【2023年最新】Facebook広告に適した文字数は?広告の構成要素を解説

Facebook広告は複数の要素によって構成されています。

Facebook広告を作成するにあたって、画像や動画の選定も大切ですが、広告内のテキストや見出しも非常に重要な部分となります。

当記事では、Facebook広告の見出しなど、構成要素について詳しく解説していきます。

目次

Facebook広告における4つの構成要素

Facebook広告は大きく分けて、4つの要素に分けられます。各要素の特性を理解することで、より効果の高い広告を作成できます。

この項目では、Facebook広告の構成要素の特性について解説します。

メインテキストとバナーの役割

1つ目の構成要素はメインテキストです。メインテキストは、広告画面の上部に表示されるテキストで、広告内の商品やサービスを訴求するための文章となっているため、長い文章を書けることが特徴です。

2つ目の構成要素は画像や動画で作成したバナーです。こちらは、画面中央に表示される部分となるため、ユーザーが一番初めに目にする部分といっても過言ではないでしょう。広告の第一印象にも繋がるうえ、ユーザーの視線を誘導できるという特性があります。

どちらも、ユーザーの興味関心を引く部分なので、ユーザーのニーズに沿った内容が好ましいでしょう。

見出しと説明文の役割

3つ目は見出しです。こちらは、バナーのすぐ下側に表示されるテキストで、主に広告の概要を訴求するテキスト要素で短い文章しか入力できないことが特徴です。見出しについては、詳しく後述しますので、そちらをご覧ください。

4つ目は説明文です。こちらは、見出しのすぐ下側に表示されるテキストで、見出しで訴求した内容を更に詳しく深堀した内容のテキスト要素です。入力されたテキストの全角15文字分のみが表示され、残りはクリックしたら表示されます。

どちらも短い文章しか表示されないため、ぱっと見てすぐに意味の理解できる言葉選びを心掛けて作成しましょう。

見出し訴求のおすすめポイント

見出しとは、一般的に広告の概要を訴求するテキストですが、訴求する方法はさまざまです。狙っているターゲット層にあわせて、見出しを作成することによって、より高い効果を生み出します。

この項目では、効果的な見出しテキストの活用方法を解説します。

未来や人生への悩みについて訴求する

人は、自身の人生を良くするために行動を起こします。例えば、健康を改善させたい、転職をしたい、友人や恋人を作りたい、お金を稼ぎたいなど、欲求は全て自身の人生を改善するための行動です。

自社の商品やサービスを利用すれば、人生が良くなるという点について、期待を持たせるようなフレーズを使用すると非常に効果的でしょう。具体的な数字を利用して、リアルな感じを演出することも大切です。

例:「○日継続で、-○kgの減量に成功!」、「もう痛くない。○○で快適な生活を実現」など

ターゲット層に合わせてピンポイントで訴求する

ユーザーが自身に向けられた広告であると認識できるように、ピンポイントで訴求する方法です。こちらは、自身の商品やサービスがどういったターゲット層を狙っているかをしっかりと把握しておく必要があります。その分、ピンポイントのターゲット層への効果は非常に大きいものとなります。

例:「○○で困っている男性に朗報」、「○代向け、女性専用の○○」など

感情に呼び掛けて訴求する

感動や喜びといった、人の気持ちの部分に呼び掛けるフレーズで訴求する方法です。また、ユーザー自身が気づいていない潜在的な感情を呼び起こす方法も効果的です。感情に作用する内容なので、できるだけシンプルな言葉選びで印象に残りやすくしましょう。

例:「全米が、泣いた」、「最近○○するのが辛くありませんか?」など

数字を含めて、限定性を訴求する

最後は、限定性を訴求して、ユーザーの購買意欲を高める方法です。限定と聞くと価値が高まるように感じてしまったり、機会を逃すと手に入れられないと感じたりします。そういった焦燥感を利用して、ユーザーを誘導します。

例:「先着○名様限定!」、「○日間限定!半額セール実施中」など

Facebook広告のテキストの文字数

Facebook広告で使用するテキストには文字数の制限はありません。しかし、公式のMetaのHPにて推奨する文字数の記載があります。この項目では、Facebook広告のスタイル別に推奨文字数のご紹介をします。

また、Facebook広告は仕様に関する変更が頻繁におこなわれ、表示される文字数などが変わります。下記に公式ページのURLを記載しておきますので、定期的に確認をおこないましょう。

参考:Facebook広告ガイド – Meta

画像広告

画像広告は、画像を1枚使用して作成する広告(ダイナミッククリエイティブを利用すれば複数枚の設定が可能だが、表示されるのは1枚)です。他の広告に比べて、素材の準備が少ないため簡単に作成できるというメリットがあります。

Facebookによって推奨されている文字数は、以下の通りです。

  • メインテキスト:125文字以内
  • 見出し:27文字以内
  • 説明文:27文字以内

動画広告

動画広告は、動画を使用して作成する広告です。画像に比べて絵に動きがあるためユーザーの目に留まりやすく、わかりやすいというメリットがあります。

Facebookによって推奨されている文字数は、以下の通りです。

  • メインテキスト:125文字以内
  • 見出し:27文字以内
  • 説明文:27文字以内

カルーセル広告

カルーセル広告は、1つの広告で複数の画像、または動画を横並びに表示し、ユーザーが左右に操作しながら広告の閲覧ができる広告です。1つの広告でより多くの情報を伝えることができるメリットがあります。

Facebookによって推奨されている文字数は、以下の通りです。

  • メインテキスト:125文字以内
  • 見出し:32文字以内
  • 説明文:18文字以内

コレクション広告

コレクション広告は、1つの広告内に、大きい画像1つと、小さい画像複数個が一緒に表示される広告です。インスタントエクスペリエンスという機能が使用できるため、商品の訴求がしやすいメリットがあります。(広告から自身のサイトに誘導する前に、アプリ内で別のページの表示をする機能)

Facebookによって推奨されている文字数は、以下の通りです。

  • メインテキスト:125文字以内
  • 見出し:40文字以内
  • ランディンングページのURL:必須

広告のクリック率を上げる4つのポイント

見出しは短い文章ですが、工夫次第でクリック率に影響を及ぼします。既に広告を作成しているにも関わらず、思うような結果が得られていない場合は見出しをもう一度チェックしてみましょう。

それでは、実際にどのようにすればクリック率を上げやすいのか、そのポイントを解説します。

見出しの基本は見やすく端的に書く

見出しの基本は、「見やすく端的に」です。これはどのようなキャッチコピーにも言えることですが、特にWEB広告においては、「見やすい」という点が重要です。

ユーザーが広告を見て、自分のニーズにあっているか判断するのに必要な時間が「3秒」と言われています。そのため、素早くユーザーに訴求するには「読みやすく」よりも「見やすく」の方がわかりやすくて効果的ということになります。

可能であれば難しい漢字などの使用は控え、見やすい数字などを見出しに取り入れることをおすすめします。

実際のテキスト表示を想定する

Facebook広告の作成中に、プレビュー機能を使えば、実際のテキストがどのように表示されるか確認することができます。しかし、実際に訪問するユーザーは幅広いプラットフォームを使用しており、ユーザーが使用しているプラットフォームや文字サイズによっては、全てのテキストが表示されない可能性があります。

さまざまなプラットフォームでの表示形式の検証を行うことや、文字サイズが大きくても表示されやすい端的な見出しを作成することをおすすめします。

ユーザーのニーズに沿って訴求する

いくらキャッチーな見出しを作成しても、ユーザーのニーズに沿っていなければ、購入には繋がりません。ユーザー層の考えや行動を分析し、自身のターゲット層に見合った見出しを作成しましょう。

ユーザーのニーズについては、本記事の見出し訴求のおすすめポイントでも解説しています。まだ読んでいない方は、是非参考にしてみてください。

A/Bテストをおこなう

A/Bテストとは、その名の通りAパターンとBパターンどちらが良いかを判断するためのテストです。Facebook広告の作成画面で簡単に設定することができるので、見出しに迷った場合は活用しましょう。

おすすめのA/Bテストのやり方としては、「訴求内容を変える」方法が挙げられます。

例:自身が扱っている商品が化粧品だった場合

Aパターン「肌年齢が10歳若返ったと話題!」Bパターン「シミ・たるみが消えたと話題!」

Aでは、肌荒れや、肌年齢が気になってきた、ユーザー層全体を狙っています。Bでは、肌のシミ・たるみが気になってきた、ユーザー層をピンポイントで狙っています。

このように、訴求内容を明確に変えてA/Bテストをおこなうと、結果に違いが表れてくるのでおすすめです。

Facebook広告の作成における注意点

この項目では、Facebook広告を作成する際の注意点をいくつか解説します。

思っていたような広告効果を得られなかった方は、以下の注意点をチェックしてみましょう。

メインテキストの表示について

本記事ではテキストの文字数に関してご紹介しましたが、入力したテキストは全てが画面表示されるわけではありません。オーバーした内容は「もっと見る」などをクリックしてはじめて表示されます。

オーバーしてしまうのは、3行目以降です。文字数ではなく行数というところが注意点となります。そのため、同じ3行でも表示するプラットフォームや文字サイズによっては狙った3行がすべて表示されないケースがでてきます。そのため、メインテキストで訴求したい内容は、できる限り、前の方に記載し端的にまとめることをおすすめします。

Instagramでの表示について

Facebook広告をInstagramにそのまま配信する場合は注意が必要です。基本的に、Instagram広告にはFacebook広告のメインテキスト部分しか表示されません。そのため、Instagram広告では見出しや説明文での訴求ができません。

Instagramに広告を配信する場合は、見出しや説明文の見直しではなく、画像テキストを利用してユーザーへの訴求をおこないましょう。

意味のないA/Bテストをしない

たまに、「激安!」という単語を「安い!」などと言い回しを変えてA/Bテストをおこなっているケースが見られます。結局は「安い」という訴求内容は変わっていないため、あまり意味はありません。差が出たとしても、ほとんど誤差となり効率的な費用対効果は期待できないため、こちらのやり方はあまりおすすめしません。

ポリシーに違反しないよう注意する

Metaの広告ポリシーには、広告を掲載するにあたって許可されているコンテンツについての指針が記載されています。それぞれの広告は、このポリシーに照らされて審査されています。以下のリンクにMetaが定めている広告ポリシーの記載がありますので、違反していないか注意しましょう。

参考:広告ポリシー – Meta

審査に受かっているか確認をする

ポリシーの審査は公開をクリックすると、自動でおこなわれます。審査に落ちてしまった広告は配信することができません。基本的には違反箇所を修正して、再審査を行えばほとんどの場合配信は可能です。

基本的に広告の公開をおこなってから、24時間以内に審査は完了しますが、稀に時間がかかってしまう場合があります。そのような場合は、審査の認証に関するメールを見落としてしまうことがあります。違反していた場合は配信が開始されないため、審査に通るまでは定期的にメールの確認をおこないましょう

また、広告文だけが審査対象ではないため、それに連動しているWEBサイトやランディングページも注意してチェックしてみましょう。

まとめ

この記事では、Facebook広告の構成要素や、見出し訴求の重要性について解説してきました。

Facebook広告を作成するにあたって、構成要素を理解することや、ユーザーのニーズにあわせた訴求をおこなうことは非常に重要です。わからなかった部分は、繰り返し確認して、Facebook広告の効果を最大限に発揮しましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ビジネスのノウハウを実践ベースで徹底的に追求するのがアクシグ。
世界で最も専門的で網羅的なコンテンツを提供し、ノウハウを惜しげもなく提供していきます。

目次