物販

eコマースプラットフォームの選び方!オンラインストアを開設するならこの方法!

アクシグ編集部
アクシグ編集部
アクシグ編集部です。期間限定で利益率9割、累計6億円を超える売上を得た具体的な方法をご紹介しています。(証拠アリ)

クリックして”利益率9割のビジネス”を見る

オンラインストアを始めたいけれど、eコマースプラットフォーム選びに悩んでいる…。そんなあなたに役立つ知識と情報を、この記事では紹介していきます。

eコマースとは何か?

eコマース(Electronic Commerce)とは、電子的なネットワークを介した商取引のことです。

Amazonが行っているビジネスと言えば、イメージしやすいでしょうか。

1. eコマースの歴史

まずはeコマースの歴史を紐解いてみましょう。Eコマースの原型が発明されたのは1979年のことです。

英国の起業家であるマイケル・オルドリッチが、テレビとコンピュータを電話線でつないだことが始まりでした。

この試みが、「オンラインショッピング」のアイデアに繋がりました。

ちょうど同じ頃、ビル・ゲイツとスティーブ・ジョブズは、コンピュータを個人所有する時代を創り出そうとしていました。

ビル・ゲイツの「一家に一台のコンピュータを」というビジョンは多くの人にとっては夢物語でしたが、やがて「一家に一台」が現実となり、それが現在のeコマースの活況に繋がりました。

パソコンは、90年代半ばから2000年代の前半にかけて一気に普及しましたが、この時期にeコマースも歩調を合わせるように発展してきました。

ただし、90年代後半まではオンライン決済の仕組みが出来上がっていなかったため、小切手での取引が中心でした。

しかし、1998年の終わり頃にオンライン決済サービスを提供するPayPalが登場し、クレジットカードを使ったオンライン決済が可能になったことで、利用者が爆発的に増えていきました。

1994年にはジェフ・ベゾスがAmazonを立ち上げ、100万種類を超える書籍のオンラインショッピングを開始。

その後のAmazonは、みなさんご存じのとおり、あらゆるものを購入できるeコマースサイトへと変貌を遂げました。

2. eコマースに関する統計

世界のeコマース市場の売上高は2023年までに700兆円以上に達すると予測されています。既に巨大なeコマース市場ですが、さらに成長すると予想されているのです。

米国の2020年のEC化率は、新型コロナウイルス感染症の影響によって前年より6ポイント以上上昇し、20%を超えました。

EC化率20%とは、例えば買物の支出総額が100ドルだった場合、そのうち20ドルはオンラインショッピングに費やされたことを意味します。

オンラインショッピングの利用者は女性の方が男性よりも多く、その割合は6対4となっています。例えば、店の売上高が1,000ドルの場合、女性が600ドル、男性が400ドルという内訳になります。

また、世代別で比較すると、18〜34歳の若年層は年間2,000ドルをオンラインショッピングに費やしていて、ほかの世代に比べてオンライン消費が一番多い世代となっています。

3. 商品取引のビジネスモデル

eコマースに限らず、商品取引には以下の4つのビジネスモデルがあります。

(1)BtoB
「business to business」のことで、企業間の取引を指します。例えば、中国のAlibabaは、BtoBのビジネスモデルを展開しています。

(2)BtoC
「business to consumer」のことで、企業と一般消費者の取引です。その多くは企業が商品・サービスを一般消費者に売ることを指します。Amazon、楽天、AppleなどがBtoCにあてはまります。

(3)CtoC
「consumer to consumer」、つまり消費者同士の取引を指します。一般消費者がメルカリ、ヤフオク!、eBayといった企業が提供するプラットフォームを利用して、物を売買します。

(4)CtoB
「consumer to business」のことで、一般消費者が企業などに商品・サービスの販売を行います。一例を挙げると、フリーランスのジャーナリストが写真や記事を企業に販売すればCtoBになります。

4. eコマースサイトの一般的なタイプ

eコマースサイトの一般的なタイプを、4つご紹介します。

(1)有形商品の販売サイト
これは、実店舗を持っている小売業者が拡販を目的に立ち上げるサイトです。実店舗を増やすには多額の設備投資がかかりますが、オンラインショップであればそこまで費用はかからないので、費用を抑えて売上を伸ばしたいという場合によく利用されます。

(2)ドロップシッピングサイト
有形商品の販売サイトと見た目は同じですが、在庫を保持していない点が異なります。販売する商品のサプライヤーと提携し、オンラインショップで販売し、購入が発生した時点でサプライヤーが商品を発送する仕組みです。

(3)デジタル商品の販売サイト
ソフトウェアやビデオゲームのようなデジタル商品は、消費者がダウンロードすれば取引が完結するので、実店舗を持たなくても運営できます。家賃や人件費など固定費が不要になる分、高い利益率が期待できます。

(4)サービスベースのサイト
フリーランサーやオンラインサービスプロバイダが、見込み客との接点を構築するためにWEBサイトを活用するもので、近年の大きなトレンドの一つとなっています。

5. eコマースプラットフォームとは?

eコマースプラットフォームとは、インターネットを介した商業的な売買を可能にするソフトウェアのことです。

売り手は、すでに用意されているオンラインストア開設用のテンプレートや、決済・配送に関するサービスを利用して、世界中の買い手に製品やサービスを販売することができます。

例えば、Shopify、BigCommerce、Magentoなどが、代表的なeコマースプラットフォームです。

ちなみに現在、期間限定で初期費用をかけずに、リスクなしで複数の収入源を得る方法を特別講義でお話しています。

アクシグ編集部
アクシグ編集部
あなたがもし"複業収入"を得たいのなら、下記より無料で受講してみてください。編集部が自信を持ってオススメします。

世の中の99%の人が知らない"収入を倍増させる方法"を無料公開中。


クリックして「6億円稼いだ男の特別講義」を受けてみる。

代表的なECモール

ECモールは、マーケットプレイス型テナント型に分けられます。

マーケットプレイス型のECモールでは、企業や個人商店が商品そのものではなくデータを出品します。商品データの管理はECモール側が行うため、出品者側の労力が小さいことがメリットです。

ただし、商品の見せ方などはECモールのルールに従う必要があるため、他のショップとの差別化は図りにくくなります。

テナント型のECモールは、オンライン上の商店街と言える存在で、複数の企業・個人商店が出店しています。知名度のあるECモールの集客力を借りて、店舗ごとの特徴をアピールできるのがメリットです。

しかし、マーケティングの幅が広い一方で、運用上の負担がマーケットプレイス型より大きくなるのがデメリットです。

1. Amazon

マーケットプレイス型の代表格が、Amazonです。

利用者数が多く、検索履歴や購買履歴などを基におすすめ商品を表示するレコメンド機能にも力を入れているため、出品した商品がユーザーに認知される可能性が高いと言えます。出品プランは、大口出品サービスと小口出品サービスの2種類から選択します。

追加料金がかかりますが、FBA(Fulfillment By Amazon)という有料サービスを利用することもできます。FBAは、Amazonの物流拠点(フルフィルメントセンター)に商品を預けておけば、注文処理から返品に関するカスタマーサービスまでをAmazonが代行してくれるというサービスです。

2. 楽天市場

日本国内のテナント型ECモールの代名詞とも言えるのが、楽天市場です。商品の見せ方を工夫したり、メールマガジンを配信したりできるので、マーケットプレイス型に比べて常連客を作りやすいのが特徴です。

出店プランは3種類あります。どのプランでも月額の出店料に加え、システム利用料、楽天ペイ利用料などがかかります。

さらに、メルマガを配信する際にも費用がかかるため、楽天市場を利用するのであればしっかりとした予算計画が欠かせません。

3. Yahoo!ショッピング

Yahoo!ショッピングもテナント型ECモールです。売上の規模がAmazonや楽天に次ぐポジションにあるだけあって、知名度・集客力は抜群です。

さらに、2021年3月にLINEと経営統合したこともあって、今後の展開が楽しみなECモールです。

出店に要する費用ですが、初期費用だけでなく毎月の固定費や売上ロイヤルティも無料です(2021年3月現在)。ただし、決済サービスにかかる手数料などは出店者に請求されます。

ASP-EC導入のチェックポイント

ASP-ECは、手軽にECサイトが構築できるとあって企業でもよく使われているサービスです。ここでは、ASP-ECを導入する際のチェックポイントを解説します。

手軽にECサイトが作れる!

企業がASP-ECを選択する理由は、低価格かつ短期間でECサイトを構築できるところにあります。ECサイトを構築するために必要な諸々のシステムが予め用意されているので、自社で新たに開発する手間がかかりません。

商品を登録し、デザインテンプレートを選ぶだけという手軽さです。そのため、一刻も早くECサイトを構築しなければならいという場合にASP-ECは適しています。

デザインの自由度でASP-ECを選ぶ!

ただし、ASP-ECを利用した場合、デザインの自由度は制限されます。「商品一覧画面を3列に並べることができない」、「TOPページにカレンダーを2つ設置することができない」といったことも珍しくありません。

実際にコーディングし初めてから気づいたのでは遅い場合もあるので、できる限り事前に情報を収集するようにしましょう。中にはデザインの制約が少ないASPも存在します。

もし、デザインに徹底的にこだわりたいのであれば、アパレル系の業種を多く手掛けているASP-ECかどうかを事前に確認すると良いでしょう。

アパレル系はブランドイメージを表現するためのデザインを重視します。そのため、アパレル系の事例が豊富ということは、デザインの自由度が高いと予想できるのです。

デザインをどの程度自由に設計できるかは、実際にあなたがASP-ECを選ぶ際の大きなポイントになるでしょう。

年商1億円を目指すか?

ASP-ECは、コストパフォーマンスの良いECシステムです。しかし、注文数が増えて年商1億円を超えるレベルになると、話は変わってきます。

ASP-ECはカスタマイズができないことから、売上が増えると作業負荷が増えてきます。また、ECシステムをリニューアルするとなると、データの引継ぎに手間がかかる上に、サーバーの準備にも費用がかかってきます。

そこで、仮に年商1億円を目指すのであれば、ASP-ECの導入は慎重に検討してからにするのがおすすめです。

3大eコマースプラットフォームを徹底比較

市場には多様なeコマースプラットフォームがあります。どれを選択するかは、取扱う商品や顧客となるターゲットによります。

ここでは主要な3つのeコマースプラットフォームの特徴を徹底比較します。あなたのビジネスに最適なプラットフォームを探す際の参考になさってください。

WooCommerce

WooCommerceは、ポピュラーなeコマースプラットフォームの1つです。実質無料でオンラインストアに必要な機能が全て利用できます

ただし、サイト構築とアップデートに少々手間がかかるのがネックです。

WooCommerceは、WordPressのプラグインです。これが他のeコマースプラットフォームと異なる点ですが、WordPressの全ての機能を利用できるのはプラグインならではのメリットです。さらに、WooCommerce専用の拡張機能やプラグインも多数用意されています。

ただ、WordPressの弱点がそのままWooCommerceにも当てはまります。サイトと顧客のセキュリティ対策のために、適切なホスティングプロバイダーを見つける必要がありますし、トラフィック量の考慮も必須です。

また、デザインを自分で整える必要があるのも負担です。理想の見た目や機能を持つサイトを完成させるためには、最適なプラグインを探したり、サイトの設定を調整したりと、細々とした作業がたくさんあります。これまでWordPressを使用したことがないという方は、時間がかかるかもしれません。

そうだとしても、WordPressテーマを使い、ステップバイステップWooCommerceセットアップガイドを参照しながら作業していけば、標準的なサイト程度であればそこまで苦労することなく構築できるでしょう。

主な機能・WordPress全機能
・WooCommerce専用のプラグインと拡張機能
・ブログとの連携
・商品や画像の制限なし
料金・無料(ホスティング費用は含まれない)
・プラグイン、拡張機能に200ドル程度(かからない場合もある)
強み・必要機能を選択できる
・データ所有は他サイトに依存しない
・WordPressのヘルプやサポートが受けられる
弱み・ホスティング(レンタルサーバー)は含まれない
・WordPressを使いこなす必要がある

【こんな人におすすめ】
コーディング不要でサイトをデザインしたい方におすすめです。

ある程度時間はかかりますが、初心者・上級者問わず使いこなせるようになります。慣れてくれば、自由自在にカスタマイズできるようにもなるでしょう。

【WooCommerceを使用したオンラインストアの例】

Weber(グリルメーカーの南アフリカ店)

Best Bud(CBDオイルの企業)

Porter & York(プレミアムミートのデリバリー)

BigCommerce

BigCommerceは、プロフェッショナル仕様のeコマースプラットフォームです。

数多くの機能を利用できるのはもちろんのこと、他のeコマースプラットフォームにはない高度な機能も用意されています。大企業をはじめ、幅広い商品を扱うユーザーに最適です。

機能が充実しているだけに、それ相応の料金体系でもあります。

開設したばかりの小さな店にとっては必要のない機能もあり、割高に感じるでしょう。そのため、どちらかと言うと、BigCommerceは既に確立された店舗で「もう少しサイトを強化したい」という場合に適しています。

また、便利な機能が充実しているのは魅力ですが、使いこなすまでには時間がかかります。

今回ご紹介する他のeコマースプラットフォームに比べてユーザーフレンドリーではありませんが、新規ユーザーをサポートするオンボーディングプロセスが充実しているのは魅力です。

主な機能・セキュリティ強化
・SEO強化
・コンバージョン率向上ツール
・インポートとエクスポートのオプション
料金・スタンダード:月額95ドル
・プラス:月額95ドル
・プロ:月額95ドル
・エンタープライズ:個別見積り
強み・多様なカスタマイズオプション
・幅広い商品販売
弱み・使い方が難しい
・割高感がある

【こんな人におすすめ】
BigCommerceは重量級とも言えるeコマースプラットフォームです。実績があるストアや多くの商品を取り扱うストアなどが、サイトの強化策として使用すると良いでしょう。

【BigCommerceを使用したオンラインストアの例】

Skullcandy(高級ヘッドフォン)

Bliss(スキンケアの企業)

Carolina Panthers(カロライナ・パンサーズというNFLチームの公式ストア)

Shopify

Shopify Inc.(ショッピファイ)は、2004年にトバイアス・トビ・ルーク他によって設立されたECプラットフォーム企業です。

世界で170万以上の店舗が、「Shopify」を利用しています。売上高は29億ドルを超えています。

Shopifyは、シンプルながらも利便性に優れているところが特徴です。

WooCommerceサイトだとセットアップに数日かかる場合がありますが、Shopifyサイトのセットアップは数分で完了します。テンプレートをベースにしているので、テーマを選択して必要な情報を入力するだけです。その代わりに、WooCommerceほどカスタマイズのオプションがありません。

Shopifyにはビルトインの口コミシステムなど、オンラインショップに必要不可欠な機能が包括的に備わっています。

主な機能・使い勝手が良いインターフェース
・テンプレートベースのスタイル
・アプリストアからの機能追加
料金・Shopifyライト:月額9ドル
・ベーシックShopify:月額29ドル
・Shopify:月額79ドル
・アドバンスドShopify:月額299ドル
・Shopifyプラス:月額2,000〜40,000ドル
強み・使いやすい
・サイト設計のスキルが不要
・ソーシャルメディアとの統合が容易
・ストアの規模を問わず利用できる
弱み・カスタマイズが限られる
・Shopifyで構築した他サイトと差別化しにくい
・決済サービスの利用料がかかる

【こんな人におすすめ】
Shopifyは、デザインに関する制限はありますが、販売促進やソーシャルメディアマーケティングに強みを発揮します。

管理する手間もそれほどかからないので、eコマースストアを趣味や副業として始めたい人に最適です。

【Shopifyを使用したオンラインストアの例】

haus(ロンドンの家具を扱うストア)

The Candi Factory(トロントに拠点を置くファッションストア)

Biko(「モダンノスタルジック」ジュエリーストア)

eコマースプラットフォームに求められる6大機能

eコマースの競争優位は、カスタマーエクスペリエンスの良し悪しにかかっています。これを踏まえて、eコマースプラットフォームに求められる6つの主要機能を解説していきます。

1. 在庫管理

優れたeコマースプラットフォームは、オンラインとオフラインにまたがる在庫管理が可能です。

管理の対象は、アイテムの数量や入手状況に止まらず、店舗間での在庫転送、配送のトラッキングまで多岐に渡ります。在庫数が少なくなったり、期限切れの在庫がある場合はアラートの通知機能が役立ちます。

2. 商品カタログ管理

煩雑になりがちなアイテム整理が、複数のカタログ、カテゴリ、そして在庫一式に簡単に追加することができ、Webサイト上に様々な言語や通貨で表示できるカタログを作成することが可能です。

また、複数の色や柄がある製品のバリエーションも正確に認識します。最終的には、カテゴリの階層や製品の関連性を簡単に分類および構築できるようになります。例えば、スニーカーなどは大人用と子供用にカテゴライズすることができます。

3. 注文管理

ECサイトの円滑な運営には、顧客が購入したものをトラッキングできることが重要です。購入データとコンテンツ管理を統合するeコマースプラットフォームを使用することで、購入したばかりの製品に関するプロモーションを送信してしまうといった望ましくない状況を回避できます

4. 顧客管理

検索履歴をトラッキングすることによって、購入に至らない匿名の訪問者であっても、顧客セグメントのメンバーに追加することができます。関心や購入パターンを分析することによって、パーソナライゼーションが可能です。

5. 価格エンジン

特定の顧客グループに特別価格を提示するエンジンを搭載したeコマースプラットフォームは、パーソナライゼーションに効果的です。

特別価格は購入・検索履歴から趣味嗜好を推測するだけでなく、予想される近い将来のイベント、そして在庫状況などのデータを基に生成されます。

例えば、顧客がオーブンレンジを購入した場合、調理例などの動画リンクを送り、その料理に使用する材料などの特別価格のオファーを一緒に送ることもできます。

6. コンテクストに沿ったプロモーションエンジン

コンテクストとは文脈や状況を意味し、特定の物事ではなく背景などを指します。これらに沿ったプロモーションを展開することもパーソナライゼーションの優れた方法です。

具体的には、注文日時、場所、使用したデバイス、及び検索履歴などに基づいてルールを設定します

例えば、ある製品をショッピングカートに入れてから削除した履歴がある場合には24時間以内に配送料金を割引するオファーを提供したり、最後の注文から長いことWebサイトにアクセスしていない顧客には割引価格を提供したりすることができます。

こうしたプロモーションは単なる販促活動ではなく、顧客や見込み客と強固な関係性を築くものであり、ブランドロイヤリティを育むカギになります。

まずはeコマースプラットフォームを試してみよう!

いかがでしたでしょうか?この記事では、ECモールの基礎知識、ASP-EC導入のチェックポイント、eコマースプラットフォームに求められる機能に重点をおいて解説してきました。

あなたが理想とするオンラインストアを開設するためには、ビジネスプランに適したeコマースプラットフォームを選択することが重要です。

中々答えが見つからない方も、まずはトライアル感覚で始めてみてはいかがでしょうか。

仮に上手くいかなくても低予算であれば痛手は小さいですし、直感が働いて最適なeコマースプラットフォームを選んでいたという結果が待っていることも珍しくありませんからね。

ところで、ビジネスで成功するためには独学よりも体系化された教材やサービスを活用して学ぶ方が結果が早く出ます。

インターネットを活用してビジネスを始めること自体は簡単です。そのためインターネット上にはあらゆるレベルの教材やサービスが存在しています。最新の情報にアップデートされているものから、途中で放置されているものまで本当にいろいろです。

そして、どんな教材やサービスを選ぶかによって、成功の度合いも大きく異なってきます。

評判も良いものから悪いものまでさまざまです。このように評価が安定しないのは、各々の教材のサービスの質が一定していないことが原因です。

ここではアクシグ編集部が予め登録した上で責任者に直接取材をし、有用性を確認した教材やサービスのみを厳選してご紹介します。無料ですのでお気軽にご登録またはご相談ください。

【期間限定公開】複業の教科書

複数の収入源を持ち、人に感謝されながら利益を倍増させる唯一の方法

  • 個人でも売上6億円、利益率90%以上の驚異的ビジネスの成功事例
  • 物販の利益を○○○○に活用してレバレッジを掛ける秘密の方法
  • 毎月100万円以上、安定した複数の収入源を持つ具体的な手順
  • 資金ゼロでも始められる、驚きの新手法法
  • 物販を低リスクかつ高収益体質に変えるアドバイスは

など、アクシグ編集部が総力をあげて作り上げたコンテンツをお届けいたします。。

あなたのビジネスを成功させるために、今すぐ限定情報を入手してください。

【無料レポート】中国輸入ビジネス成功の秘訣

安定して稼げる物販、副業として話題の中国輸入ビジネス。 「中国の卸サイト」で仕入れて、「アマゾン」「メルカリ」「ヤフオク」で売る、誰でもできる分かりやすい物販ビジネスです。

数万円の仕入れからスタートできる! 完全在宅でもOKだから、自分のペースでできる! 中国語不要、安く仕入れて検品・納品までしてくれる仕組みも紹介!

  • 数万円の仕入れからスタートできる!
  • 完全在宅でもOKだから、自分のペースでできる!
  • 中国語不要、安く仕入れて検品・納品までしてくれる仕組みも紹介!

行動力とやる気があればOK! サラリーマン、派遣社員、公務員、シングルマザー、自営業、フリーターなどあらゆる環境の方がどんどん成功しています。

この無料メール講座執筆者も、元は時給800円フリーターでしたが、 1年後には年収1,000万円、2年後には年収2,040万円を実現しました。

あなたも、中国輸入ビジネスで年収1,000万円を達成してみませんか?

【漫画で分かる】無在庫輸入物販ビジネス

アメリカやヨーロッパの商品を日本の「Amazon」などで 受注をしてから仕入れる無在庫方式の販売方法を解説しています。

  • まとまった資金がなくてもスタート可能!
  • 取り寄せ式なので大量の在庫を抱えなくて良い!
  • ネットで完結なので自宅でできる!

1つの商品の販売で1万円以上の利益を得ることもでき、 効率良く手元の資金が増やすことができます。

あなたもぜひ無在庫欧米輸入ビジネスで、 堅実な収入の柱を一緒に作りませんか?

【無料相談】Biz English

ビジネス英語は3ヶ月でマスターできます!

インターネットの買い物に慣れてくると、アメリカのアマゾンやeBayで購入したり出品したりしたくなるでしょう。英語ができなくてもGoogle翻訳やDeepLなどのツールを使えば始めるのは簡単です。

ところがクレームや返金などが発生すると機械翻訳では上手く交渉できません。金額が大きくなりビジネスレベルになるとなおさらリスクが高くなります。

ビズイングリッシュはビジネス英語専門の英会話スクールです。受講生は全くのゼロから英語でアカウントを復活させたり、海外の展示会で交渉に成功したりと幅広く活躍をしています!

今すぐビジネスレベルの英語力を身につけましょう!

【無料レポート】けいすけ式、eBay輸出大百科

4130分以上の有料級動画コンテンツを無料プレゼントします!

この大百科を見てeBay輸出を実践していただければ、全くの初心者でも完全在宅で月収30万円を達成できる内容になっています。

その方法に興味がございましたら、ぜひ無料で394本のこの動画を受け取ってください。