物販

Facebook広告のアカウント停止はなぜ起こる?対処法と予防法についてもご紹介

Facebook広告はユーザー情報を活用してターゲットを絞り込んで表示できるのが特徴で、様々なフォーマットを利用したり、様々な目的に応じた広告を出稿することが可能であるため、根強い人気を誇っています。そんなFacebookの広告ですが、ある日突然、広告のアカウントが停止されたという通知が届くことがあるようです。

広告アカウントが停止されると、広告が表示されなくなってしまいます。広告主としても非常に困る事態であり、できれば避けたいトラブルです。そんなアカウント停止に直面した場合はどう行動すればよいのでしょうか。

今回はFacebook広告のアカウント停止について掘り下げてご紹介します。

Facebook広告のアカウントが停止される理由

まずはFacebookの広告アカウントが停止される主な原因についてご紹介します。一般的に考えられる理由以外にも、思わぬことでアカウント停止に至ることがありますので、きちんと確認しておきましょう。

広告ポリシーに違反した

アカウントの停止でよくある原因が、Facebook広告のポリシーに違反してしまった場合です。広告を出稿する際に一通り確認することとは思いますが、内容の見落としなどから意図せず違反してしまうケースもあるようです。

Facebook広告では、広告を出稿する前に内容に問題が無いか審査がおこなわれます。ポリシー違反はこのタイミングで判断され、違反が見つかった際には広告の配信がストップされます。軽微な違反であれば、違反箇所を修正した上での再審査で済みます。しかし違反の内容次第では、アカウントの停止に至るケースもあります。

ポリシーの内容は、Facebook広告全体のポリシーだけでなく広告の種類ごとに定められているものもあります。ポリシー違反によるアカウント停止となった場合は、出稿していた広告の中に種類ごとのポリシーに反したものがあった可能性も考えられるでしょう。

セキュリティ上の問題

アカウント停止のメジャーな理由としては、セキュリティ上の問題も挙げられるでしょう。Facebookから「不審なアクティビティがあった」という通知が届いた場合、一時的にアカウントが停止します。これはアカウントの乗っ取り対策として講じられている措置で、アカウントの認証をおこなえば解決できるトラブルです。

不審なアクティビティに該当する行動でよくあるのが、いつもと違う条件からのログインです。機種変更したばかりのスマートフォンやパソコンからのログインや、出張先や旅行先など、いつもログインしている場所とは違う地域からのログインが当てはまります。

このほかにも、アカウントの管理者が架空の人物であることを疑われたときや、個人用アカウントを複数人で共有していたと判断されたときも、不審なアクティビティに該当します。

アカウントの長期間放置

アカウントの停止は、最後にログインしてから60日間利用されなかった場合にもおこなわれます。アカウントを開設してから何もしていない状態はもちろん、過去に広告を配信していた場合でも60日間放置するとアカウントが停止されます。

こちらはFacebook広告の不正利用や詐欺といった犯罪を防ぐことを目的として講じられている措置です。

Facebook側のミス

上記のいずれにも該当しない場合、Facebook側の処理に手違いが起きたことも考えられます。

Facebook広告は、非常に多くの個人や企業がアカウントを作成しています。中には自分のアカウントと似ている名前やIDのアカウントも存在することでしょう。手続きのミスはそういった場合に起こり得る可能性があります。

ユーザーからのネガティブな報告

Facebook広告は、広告を見たユーザーからのネガティブな報告が多い場合でも停止することがあります。Facebookとしては、ユーザーがネガティブな感情を抱くような広告の出稿を良しとしません。ですので、これはポリシーに反していない承認された広告であっても突然起こり得ることです。

このケースで気をつけたいのは、似たような画像を使った別の広告も巻き添えを食らう可能性です。例えばフリー画像を用いた広告に対するネガティブな感情が報告されていた場合、同じ画像を使っていた広告もネガティブな感情を抱かせるものと判断されて停止となる可能性があります。オリジナルの画像や動画を使っていれば巻き添えのリスクは最小限となることを、頭に入れておきましょう。

未承認広告の放置

アカウント内に承認されていない広告が放置されている場合も、アカウントの停止に注意しなければなりません。出稿する予定がない広告であったとしても、未承認の広告があるという状態は好ましくないです。

Facebook広告のアカウントが停止した際の対処

Facebookの広告アカウントが停止してしまったら、復旧させることはできないと諦める前に行動に移してみましょう。この項目では、Facebookから広告アカウント停止の通知を受けた際に、取るべき行動についてご紹介します。

Facebookに問い合わせ・異議申し立て

一般的な解決方法は、Facebookに問い合わせることでしょう。上の項目でも少し触れましたが、不審なアクティビティによるアカウントの停止であれば、本人確認が終わり次第アカウントは復活できます。また、Facebookの手違いによるアカウントの停止も、しっかりと調査してもらうことで誤解が解け、アカウントの復活が見込めます。

広告ポリシー違反やネガティブな報告によるアカウントの停止では、専用のフォームから異議申し立てで問い合わせましょう。返答の内容で改善のための指示を受けたときには、速やかに対処するとスムーズにアカウントが復活します。

ただし、ポリシー違反によって停止されたアカウントは復活する可能性が低いとも言われています。この点については、個々の内容次第で確率が大きく変わりますが、楽観はできないでしょう。

アカウントの増設

アカウントの停止に関して問い合わせをしたとしても、停止理由によってはアカウントが復活しないことがあります。しかしその場合でも、新しいアカウントを作成することで再び広告の出稿ができます。もしもポリシー違反でアカウントが停止した場合は、新たなアカウントの作成を並行して進めるとよいでしょう。

新しい広告アカウントを作成するにあたっては、停止されたアカウントと同じものを使用することを避けるべきものがいくつかあります。その1つがクレジットカード情報です。クレジットカードが同じだと、停止アカウントの広告主と同じであると判断される可能性が高まります。絶対と言うことはできませんが、できればクレジットカードは変えておくとよいでしょう。

また、停止アカウントの広告で使用していた文面や画像などの流用も避けるべきでしょう。どの部分がポリシーに反したりネガティブな感情を抱かせたりしていたかが明らかであれば、該当部分を直せば済みます。しかしポリシー違反などの理由がはっきりしない場合は、1から作り直すようにしましょう。

Facebook広告のアカウント停止の予防法

Facebookの広告アカウント停止を避けるためには、普段からリスク低減のための行動を心がけておくことが大切です。この項目では、アカウント停止を予防するための方法を6つご紹介します。

ポリシーに違反しない

Facebook広告を利用する上では当然ですが、Facebookが定めるポリシーに抵触しないことが、アカウント停止を予防するために、まず気を付けるべき点でしょう。広告を出稿する前に、ポリシーを細かくチェックするようにしてください。

ポリシー違反に関して注意すべき点は、禁止事項や制限事項に抵触していないか。または、動画や画像のつくりは適切であるかどうかです。人によって差別的な内容だと思うかどうか。過度な表現や、根拠に乏しい内容が入っているかどうか。この辺りが主にポリシー違反として取り上げられることが多い点です。

他社がポリシーに反する広告を出稿していたとしても、それがFacebookのお墨付きであるとはかぎりません。他社がどうというのは関係なしに、自分が出す広告はきちんとポリシーを遵守しましょう。

広告法規に抵触しない

Facebookが定めるポリシー以外にも、広告に関する法規に抵触していた場合にはアカウントの停止に至ることがあります。特に注意すべきは、景品表示法に抵触するものです。

景品表示法は、宣伝する商品の品質や価格を正しく表示させ、消費者に誤解を与えないようにとする内容で、これに反する表示を、以下に示す3種類の「不当表示」として禁止しています。

優良誤認」とは、商品やサービスの品質などを実際よりも良いものという誤解を与えるケースです。例えば有効成分10種類配合と宣伝されていたサプリメントが、実は9種類しか入っていなかった場合、優良誤認に該当します。また、競合他社と比較して優れていると謳う場合も同様です。サプリメントで言えば「A社のサプリメントと比較して3倍の含有量」と表示していたにもかかわらず、実際には同程度だったという場合が優良誤認となります。

有利誤認」とは商品やサービスを購入する際のサービスについて、実際よりも有利であると誤解させるケースです。例えば「今だけ内容量10%増量中」と謳っていたサプリメントが、実際には常に同じ量が入っていた場合がこれに該当します。

その他 誤認されるおそれのある表示」で特に気をつけたいのは、おとり広告です。消費者を誘導するために安い商品を表示しているにもかかわらず、実際にその商品を購入することはできない場合が主な例です。

広告の表現内容

Facebook広告のポリシーで特に気をつけるべきことの1つに、表現の内容があります。例えば個人を指して年齢や思想などの特質を明らかにするか、誤解を招かせるような表現をするかといった内容です。Facebookは全世界で利用されているサービスですので、個人の特徴に関する規定は国際基準であると認知しておく必要があります。日本人が見落としがちなものとしては、宗教ジェンダーアイデンティティー、人種などが該当するでしょう。

また、不特定多数のユーザーが不快に思うような言葉選び、嘘の情報なども広告表現で気をつけるべき内容です。たとえFacebookのチェックを通ったとしても、ユーザーからの指摘があれば上の項目で紹介した事例に繋がることになります。

未承認広告の放置を解消する

上の項目でも少し触れましたが、アカウント内に未承認の広告がある状態は好ましくありません。承認されなかった広告は、削除するか修正して再審査に出すようにしましょう。

未承認の広告を多数保有している状態が続くと、Facebookからポリシーに従う意思のないアカウントと見なされかねません。

審査落ちを繰り返さない

広告の審査落ちを繰り返すことも避けるべきです。上記の理由と同様に、Facebookからポリシーに従う意思がないと判断されかねません。たとえ表現方法にこだわりがあったとしても、Facebook広告のポリシーに反しているのであれば修正する必要があります。

審査に落ちた広告は、どの部分がポリシーに反したのかをきちんと精査して、Facebookの方針に沿うように修正しましょう。

悪質なアカウントと判断されないよう気をつける

ここまで紹介してきた内容は、繰り返しているとFacebookから悪質なアカウントであると判断されるようなものも含まれています。そのようなアカウントは、例えばFacebook側のミスなどにより間違ってアカウント停止に至っても、救済されない可能性も出てきます。

広告ポリシー以外においても、Facebook上でのアクションはルールに則ったものにすることで、アカウント停止のリスクを低減させられます

アカウント停止後も広告を出せるのか

Facebookの広告アカウントが停止された場合は、もう広告の出稿はできないのでしょうか。

実際の所では、かなり厳しいようです。Facebookのビジネスアカウントの中に停止されている広告アカウントがあると、同じビジネスアカウントでは広告の追加はできません。アカウント停止が撤回されるまで何度も異議申し立てすることも可能ですが、もう少し建設的な方法もあるのでご紹介します。

新しいビジネスアカウントを作る

停止された広告アカウントを擁するビジネスアカウントを諦めて、新しいビジネスアカウントを取得してしまいましょう。別のビジネスアカウントであれば、新しく広告を出稿することが可能になります。

ただし、作成可能なビジネスアカウントは2つまでですので、この方法は1回までしか使えません。

アカウント停止後に新しい広告を出す注意点

この項目では、一度アカウントが停止されたあとで再度広告を出す場合の注意点をご紹介します。上の項目で触れた内容も含めますが、再度確認のために見ていきましょう。

URLを流用しない

停止されたアカウントに紐付いているURLは、Facebookからマークされています。もしも新しい広告にそのURLが貼り付けられた場合は、再度アカウント停止に至る可能性が高いです。新しい広告では、停止されたアカウントで使用していたURLを一切使わないようにしましょう。URLは、一文字でも違えば問題ありません。

ファイル名を流用しない

クリエイティブのファイル名についても同様です。こちらもFacebookにマークされているもので、ファイル名がそのままで再利用した場合には、すぐにアカウントが停止されます。こちらもファイル名の流用はせずに、一文字でもいいので変更しましょう。

同じ決済方法を使わない

上の項目でも紹介したように、決済方法も変えるようにしてください。同じクレジットカードはもう使えないと考えてもいいでしょう。

Facebookの決済方法はクレジットカード以外にも、PayPalで支払うことも可能です。クレジットカードが1枚しかない場合はPayPalを利用しましょう。

アカウントが停止しないように心がけよう

Facebookの広告アカウント停止には、様々な対処法が存在します。ですので、もしもの場合でも慌てる必要はありません。そのときの状況に応じて適時適切な行動を取れば、アカウントの復活や新しい広告の出稿もできます。

ですが、やはりアカウント停止に至らないように意識して行動することが一番大切です。Facebookの広告ポリシーについては常日頃から気を配り、アカウント停止を招かないような広告を作成していきましょう。

ところで、ビジネスで成功するためには独学よりも体系化された教材やサービスを活用して学ぶ方が結果が早く出ます。

ここではアクシグ編集部が予め登録した上で責任者に直接取材をし、有用性を確認した教材やサービスのみを厳選してご紹介します。無料ですのでお気軽にご登録またはご相談ください。

【限定公開】成功者続出の秘密のノウハウ

日本未上陸のノウハウで先行者利益が得られる大チャンス到来!

  • 月間利益195万円を突破した本人による最新成功事例の紹介
  • 世界トップ3位の日本人が誰も知らない革命的販売手法とは
  • アカウント停止リスクの無い安全なビジネスモデル
  • 無在庫でも販売できる最新の方法
  • Amazonの5倍成長しているマル秘プラットフォームとは
  • 利益率80%超えの超マル秘仕入れ手法

など、日本ではまだ知られていない秘密の情報をお届けします。

あなたのビジネスを成功させるために、今すぐ限定情報を入手してください。

【漫画で分かる】無在庫輸入物販ビジネス

アメリカやヨーロッパの商品を日本の「Amazon」などで 受注をしてから仕入れる無在庫方式の販売方法を解説しています。

  • まとまった資金がなくてもスタート可能!
  • 取り寄せ式なので大量の在庫を抱えなくて良い!
  • ネットで完結なので自宅でできる!

1つの商品の販売で1万円以上の利益を得ることもでき、 効率良く手元の資金が増やすことができます。

あなたもぜひ無在庫欧米輸入ビジネスで、 堅実な収入の柱を一緒に作りませんか?

【無料相談】Biz English

ビジネス英語は3ヶ月でマスターできます!

インターネットの買い物に慣れてくると、アメリカのアマゾンやeBayで購入したり出品したりしたくなるでしょう。英語ができなくてもGoogle翻訳やDeepLなどのツールを使えば始めるのは簡単です。

ところがクレームや返金などが発生すると機械翻訳では上手く交渉できません。金額が大きくなりビジネスレベルになるとなおさらリスクが高くなります。

ビズイングリッシュはビジネス英語専門の英会話スクールです。受講生は全くのゼロから英語でアカウントを復活させたり、海外の展示会で交渉に成功したりと幅広く活躍をしています!

今すぐビジネスレベルの英語力を身につけましょう!

[class^="wpforms-"]
[class^="wpforms-"]
[class^="wpforms-"]
[class^="wpforms-"]