【Facebook広告】クレジットカードで支払い拒否エラーが起きた時の原因と対処法も

「Facebook広告は、どうやって支払えばいいのだろう」
「支払い方法はクレジットカード?それとも銀行口座の引き落とし?」

Facebook広告を利用するには、適切な支払い方法を選択し、広告料を確実に支払う必要があります。
もしも支払い方法を間違え、エラーが起きてしまうと、広告料を支払っていないことになり問題が発生する可能性があります。
支払いのトラブルが原因で広告アカウントが停止されてしまったら、Facebook広告を使うこともできなくなってしまいます。
そのため、Facebook広告を扱う人や企業での担当者は、支払い方法をきちんと把握し、正しく設定する必要があります。

この記事では、Facebook広告の正しい支払い方法について解説しています。
エラーが起きてしまい、支払い拒否になったときの対処法についても解説しているため、最後まで読みしっかりと理解しておきましょう。

目次

Facebook広告の支払い方法と注意点

Facebook広告の広告料を支払う際、利用可能な支払い方法は以下3種類があります。

・クレジットカード、もしくはクレジット機能付きのデビットカード
・PayPal
・オンラインでの銀行振り込み

担当者や企業の考え方に応じて、支払い方法を選びましょう。
たとえばクレジットカードやPayPalは、他の経費と同じようにあつかえるため、管理が別になる煩わしさはありません。
しかし、オンラインでの銀行振り込みは手動決済となるので、別の管理が必要となります。
どのようにFacebook広告を管理するのかで異なると思いますので、まずはこれらの支払い方法を理解し、判断材料としてください。

支払い方法1.クレジットカード/クレジット機能付きのデビットカード

Facebook広告の広告料を支払うとき、最もオーソドックスな方法と呼ばれるのが、クレジットカードです。
クレジットカードは使った分だけを請求してくれるので、管理もしやすく、こちらからアクションを起こす必要もありません。
そのため、多くの人がFacebook広告料の支払いにクレジットカードを使っています。
クレジットカードだけではなく、クレジット機能付きのデビットカードの利用もできるので、使い方によってはデビットカードの方が使いやすい方もいるかもしれません。
クレジットカードは、Facebook広告の支払い方法を設定する画面で、クレジットカードの設定を行うだけで利用可能です。
Facebook広告料金の支払いに対応しているクレジットカードは、以下の4種類です。

・American Express
・Visa
・Mastercard
・JCB

支払い方法2.PayPal

PayPalはオンラインで使える決済サービスのことです。
近年は使う国も増えてきており、日本でも頻繁に見られるようになりました。
そのため、Faebook広告でも同じように、PayPalを利用することで広告料の決済が可能です。
PayPalでの支払いで使われている、メジャーな通貨は以下の通りです。

・米ドル
・日本円
・ユーロ
・英ポンド

詳しくは、Facebookのヘルプページ「PayPalで利用できる通貨」に記載されているので、確認してみましょう。

参考:PayPalで利用できる通貨

支払い方法3.オンライン銀行振り込み

Facebook広告の支払いには、オンライン銀行振り込みも利用可能です。
しかし、Facebook広告のヘルプページ「Facebook広告で利用できる支払い方法」を確認すると、日本ではこの方法は利用不可能となっているため注意してください。
オンライン銀行振り込みをおこなうためには、以下の条件が必要です。

・初期設定で手動決済を設定しなければならない

初期の段階で手動決済を設定していなければ、オンライン銀行振り込みに設定することはできません。
つまり、一度自動決済にしたあとは利用ができないので、気を付けてください。
オンライン銀行振り込みは、事前に使う分の金額をチャージする使い方になります。

参考:Facebook広告で利用できる支払い方法

【注意】銀行引き落としはできない

Facebook広告は、銀行引き落としに対応していません。
しかし、日本では対応していないだけで、ほかの国であれば対応しています。

「会社用のクレジットカードはない」
「ほかの経費と同じく引き落としにしたい」

このように考えている方も多くいるでしょう。
しかし、Facebook広告が対応していないので、銀行引き落としはあきらめた方が無難です。
今後のアップデートに期待するしかないでしょう。

どうしても銀行引き落としでなければ困る方は、おそらく残高管理をおこないたいから引き落としにしたいと考えているはずなので、PayPalやクレジット機能つきのデビットカードなどを利用すると、近い使い方ができるかもしれません。

Facebook広告の支払いのタイミングとは?

Facebookの支払いには、以下2つの種類があります。

・自動決済
・手動決済

どの方法を選ぶかによって、支払いのタイミングは異なります。

自動決済

Facebook広告の支払い方法としてクレジットカード、PayPal、デビットカードを設定すると、自動決済になります。
Facebook広告での自動決済の考え方は、一般的なものとは少し異なります。
支払い単位額と呼ばれる、設定されたある一定の金額に達した場合、自動的に請求がおこなわれることを自動決済と言います。
たとえば、支払い単位額を5,000円に設定していた場合、Facebook広告料が5,000円を超えるまでは請求されません。
しかし、一度自動決済に設定してしまうと、ほかの支払い設定に変更することはできないので注意が必要です。

手動決済

Facebook広告での手動決済も、通常の手動決済とは考え方が異なります。
Facebook広告で設定できる手動決済は、あらかじめ金額を設定し、残高を管理する方法です。
自動決済は、クレジットカードなどを登録すると自動的に請求されますが、手動決済の場合は、自ら金額を設定し、設定した金額からお金が引き落とされていく仕組みです。
そのため、あらかじめ余裕をもって金額を設定する必要があり、もしも途中で残高が足りなくなった場合は、広告が停止されてしまう可能性もあります。
Facebookでは、サーバーが落ちないよう頻繁な請求をしない仕様になっているため、広告担当の人が毎日しっかりと残高管理をおこなわなければいけません。

請求書の発行も遅いため、知らない間に残高が足りなくなっており、請求書が発行されるまでの間、実は広告が停止されていた、ということもありえます。
そのため、手動決済を設定した場合は、常に残高管理をおこない、広告アカウントのメンテナンスも大切にしてください。

Facebook広告でシステムエラーが起きてしまう原因3選

Facebook広告の支払い時に、なぜかシステムエラーが起きてしまうこともあります。
登録している口座番号や、クレジットカードの番号が間違っていないか、まずは確認してみましょう。
それでもエラーが起きてしまう場合、考えられる主な原因は以下の3つです。

・決済できない支払い方法を設定している
・利用しているカードにCVV(セキュリティー)コードがない
・ほかのアカウントと支払い方法がかぶっている

決済できない支払い方法を設定している

Facebook広告は、上述してある通りクレジットカード、PayPal、オンライン銀行引き落としのいずれかで支払うことになります。

しかし、住んでいる国や地域によっては、利用できる支払い方法が異なります。
そのため、もしも日本から別の国に引っ越した場合、日本で使っていた支払い方法がその国では使えない、ということもあり得るでしょう。
国によって支払い方法が異なるため、意識していないとこういった事態に陥ることもあり得ます。

Facebookのヘルプページ「Facebook広告で利用できる支払い方法」を確認し、実際に使える支払い方法を確認することが大切です。

参考:Facebook広告で利用できる支払い方法

利用しているカードにCVVコードがない

CVVコードとは、クレジットカードのセキュリティコードのことを指しています。
CVVコードはクレジットカードによって桁数が異なりますが、3~4桁が主流です。
CVVコードはクレジットカードの悪用防止に役立つため、近年は必ず問われることが多いです。
そのため、CVVコードのついていないクレジットカードでは危険と判断され、使えないこともあります。

クレジットカードやクレジット機能付きのデビットカードを使用したい時は、CVVコードが記されているセキュリティ機能の高いカードを利用してください。

ほかのアカウントと支払い方法がかぶっている

ほかにも広告アカウントを持っており、同じ支払い方法を設定している場合は、エラーが起きてしまいます。
同じクレジットカードを登録しようとすると、悪用されていると判断される可能性もあるため、複数のアカウントを運用する場合は、別々のクレジットカードを用意しましょう。
アカウントに合わせた支払い方法を設定するのは、面倒に感じるかもしれません。
しかし、安全に運用するためには必要な設定だと考えましょう。

Facebook広告で起きるシステムエラーの対処法9選

Facebook広告で支払い方法を設定したあと、システムエラーが発生することはよくあります。
エラーが起きた際、焦らずに対処するために、以下9個の対処法をおこなってみてください。

・カードの利用可能残高を確認する
・カードの有効期限を確認する
・カードの番号は間違っていないか確認する
・支払い方法を変更してみる
・銀行口座の番号が間違っていないか確認する
・銀行口座の残高を確認する
・支払い単位額を減らしてみる
・決済プロバイダーに問い合わせる
・Facebook公式に問い合わせる

カードの利用可能残高を確認する

支払い方法の設定がクレジットカードや、クレジット機能付きのデビットカードの場合、まずはカードの利用可能残高を確認してみましょう。
もしも請求額に見合わない利用可能残高の場合は、早急に設定を変える必要があります。
つまり、請求された金額が支払えるよう、利用可能残高を増額しエラーが起きないよう対処しましょう。

カードの有効期限を確認する

クレジットカードやデビットカードを利用しているときは、有効期限を確認してください。
カードの有効期限は、多くの場合カード番号の下に記されているはずです。
有効期限が過ぎている場合カードは利用できないので、システムエラーが起きてしまいます。
その場合は、カード会社から新しくカードを送付してもらい、再度新しいカードを登録しましょう。

カードの番号は間違っていないか確認する

クレジットカードやデビットカードの番号を、間違えて登録している可能性もあります。
カードの番号は多くの場合16桁もあるので、間違えてしまうこともあるでしょう。
システムエラーが起きてしまった場合は、再度慎重にカード番号を見直してみてください。

支払い方法を変更してみる

支払い方法を再設定してみると、エラーが解消されるかもしれません。
Facebook広告から支払い管理を選択し、支払い設定の変更を行いましょう。

再度登録し直すか、違うクレジットカードを登録するなどして、もう一度設定をおこなってみてください。

銀行口座の番号が間違っていないか確認する

銀行口座を設定している場合、口座の番号を間違えて登録している可能性もあります。
その場合は、クレジットカードと同じように設定を見直してみましょう。
ネット銀行を使っているのであれば、口座番号は手打ちではなくコピーアンドペーストした方が、正確に設定ができます。

銀行口座の残高を確認する

銀行口座に預金されている金額よりも、請求額の方が高くなっているとシステムエラーが起きる原因となります。
銀行口座には余裕をもった金額が入っていることを、確認しましょう。
足りないと感じた場合は、入金するか、元々の支払い方法を変更する選択もあります。

支払い単位額を減らしてみる

支払い単位額が高すぎるため、登録しているクレジットカードの利用限度額を超えている可能性があります。
そういった場合は支払い単位額を低く設定し直し、分割する方式をとりましょう。
しかし、通常の分割払いとは異なり、この場合はすべての料金を支払わないと広告が表示されなくなります。
支払い単位額を下げる際は、こういった危険があることも理解しておこなってください。
支払い単位額の設定変更は、支払い管理のページから確認ができます。

決済プロバイダーに問い合わせる

クレジットカードの番号も、利用限度額も不備がない場合、考えられるのは決済におけるエラーかもしれません。
決済プロバイダーに直接連絡し、エラーの原因を確認してみましょう。
PayPalは決済プロバイダーの1つです。
PayPalを使っている場合は、直接連絡してみると良いでしょう。

Facebook公式に問い合わせる

困ったときは、Facebookに直接問い合わせるほうがスムーズに解決します。
以前までは、ヘルプページに問い合わせのチャットがおかれていたため分かりやすかったですが、2022年8月現在はチャットが見つかりにくくなりました。
現在は、ヘルプがまとまっている記事がトップページに置かれており、一つ一つ確認すると、一番最後に「こちらから問い合わせてください」と書かれています。
そのため、Facebook公式の「広告料金の支払いに関するお問い合わせ」にて問い合わせるようにしてください。

参考:広告料金の支払いに関するお問い合わせ

Facebookの支払い方法を正確に設定し広告を発信しよう!

Facebookの広告には3つの支払い方法がありました。
しかし、日本ではオンラインでの銀行引き落としができないため、実質クレジットカードかPayPalのみとなります。
また、支払い方法によってはシステムエラーが起きることもあるので、設定する際は慎重に確認しながら設定しましょう。
エラーが起きた際は、対処法を確認してください。
「確認しなかったせいで広告が表示されなくなってしまった!」という事態に陥らないよう、気を付けましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ビジネスのノウハウを実践ベースで徹底的に追求するのがアクシグ。
世界で最も専門的で網羅的なコンテンツを提供し、ノウハウを惜しげもなく提供していきます。

目次