物販

Facebook広告レポートの作成方法!よくある悩みの解決方法も併せて解説

SNSに広告を掲載したら、その効果のデータをレポートにまとめましょう。集まったデータを分析することにより、更なるパフォーマンスの向上を目指すのです。

また、第三者から依頼されている場合は、広告の結果を分かりやすく報告しなければなりません。本記事では、レポートの作り方から報告に至るまでの流れを詳細に解説していきます。資料を作る際の具体的な方法が分からない方は、ぜひご覧になってください。

広告レポート機能とは?

広告レポート機能」とは、何ができる機能のことなのでしょうか。

この項目では、その内容と役立て方について、詳しく解説していきます。

どのようなことができるのか

SNSに掲載した広告のパフォーマンスを、分かりやすくまとめてくれるのが「広告レポート機能」です。手早くレポートを作成したい場合には、テンプレートを使うと、簡易的に内容をまとめられるのでおすすめです。

さらにこだわったレポートを作りたければ、内容を細かく指定して書き出すことも可能です。例えば、若年層の女性向けに事業を展開している場合、「女性」「10~20代」などという条件に絞って結果を分析できます。また、複数の条件を並べてグラフ化することも可能なため、性別によるパフォーマンスの違いなども視覚的に理解しやすくできます。

宣伝のパフォーマンス改善に役立つ

まとめたデータは、宣伝のパフォーマンスを確認したり、改善したりすることに役立てられます。狙ったユーザー層へのアプローチが成功しているか、成果率はどれほどかといった数字を分析することで、改善策が見えてくるというわけです。

また、「宣伝→レポートの作成→改善」の作業を繰り返し行うことで、パフォーマンスの向上にもつながります。宣伝の効果を最大限引き出すためにも、とても重要な作業と言えるでしょう。

押さえるべきポイント

確認ができるデータの種類はたくさんありますが、必ずしもそのすべてをレポートにまとめる必要はありません。必要なものだけをピックアップしてまとめることで、分かりやすい報告書を作成できます。この項目では、特に重要視すべき要素を5つに絞って紹介していきます。

インプレッション

インプレッション」は、広告が何回表示されたのかを示すデータです。ページが見られた回数を単純に計算するため、同じユーザーが何度もページを見た場合も、その回数分がカウントされます。

一方、動画を用いた場合は、再生されなかったとしても回数が加算されます。広告を最後まで観たかどうかまでは分からないため、分析をする際は注意しましょう。たとえ表示回数が多くても、内容に興味を持つユーザーが少なければ成果にはつながらないのです。

リーチ

リーチ」は、どれだけ広告が表示されたか、見た人の人数を示すデータです。こちらは、一人に対して複数表示された場合であっても、結果は「1」となります。宣伝がたくさんの人に届いているかどうかを確認したい時に役立つでしょう。

フリークエンシー

フリークエンシー」は、1人に対して表示された回数の平均値を表すデータです。この値を適度に保つことで、知名度の向上につながります。ただし、この数字は高ければ高いほど良いというものではなく、なるべく少なめにキープするのが好ましいとされています。あまりにも同じ広告が何度も表示されると、飽きが来てしまい、表示される回数が多すぎるというだけで、不満につながるケースもあるので注意しましょう。

フリークエンシーの値が高すぎる場合には、ターゲット層の設定を見直してみるのがおすすめです。

ユーザーからの反応も要チェック

データの分析において最も重要なのは、広告の成果がしっかり出ているか確認することです。これを知るためには、「クリック率」と「クリック数」の2つの項目を確認してください。

クリック率は、クリックを行った割合を示します。一方、クリック数は、広告に掲載したURLへジャンプした数や、いいねの数の合計です。

成果率を上げるのが目標

宣伝の最終的な目標は、ユーザーに目的の行動を取らせることです。例えば、物販ビジネスを行っている場合なら、商品の購入が最終目的となります。広告をよりよいものにしていくことで、目的の達成率が上がるよう働きかけることができます。

広告レポートを作るには

レポートを作成するためのページを表示する方法は2種類あります。この項目では、その詳細な手順と機能について、分かりやすく説明していきます。

ビジネスマネージャからアクセスする方法

ビジネスマネージャからアクセスするには、メニューの中から「広告レポート」という項目を選択してください。

新規で作りたい場合は、ページ左上から「レポートを作成」をクリックしましょう。

テンプレートを使いたい場合は、ホーム画面右側の「おすすめのレポートテンプレート」から、希望の項目を選んでください。

広告マネージャからアクセスする方法

広告マネージャからアクセスしたい場合は、ページ右上にある「レポート」を選択しましょう。

一覧から、希望のテンプレートもしくは「カスタムレポートを作成」をクリックしてください。

各機能の解説

レポート作成画面で利用できる機能は、以下の通りです。

  • 検索とフィルター:キャンペーンやオーディエンスなどの条件を指定し絞り込む
  • グラフ:ピボットテーブルを元にしたグラフや、折れ線グラフ、棒グラフなどが選択可能
  • 期間の指定:1日、1週間、1ヶ月など、希望の期間内のデータのみを表示する
  • 内訳:日時や年齢、地域など、特定の条件に絞り込む
  • 指標:リーチやインプレッションなど、表示したいデータの種類を選択する
  • アトリビューションの比較:対象者が成果につながるまでに行った行動のパターンを見比べる(2件以上の広告アカウントを含むレポートの場合)

以上の要素の中から必要と思われるものを選び、レポートにまとめてください。複数のデータを比較する場合には、グラフを用いると視覚的に分かりやすくなります。第三者に報告しなければならないケースでは、適度に取り入れてください。

なお、アトリビュージョンとは、目的の達成までにユーザーがどのような経路をたどったのかがわかる情報です。これらのデータを分析し、次の広告戦略に役立てましょう。

報告のコツ

レポートを作る際、いったいどのようなことに気をつければよいのでしょうか。

この項目では、作業にあたって特に意識すべき点について紹介していきます。

コメントを添えて分かりやすくする

数字のデータだけでは、内容が分かりにくい場合もあります。そんな時は、コメントを添えるといいでしょう。また、数字の増減などを表す場合にグラフを用いることもありますが、さらに言葉による説明を添えると効果的です。

報告の具体案

この項目では、報告資料を作成する際の具体的な構成案を紹介していきます。どのように情報をまとめたらよいのか分からない方は、ぜひ参考にしてください。

具体的な数字の報告

まずは、広告の成果を示す具体的な数字を報告してください。例えば、クリック率や購入数などの結果はどうだったのか、過去のデータと比較をする前に、その月のデータのみを伝えましょう。基準となるデータを提示することで、その後の説明がスムーズになります。

以前のデータとの比較

次に、過去と比べてどれほどパフォーマンスが改善されたのかを分かりやすくまとめましょう。この際、グラフを用いて説明すると、推移の状況が視覚的に理解しやすくなります。さらに、どれほどの増減があったのかを改めて説明するコメントも添えると、よりよくなるでしょう。

要素の分析結果と改善策の報告

最後に、さらに踏み込んだ分析を行っていきます。ただ数字を提示されただけでは、具体的なイメージができない場合もあるでしょう。その対策として、それらの数字の変化が表す意味や、原因の説明などを行ってください。

例えば、先月に比べてクリック数が減少している場合、ユーザーからの興味を集めることができなかったことが原因として考えられます。その結果を受け、広告の内容をどのように改善していくのかも併せて説明をしましょう。

悪い要素だけでなく、成功した試みについても改めて説明をすると、相手に安心感を与えられます。どのような狙いを持って、どのような工夫をしたのか、その成果も添えて報告してください。

よくある悩みと対処法

レポートや報告書を作成する際、誰もが似たような問題に直面します。この項目では、よくある悩みの内容と、その解決方法について解説をしていきます。

いくつかの項目を分かりやすくまとめるためには?

いくつかのデータをまとめる際、情報が雑然としてしまうことがあります。分かりやすさを向上させるためには、それに適したグラフを利用するのがおすすめです。

例えば、数字の推移を説明したいケースでは、折れ線グラフを用いるのがおすすめです。また、複数のデータを地域別や性別によって見比べたい場合には、ピボットテーブルのグラフを利用すると分かりやすくなります。

さらに見やすくするためには、色を何色か使うとよいでしょう。一般的に見やすいとされているのは赤や青、黒などです。注意点として、液晶で表示する資料の場合、彩度があまりにも高すぎると、見づらくなってしまうので避けましょう。強調したい部分には、やや落ち着いたトーンの赤、もしくは青を使うとよいでしょう。

作業スピードを早めるためには?

レポートをまとめるにあたって、一度の作業に時間がかかり過ぎるという悩みを持っている方も多いでしょう。仕事の効率を上げるためには、作業を自動化できるツールの利用がおすすめです。

広告マネージャーには、「定期レポート機能」があります。こちらは、事前に設定した内容に従い、定期的にレポートを送信してくれる機能です。手動で作業を行う必要がなくなるため、時間の短縮に役立ちます。

また、Excelを用いて資料を作成する方には、専用のアドオンがおすすめです。「Excel用Facebook広告マネージャーツール」を使えば、ダウンロードした情報を簡単にまとめることが可能です。さらには、複数のアカウントデータをひとまとめにできるため、データの管理も容易にできます。

このアドオンを使うには、Excelの「挿入」タブをクリックし、「個人用アドイン」の項目を展開してください。

続いて、「Facebook Ads Manager for Excel」という項目の「追加」をクリックすれば導入完了です。

他の広告とも比較したい時には?

さまざまな媒体を用いて宣伝活動を行っている場合、どのようにしてデータをまとめればよいのか迷うケースもあります。そんな時には「Googleデータポータル」を活用しましょう。Googleデータポータルは無料で利用することができ、いくつもの情報を元にグラフなどを用いたレポートが作成可能です。

Facebook広告の他、それ以外のサービスでも宣伝活動を行っている場合などでの活用がおすすめです。さらに詳しい使い方については、公式のヘルプページをご覧ください。

参考:Googleデータポータル

参考:データポータルのヘルプ

分かりやすく伝えるためにはさまざまな配慮が必要

Facebook広告レポートを作成する際には、情報の取捨選択がとても重要となります。不要なデータをできるだけなくすことで、シンプルな報告書の作成が可能になるでしょう。また、視認性の向上も大きなテーマとなります。必要に応じてグラフや色文字を取り入れ、感覚的に理解できるような画面構成を心がけましょう。

また、数字だけの資料ではなく、言葉による解説を加えることもポイントです。データを分かりやすく表現することはもちろん、今後の戦略についての説明も行いましょう。

さらに、特に気をつけなければならないことは、「事実を伝える」ということです。よい内容だけでなく、悪い結果も隠さず伝えることを意識しましょう。その際には、原因はどこにあるのか、また改善するために今後どうしていく計画なのかも具体的に説明するとよいでしょう。

以上のことに気をつけて、分かりやすい資料の作成に挑戦してみてください。この記事が、その助けになれば幸いです。

ところで、ビジネスで成功するためには独学よりも体系化された教材やサービスを活用して学ぶ方が結果が早く出ます。

ここではアクシグ編集部が予め登録した上で責任者に直接取材をし、有用性を確認した教材やサービスのみを厳選してご紹介します。無料ですのでお気軽にご登録またはご相談ください。

【限定公開】成功者続出の秘密のノウハウ

日本未上陸のノウハウで先行者利益が得られる大チャンス到来!

  • 月間利益195万円を突破した本人による最新成功事例の紹介
  • 世界トップ3位の日本人が誰も知らない革命的販売手法とは
  • アカウント停止リスクの無い安全なビジネスモデル
  • 無在庫でも販売できる最新の方法
  • Amazonの5倍成長しているマル秘プラットフォームとは
  • 利益率80%超えの超マル秘仕入れ手法

など、日本ではまだ知られていない秘密の情報をお届けします。

あなたのビジネスを成功させるために、今すぐ限定情報を入手してください。

【漫画で分かる】無在庫輸入物販ビジネス

アメリカやヨーロッパの商品を日本の「Amazon」などで 受注をしてから仕入れる無在庫方式の販売方法を解説しています。

  • まとまった資金がなくてもスタート可能!
  • 取り寄せ式なので大量の在庫を抱えなくて良い!
  • ネットで完結なので自宅でできる!

1つの商品の販売で1万円以上の利益を得ることもでき、 効率良く手元の資金が増やすことができます。

あなたもぜひ無在庫欧米輸入ビジネスで、 堅実な収入の柱を一緒に作りませんか?

【無料相談】Biz English

ビジネス英語は3ヶ月でマスターできます!

インターネットの買い物に慣れてくると、アメリカのアマゾンやeBayで購入したり出品したりしたくなるでしょう。英語ができなくてもGoogle翻訳やDeepLなどのツールを使えば始めるのは簡単です。

ところがクレームや返金などが発生すると機械翻訳では上手く交渉できません。金額が大きくなりビジネスレベルになるとなおさらリスクが高くなります。

ビズイングリッシュはビジネス英語専門の英会話スクールです。受講生は全くのゼロから英語でアカウントを復活させたり、海外の展示会で交渉に成功したりと幅広く活躍をしています!

今すぐビジネスレベルの英語力を身につけましょう!

[class^="wpforms-"]
[class^="wpforms-"]
[class^="wpforms-"]
[class^="wpforms-"]