物販

自社のECサイトを立ち上げる方法とは?

ネット上で商品を販売する方法としては、まず楽天市場Yahoo!ショッピングのような既存のECサイトに出店する方法があります。

しかしこの方法によった場合、プラットフォーマー(ECサイトの運営者)に支払う手数料等もかかりますし、ショップのデザインなども自社で好きなように作ることはできません。自社で既に運用しているシステムとの連携が上手くできるかといった問題もあります。

こういった悩みを解決する手段としては、自社で独自のECサイトを作る、いわゆる自社サイトを作るという方法があります。

ただ自社サイトを作る方法にも、多額の費用をかけて一からシステムを構築するものから、ASPカートのように個人でもネットショップが作れるような手軽なものまで、様々なものがあります。

この記事では各種のECサイトの作り方について概説していきますので、これから自社サイトを立ち上げたいと思っている方はぜひ参考にしてください。

Contents

小規模事業者でも簡単にネットショップが作れる「ASPカート」

まず、もっとも手軽に自社でネットショップが作れる方法としては、ASPカートを利用するという方法があります。個人でも利用可能なとても簡単なものですから、すぐにでもネットショップが開けます。

ASPカートのサービスを提供しているサイトに登録

ASPというのは、アプリケーション・サービス・プロバイダーの略です。その名前の通りプロバイダーが提供しているサービスで、誰にでも簡単にネットショップが開けるように工夫されています。「ASPカート」と呼ばれることが多いのは、ネットショップに不可欠な代金決済システム(カート)が組み込まれているからです。

ASPカートには有料のものと無料のものがあります。無料サービスの場合は、初期費用や月額料金はかかりません。ただし全くコストがかからないわけではなく、売上金から決済手数料が差し引かれます。

ASPカートを利用する際には、まず会員登録を行います。メールアドレスとパスワードがあれば基本的に登録可能です。

自社サイトを独自ドメインで運用したい場合は、自社のドメインも用意します。

ショップのデザインを考える

ASPカートを利用した場合、事前に用意されたテンプレートを選択することで簡単にショップのデザインができます

テンプレートを選択して、カラーをショップのイメージに合わせて変えたり、写真を掲載したりするだけなので、プログラミングの知識などは不要です。

逆に言えば、サービス提供会社が事前に用意した範囲でカスタマイズできるだけですから、デザインの自由度は低くなります。

商品を登録して、販売開始

商品の登録も簡単です。入力システムが用意されているので、商品名や価格、紹介文などを記入して商品画像をアップすれば商品の登録が完了します

この作業を販売する商品ごとに行ってしまえば、ネットショップを始められます。

代金決済システムなども事前に用意されているので、ショップ開設までに難しい作業は何もありません。早い人であれば、数十分もあればショップを開くところまでこぎつけることができます。

手軽にネットショップを始めたい、小規模な事業者や個人向けのサービスです。

【特集#02】起業家インタビュー

フリマ出品代行サービスを立ち上げた大迫CEO率いる株式会社モノテクノロジーズ。しかしコロナで倉庫が止まり、アルバイトの自宅で商品を保管するハメに。

窮地に立たされた大迫CEOは『倉庫のクラウド化』に着手。新サービス、マカセルへとアップデートを遂げたのでした。

マカセルならフリマで高く売れるといいます。その理由とは・・?

アクシグ編集部の独占取材記事全文を是非ご覧ください。

自社向けのカスタマイズが可能な「オープンソース」による開発

手軽さという利点があるASPカートですが、自社の既存のシステムと連携させるといったカスタマイズは、ほぼ不可能です。その意味では不自由なサービスです。

これとは逆に自由に自社サイトを構築することができるものに「オープンソース」と呼ばれるものがあります。

自由に自社サイトを作る方法としては、完全に一からサイトを構築する「フルスクラッチ」と呼ばれるものもありますが、これには多額の費用がかかります。そこで、ソースコード(プログラム)が一般に公開されていて、それを自由に修正することが許されている「オープンソース」を利用してECサイトを構築することが広く行われているのです。

なお、このオープンソースと基礎として、ECサイトのシステムをカスタマイズしたものを製品として販売することも行われています。

「オープンソース」を利用することのメリット

オープンソースは無料で公開されています。基本的なECシステムが無料で手に入るのですから、大きなメリットです。

また、ソースコードが公開されていて、自由に修正できます。したがってサイトのデザインも自由になりますし、既存のシステムとの連携も可能です。ただし、これらを行うためには自社の従業員として専門的な知識を有する技術者を雇うか、外部に発注することが必要になります。

オープンソースにも色々ありますが、メジャーなものであればネット上で多くの情報が公開されていますし、機能を追加したりするプラグインも多数公開されています。これらが利用できるのも、メリットといえるでしょう。

ちなみに、メジャーなオープンソースECシステムにMagentoがあります。以下にURLを載せておきますので興味がある方は見てみてください。

参考:Magento

「オープンソース」を提供する会社は、どうやって儲けているのか?

この記事の本筋とは関係のない話ですが、「オープンソースを提供している会社は、無料でプログラムを提供してどうやって儲けているのか?」と、気になる方もいらっしゃるでしょう。

大きく2つの収益があって、一つはオープンソースで提供している決済サービスを利用した際の決済手数料の一部を収益にしています

そして、もう1つはプラグインの掲載費です。広く使われているオープンソースは、プラグインも沢山開発されていますが、これらのプラグインの多くはオープンソースを提供している企業のサイトに掲載されます。その際に掲載費を徴収して、それを収益としているのです。

「オープンソース」を利用することのデメリット

「オープンソース」にはデメリットもあります。一つは、システムが年月を経るにつれて古くなっていくことです。オープンソースを提供する側でもモジュールの提供はしてくれていますが、自社でカスタマイズして利用しているケースが多いオープンソースでは、モジュールの適用ができない場合も多いからです。

また、詳細は後で書きますが、オープンソースでは、システム障害などが発生した場合は自社の責任となります

さらに言えば、オープンソースは無料で提供を受けることができるのがメリットですが、実際に運用する場合にはサーバーの使用料や保守のための費用などがかかります。フルスクラッチの場合よりも開発コストが安いとされていますが、オープンソースでも同等のコストがかかることもあります。これらのコスト面の負担が大きいのもデメリットといえます。

オープンソースを利用しても、必ずしもコストは安くならない

オープンソースに対して、ベンダーが開発したECシステムを購入して使用する「ECパッケージ」と呼ばれる自社サイトの作成方法もあります。なおベンダーというのは、この場合ソフトウェアを開発して販売する企業のことで、ソフトウェアベンダーともいいます。

このECパッケージとオープンソースを比較すると、開発費がそれほど変わらない場合もあります。オープンソースを利用するメリットを感じにくいことも多いのです。

また先ほども書いたように、サーバー費用や保守費用に関してはオープンソースの場合でもECパッケージと同等のコストがかかります。

実質的な差異は小さいと言えるので、オープンソースの利用を検討する際には、ECパッケージも選択肢に入れておくべきでしょう。

オープンソースは、障害発生時の責任を負わなければならない

オープンソースの場合、システムに問題が生じた場合の責任は自社で負うことになります。なぜならオープンソースというのは、提供会社が公開しているシステムをダウンロードして使用しているだけですから、発生した障害に関する提供会社との保証契約のようなものはないからです。

したがってオープンソースを使って自社サイトを構築する場合は、自社に開発部門があって障害が発生した場合も社内で対応できることが望ましいということになります。

このような能力を持たない企業の場合は、ベンダーが開発したECパッケージを利用した方が、問題が生じにくくなります。

ECパッケージを選定する際の注意点

ここからは、ベンダーが提供するECパッケージを利用して自社サイトを作る場合に、どのようなECパッケージを選択すれば良いのかを解説します。

自社の実店舗との連携が可能なオムニチャンネル対応のパッケージを選ぶ

オムニチャンネルというのは、実店舗とECサイトの双方を運営する場合に、両者の在庫情報や顧客情報などの管理システムを統一して、販売機会を逃さないようにする戦略のことをいいます。

オムニチャンネルに対応していれば、例えば実店舗に来店して商品を気に入ってくれたお客様がいた場合、店舗に在庫がなくてもその場でECサイトの注文をお受けして、ECサイトの在庫から商品を発送するといったことが可能になります。

お客様にとっても便利になりますし、店側にも利益が大きいシステムです。自社で実店舗も経営している場合は、このオムニチャンネルに対応できるECパッケージを選びましょう。

小規模からでも始められるパッケージを選ぶ

予算が潤沢にある場合は最初から開発費を十分にかけることができますが、そういった企業は多くはないでしょう。普通は、限られた予算の中で自社サイトを構築することになります。

その場合は、最初は小規模なものから始めて、順次拡大していくことができるECパッケージを選ぶとよいでしょう。

自社が開設したいサイトと同種のサイトの導入実績を確認する

導入実績が豊富であるということも大事です。導入実績が多いということは、そのベンダーには、それぞれのショップに合わせたカスタマイズなどの経験の蓄積もあるということになります。そうすると、自社の希望に合ったサイトも構築してもらいやすいと判断できます。

導入実績を見る際には、自社と同じ業種のショップでの実績を特に重視するといいでしょう。

ベンダーに依存しすぎないパッケージを選ぶ

ベンダーが開発したECパッケージの場合、ソースコードは開示されない場合があります。この場合、システムの改修を行う際には、同じベンダーに作業を依頼する以外に手がないことになります。

こうなってしまうと改修に手間もコストもかかります。ソースコードが開示されるパッケージを選ぶようにすると、後で改修の必要が生じた際の作業が容易になります

自社サイトを設計する際のポイント

自社サイトを作る際には、ここまでに解説してきたような方法を利用することになりますが、ASPカートのような自社向けのカスタマイズが基本的に不可能な場合は別として、オープンソースやECパッケージ、フルスクラッチといった手段による場合は、「どんなサイトを作るのか」をよく検討する必要があります。その際のポイントを解説します。

どんなサイトを作りたいのか、コンセプトを固める

自社サイトを作る際には、実際の開発作業は開発会社に任せたとしても、「どんなサイトを作りたいのか」というコンセプトは、あくまでも自社で考えます

どんな機能を持たせたサイトにしたいのか、どんな顧客にアピールするサイトにしたいのかなど、開発会社とも相談しつつ、しっかりコンセプトを固めていきましょう。

これがしっかりできてないと、自社が希望するようなサイトは作れません。開発会社に依頼する場合でもコンセプトまで丸投げすることはできません。社内でしっかり検討してください。

これができたら、具体的にどんな情報をサイトに掲載するのか、サイトのデザインをどうするのかといった具体的な設計の作業に入っていきます。

サイトを立ち上げた後の「運用」を意識する

自社サイトは「作ったらそれで終わり」というものではありません。実際にサイトを運用するようになってからが本番です。見た目に美しいサイトができても、運用するのに不便であれば意味がありません。

設計をする段階から、運用する際の使い勝手のことも考えておくことが極めて重要です。

なお自社サイトを作る際には様々な機能を盛り込みたくなりますが、手順が定まっていないような作業まで無理にシステム化すると、結局上手く運用できないことになりがちです。このような場合は、最初は手動で作業を行って経験を蓄積して、ある程度作業手順が固まってからシステム化することを考えましょう。

そして運用段階のことをしっかり考えて自社サイトを設計したとしても、サイトの運用は最初から全てが上手くいくとは限りません。このような場合は運用しながら欠点を見つけ、システムを改修する際に手直しするようにしてください。

開発会社と相談して行う「情報設計」

サイトを作る際には、情報設計もとても重要です。情報設計というのは、簡単にいうとユーザーがどんな動きをするのかを想定して、どんな情報をどこに載せるのかを設計することです。

サイトに載せる情報は、載せる内容自体も重要ですが「どこに何を載せるのか」も極めて重要です。情報設計が正しくできていないサイトは、知りたい情報がどこに載っているのか分からない、ユーザーにとって非常に使いにくいサイトになってしまいます。

ただこの情報設計については、専門的な知識や経験が必要になります。開発会社とよく相談をしながら詰めていってください。

ユーザーがサイトを使う際のフローは標準的なものを採用する

自社サイトを作る際には、会員登録の際のフローや商品購入の際のフローといったものも決めていきます。この際の注意点としては、フローを決める際には独自色は出さないこと、つまり標準的なものを採用することです。

自分が使ったことがあるサイトを思い返してみてください。細部には違いがあっても、おおよその流れは共通していたはずです。ECサイトで商品を購入するまでには、基本となる流れがあるのです。

この流れから外れたサイトを作ると、ユーザーは混乱してしまいます。使いにくいサイトになってしまい、売上も伸びなくなります。そのためフローは標準的なものを採用しましょう。

デザインは凝り過ぎず、分かりやすいものを

フローの場合と違って、サイトのデザインには独自色を出すことができます。他との差別化のためにも、デザインを重視することには意味があります。

ただしあまり凝ったデザインを採用して、ユーザーにとって分かりにくい、使いにくいサイトになってしまったのでは意味がありません。ユーザビリティ(使いやすさ)のことは常に意識して、デザイン優先のサイトにならないように気をつけましょう

これと関連して、サイトの名称も分かりやすいものにすることをおすすめします。特に実店舗を既に経営していてネットに販路を広げるといった場合は、同じ会社が経営するサイトであることがユーザーに分かりやすいものにすべきです。

具体的には「○○ネットショップ」「○○オンライン」といったものです。凝った名称を付けたくなるかもしれませんが、ユーザーの立場からすれば同じ会社であることが一目で分かった方が安心できます。

自社サイトを制作するために最低限用意すべきもの

この記事の最後は、自社サイトを作るために最低限用意すべきものについて解説します。以下で紹介するものは基本的にはどんな方法でサイトを作ったとしても必ず必要になりますから、自社サイトを作る際には早めに準備しましょう。

サイトに掲載する「コンテンツ」

商品を販売するサイトだったとしても、商品の情報だけしか載っていないのでは味気ないサイトになってしまいます。ある程度のコンテンツを用意して、サイトを充実させることが必要です

商品を製造販売している場合であれば、原材料のこととか製法のこだわりなどを載せるのもいいでしょう。小売りの場合は、食品であれば商品を使ったレシピを載せるとか、アパレルであればコーディネートの例を載せるとか、色々なコンテンツが考えられます。

サイトに掲載する「写真」

商品の実物を見ることができないECサイトでは、商品の写真は極めて重要になります。

商品全体の様子が分かる写真のほか、特徴となる部分を拡大した写真や素材の質感が分かる写真、サイズ感が分かる写真など商品の特性に合わせて商品をアピールできる写真を用意します。

商品そのものだけでなく、サイトのトップページなどに使う写真も準備しましょう。

商品の「紹介文」

商品の紹介文も必要になります。紹介文を書くにあたっては、ユーザーにアピールしたい商品の長所を書くことはもちろんですが、多少は短所についても触れるようにすると説得力が増します。

ショップ側からアピールしたい点だけでなく、ユーザー側が知りたい情報を載せることを忘れないようにしてください

自社サイトのデータを置く「サーバー」

ASPカートを利用して自社サイトを作る場合は、サーバーは既に用意されているので自分で準備する必要はありません。一方でそれ以外の方法で自社サイトを作る場合は、サーバーの契約が別途必要になります

色々な会社がサーバーを運営していますが、使用料だけを重視するのではなく、データ容量やセキュリティ、安定性などを総合的に考慮して選定するようにしてください。利用するオープンソースやECパッケージのインストールが可能なのかどうかもチェックしておきましょう。

サイトの信用性を高める「SSL証明書」

SSLというのは情報を暗号化する仕組みです。SSL化されていないサイトは、ブラウザで「保護されてない」との表示がでるようになり、ユーザーが閲覧を避けるようになってきています。今後はサイトのページ全体がSSL化された「常時SSL化」することが重要になります。

このSSLですが、いくつかの種類があります。契約したサーバーに無料で使えるSSLが用意されている場合もありますが、より信頼性を高めるためには有料のSSL証明書を発行してもらうこともできます。

まとめ

自社サイトの立ち上げ方について解説してきました。自社サイトを構築する方法には、ASPカートのような手軽なものから、相応の費用をかけてサイトを開発するオープンソースやECパッケージといったものまで、様々なものがあります。この記事を参考に自社に合った方法でサイトを構築してください。

なおこの記事では触れられませんでしたが、クラウドECという新しいサービスも登場しています。クラウドECは、ASPカートとECパッケージのいいとこ取りをしたようなサービスです。ASPカートと同じようにシステムが古びてしまうことがなく、ECパッケージのようにカスタマイズが可能です。自社サイトの構築を検討する際にはクラウドECも候補の1つとしてもいいでしょう。

ところで、ビジネスで成功するためには独学よりも体系化された教材やサービスを活用して学ぶ方が結果が早く出ます。

インターネットを活用してビジネスを始めること自体は簡単です。そのためインターネット上にはあらゆるレベルの教材やサービスが存在しています。最新の情報にアップデートされているものから、途中で放置されているものまで本当にいろいろです。

そして、どんな教材やサービスを選ぶかによって、成功の度合いも大きく異なってきます。

評判も良いものから悪いものまでさまざまです。このように評価が安定しないのは、各々の教材のサービスの質が一定していないことが原因です。

ここではアクシグ編集部が予め登録した上で責任者に直接取材をし、有用性を確認した教材やサービスのみを厳選してご紹介します。無料ですのでお気軽にご登録またはご相談ください。

【無料レポート】中国輸入ビジネス成功の秘訣

安定して稼げる物販、副業として話題の中国輸入ビジネス。 「中国の卸サイト」で仕入れて、「アマゾン」「メルカリ」「ヤフオク」で売る、誰でもできる分かりやすい物販ビジネスです。

数万円の仕入れからスタートできる! 完全在宅でもOKだから、自分のペースでできる! 中国語不要、安く仕入れて検品・納品までしてくれる仕組みも紹介!

  • 数万円の仕入れからスタートできる!
  • 完全在宅でもOKだから、自分のペースでできる!
  • 中国語不要、安く仕入れて検品・納品までしてくれる仕組みも紹介!

行動力とやる気があればOK! サラリーマン、派遣社員、公務員、シングルマザー、自営業、フリーターなどあらゆる環境の方がどんどん成功しています。

この無料メール講座執筆者も、元は時給800円フリーターでしたが、 1年後には年収1,000万円、2年後には年収2,040万円を実現しました。

あなたも、中国輸入ビジネスで年収1,000万円を達成してみませんか?

【無料相談】Biz English

ビジネス英語は3ヶ月でマスターできます!

インターネットの買い物に慣れてくると、アメリカのアマゾンやeBayで購入したり出品したりしたくなるでしょう。英語ができなくてもGoogle翻訳やDeepLなどのツールを使えば始めるのは簡単です。

ところがクレームや返金などが発生すると機械翻訳では上手く交渉できません。金額が大きくなりビジネスレベルになるとなおさらリスクが高くなります。

ビズイングリッシュはビジネス英語専門の英会話スクールです。受講生は全くのゼロから英語でアカウントを復活させたり、海外の展示会で交渉に成功したりと幅広く活躍をしています!

今すぐビジネスレベルの英語力を身につけましょう!