Facebook広告の特徴を解説!種類やメリット・デメリットについても紹介!

facebookを利用したマーケティング活動が効果的な理由に、Facebook広告の存在が挙げられます。高いターゲティング精度と広告料金の最適化を両立しており、広告主が望むターゲットに対して、効率的なマーケティングが可能です。

今回は、Facebook広告の特徴や広告の種類、メリット・デメリットなどについて紹介します。Facebookを利用したマーケティングを検討している人は、ぜひ目を通してください。

目次

Facebook広告とは

Facebook広告とは、Facebook及び関連サービスで利用できる広告配信プラットフォームのことです。多くのユーザーがいるFacebookだからこそ可能な、高精度のターゲティング力と、広告に応じた配信の最適化力を有しています。

ここでは、Facebook広告の主な特徴について紹介します。いずれも、広告サービスとしては非常に有用なものばかりなので、広告配信を検討している人はぜひ参考にしてください。

高精度なターゲティング

Facebook広告は、高精度なターゲティング力を持っています。それを可能にしているのが、Facebookに登録されているユーザーデータです。

Facebookは実名登録制であり、年齢や住所、勤務先に訪れた場所など、様々な情報を正確に記録しています。ターゲティングの際に参考になる情報が、他の広告サービスに比べ膨大なことが、Facebook広告のターゲティング力が高い理由です。

また、類似オーディエンスを活用することで、本命のターゲットと同じ属性の人(データが一致する人)もターゲティングが可能です。狙ったユーザーだけでなく、潜在的な顧客や新規フォロワーの開拓が可能な点からも、高いターゲティング力がうかがえます。

広告費用の自由度が高い

Facebook広告は、1日あたり数百円からと非常に安価で設定できます。小額配信は優先度の低い広告を低コストで配信できたり、広告初心者が気軽に広告配信を行えたりといった、多くのメリットがあります。

また、一般的なリスティング広告(ユーザーの検索結果に合わせて表示される広告のこと)に比べて、CPC(クリック単価のこと)が低くなりがちな点も、メリットです。もちろん、コストをかけた、大々的な広告配信も可能です。配信したい広告の規模や、かけるコストに応じて、最適な設定を行える点が特徴です。

Facebook以外にも配信可能

Facebook広告が配信できるのは、Facebookに限りません。運営会社が同じMeta社であるInstagramやMessenger、Audience Networkにも同様に配信が可能です。

どれも利用者が多いプラットフォームばかりなので、結果的に非常に多くのユーザーに対して、広告配信ができます。配信先の多さも、Facebook広告が持つ特徴と言えます。

広告の出稿が簡単

Facebook広告は、画面に従って空欄を埋めていくだけで、簡単に広告作成や出稿ができます。広告目的や予算、ターゲティング対象などは、全て広告作成時に項目が表示されるため、具体的な数字を入力したり、プルダウンメニューから選択したりと、設定難易度は低いです。

選択肢が多く、事前に用意されたものを選ぶだけで、望みどおりの広告を作れます。広告作成の初心者であっても、簡単に広告作成ができるのは大きなメリットです。

コスト戦略の自由度が高い

Facebook広告では、広告オークション(広告が表示されるかを決定すること)に対する入札価格を設定できます。つまり、いくらまでの広告なら表示するかを、広告主側が自由に選択できるのです。

入札価格を設定することで、広告の入札価格を一定に保ったり、売上と広告費の関係を最適化したりと、自由なコスト戦略を組むことができます。このように、Facebook広告は初心者だけでなく、上級者にとっても嬉しい機能をたくさん備えています。

広告の効果測定が容易

Facebook広告は、効果測定(広告を出稿したことによる変化を確認する作業)も簡単に行えます。広告主へのいいね!の数や問い合わせ数、アクセス数などが具体的に確認できる機能が備わっているからです。

Facebook広告内だけで効果測定が可能なので、別途ツールを用意する必要はありません。効果測定は、広告の見直しや戦略を立てるために必須の作業なので、広告作成をしながら成果の確認ができるFacebook広告では、手間を大きく削減できます。

Facebook広告の配信先

前述したように、Facebook広告の配信先は、Facebookだけではありません。InstagramやMessenger、Audience Networkへの配信も可能です。

ここでは、それぞれの配信先に対して、おすすめの広告や、表示される場所について紹介します。配信先のユーザー層に応じて、効果的な広告配信を行っていきましょう。

Facebook

Facebookでは、スマホから閲覧した場合、主にタイムラインに広告が表示されます。PCからの閲覧では、画面右側にも広告が表示されます。また、ストーリーズに広告を配信することも可能です。

Facebookは利用者の層が幅広いため、どんな広告でも高い効果を期待できます。特にビジネスパーソンの利用者が多いため、社会人や経営者向けの広告を配信する先としておすすめです。

Instagram

Instagramでは、タイムラインやストーリーズにFacebook広告を配信可能です。Facebookよりも若年層の利用者が多いため、若者に向けた広告の配信先として適しています。

また、InstagramはSNSの中でも、比較的女性の利用者が多い点も特徴です。化粧品やアパレル用品といった、女性向けの広告を配信することで、高い効果が見込めます。

Messenger

Messengerは、ウェブ上からでも利用できるメッセージアプリです。Facebook広告の配信先は、チャット内です。

主にビジネスで利用されることが多いため、広告も必然的にビジネスパーソンを狙ったものがおすすめとなります。また、チャットボットやMessengerスレッドと組み合わせることで、広告をクリックしたユーザーと直接やりとりするように誘導することもできます。

Audience Network

Audience Networkを利用すると、Facebookと提携しているアプリやウェブサイトに対して、広告を配信できるようになります。具体的な提携先は非公開ですが、有名どころではグノシーや東洋経済ONLINE、食べログなどが挙げられます。

意図しないサイトへの掲載を防ぐために、配信される可能性がある提携先リストを用いて、不要な配信先を削除することも可能です。多種多様なウェブサイトやアプリに広告配信ができるため、その利用者層に合わせた広告を配信したり、不特定多数に向けた広告を配信したりするのに効果的です。

Facebook広告の種類(フォーマット)について

一口に広告と言っても、配信方法や内容には様々な種類があります。

ここでは、広告の種類について紹介します。自分の配信したい広告を、どんな形式で配信すべきか決める参考にしてください。

写真または動画+テキスト形式の広告

最も基本的な広告形式で、商品の認知度を高めたり、自社サイトへの誘導をしたりする際に効果的です。


一般的に、静止画よりも動画を活用した方が、広告効果が高い傾向があります。特に、商品を立体的に見せたい場合や、動作などを伝えたい場合などは、動画を使った広告が効果的です。

写真や動画を用いた広告は、時間を置いて何度も配信することで、ユーザーの記憶に残りやすくなります。予算に余裕があれば、何度も配信して集客効果を高めてみましょう。

ストーリーズの広告

広告内で短いストーリーを展開すると、商品やサービスへの魅力を感じてもらいやすくなるため、クリック率を高められます。最も効果的なのは、商品の魅力を端的に紹介するストーリーです。

また、限られた時間の中でストーリーを作らなければいけないため、分かりやすさは何よりも重要です。誰が見てもすぐ理解できるストーリーや、提供するアドバイスが具体的に分かるストーリーを考えましょう。

Messenger形式の広告

Messenger形式の広告は、タップしたユーザーとメッセージでやり取りできる点が特徴です。

チャットボットなどを組み合わせれば、ユーザーからの質疑応答を24時間受け付けられますし、メッセージにストーリー性を持たせることで、商品への興味を深めることもできます。

Messenger広告は、興味を持ってくれたユーザーの関心をより深める効果を持っています。特に知ってほしい目玉商品や、自社サイトのPRに活用してみましょう。

カルーセル広告

カルーセル広告とは、複数の動画や画像を繋げた広告のことです。広告に表示された画像をスワイプすることで、どんどん他の画像を見れるようになっています。

使用できる画像や動画は、最大で10点までです。1つの商品の、別々の側面をPRする際に効果的な広告形式で、多目的な用途を持つ商品のPRに適しています。

スライドショー形式の広告

スライドショー形式では、複数の画像が自動で切り替わりながら表示されます。静止画のみの広告でも、動画のように躍動感のある広告表示が可能です。

動画広告より作成が簡単で、容量も小さい点が特徴です。テキストと組み合わせることで、詳細に解説する必要のある商品の広告に適しています。

コレクション形式の広告

コレクション形式の広告は、1枚のメイン画像と4枚のサブ画像から構成されています。メイン画像の商品をサブ画像でより深く解説したり、メイン画像の商品に関連した商品を、サブ画像で紹介したりといった手法が効果的です。

動画やカルーセル広告と組み合わせる方法も有効で、商品の詳細をより深くユーザーに理解してもらえます。複数種類がある商品や、活用方法が多い商品の紹介に利用してみましょう。

プレイアブル形式の広告

プレイアブル形式は、ゲームの広告などで多く用いられます。実際のプレイ画面を表示することで、ユーザーにゲームのインストールを促します。

自社アプリのインストール数を伸ばしたい際に、効果的な広告形式です。アプリの良い点や、ゲームで盛り上がるポイントなどを表示させましょう。

インスタントエクスペリエンス形式の広告(旧キャンバス広告)

モバイルデバイスにのみ対応した広告形式で、広告をタップすると、動画や写真がフルスクリーンで表示されます。視覚的なインパクトが強く、ユーザーの印象に強く残りやすい点が特徴です。

強く印象付けたい商品や、特に伝えたい内容に利用すべき広告と言えます。画面いっぱいに表示されるため、情報にリアリティを出したい場合にも便利です。

Facebook広告のメリットとデメリット

Facebook広告には多くのメリットがある一方で、運用方法を誤ってしまうと十分な効果を発揮できません。

ここでは、Facebook広告のメリットとデメリットを紹介します。配信先を決めるための指標としても役立つため、ぜひ頭に入れておきましょう。

メリット一覧

Facebook広告の持つメリットは、以下の通りです。

・多くのユーザーにアプローチできるため、アクションの返答率が高い
・高精度のターゲティングによって、狙ったユーザーにピンポイントで配信できる
・低コストの広告配信もできる
・自社サイトを活用して、ユーザーと直接やりとりができる
・広告内容の選定や配信時期は、自由に設定できる

デメリット一覧

Facebook広告のデメリットとしては、以下が挙げられます。

・仕様変更が多い
・SNSの性質上、リピーターが出にくい
・利用者層が限られているため、リーチ範囲を広げにくい
・SNSは流行の移り変わりが激しいため、常に広告内容のアップデートが求められる

まとめ

FacebookをはじめとしたSNSでユーザー獲得を狙うのであれば、Facebook広告の活用は必須です。Facebookならではの高精度なターゲティングにより、狙ったユーザーに対してピンポイントで広告の配信ができるからです。

定期的な広告内容の見直しこそ必要ですが、幅広いユーザーに対してアプローチをかけられるFacebook広告は、集客に高い効果を持っています。配信できる広告は、いくつかの種類があるため、配信内容や配信先によって変え、効果的な広告配信を行っていきましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ビジネスのノウハウを実践ベースで徹底的に追求するのがアクシグ。
世界で最も専門的で網羅的なコンテンツを提供し、ノウハウを惜しげもなく提供していきます。

目次