Facebook広告で本人確認が必要な場面は?アカウントの作成やビジネス認証の方法を紹介!

Facebookでは、個人のアカウントを商業利用できません。そのため、広告を運用するためには、私的なアカウントとは別に、ビジネス用のアカウントを作成する必要があります。

また、作成したアカウントを管理するためのツールとして、ビジネスマネージャも併せて登録しておくと役立ちます。

今回は、Facebook広告のためのアカウントや、ビジネスマネージャの必要性、作成方法について紹介します。

登録には、本人確認が必要になる場面もあるため、必要なものも併せて紹介していきます。

目次

Facebook広告アカウントとビジネスマネージャについて

まずは、Facebook広告を利用するために必須となる、広告アカウントとビジネスマネージャについて、簡単に解説します。

Facebook広告アカウント

Facebook広告を運用する際は、私的に利用している個人アカウントのほかに、広告用のアカウントを新たに作成する必要があります。広告アカウントの利用手順や、作成方法については後述するほか、下記のページも参考にしてください。

参考:Facebook広告アカウント

Facebookビジネスマネージャ

個人のアカウントや、新たに作成した広告アカウントを一元管理するためのツールが、Facebookビジネスマネージャです。

ビジネスマネージャを活用すると、複数人でアカウントの編集や管理が可能になります。そのため、自分以外のスタッフに業務を委託できます。

Facebookだけでなく、Instagramとの連携もできるようになるので、ビジネスを拡大させる際にも必須です。

なお、ビジネスマネージャを作成するためには、本人確認用のFacebookアカウントが別途必要になります。こちらは広告アカウントではなく個人のアカウントを利用できるため、先にアカウント作成を済ませておきましょう。

Facebook広告アカウントの作成方法

Facebookの広告アカウントを作成する方法は、Facebookページをアカウントにする方法と、ビジネスマネージャを利用する方法の二通り存在します。

ここでは、2種類の広告アカウントの作成方法について解説していきます。それぞれメリットとデメリットが異なるため、違いを把握しておきましょう。

Facebookページを活用

すでに作成しているFacebookページは、そのまま広告アカウントとして利用できます。

この方法であればビジネスマネージャの登録は必要ないため、手間をかけずに素早い広告配信が可能です。

一方で、シンプルな広告しか配信できないため、カスタマイズ性がない点がデメリットです。また、自社ドメインをFacebookに登録するドメイン認証もできません。

総じて、手軽さや迅速な広告作成に向いている方法と言えます。ただし、広告の拡張性や、安全性に不安が残るため、可能であれば、後述するビジネスマネージャ経由の広告作成がおすすめです。

ビジネスマネージャを活用

ビジネスマネージャへの登録を済ませていると、「広告アカウント」画面から新規の広告アカウントの作成が可能になります。

広告作成までに多少手間がかかるというデメリットこそありますが、複数の広告アカウント作成や、広告費用の管理ができるというメリットがあります。取り扱う商品が増えれば、その分広告の種類も増えていくため、複数の広告を一括で管理できるビジネスマネージャは、非常に便利です。

Facebook広告を運用していくうえで、ビジネスマネージャの活用は必須条件です。特別な事情がない限りは、こちらのアカウント作成方法を選びましょう。

ビジネスマネージャ経由で広告アカウントを作成するメリット

ここでは、ビジネスマネージャを経由して広告アカウントを作成する具体的なメリットについて、紹介していきます。

ビジネスマネージャへの理解を深め、より効率的に利用するためにも、得られるメリットは正確に把握しておきましょう。

複数のページやアカウントを一元管理できる

ビジネスマネージャの最も便利な機能は、複数のFacebookページや広告アカウントを、一括管理できる点です。それぞれのページの紐づけ情報や、運用状況がまとめて確認できるため、Facebookページや広告アカウントを増やしても、運用に支障をきたしません。

また、権限を与えれば自分以外の複数のユーザーで管理できる点も、大きなメリットです。誰にどこまでの権限を与えるかも自由に決められるため、アルバイトスタッフなど複数人で業務を進める際にも、必要な権限だけを必要な人にだけ貸し与えることができます。

予算管理が楽になる

各アカウントの予算についても、ビジネスマネージャで一元管理ができます。

全体の予算を確認しながら、個々の設定を行えるため、予算配分がわかりやすかったり、設定ミスが減ったりといったメリットがあります。

また、予算の支払方法は、都度クレジットカードを登録する必要がありません。簡単に予算を組み直せる点も、大きなメリットです。

個人とビジネスのアカウントを区別できる

ビジネスマネージャを活用すると、クレジット情報や広告の権限などを、個人アカウントとビジネス用のアカウントで別に設定できます。どちらかに依存してしまうことがないため、個人情報やセキュリティ面でも安心して利用できます。

アカウント編集の権限を貸し出したとしても、第三者に自分の個人情報やクレジット情報が洩れる心配はありません。複数人でアカウントを共有しても安全性が高い点は、重要なメリットです。

ドメイン認証が行える

ドメイン認証は、Facebookページ経由のアカウント利用では行えません。ドメイン認証ができないと、広告の安全性が保証できないだけでなく、第三者から不正利用されてしまうリスクも発生します。

また、複数のコンバージョン計測がうまくできなかったり、広告オークション時の優先度が下がってしまったりと、ドメイン認証済みのアカウントに比べてデメリットが多いです。

Facebookで広告効果を最大限発揮するためにも、ドメイン認証は必須です。ドメイン認証ができること自体が、ビジネスマネージャを利用するメリットとも言えます。

ビジネスマネージャと広告アカウントの設定方法

ビジネスマネージャは、下記のページから登録できます。登録にはFacebookのアカウントが必要なので、事前に用意しておきましょう。

アカウント名や自分の名前、メールアドレスを入力し、「送信」をクリックしてください。その後、必要情報を入力して「ビジネスマネージャを作成」をクリックすることで、登録が完了します。

ここでは、ビジネスマネージャ内で広告アカウントを作成する方法を、解説していきます。

参考:ビジネスマネージャ

広告アカウントの設定方法

広告アカウントの作成手順は、以下の通りです。

1.「ビジネスマネージャ設定」→「利用者とアセット」→「広告アカウント」→「新しいアカウント」の順にクリック

2.以下の3種類の中から選んでクリックし、広告アカウントを作成する。

・広告アカウントを追加
・広告アカウントへアクセスをリクエスト
・新しい広告アカウントを作成

また、1つのビジネスマネージャにつき、5つの広告アカウントを追加できます。配信していない広告アカウントもカウントされるため、アカウント数の管理には気を付けてください。

広告アカウントを追加

既に存在する広告アカウントを、ビジネスマネージャに追加する際に選択します。追加には広告IDが必要なので、事前に用意しておきましょう。

この項目で追加できるのは、自身が管理している広告アカウントだけです。管理者が異なるアカウントを追加したい場合は、「広告アカウントへのアクセスをリクエスト」を選んでください。

広告アカウントへのアクセスをリクエスト

ほかの管理者が所有している広告アカウントを配信する際に、選ぶ項目です。自分のビジネスマネージャで、広告の配信をするための許可をリクエストします。

代理店など、自分が作成した広告以外を配信する場合は、こちらで許可を申請しましょう。ビジネスマネージャの管理者が許可を出せば、自分のアカウントで他社の広告を配信できます。

新しいアカウントを作成

新しいアカウントを作成する際には、この項目を選択します。アカウント名や配信する時間帯、使用する通貨などを選択し、広告アカウント作成をしてください。

広告は商品の種類や売れ行き、セール状況などによって使い分けていきます。そのため基本的には、こちらの項目を利用する機会が多くなります。

ビジネス認証について

前述した通り、ビジネスマネージャで管理できる広告アカウントは、5つが上限です。しかし、ビジネス認証を行うことで、この上限を増やすことができます。

ビジネス認証を一言で説明すると、Facebookに、広告配信を行う会社の存在を証明するための手続きです。

ここでは、ビジネス認証の手続きと、用意すべきものについて紹介します。取り扱う商品によっては、ビジネス認証が必須となる場合もあるため、やり方を覚えておきましょう。

ビジネス認証前に確認すること

ビジネスマネージャから行えるビジネス認証ですが、必ずしも行わなければいけないわけではありません。

ビジネス認証が必要な、特定の商品を扱わないのであれば、申請をしても認められないケースもあります。

ビジネス認証が必要な商品を扱うケースは少ないですが、前述したように、広告アカウントの上限が増えるといったメリットも存在します。

広告アカウントが増えて上限を超えてしまいそうなら、ビジネス認証を行うことを検討して下さい。

ビジネス認証には本人確認が必須

ビジネス認証をするためには、ビジネスマネージャで本人確認が必要です。以下の手順に従って、本人確認を行ってください。

1.「本人確認」ボタンをクリックする

2.指定の本人確認書類をリストから選び、画像のアップロードを行ったあと、「次へ」をクリック

3.Facebook側から、本人確認完了の連絡が来るまで待つ

本人確認証明書は、運転免許書やパスポートなどの、一般的な本人確認に利用するものと同様です。顔写真付きであれば1種類、顔写真がない場合には2種類用意してください。

ビジネス認証を開始する

ビジネス認証を開始するための手順は、以下の通りです。

1.ビジネスマネージャのセキュリティセンターのページを開く

2.「認証を開始」をクリックする

3.ビジネスの詳細を入力したのち、「次へ」をクリックする

4.リストの中から、正しいビジネスを選択する。リストにない場合には、「一致するものがありません」を選ぶ

5.ビジネスの詳細を確認し、認証コードを受け取る方法を選択する

6.受け取った認証コードを入力し、「送信」をクリック

ビジネス認証が完了した旨のメッセージが届けば、作業は完了です。

参考:セキュリティセンター

ビジネス認証の確認方法

ビジネス認証が完了しているかどうかは、「ビジネス情報」から確認できます。未承認になっている場合、ビジネス認証は完了していません。

未承認の場合は、右端のリンクからセキュリティセンターに飛べるため、再度ビジネス認証の手続きを行ってください。

承認されている場合は、「ビジネス情報」のページで広告アカウントの上限数を確認してみましょう。正しく認証されている場合、最大で30個の広告アカウントを管理できるようになっています。

まとめ

Facebook広告を効果的に利用するためには、広告アカウントとビジネスマネージャの設定が必須です。広告アカウントの一括管理や、複数人での共有が可能になるため、作業効率が大幅に上がります。

ビジネスマネージャでは、最大で5つの広告アカウントを管理できます。数が足りない場合は、ビジネス認証を行うことで、最大30個までアカウントの同時管理が可能です。

なお、アカウントの設定やビジネス認証には、本人確認が必要な場面があります。いつでも本人確認ができるように、必要書類は事前に手元に用意しておきましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ビジネスのノウハウを実践ベースで徹底的に追求するのがアクシグ。
世界で最も専門的で網羅的なコンテンツを提供し、ノウハウを惜しげもなく提供していきます。

目次