導入にECパッケージを利用するメリット

ここからは、ECサイトの開設にECパッケージを利用するメリットを解説します。

カスタマイズが自由にできるので理想のECサイトを構築できる

ECパッケージは、デザインや機能のカスタマイズが自由にできる点が大きなメリットです。ECサイトを運営していると、何度かサイトをリニューアルしなければならない時ってありますよね。

自社にECサイト担当のプログラマーがいれば、そのプログラマーに指示することで希望通りのECサイトを構築できるでしょう。しかし、プログラマーが在籍していない会社も珍しくありません。

その点、ECパッケージがあれば、プログラマーの力を借りることなく、希望するECサイトへと自由にリニューアルが行えるのです。

セキュリティが強固なECサイトを構築できる

自社で独自にECサイトを構築した場合、セキュリティに思わぬ穴が生じがちです。大切な顧客情報が漏洩してしまえば、大問題になること間違いなしです。

その点、ECパッケージの多くはセキュリティにも強い設計がされているため、お客さんにも安心して買い物を楽しんでもらえます。

ECサイトにECパッケージを利用するデメリット

ECパッケージにはデメリットもあります。自社のECサイトへの組み込みを考えている方は、ECパッケージのデメリットも把握した上で導入の是非を検討しましょう。

コストが高い&メンテナンスが必要

ECパッケージ最大のデメリットは、多額の費用がかかってしまうこと。サービスによって金額は異なりますが、他のネットショップ作成サービスと比較すると格段に高くなっています。

まず、ライセンス料金などの初期費用がかかります。その他にも、サイトのカスタマイズや拡張だけでなく、インフラ整備にも費用が掛かってきます。ECパッケージによっては、バージョンアップするたびに追加費用がかかる場合もあります。

また、ネット上のシステムは数ヶ月または1年単位という短い期間で更新されていきます。そのため、ツールやシステムが更新されるたびにメンテナンスが必要となってきます。メンテナンスにはある程度の時間がかかりますし、費用も発生してきます。

ECパッケージを選ぶポイント

ECパッケージは様々な会社が提供しているので、どれを利用すれば良いのか悩んでしまいますよね。

ここからは、そのような方のためにECパッケージを選ぶ際のポイントを解説いたします。

初期導入コストとランニングコストがいくらになるか

ECパッケージを利用するとなると導入にかかるコストに目が行きがちですが、長く利用するなら毎月のコスト、つまりランニングコストにも着目しておかなければなりません。

システムのメンテナンスに別途費用が発生することもあります。ECパッケージを選ぶ際は、どこからどこまでが初期費用でどこからがオプション費用なのかしっかり確認しておきましょう。

エンジニアがサポートしてくれるか

ECパッケージを利用してECサイトを運営していると、エラーが発生することもあります。そんな時でも自社にプログラマーが在籍していれば、すぐに対処できるかもしれません。しかし、自社にプログラマーがいないとなると、ECパッケージを提供しているサービス会社に問い合わせて問題を解決してもらう必要が生じます。

ところが、サービス会社の中にはカスタマーサポートに連絡してもエンジニアとすぐに繋がらないところも多くあります。技術的な知識が不十分なスタッフや営業担当者に対応されたのでは、問題の解決は覚束ないでしょう。

そのため、すぐにエンジニアによるサポートを受けられる会社かどうかのチェックも欠かせません。

組み込みたい機能があるか

自社のECサイトに加えたい機能を提供しているかどうかも、ECパッケージを選ぶ際の判断基準になります。カート機能や支払管理機能はもちろんですが、他にも売上管理や顧客管理などを一元化できるECパッケージを選びましょう。

おすすめのECパッケージを比較

ここからは、人気のECパッケージを提供している6社のサービスをご紹介します。それぞれが特色あるECパッケージを提供しているので、先ほどの選び方を踏まえて、どれが自社に合っているかをご検討ください。

ブログとの連携も可能な「ecbeing」

ecbeingはBtoCパッケージとBtoBパッケージを提供している会社です。ユーザーの目的に合わせたECサイトを構築できるのが特徴で、豊富なパッケージを揃えています。

例えば、BtoCパッケージには、定期購入や2クリック購入機能など、購入希望者が利用しやすい機能が揃っています。また、お得感を提供できるクーポン発行機能もあるため、新規顧客やリピーター獲得のチャンスも逃しません。

ところで、最近ではSNSやブログを経由して商品を購入する人が増えています。こちらのECパッケージにはブログ機能も追加できるので、おすすめの商品を紹介するブログ記事を投稿することで、ECサイトを知らない人にも商品をアピールできます。

もちろん、バックオフィス機能も揃っています。商品別・ジャンル別の売り上げ管理や、購入者からいただいたアンケート結果の管理など、ECサイトを運営していく上で必要となる便利な機能が満載です。

参考:ecbeing

SNSで集客もできる「ebisumart」

ebisumartも、BtoCやBtoBなど様々なECパッケージを提供している会社です。最近では、ふるさと納税用の通販サイトの構築も行っています。そして、いずれのパッケージでもトレンドを意識した最新機能が揃っています。そのため、ユーザーにとって使いやすい通販サイトを開設するのに役立つでしょう。

例えば、楽天市場のように購入者の累計購入金額に応じて会員をランク付けすることができる機能はおすすめです。

TwitterやInstagramなどのSNSとの連携も容易で、もしもバズってアクセスが急上昇した場合でも、クラウドタイプなのでサーバーダウンすることなく対応できます。1分間あたり5万アクセスまで耐えられる設計となっています。

参考:ebisumart

あらゆる機能が充実している「EC-Orange」

EC-OrangeはBtoBサイトからBtoCサイトまで色々なECサイトの構築に役立つECパッケージを提供している会社です。サポートが充実しているのが魅力で、アプリケーションの使用状況やセキュリティ状況の確認など、あらゆる課題に対応してもらえます。

また、機能も充実しており、通常の顧客管理機能の他、不正顧客管理も行えるようになっています。優良顧客に対してはクーポンを発券したり、高いランクを付与したりと、購入者に喜ばれるサービスも導入できます。

参考:EC-Orange

ECサイト運営の省力化も可能な「コマース21」

コマース21は、サイト構築に実績のある会社です。年間売上高100億円以上を達成したECサイトもコマース21のシステムを利用しています。多くの実績があるため、ECサイトを構築する際に起こりがちなトラブルやエラーに対しても事前に対処できるのが強みの一つです。

そのほかにも、業務効率化・データ連携・販売強化・コスト削減に役立つ機能を組み込めます。

例えば、ECサイトでの返品対応は手間がかかってしまいますよね。コマース21では商品管理に「返品対応中」の受注ステータスも追加できるため、返品処理の進捗状況を把握するのも容易です。また、商品名や価格の変更をタイマーで設定できるので、20時からのセール開始のタイミングで商品名と価格を一括して変更したりできます。

ECサイト担当者の業務を効率化し、業務負担を減らすのに最適なECパッケージと言えるでしょう。

参考:コマース21

外国通貨にも対応できる「SI Web Shopping」

SI Web Shoppingも実績のあるECパッケージ提供会社です。例えば、「au」や「とらのあな」など数多くの大手企業が自社のECサイトを構築する際にSI Web ShoppingのECパッケージを利用しています。

SI Web ShoppingのECパッケージは、様々なECサイトに対応しているのが特徴です。一般顧客を対象にしたネットショップや楽天市場のようなショッピングモール型のサイトも構築できます。また、BtoBサイトはグローバルな取引もスムーズに行えるよう、日本語以外の言語にも対応可能です。

英語・中国語にも対応できますし、もちろん日本円以外の通貨での支払いに対応したECサイトの立ち上げも可能です。

これから日本国内だけでなく、海外への進出も視野に入れている企業におすすめのECパッケージです。

参考:SI Web Shopping

ERPパッケージなら「Works Applications」

Works ApplicationsはERPパッケージソフトを提供しています。ERPパッケージとは、会計管理・在庫管理など企業活動に不可欠な業務を効率化できるシステムです。販売調達プロジェクト管理や資金管理など、自社のECサイトに必要な機能をカスタマイズして組み込めるのがポイント。

グローバルに活躍している大手企業がよく利用しているERPパッケージですが、費用はやや高めです。そのため、すでに安定した売り上げのある企業や、規模の大きい会社に適しています。

参考:Works Applications

ECサイトの構築にはECパッケージが最適

ECパッケージには、初期費用や月々のコストが高くついてしまったり、導入してから年数が経過するとシステム自体が古くなってしまったりといったデメリットがあります。しかし、それ以上にECサイトを運営していく上でのメリットが多いのも特徴です。

ECパッケージ最大のメリットは、デザインや機能の拡張・カスタマイズが自由にできる点です。はじめにECパッケージでECサイトを構築しておいて、日々のメンテナンスは自社のエンジニアに任せるというのも良いでしょう。

また、ECサイト担当者の業務負荷を軽減させられるので、マンパワーを有効に活用できるようにもなります。

もしも、どのようなECパッケージを選ぶべきか迷ったときは、今回ご紹介した選定ポイントやECパッケージ提供会社を参考にしてみてください。

無料講座|アクシグ式 最新情報
資金ゼロでネット物販を成功させる全手法


物販ビジネスで稼ぎたいけど、どうやって始めたらいいかわからない、売上が思うように伸びないなど悩んでいませんか?

本講座では世界最新の成功事例を実績をあげた成功者の経験をもとに、

  • 無在庫ネットショップ たった3ヶ月、1商品で 7214万9493円稼いだ方法
  • Amazonとネットショップで毎日39万円稼ぐ方法
  • 毎週19万3588円をInstagramから無料で集客して販売する方法
  • 無料でInstagramのインフルエンサーに商品を宣伝してもらう方法
  • 無在庫ストアで月商1億を超えた方法
  • 店舗せどりで1日1万円稼ぐ方法
  • アマゾンの在庫1パレットを僅か1000円で入手する方法
  • 無在庫ネットショップで儲かる商品を見つける海外の最新リサーチ法
などアクシグ代表の吉田が、日本ではまだ知られていない秘密の情報をお届けします。

あなたのビジネスを成功させるために、今すぐ限定情報を入手してください。