【厳選】Facebook広告を学ぶための本【おすすめ9冊】

本記事では、これからFacebook広告を始めるにあたって読むべき本を紹介していきます。

この記事を読むあなたは「これからFacebook広告を始めたい、おすすめの本を探している…」「まずこれを読めば問題ないなと思う本を知りたい」と思いながら、このサイトを訪れたのではないでしょうか?

まずお伝えすることは、どの本がベストかは人によって異なります。

なぜかというと、本を通じて「達成したいと思う目標」や「配信する広告の内容」が人によって違うからです。

本を読む目的が定かでもないにも関わらず、購入してしまうと「大したことが学べなかった…」と時間やコストを無駄にしてしまいます。

この記事では、Facebook広告をこれから始める方に、読むべきおすすめの本をカテゴリー別で紹介していきます。

目次

ウェブ集客を行っていく上で、Facebook広告は欠かせない

本を紹介する前に、Facebook広告の運用についてお伝えします。

初心者の方であれば、これからウェブ広告を出稿する際に、資金面の不安でためらってしまう方は多いのではないでしょうか。

しかし、Facebook広告に限ることではないのですが、集客を軌道に乗せるためには、お金を出して広告を出稿する必要があります。

もちろん、お金を出さずに済む方法もあります。例えば、ブログの活用やSNSで集客などです。しかし、このような場合は成果を出すまでに時間がかかります。

web広告は、お金を出すことで時間をかけずに成果を上げるための手段です。

SNS広告とSNSマーケティングの違いとは

SNS広告とSNSマーケティングの違いを解説します。

まず、大きな違いは掛かる費用が大きく異なることです。
SNS広告は、利益を得た分だけ対価を支払います。一方で、SNSマーケティングは、費用をかけることなく宣伝を行うことが可能です。

また、宣伝できる対象も異なります。SNS広告はどんなユーザーにも宣伝できますが、SNSマーケティングはフォローしているユーザーのみに限られます。

インフルエンサーマーケティングとSNSマーケティングの違いとは

最後にインフルエンサーマーケティングとSNSマーケティングの違いについて説明します。

主な違いは自社でマーケティングするか、もしくは第三者を通してマーケティングするかの違いです。

例えば、自社マーケティングでは、ブランドの商品などを自社専用のアカウントを利用して宣伝を行いますが、インフルエンサーマーケティングは、有名なユーチューバーやインスタグラマーなどを通して、そのファンの人たちに商品を宣伝してもらうといった内容です。

もちろんインフルエンサーに対価を支払う必要がありますが、大きな宣伝力を期待することができます。

「Facebook広告」初心者が読みやすく、理解しやすい本

Facebook広告を運用するためには、多くの知識が必要です。

そこで、今回は初心者でも読みやすく、理解しやすいものを選定しました。最初は専門用語や、操作する上でわからないことが多いと思いますが、繰り返し読み、アウトプットすることで必然と理解を深めることができます。

そうすることで、自分がどこの分野を理解できていないか認識し、広告を運用する上で自分の強みを発揮することができるようになります。

次の項目からは、Facebook広告の運用を行う上で必要な知識が学べる初心者向けの本をカテゴリ別に分けて紹介します。

現場のプロがやさしく書いた Facebookマーケティングの教科書

これからFacebook広告を始める方に、とてもやさしく理解しやすい内容の本です。

Facebookマーケティングの基本はもちろん、Facebookページの準備と作成、運営までを段階ごとに分けて解説してあります。

内容としては、ステップ1は基本編。ステップ2は入門編。ステップ3は実践編。ステップ4は応用編。という構成です。
順を追ってイラスト付きで分かりやすくまとめられています。また、実践編や応用編では、中・上級者に役立つ情報が紹介されています。

これからFacebook広告を始める方には、手元に置いておいてほしい1冊です。

参考:現場のプロがやさしく書いた Facebookマーケティングの教科書

Facebook広告 完全活用ガイド 小さな会社&お店でも低コストで集客できて売上アップ!

この本では、小さな会社やお店を経営されている方を対象としたノウハウが紹介されています。

Facebook広告を出稿するまでの操作手順について分かりやすく解説してあります。また、タグの扱いの記載もあるため、広告配信までの流れも分かりやすいです。

ポイントとしては、「効果が期待できるカスタムオーディエンス」や「さまざまな業種別での成功ポイント」のです。参考になる事例がありますので、初心者の方はポイントを押さえて活用しましょう。

たくさんの事業内容に合わせて配信ポイントが記載されているため、おすすめの一冊です。

参考:Facebook広告 完全活用ガイド 小さな会社&お店でも低コストで集客できて売上アップ!

SNSマーケティングのやさしい教科書。

FacebookやInstagram、Twitterで投稿し、興味や関心のあるフォロワーを増やし、マーケティングをしたいという方におすすめな本です。

各SNSの活用方法やマーケティングの手法などがシンプルに記載されています。チャプターの後半からはSNSマーケティングの分析や改善方法など、活用する上で欠かせない有益な情報が紹介されています。

幅広くSNSマーケティングのノウハウが記載されてますので、マーケティング全般の知識が欲しい方におすすめです。

参考:SNSマーケティングのやさしい教科書。

「Facebook広告」近年出版されたおすすめの本

最近出版されたおすすめの本です。Facebook広告の管理画面は頻繁にアップデートされています。そのため、出版が古い本は説明の概要が最新のものではない場合があります。

そうなるとインプットした情報が間違っている可能性がありますので、なるべく新しく出版された本を読むことがベストです。

ビジネスを加速させる Facebook広告&Instagram広告制作・運用の教科書

評価・人気ともに非常に高い本です。

Facebook広告を出稿する上で、経験がないから不安といった方におすすめの本です。Facebook広告ページやビジネスマネージャの機能などについて分かりやすく詳細に記載されています。

また、アフィリエイトや店舗集客、マーケティングなどの情報が幅広く網羅されているので、広告費を抑えて質の高い集客をしたい方におすすめです。

Facebook広告を始める方にとっては、段取りやノウハウを含め、第三者目線からの情報が深く説明されています。

参考:ビジネスを加速させる Facebook広告&Instagram広告制作・運用の教科書

たった1日でも効果が出る! Facebook広告集客・販促ガイド

インターネット広告事業を手がける東証1部上場企業が監修を行っていることもあり、信頼度が高い本です。

Facebook広告をこれから始めたい方、広告をすでに作成したがうまくいかずに諦めてしまった方にもおすすめです。

Facebook広告の基本はもちろん、集客や販促に効果がある情報が記載されています。ターゲットにピンポイントで広告を配信する方法、また売上直結のダイレクトレスポンスの利用方法が詳詳しく紹介されています。

広告設定のフローが分かりやすい構成なのでおすすめです。

参考:たった1日でも効果が出る! Facebook広告集客・販促ガイド

「Facebook広告」出版日は古いが、今でも活用される本

本の出版は古いですが、現状でも多くの人が活用している本を紹介します。主に、基本的な戦略や概念が学べる本です。

目的に合わせて、活用するようにしましょう。

Facebook広告 成功のための実践テクニック

Facebook広告はリスティング広告の一種です。リスティング広告とはユーザーがGoogleやYahoo検索したキーワードに合わせて表示される広告のことです。
こちらの本では、出稿から効果測定、リスティングに使う手法や応用を実例とともに解説されていることがとても魅力的です。

Facebook広告を利用することで、仕組みや設定、どのような活用方法があるのか丁寧に説明されています。

基本を重点として紹介されている本なので、基礎を徹底したい方にはおすすめです。

参考:Facebook広告 成功のための実践テクニック

Facebook広告運用ガイド ダイレクトマーケティングに生かす売上直結の活用術

効果的にアプローチができる戦略的内容の本なので、持っておいて損はないです。おもに、顧客に直接アプローチして、商品購入や会員登録に直結することを目的とした広告運用・効果分析を分かりやすく解説してあります。

操作手順を解説するというよりは、マーケティング要素が深く解説されている本なので、基礎よりもマーケティングを重視したい方におすすめです。

参考:Facebook広告運用ガイド ダイレクトマーケティングに生かす売上直結の活用術

「Facebook広告」実践向き!ノウハウを詰め込みたい方用の本

すでにFacebook広告を運用している方や広告の基礎知識を身に付けたので、より実践的なノウハウを学んで行きたいと思っている方のおすすめの本を2冊紹介します。

予算が見える・効果が上がる ネット広告徹底活用ガイド

こちらはFacebook広告だけではなく、ネット広告全般的に特化し、実践的なノウハウが集約された本です。

Facebookに特化された本ではないのですが、広告全般の内容が凝縮されています。ネット広告をする上で、幅広い仕組みが理解できるようになることで、Facebook広告にも役立てることもできます。

一つの広告を極めることは難しいですが、仕組みを理解することで、点と点が繋がるように理解が深められるようになっています。

参考:予算が見える・効果が上がる ネット広告徹底活用ガイド

ネット広告運用打ち手大全 成果にこだわるマーケ&販促 最強の戦略102

現状で、基礎知識が身についた方や運営を行っている状態でネット広告で成果を上げるためのノウハウが詰め込まれた本です。

ネット広告を行う上で、どのような取り組みが効果的か、テクニックをどう活用するかが網羅されています。

広告の効果的にする原則原理が集約されています。また、Facebook広告でも活かせるようになっているのでおすすめです。

参考:ネット広告運用打ち手大全 成果にこだわるマーケ&販促 最強の戦略102

本で学ぶ際に気をつけること3点

本を学ぶ際に気をつけることは、以下3点です。

1.本の情報が絶対最新とは限らない
2.本で読んだ通りにいかないこともある
3.著者によって考え方は偏る

1.本の情報が絶対最新とは限らない

最新の本を読んだとしても、多少のズレはあります。

日々アップデートなどが行われるFacebook広告では、本に書かれている手順と同じようにならないケースもあります。

その際は、インターネットを活用するなどして、最新の情報と照らし合わせてみましょう。

そのため、日々アップデートなどが行われるFacebook広告では、多少ずれが生じた場合はネットも活用して、最新の情報もチェックしましょう。

2.本で読んだ通りにいかないこともある

Facebook広告の運用などをして行くとき、本でインプットしたことを実践でアウトプットすると思います。

ただ、注意して欲しいことがあります。それは本を読んだ通りに内容を進めても、絶対に効果が現れるとは限らないということです。

あくまでも本は参考書なので結果が絶対に出るとは限りません。しかし、読んだことを活かし、結果に伴うように近づけることを意識することは必要です。

また、結果が出なければトライアンドエラーで工夫しましょう。

3.著者によって考え方は偏る

著者によって、経験が違うので本に記載されている実例を100%真似するのはやめましょう。

理由は、特定のプラットフォームに特化しているケースや著者の経験やその時のタイミングがあるからです。

例え、著者の参考が成功事例だとしても過去のできことで、現在成功するとは限りません。

成功事例は参考程度にしましょう。

まとめ

インターネット広告は常に発展しています。

本には著者の経験や最善策が記載されていますが、情報はどんどん古くなっていきます。

そのため、本を読む上で意識しなければいけないことは「知らないことをなくすために知識を蓄えること」です。

知識があれば、活用していくうちに理解も深まり、応用活用もできるようになります。

本屋情報は絶対に正しいとは限りませんので、参考程度にしましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ビジネスのノウハウを実践ベースで徹底的に追求するのがアクシグ。
世界で最も専門的で網羅的なコンテンツを提供し、ノウハウを惜しげもなく提供していきます。

目次