物販

海外EC市場の現状と越境ECの始め方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ECサイトの作成・出店を考えているなら、海外向けの越境ECがおすすめです。海外のEC市場規模は日本のそれを大きく上回っているため、大きく稼ぎやすいです。

そこで今回は、海外のEC市場規模や、越境ECの始め方を徹底解説します。

越境ECサイトとは?

まず最初に越境ECサイトとは何かを解説します。

越境ECサイトの概要

ECとは、「Electronic Commerce(電子商取引)」の略です。

ECサイトとは、自社・他社の商品をインターネット上で販売するウェブサイトのことです。簡単に言うとネットショップです。AmazonやZOZOTOWNがECサイトに該当します。

そして、越境ECサイトとは、海外に向けたECサイトのことを指します。

越境ECのメリット

越境ECのメリットを以下に示します。

・現地で店舗を経営するより経費がかからない
・実店舗経営より、ECサイトの方が参入しやすい環境が整っている
・国内ECサイトを保有している場合は、越境ECサービスを利用するだけで始められる
・日本の商品は海外での評価が高いため、非常に売れやすい
・海外の方がEC市場規模が大きい

越境ECのデメリット

ただし、越境ECには以下のようなデメリットがあります。

・サイトの言語表記を販売先の国に合わせる必要がある
・販売先の国に合った決済方法を準備する必要がある
・国際配送手段の確保が必要
・為替変動のリスクがある
・国ごとに法律・規制が異なるため、フレキシブルな対応が必要

海外のEC市場規模

続いて、海外のEC市場規模を解説します。

世界のEC市場規模

年ごとの世界のEC市場規模と、2021年までの市場規模予測を以下に示します。

世界のEC市場規模は、2019年現在で既に300兆円を超えています。成長率(変化率)は下がっていますが、市場規模は拡大の一途を辿っています。国別のEC市場規模ランキングは以下の通りです(2017年時点)。

市場規模は中国がダントツで1位です。今後さらに伸びることが予想されます。中国の2大大手ECサイトの「アリババ」と「京東」は、独自の配送ネットワークを構築して、日常消耗品のEC化に着手しています。2020年までにはEC化率が20%以上になり、インターネットユーザーも2億人以上増えると見込まれています。

アメリカは市場規模こそ2位ですが、Amazon・Google・Appleなど、各ジャンルで圧倒的なシェアを獲得しているECサイトを多数有しています。常に新しいITサービスを生み出し、世界のEC市場を牽引しています。

3位のイギリスは国民のECサイト利用率が非常に高いです。イギリスの人口は日本の約半分の約6000万人ですが、ECサイト利用者は50%を超えています。ECサイト利用率が高い要因として、「カード決済が普及している(キャッシュレス化が進んでいる)」「英語国のため越境ECを利用しやすい」などが挙げられます。

日本は市場規模は4位ですが、成長率は非常に低いです。トップ10の中で成長率1桁は日本だけです。日本はEC化されている業界とされていない業界で二極化しており、市場は停滞しています。日本でEC化が進まない最大の原因は以下の2つです。

・古い企業が多く、EC化に対応できていない
・いまだに現金決済が主流で、キャッシュレス化が進んでいない

EC化を加速させる新サービスが登場しない限り、日本のEC市場の拡大は難しいと言われています。

世界の越境EC市場規模

次に越境ECの市場規模について解説します。

日本・米国・中国の3国間の越境EC(海外取引)の市場規模の推移を以下に示します。

日本人の越境EC利用率は低く、2017~2021年の予測成長率もたった1.2%と推測されています。それに対して、アメリカ・中国の越境EC利用率と成長率は日本を大きく上回っています。

国内ECより越境ECの方が儲かる

日本国内のEC利用率は低いため、国内向けECサイトを始めても、大きく稼げる見込みはありません。

しかし、海外はEC利用率も高く、日本発の越境ECの売り上げも上々です。

したがって、これからECサイトを始めるなら、海外向けの越境ECがおすすめです。

海外の越境ECサイト4選

海外の代表的な越境ECサイトを4つ紹介します。

天猫商城 Tmall.com

1つ目は、中国のアリババグループが運営する「天猫商城 Tmall.com」です。

「天猫商城 Tmall.com」はモール型ECサイトですが、出店基準が非常に高いため、新規参入が非常に難しいECモールです。しかし、高い出店基準によって偽物・非正規ブランド品が徹底的に排除されているため、消費者からは圧倒的な信頼を集めています。

2017年時点で、「天猫商城 Tmall.com」は越境EC利用者だけで約6000万人もいます。

京東商城 JD.com

2つ目は、中国の京東集団が運営する「京東商城 JD.com」です。

「京東商城 JD.com」は「天猫商城 Tmall.com」に次いで中国国内シェア第2位を誇る大手ECモールです。

「京東商城 JD.com」は日本企業の誘致に力を入れており、出店基準も「天猫商城 Tmall.com」ほど高くありません。そのため、中国向けECを考えている方におすすめのECモールです。

メルカリ

3つ目は、日本国内でもメジャーなCtoCフリマアプリ「メルカリ」です。
2014年にアメリカ、2017年にはイギリスでもアプリの配信を始めるなど、市場を世界に広げています。

2017年12月時点で、アメリカでは3000万人以上、イギリスでも数百万人にダウンロードされており、徐々にシェアを拡大しています。

Amazon India

4つ目は、インド向けAmazon「Amazon India」です。

インドのEC市場規模は今のところ10位ですが、その成長率は世界第1位です。人口も世界第2位の13億人と多く、今後のさらなるEC市場の拡大が予想されます。

越境ECを始める前の準備

ここからは、越境ECの始め方を解説します。まずは始める前に必要な準備を説明します。

商品の選定

1つ目は、商品の選定です。海外で需要の高い商品を選定してください。

ただし、国ごとに輸入が制限されていたり、関税が高く設定されている商品もあります。
事前に販売国の貿易情報を調査しておきましょう。

また、現地では輸入可能でも、日本で輸出が制限されている商品もあります。注意してください。

輸出入条件詳細情報:農林水産省

ターゲットの選定

2つ目は、ターゲットの選定です。

商品のターゲットを決めないと、具体的なベネフィットの提示ができません。

出店方法の選択

3つ目は、出店方法の選定です。越境ECの出店方式は大きく分けて5つあります。難易度が低い順に並べると以下のようになります。

1.自社の国内ECサイトを外国語対応にする
2.日本他社の越境ECモールに出店する
3.海外のECモールに出店する
4.自社をグローバル企業にする
5.海外に法人設立する

この中で最も売上が見込める出店方式は「3.海外のECモールに出店する」です。上記の「京東商城 JD.com」など現地のECモールに出店すれば、販売国に合った決済方法・配送方法を調査する手間が省けます。

ECサイトとECモールの違い

ここではECサイトとECモールの違いを説明しておきます。

ECサイトは2種類

ECモールとは、厳密に言うとモール型ECサイトで、ECサイトの1種です。

ECサイトには大きく分けて「自社ECサイト」と「モール型ECサイト」の2種類があります。自社ECサイトは自社商品専用の販売サイトです。ECモールは自社だけでなく他社商品も扱う販売サイトです。Amazonや楽天がECモールに該当します。

自社ECサイトと他社ECモールのメリット

自社ECサイトで販売するメリットは、ブランディングがしやすいことと、契約料を支払う必要がないことです。
ただし、集客に時間がかかるというデメリットがあります。

ECモールに出店するメリットは、販売・管理が簡単で自ら集客する必要がないことです。
デメリットは契約料が発生することと、店名を覚えてもらいにくいことです。

越境ECサイトを作る際の5つの注意点

続いて、自社の越境ECサイトを作る際の注意点を5つ紹介します。

正しい言語表現を心がける

1つ目は、正しい言語表現を心がけることです。

言語表現に違和感があると、消費者が離れてしまいます。翻訳ソフトも完璧ではないので、外国語に詳しいスタッフを雇うことをおすすめします。

国に合った決済方法を用意する

2つ目は、販売国に合った決済方法を用意することです。

国ごとに主流の決済方法は異なっているので、事前に調査しましょう。わからない場合は、現地のECモールの決済方法を採用しましょう。

国際配送手段を確保する

3つ目は、国際配送手段を確保することです。

海外の配送業者は日本の配送業者より雑な業者が多いです。商品の安全を確保するためにも、最適な配送ルートを確保してください。

集客方法を確立する

4つ目は、集客方法を確立することです。

短期的な集客には広告、長期的な集客にはSEOがおすすめです。

各国の法律・規則を遵守する

5つ目は、各国の法律・規則を遵守することです。
国ごとに海外取引に対する法律が異なるため注意が必要です。

また、EC市場の拡大に伴い、各国で法改正が行われています。例えば、EC市場規模世界第1位の中国では、2019年1月1日から越境ECに関係する「中華人民共和国電子商取引法」が改定されました。

今回の改正により、越境ECで販売される商品も一般貿易と同じ扱いになりました。
つまり、中国向けの越境ECを行う場合、一般的な輸出業者と同様に中国のCFDA登録やCCC認証などを取得する必要があるのです。
未取得の状態でEC販売すると、税関で止められて返送されてしまいます。CFDA登録やCCC認証の取得には半年近くかかります。

日本と海外のECサイトの相違点

最後に、日本のECサイトと海外のECサイトの違いを説明します。越境ECサイトを作る際の参考にしてください。

海外のECサイトの特徴

海外のECサイトは、一言で言うと「Simple is Best」です。
レイアウトもシンプルで、カラム数も少ないです。文章も最低限で、画像が大きくて見やすいです。

越境ECサイトを作る際は、「Simple is Best」を心がけてください。

日本のECサイトの特徴

それに対して日本のECサイトは、画像が小さく、文章が多いです。
レイアウトも複雑でカラム数も多い傾向があります。海外のECサイトが「見るサイト」であるなら、日本のECサイトは「読むサイト」です。

海外向けECは稼げる

ネット販売をするなら、国内ECより越境ECがおすすめです。ぜひお試しください。

あなたの目的に合わせたカリキュラムで最短で稼げるようになります


・副業でも今以上の収入を得られるようになりたい
・物販ビジネスやってみたいけど何から始めたらいいかわからない
・いち早く稼ぐことができる方法を知りたい


そんな風に悩んでいるあなた。一度アクシグ塾の無料カウンセリングを是非受けてみて下さい。アクシグ塾なら、あなたの目的にあったオリジナルカリキュラムで最短で稼ぐことができるようになります。

物販ビジネスを独学で実践する場合、ほとんどの人がわからないことがあって躓いたり孤独な作業にモチベーションが保てなかったりと、途中で挫折してしまいます。

アクシグ塾ではあなた専属のメンターにいつでも質問ができるため、迷わず最短距離で成果を出すことができます。物販ビジネス未経験の初心者でも結果が出せる仕組みをもとに、あなたの起業を徹底的にサポートします。

無料カウンセリングはオンラインで全国どこからでも受けられますので、お気軽にお申し込み下さい。


おすすめコンテンツ


あなたの物販ビジネスを最短で成功させるマンツーマン指導塾



資金ゼロでネット物販を成功させる全手法を無料で公開します!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

【無料】アクシグ流 物販ビジネス大全
資金ゼロでネット物販を成功させる全手法
【無料】物販ビジネス大全
ネット物販を成功させる全手法