Facebook広告を最適化するポイントは?条件やコツを紹介!

Facebook広告は、作成して配信することがゴールではありません。より多くのユーザーからのコンバージョン(成果)を得るためには、広告の最適化が欠かせません。

広告の配信数が少なければ、十分な集客効果が得られません。だからと言って、広告をたくさん配信すれば、今度はコストの問題に直面します。最低限のコストで最大限の効果を発揮させるためにも、広告の最適化は必須です。

今回は、Facebook広告を最適化するポイントや、最適化の妨げになる点などについて紹介します。最適化によって広告効果を最大化させ、多くのユーザーを獲得できる広告を目指しましょう。

目次

コンバージョン最適化について

まずは、前提となるコンバージョン最適化について紹介します。ポイントを正しく理解するためにも、最低限の知識が必要なので、ぜひ頭に入れておきましょう。

ちなみに、最適化の作業はすべて自動で行われるため、自分でその都度細かな条件付けをする必要はありません。最適化の作業が大変だと思う人も、安心して目を通してください。

コンバージョン最適化の概要

Facebook広告には、独自の学習システムが備わっており、広告を作成した時の目的に応じて、より適切な広告配信を行うための学習を続けてくれます。

広告が表示された時のクリック率や時間帯、クリックしてくれたユーザーのデータ、クリックしてくれなかったユーザーの特徴などの情報が、主な学習内容です。これらの情報をもとに、よりパフォーマンスを発揮できる時間帯やユーザーへ、積極的に広告を配信するように改善されていくのです。

最初の設定をもとに、より最適な効果をもたらすように配信先を変えていくことが、コンバージョン最適化の大きな効果です。

コンバージョン最適化の条件

コンバージョン最適化には、適用の条件はありません。どんな広告であれ、設定時の条件付けをもとにして、配信を最適化させていくコンバージョン最適化を選択できます。

ただし、いきなり最適な広告配信が行えるわけではありません。最適化を実行するために必要なものについて、確認していきましょう。

コンバージョン最適化に必要なもの

コンバージョン最適化を行うためには、広告配信時にユーザーが起こしたアクションのデータが必要になります。データは多ければ多いほど最適化の精度が高まりますが、最低でも週に50件ほどは確保したいところです。

まずは最初の設定に従って広告配信を行い、配信時のユーザーデータを集めていきましょう。アクションを起こしたユーザーの特徴や時間帯をもとに、より高精度の広告配信が可能になっていきます。

コンバージョン最適化の設定方法

ここでは、コンバージョン最適化を行うための手順を、1つ1つ具体的に紹介していきます。順番通りに操作するだけで、だれでも簡単にコンバージョン最適化をしてくれる広告の作成ができます。

広告の作成は、基本的にプルダウンメニューから選択していくだけなので、難しく考える必要はありません。広告作成に自信がない人は、ぜひ目を通してください。

広告を作成する

まずは、正規の手順に則ってFacebook広告を作成していきます。

下記ページ左の「作成」をクリックして、広告の作成に取り掛かってください。

参考:Facebook広告の作成方法-Meta

目的の設定

広告作成時には、まず広告の目的を決定します。今回はコンバージョン最適化を行う必要があるため、「売上」を選択してください。

ここでほかの項目を選択すると、後の選択肢でコンバージョンが表示されないため、注意してください。

コンバージョンを設定

続いて、コンバージョンの場所とコンバージョンイベントを選択します。

コンバージョンイベントでは、「何をコンバージョンに設定するか?」を決定します。

例えば、コンバージョンイベントを「購入」に設定した場合、購入したお客様を基準に広告配信が最適化されます。

予算と掲載期間広告配信の設定

「広告セット」の項目の中から、「予算と掲載期間」を選びます。

オーディエンスの設定

オーディエンスの設定を行います。地域、年齢、性別などを選択して広告配信対象を決定します。

プルダウンメニューから選択するだけなので、簡単に選べます。

続いて、画面下部の「その他のオプション」をクリックしてください。

詳細オプション画面内にある「つながりの種類を追加」項目のプルダウンメニューをクリックし、目的に合った項目を選びましょう。

これらの項目で、配信対象を決定します。どんなユーザー層に広告を表示させたいのかを考えながら、項目を選んでください。

広告を配信

残りの広告の形式やリンク先などの設定を行い、広告を完成させましょう。配信することで、設定した目的に沿って広告が自動的に学習し、少しずつ最適化されていきます。

広告の設定は配信後でも自由に変更できるため、まずは広告を完成させて配信し、成果を見ながら設定を変えていきましょう。

最適化の種類

最適化の選択肢は、一つではありません。Facebook広告には、主に「クリック最適化」と「ランディングページビュー最適化」の2種類が存在します。

ここでは、それぞれの最適化について紹介します。違いや特徴を理解することで、広告ごとにより効果的な最適化をうまく使い分けていきましょう。

クリック最適化

文字通り、広告をクリックしたユーザー情報をもとに、広告を最適化させる仕組みです。リンクをクリックしてくれそうなユーザーに対して、よりたくさんの広告を配信します。

ランディングページビュー最適化

ランディングページとは、ユーザーが広告をクリックした先にある広告用の商品ページです。配信された広告をクリックし、ランディングページ上でアクションを起こす可能性のあるユーザーに対して、より多くの広告を配信するように最適化する仕組みといえます。

差別化できる点

クリック最適化が、広告をクリックしてくれそうなユーザーに対して広告配信するようになるのに対して、ランディングページビュー最適化は、広告をクリック後にランディングページで何らかのアクションをとってくれそうな人に対して、広告配信を狙います。

クリック最適化が幅広い対象に広告配信を行える一方で、ランディングページビュー最適化は条件が厳しいため、配信対象のユーザーが限られます。ただし、対象を絞る分、ターゲット一人当たりの期待値は、圧倒的にランディングページビュー最適化の方が高くなります。配信数が少ないため、コストパフォーマンスにも優れる点はメリットです。

一般的に、より多くの人に知ってもらう目的の広告であれば、クリック最適化が適切です。明確なアクションを起こしてくれるユーザーを、ピンポイントで狙うのであれば、ランディングページビュー最適化を活用しましょう。

最適化しづらい広告の特徴

最適化の設定を行ったにもかかわらず、最適化が働かない場合、広告を作成した際の設定に問題がある可能性が高いです。設定を変更し、最適化が正常に機能するようにしましょう。

ここでは、最適化が機能しづらい広告の特徴について紹介します。広告は何度でも設定の変更ができるので、作成した広告を見直して、より効率的に最適化が行えるようカスタマイズしてください。

広告セットが分割されすぎている

広告セットの分割数が多すぎると、正確なデータ収集ができません。各広告でデータが分散してしまうため、最適化に十分なデータ数を得られないからです。

一般的に、最適化には週に50件以上のコンバージョンが必要とされています。細分化した広告の中に条件を満たせないものがあるなら、統合してより多くのデータ収集が可能な状態にしましょう。

広告を統合する際は、なるべくターゲットがかぶっているものを選びましょう。広告ごとにターゲットを分散させることで、それぞれの広告から集積される情報の質が高まり、最適化の速度がアップします。

発生しにくいコンバージョンが最適化の条件になっている

高額商品をはじめとした、購入が発生しにくい商品やサービスは、購入を条件にしているとなかなか情報が集まらず、最適化ができません。

最適化の条件を購入達成にするのではなく、ページの閲覧やカートへ追加した場合など購入に至る手前の段階にコンバージョンを設定にしましょう。商品の購入よりもハードルが下がる分、コンバージョンの件数が増えるため、最適化が機能するようになります。

ターゲットを絞りすぎている

広告のターゲットは、狭くするほど一人当たりの期待値が高くなります。しかし、あまりにターゲットを絞りすぎると、今度は該当するユーザーが少なすぎて、広告の配信が行われなくなってしまいます。

一定数に広告が配信されなければ、最適化に必要な情報が集まりません。広告の大きな方向性はそのままに、少しずつ条件を緩めて、ターゲットとなるユーザーを増やしていきましょう。

こまめに設定を変えてしまっている

短期間で設定を変更すると、集積したデータがリセットされてしまうため、情報が集まりきらず最適化が行われません。ある程度の情報を収集するまでは、同じ設定のまま広告配信を続けてください。

新しい広告を配信したばかりでは、まだ情報も少ないため、最適化は実行できません。最低でも一週間は今の設定を維持し、自動で最適化されるのを待ちましょう。

最適化対象の選択

Facebook広告の最適化は、コンバージョン獲得のため以外にも活用できます。目的に応じて最適化対象を変えることで、広告の目的を達成できる可能性がより高くなります。

ここでは、選択できる最適化対象について紹介します。広告作成時には、配信の目的も明確にしておき、適切な最適化対象を選びましょう。

ブランドの認知度を上げたい

自社ブランドの認知度向上を目的とする場合は、「広告想起リフト」を選びましょう。後になって広告を思い出すユーザー数を最大化させるように、広告を配信していきます。

具体的なアプローチとしては、広告を見てから一定時間以内に、広告を思い出しそうなユーザーに対して再度広告配信を行うといった具合です。気になったタイミングで再度広告が表示されることで、多くのユーザーに対して認知度を高められます。

とにかくたくさんの人に広告を見てほしい

より多くの人に広告を配信したいなら、「リーチ」または「インプレッション」を選びましょう。どちらも不特定多数のユーザーに対して、効率的に広告配信を行える点がメリットです。

「リーチ」の場合は、条件を問わず、多くのユーザーに対して広告配信を行います。対して「インプレッション」は、ある程度条件付けしたユーザーに対して、複数回広告表示を行うという方法を取ります。

興味を持ってくれそうな人を狙う

自社商品に興味があったり、購入してくれたりしそうな人を狙う場合は、今回のテーマである「コンバージョン」を選びましょう。

広告を配信する中で、コンバージョンしてくれたユーザーの特徴や時間帯を分析しながら、徐々に広告の精度を高めていきます。

動画を配信したい

広告の目的が動画を見てもらうことなら、「ThruPlay」や「動画の2秒以上の継続的な再生」を選びましょう。

「ThruPlay」の場合、15秒以上動画を視聴してくれそうなユーザーを最大化するように、最適化していきます。対して、「動画の2秒以上の継続的な再生」では、2秒以上の動画視聴者数を最大化するように、最適化されます。

まとめ

Facebook広告は、最適化を繰り返すことで、より広告の精度を高められる点がメリットです。しかし、最適化のための情報が不足していたり、こまめに設定を変えたりしていては、最適化が適用されず広告の効果を十分に得られません。

とにかくたくさん配信すれば間違いなく成果は出ますが、広告配信にかかるコストがかかる点も無視できません。広告のコストパフォーマンスを最大に保つためにも、最適化は必須の作業です。

今回紹介した内容を参考に、広告の目的や配信したいターゲットに応じて、最適化の設定を行っていきましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ビジネスのノウハウを実践ベースで徹底的に追求するのがアクシグ。
世界で最も専門的で網羅的なコンテンツを提供し、ノウハウを惜しげもなく提供していきます。

目次