物販

Faceook広告のドメイン認証とは?認証の必要性や手順を紹介!

Facebook広告を利用する際にぜひやっておきたい手続きが、ドメイン認証です。任意なのでやっていない方も多いですが、一度手続きを済ませれば多くのメリットがあるため、やらないのはもったいないです。

今回は、ドメイン認証の必要性や方法について紹介していきます。ドメイン認証をしていない方はもちろん、ドメイン認証が良く分かっていない方に対しても分かりやすく解説するので、ぜひ目を通してください。

ドメイン認証とは

初心者のうちは、ドメイン認証という言葉の意味がよく分からない方も少なくありません。まずはドメイン認証の意味について解説するので、頭に入れてください。

Facebookにおけるドメイン認証

ドメイン認証とは簡単に言うと、利用しているコンテンツの安全性を高めるものです。意味合いとしては、本人確認をして所有権を取得するようなものだと考えてください。

Facebookにおけるドメイン認証とは、情報の信用度を高めるためにドメインの所有者であることを証明する機能です。ドメイン認証を行うことでコンテンツの信憑性が高まるため、メリットが多いです。

ちなみにドメインとは、数字の羅列であるIPアドレスを文字列に変換したものを表します。例えば「https://www.google.com」の内、「google.com」の部分がドメインです。

ドメイン認証の必要性

ドメイン認証は任意ですが、実際にはやっておくことで多くのメリットが得られます。やらないことに対してデメリットも存在するため、任意と言いつつも実際にはほぼ必須の設定です。

この項目では、ドメイン認証の必要性について紹介します。Facebook広告を利用するのであれば、可能な限りドメイン認証を行ってください。

ドメインの悪用を防止できる

ドメイン認証を行えば、利用しているドメインの所有権を認められることになります。

所有権が認められたドメインは、他のユーザーが勝手に編集したり配信するといったことができません。そのため、ドメインの不正利用や悪用対策になるのです。

ドメイン認証を行っていないと、外部ユーザーからのアクセスに対してドメインが無防備になってしまいます。自分の広告を守るためにも、ドメイン認証はとても重要です。

広告アカウントの信頼性がアップする

ドメイン認証を行っているアカウントは、運営からの信頼性がアップします。具体的なメリットとしては、広告の停止措置を受けにくいことが挙げられます。

例えばポリシーにやや抵触する広告を配信した場合、ドメイン認証を行っていないと運営から広告の停止措置を受けやすくなります。もちろん完全にアウトな広告の配信はできませんが、いわゆるグレーゾーンとみなされ寛容な判断をされやすいです。

広告の停止は可能な限り避けたいので、広告アカウントに信用を持たせるドメイン認証は非常に大切と言えるでしょう。

代理店での委託運用が楽に行える

ドメイン認証は自分がアクセスする時だけでなく、代理店へ委託運用する際もメリットがあります。

ドメイン認証をせずに代理店に委託をした場合、代理店がアクセスや操作を行うたびにログイン認証を求められます。お互いに余計な作業が増えるうえに、広告の配信が遅れればそれだけビジネスへの影響も大きいです。

ドメイン認証さえ済ませておけば、代理店側で作業が完結するため自分がいちいちアクセス許可を出す必要がありません。代理店への委託運用における作業を効率化させるためにも、ドメイン認証は重要です。

広告パフォーマンスの低下防止対策ができる

ドメイン認証は、広告パフォーマンス(質)の低下を防ぐ役割もあります。

Facebook広告では、ドメイン認証を行っていないドメインを広告のリンク先に設定した場合、広告パフォーマンスに悪影響を及ぼす可能性が高いです。広告パフォーマンスは掲載頻度や単価などに影響を与えるため、なるべく質の高い広告が求められます。

ドメイン認証を済ませるだけで、広告パフォーマンスの低下をある程度抑えられるため、広告を配信するならドメイン認証は必須と言えます。

広告オークションで有利になる

ドメイン認証を行ったアカウントの広告は、配信時のオークションでも有利です。具体的には、より多くの広告が掲載されたり、広告費用が安くなるといった効果があります。

同じ広告でも、ドメイン認証を行った広告の方が優先的に掲載されます。広告の掲載数を増やして多くの人に見てもらうためにも、ドメイン認証を済ませておきましょう。

ドメイン認証の方法

Facebook広告でのドメイン認証には、3通りの方法があります。

  • メタタグの利用
  • HTMLファイルの利用
  • DNS TXTレコードの利用

どの方法を利用してもいいので、自分のやりやすいものを選びましょう。この項目では、それぞれの方法でドメイン認証を行うやり方を紹介していきます。

ドメイン認証の下準備

ドメイン認証を行う前に、まずは認証用のドメインをビジネスマネージャにあらかじめ登録する必要があります。手順は以下の通りです。

まず、ビジネスマネージャを開いて「ビジネス設定」→「ブランドセーフティ」→「ドメイン」の順にクリックしてください。

「追加」をクリックして「あなたのドメイン」欄に今回追加したいドメインを入力しましょう。入力が完了したら「追加する」をクリックします。

登録が完了したら、先ほどと同じ手順で「ドメイン」までクリックしてください。ここまでの流れは、3種類すべての方法に共通しています。

メタタグを利用した認証方法

ドメイン一覧に先ほど登録したドメインがあるので、そちらをクリックしてください。画面右側のプルダウンから「HTMLソースコードにメタタグを追加する」を選びます。

表示されたメタタグの文字列をコピーし、ホームページ内のHTMLソースに貼りつけましょう。ホームページ内にメタタグがあることを確認したら、「ビジネス設定」画面から「ドメインを認証」をクリックします。

メタタグを対象のホームページ内に直接貼りつけるため、確実性が高い点がメリットです。ただし、メタタグやウェブサイトへの知識が必要な方法でもあるので、知識に不安がある人は他の方法を選んでも大丈夫です。

HTMLファイルを利用した認証方法

ドメイン一覧に先ほど登録したドメインがあるので、そちらをクリックし、画面右側のプルダウンから「ルートディレクトリにHTMLファイルをアップロードする」を選びます。

画面右側にある「HTML verification file」をダウンロードしましょう。続いて、認証するドメインのルートディレクトリ(一番上のディレクトリのこと)に先ほどダウンロードしたファイルをアップロードしてください。

アップロード先のホームページで、認証コードが表示されていることを確認したら、「ビジネス設定」画面に戻り、「ドメインを認証」をクリックします。

1つ注意点として、ダウンロードしたファイルは何かしらの変更を加えると使用できません。必ずダウンロードした状態そのままのファイルをアップロードしてください。

DNS TXTレコードを利用した認証方法

ドメイン一覧に先ほど登録したドメインがあるので、そちらをクリックします。次に、画面右側のプルダウンから「ドメインレジストラーでDNS TXTレコードを更新する」を選んでください。

ドメインレジストラー(ドメインを取得した場所)でDNSレコードセクションを見つけ、各ドメインホストの方法に従ってDNSTXTレコードを追加します。

DNS TXT検索ツールを使い、レコードが更新されているか確認したら、「ビジネス設定」に戻り、「ドメインを認証」をクリックしてください。

DNSレコードの場所やTXTを追加する手順がドメイン元のホームページごとに異なるため、最も間違えやすい方法と言えます。専門用語に詳しくないのであれば、他の方法を活用したほうがミスを減らせます。

Facebookページとドメインの紐づけ

ドメイン認証が完了したら、Facebookのページとドメインの紐づけを行いましょう。手順は以下の通りです。

「ビジネス設定」→「ブランドセーフティ」→「ドメイン」の順にクリックしてください。

該当するドメインを選択して、「アセットを追加」をクリックしましょう。

これで紐づけは完了です。複数のFacebookページを利用したい場合は、それぞれにドメインを紐づけることで、全てのFacebookページで共有が可能です。

代理店とドメインを共有する方法

Facebook広告を代理店に依頼する際は、ドメインを共有させることで認証の手間を省けます。手順は以下の通りです。

「ドメイン」画面上部にある「パートナー」→「パートナーを割り当て」の順にクリックします。「パートナーのビジネスID」の欄に依頼する代理店のビジネスIDを入力し、「次へ」をクリックしてください。

以上で作業は完了です。代理店側でドメインにアクセスできるため、自分の認証なしに作業が可能になります。

合算イベントの測定

ドメイン認証が完了した後に行う設定として、合算イベント測定が挙げられます。簡単に言うと、AppleのiOS14以降のOSを利用しているユーザーを測定するために必要な設定です。

iOS14以降のユーザーは標準設定で、トラッキングを許可したユーザー以外とのデータ共有ができません。そのため、ユーザー側のデータを守りつつこちらから広告を配信するためには、合算イベント測定の設定が必要なのです。

制限と最適化

合算イベント測定では、取得できるイベント数が制限されるものの、最低限のトラッキングが可能になります。具体的には、各ドメイン毎に8件のコンバーションイベント(広告配信などの動作のこと)が最適化されるといった具合です。

8件のコンバーションイベントに設定されたもの以外は最適化の対象外なので、広告の配信や受け取りに制限が課せられます。多くの広告を配信している場合は、それぞれに優先順位をつけた上で、どの広告を最適化させるかが重要です。

現在は利用者の半分近くがトラッキングを許可していないため、普通に広告を配信しても多くのユーザーに届かなかったり、情報を反映できなかったりするケースが多いです。そのため、合算イベント測定を活用して、広告の配信を最適化することは必須だと言えます。

イベントの優先順位

合算イベント測定の際に重要なのが、イベントごとの優先順位です。優先度の高いイベントほど、確実に測定を行います。

Facebook広告では、オプトイン(ユーザーに許可を求めて配信した広告)の場合は合算イベント測定で設定した8件のイベント全てを測定可能です。一方で、オプトアウト(ユーザーに無許可で配信した広告)の場合、測定できるイベントは8件中1件だけです。

オプトアウトの際にどのイベントを測定するか優先順位をつけることで、必要な情報を確実に入手できます。また、最優先のイベントがうまく測定できなかった場合に備えて、2番目以降の優先順位も設定しておきましょう。

合算イベント測定の設定方法

ドメイン認証が済んでいるケースでの、合算イベント測定の方法について紹介します。手順は、以下の通りです。

「ビジネスマネージャ」を開き、左上のメニューから「イベントマネージャ」→「合算イベント測定」の順にクリックします。

「合算イベント測定」をクリックし、続いて画面中央の「ウェブイベントを設定」をクリックしてください。

設定するドメインの「イベントを管理」→「編集」をクリックし、「イベントを追加」から設定するイベントを選択します。一度イベントを編集すると、72時間再編集ができないので注意してください。

続いて、追加したイベントをドラッグし、優先順位を設定しましょう。

追加及び優先順位付けが終わったら、画面右下の「適用」をクリックして完了です。対象のイベントが表示されない場合は紐づけがうまくいっていない可能性があるため、設定を確認してください。

設定ができない場合の対応

合算イベント測定で設定ができない場合、考えられる原因は次の2点です。

  • ドメイン認証が完了していない
  • ドメイン認証を行ったのが別のビジネスマネージャである

どちらにしても、設定したいビジネスマネージャがドメイン認証されていないことが要因となります。

ドメイン認証が完了していない場合は改めてドメイン認証を行えばOKです。別のビジネスマネージャでドメイン認証をしている場合、自社での合算イベント測定の編集はできないため、既に認証済みのビジネスマネージャ側に設定したいイベントを共有することで設定できます。

共有の際は、ドメイン認証済のビジネスマネージャからパートナー割り当てを受けていることと、ビジネスIDの共有を受けていることが条件になっています。

ドメイン認証でエラーが出た場合

ドメイン認証は慣れない操作が多いため、初めての方は様々なエラーに直面するケースが多いでしょう。この項目では、比較的発生しやすいエラーと対処法を紹介しますので、うまくドメイン認証が行えない方は参考にしてください。

ドメインの追加ができない

ドメイン認証時に入力を誤ると、ドメインの追加に失敗するケースがあります。また、文字列が合っていてもフォーマットが異なる場合は、同様に追加ができません。

ドメインの範囲を正確に把握し、過不足ない入力が重要です。例えば、プレフィックス表記(http://の部分)やサブページ部分(ドメイン最後尾)が残っていると、追加に失敗するのでよく確認してください。

ドメインの追加はできたが認証ができない

追加したドメインが認証されない場合は、フォーマットが異なっているケースが多いです。特にサブドメイン(例:https://shopping.yahoo.co.jp/の「shopping」の部分)が入り込んでいるとエラーが出やすいので注意してください。

また、上記で紹介した3種類の認証方法に不手際があった際も、このタイプのエラーになりやすいです。特に間違えやすい箇所としては、以下が挙げられます。

  • メタタグの挿入位置が違う
  • ルートディレクトリへのアクセスを管理者として行っていない
  • ホストフィールドに必要な@記号を使っていない

ドメイン認証をしても未承認状態になっている

ドメイン認証には、設定から反映まで時間がかかる場合があります。設定の反映までに数日を要するケースもあるため、設定直後に承認状態になっていなくても慌てずに待ちましょう。

また、ドメイン認証は定期的にFacebook側からチェックされます。何らかの事情で設定が解除された時のために、認証時に利用したメタタグやTXTレコードなどの情報はどこかに保存していつでも再利用できるようにしておくことが大切です。

まとめ

ドメイン認証を行うことで、広告配信者としての信用を高めたり不正利用を防止したりと様々なメリットがあります。ビジネスマネージャからすぐに設定できるため、Facebook広告を利用するなら必ずドメイン認証を行ったほうが良いでしょう。

また、ドメイン認証に合わせて、合算イベント測定の設定も忘れずに行いましょう。多くのユーザーに広告を配信したり、適切なフィードバックを受けたりするためには必要な設定です。

ドメイン認証の有無によって、配信した広告の影響力は大きく異なります。広告効果を高めたりマーケティングを最適化したりするためにも、ドメイン認証は非常に重要です。

ところで、ビジネスで成功するためには独学よりも体系化された教材やサービスを活用して学ぶ方が結果が早く出ます。

ここではアクシグ編集部が予め登録した上で責任者に直接取材をし、有用性を確認した教材やサービスのみを厳選してご紹介します。無料ですのでお気軽にご登録またはご相談ください。

【限定公開】成功者続出の秘密のノウハウ

日本未上陸のノウハウで先行者利益が得られる大チャンス到来!

  • 月間利益195万円を突破した本人による最新成功事例の紹介
  • 世界トップ3位の日本人が誰も知らない革命的販売手法とは
  • アカウント停止リスクの無い安全なビジネスモデル
  • 無在庫でも販売できる最新の方法
  • Amazonの5倍成長しているマル秘プラットフォームとは
  • 利益率80%超えの超マル秘仕入れ手法

など、日本ではまだ知られていない秘密の情報をお届けします。

あなたのビジネスを成功させるために、今すぐ限定情報を入手してください。

【漫画で分かる】無在庫輸入物販ビジネス

アメリカやヨーロッパの商品を日本の「Amazon」などで 受注をしてから仕入れる無在庫方式の販売方法を解説しています。

  • まとまった資金がなくてもスタート可能!
  • 取り寄せ式なので大量の在庫を抱えなくて良い!
  • ネットで完結なので自宅でできる!

1つの商品の販売で1万円以上の利益を得ることもでき、 効率良く手元の資金が増やすことができます。

あなたもぜひ無在庫欧米輸入ビジネスで、 堅実な収入の柱を一緒に作りませんか?

【無料相談】Biz English

ビジネス英語は3ヶ月でマスターできます!

インターネットの買い物に慣れてくると、アメリカのアマゾンやeBayで購入したり出品したりしたくなるでしょう。英語ができなくてもGoogle翻訳やDeepLなどのツールを使えば始めるのは簡単です。

ところがクレームや返金などが発生すると機械翻訳では上手く交渉できません。金額が大きくなりビジネスレベルになるとなおさらリスクが高くなります。

ビズイングリッシュはビジネス英語専門の英会話スクールです。受講生は全くのゼロから英語でアカウントを復活させたり、海外の展示会で交渉に成功したりと幅広く活躍をしています!

今すぐビジネスレベルの英語力を身につけましょう!

[class^="wpforms-"]
[class^="wpforms-"]
[class^="wpforms-"]
[class^="wpforms-"]