物販

FBA納品をするには?その方法とメリット・デメリットについて詳しく解説

Amazonには、商品の発送や顧客の対応を代行してもらえるFBA(フルフィルメント by Amazon)というサービスがあります。当記事では、多くの売り上げを誇っているセラーが好んで使うFBAのメリット・デメリットやサービスの利用方法の詳細について解説いたします。

FBA納品の手順

では、実際にFBA納品をするには一体どうしたら良いのでしょうか。この項目では、その手順について解説いたします。

各出品プランの違いと見極め方

まず初めに知っておきたいのが、Amazonの2種類の出品プランの違いについてです。専用ページからセラー登録をすると、毎月Amazonに対して売り上げに応じた料金を支払わなければなりません。

プランは大口出品小口出品の2種類あります。両者の違いは手数料の金額です。小口出品は商品1当たり約100円をAmazonに対して支払う必要があり、それに対して大口出品は月額4900円で利用することができます。

FBA納品サービスはどちらのプランでも使用することができますが、その他のサービスやツールの中には、大口のプランに加入していないと使えないものがあります。自分の販売スタイルに合わせて、適切なものを選択しましょう。

参考:Amazonに出品する

FBA納品の設定方法

FBA納品を設定するには、まず商品を出品する手続きをしなければなりません。他のセラーが既に同じ商品を販売している場合には、「マーケットプレイスに出品する」という項目から商品の登録手続きをすることができます。

この項目が出ない場合は、セラーセントラルから新たに情報を登録しましょう。これらの商品登録画面の中に「フルフィルメントチャンネル」という項目があり、そこからFBA納品を選択することで、商品の発送やカスタマーサービスといった業務を自分の代わりに行ってもらうことができるのです。

この設定は後から変えられるため、これまでに出品済みの商品についても、FBA納品に変更することができます。

FBA納品の見積もりを確認するには?

FBA納品は便利ですが、その分の手数料を支払わなければならないため、しっかりと計画を立てて利用する必要があります。自分の計画する商品の納品数で、実際どれほどの手数料がかかるのか、その見積もりを確認できるサービスがありますので、うまく活用しましょう。

セラーセントラルからアクセスできる「FBA料金シミュレーター」は、各情報を入力することでコストの予想ができるサービスです。商品の発送を自分で行った場合と、Amazonに委託した場合とでの収益の差を比べることもできるので、これらのデータを比較して、FBAを利用するかどうかを決めましょう。

参考:FBA料金シミュレーター

梱包作業の一部代行も可能

商品を送る際には、必ずガイドラインに従った方法で梱包をする必要があります。商品を管理するためのラベルを貼付する作業や、商品の破損などを防ぐための梱包を、すべて指定の通りに行わなければなりません。

商品のカテゴリーや材質によって値段が変わってきますが、小型の製品なら1点当たり25円~51円、大型の製品は92円~143円ほどの手数料を支払うことで、この作業を委託することもできます。この費用は納品プランの料金には含まれておらず、別途支払う必要がありますので注意してください。

商品をAmazonへ発送する

正しい方法で商品を納品すれば、その後の配送やカスタマーサポートまでもAmazonが代行してくれます。商品の販売状況などについてはセラーセントラルから確認することができるため、商品が自分の手を離れた後も、状況をしっかり把握することができて安心です。

納品プランを設定する

商品を指定の倉庫に発送する前に、まずは準備をしましょう。どんな商品をいくつ納品するのかといったプランをあらかじめ設定し、それに即したラベルを商品ひとつひとつに貼り付ける必要があります。

商品にプランを設定するには?

まず、セラーセントラルトップ画面の「在庫」にカーソルをかざし、「在庫管理」をクリックしてください。

次に、FBA納品納品したい商品をすべて選び、メニューの中から「在庫商品を納品/補充する」を選びましょう。

すると、納品のプランを作るためのページに移動することができるので、新規作成するか既存のものに追加するのかを選択します。

この時に設定する発送元については、商品を自分の家から送る場合は自宅を、会社や倉庫などから送る場合はそちらの住所を設定してください。次に梱包のタイプを選べば準備完了です。さらに納品する数などの設定を行い、ラベル貼付など必要な手順を踏んで、商品の発送に至ります。

FBAに商品を納品する手順

この項目では、プランを作成する方法から商品の出荷までの作業に焦点を当て、一体どんな手順が必要なのか解説していきたいと思います。

商品の材質と梱包担当者の設定

FBA納品をするためには、バーコードが印刷されたラベルを貼り付けなければなりません。まずは納品のプランを設定しましょう。初めに発送元となる場所と送り先の住所を入力し、SKUを選択する方法を選んでください。まずは「一覧から選択する」という項目の手順から説明していきます。

次に、一覧の画面から在庫を選択して、「必要な梱包準備とラベルの貼付の詳細」をクリックします。

ここでは、商品の材質や作業の委託の有無を設定してください。

続いて、各項目の詳細について説明いたします。まず、「各ユニットの梱包」についてですが、この項目は商品の材質に関する設定です。

これらに当てはまる材質の製品を送る場合は、指定された方法で梱包して送らなければなりません。選んだカテゴリにどのような方法が指定されているかは、項目の下部に表示されるので参考にしましょう。これらに該当する材質の製品でない場合は、梱包不要を選んでください。

各ユニットの梱包の項目で、特別な梱包が指定されている商品を選んだ場合には、作業を自分で行うかAmazonに委託するかを選ぶことができます。

次に、「商品のラベル貼付は誰が行いますか?」という項目についてですが、ここから商品へのラベル貼付作業を自分で行うか、委託するかどうかを選ぶことができます。梱包作業と同様に作業をAmazonに依頼する場合、これにも別途手数料がかかるので注意しましょう。

設定を終えたら商品の数を入力し、「梱包準備完了」と書かれたボタンをクリックすることで確定します。

ラベルの印刷と便利な機能の紹介

続いて、商品に貼り付けるためのラベルを印刷しましょう。梱包グループの右上にある「内容を表示」を選択し、「SKUラベルをすべて印刷」をクリックしてPDFファイルをダウンロードしましょう。ダウンロードしたファイルを開き、指定のサイズの用紙に印刷すれば準備完了です。

初めて商品の納品をする場合は、以上の手順を踏む必要がありますが、同じ商品を継続して販売する場合には、テンプレートを作成することで作業を楽に進めることができます。商品の中身、数、大きさや重さなどの条件が変わらないものを扱う場合に活用しましょう。

次に、テンプレートの作り方について解説いたします。まず、SKUの梱包の詳細の欄から「新しいメーカー梱包テンプレ―トを作成」を選んでください。

すると、梱包に関する詳細の情報を入力する画面が表示されるので、商品の数や大きさなど各情報を入力し、保存をクリックしてください。

エラーが出てしまった際の対処とラベルの印刷手順

ファイルをアップした際に、不備があるとエラー表示が出る場合があります。その際は、「対応が必要なSKU」という項目から詳細を確認することができます。

エラーの詳細を確認する画面に移動すると、抜けている項目をその場で設定することができます。指定されている項目の設定を終えたら、「確定」を押しましょう。これでラベルの印刷をするための準備が整いました。

次に、「発送準備ができているSKU」の項目から「SKUラベルの印刷」をクリックしてください。すると、ラベルの印刷画面が表示されるので、必要枚数を入力し、「印刷」をクリックしてファイルをダウンロードしましょう。そしてファイルを開き、指定のサイズの用紙にラベルを印刷すれば準備完了です。

印刷に使えるラベルシールは様々なメーカーから販売されています。サイズが合っていればどのメーカーのものを使っても良いですが、パッケージにFBA対応と書かれたものがおすすめです。

出荷の詳細を設定する

続いて、Amazonに対して商品の出荷通知を送りましょう。出荷通知の作成画面を開き、出荷日や納品先、配送モード、配送に使用する業者の設定と確認を行います。全ての項目を入力したら、「請求額を承認して出荷通知を送信」をクリックしてください。

商品を発送する

納品をするためには、輸送用の箱にも指定のラベルを貼り付ける必要があります。輸送箱用のラベルを印刷をするための画面に移動すると、専用のファイルを手に入れることができます。これをラベルシールに印刷し、輸送用の箱に貼付しましょう。

FBA納品のメリットとデメリット

FBA納品は、商品の梱包作業からカスタマーサポートまでをAmazonが代行してくれるサービスです。このサービスを利用することで作業を短縮することができ、より多くの利益を上げることも可能になります。その一方で、デメリットとなる要素もあります。この項目では、FBA納品のメリットとデメリットについて解説いたします。

商品の発送や顧客への対応をAmazonが負担してくれる

FBAの特徴として一番知られているのは、商品の梱包や発送の代行です。実際にAmazonが代行してくれる業務は商品の配送だけにとどまらず、保管や返品、返金の対応までも代行してもらえます。そのため、商品の仕入れから納品までの作業に集中することができ、顧客の対応に時間を奪われる心配がありません

商品にAmazonプライムのロゴがつく

FBA納品を選択した商品には、Amazonプライムのロゴが表示されるようになるというメリットがあります。このロゴが表示されることで、顧客側も安心して商品を購入できるようになり、さらには送料無料サービスなどの対象にもなるので手を伸ばしやすくなります。

手数料に関する落とし穴

ここまではFBA納品のメリットについてお話いたしましたが、デメリットについても把握しておく必要があります。FBA納品の大きなデメリットとなるのが「倉庫保管手数料」です。FBAでは、倉庫に商品を預けている日数の分だけ払わなければならない決まりがあり、長期間保管されている商品には多くのコストがかかってしまう事になります。

さらには、365日以上保管されている商品には、別途長期保管手数料が請求され、数万円もの手数料を支払わなければならないケースもあるのです。FBAで商品を販売する際には、倉庫に保管している日数が365日を超える前に売り切ってしまうか、それが難しい場合は返送してもらうことをオススメします。

各梱包タイプの違いと設定方法

商品の梱包タイプには「個別の商品」と「メーカー梱包」の2種類があります。では、その2種類には一体どんな違いがあるのでしょうか。

基本は個別の商品で登録する

「個別の商品」とは、一つの箱の中に様々な種類の製品をまとめて梱包する場合のことを指します。次に説明するメーカー梱包に該当しないものは全て個別の商品という事になりますので、迷った場合はこちらを選択しましょう。

もう一つの梱包タイプ

他には、「メーカー梱包」という方法があります。こちらは一つの箱に、メーカーのケースに入った同じ商品がいくつも入っている場合のことを指します。ここで注意しなければならないのは、メーカーが同じ商品を複数個セットにして梱包した輸送箱についてです。この場合は、そのまま梱包してしまうとメーカー梱包として扱われませんので、必ず商品を一つずつに分けて梱包し直す必要があります

納品する数を決める

また、納品する数についてですが、ここには輸送箱の数ではなく商品の数を入力しましょう。

商品発送の手順と注意点

全ての商品に対してラベルの貼付を終えたら、次は商品の発送手続きをしましょう。手続きをするための画面から納品する先を確認し、「承認して次へ」を選択してください。

すると次の画面に移動しますので、「納品作業を続ける」を選択して次のステップに進みましょう。

納品数を変えるには?

作業の途中で納品する商品の数を変更したくなった場合、「商品の確認と修正」ボタンから内容を変更することができます。

ここで気を付けなければならないのは、この段階で修正できるのは納品数の5%の範囲の個数、もしくは6点までの商品という点です。ここから大幅な納品数の変更は行えないので、入念な確認と計画が必要になってきます。どうしても大幅な変更をしたい場合は、最初から納品プランの作成をやり直さなければなりません。

おすすめの3つの配送業者

最後に、配送方法とAmazonまで商品を発送するのに使用する配送業者を選択します。

選べる配送業者は大きく分けて「FBAパートナーキャリア」と「他の配送業者」に分けられます。この2つの違いはほとんどありませんので、割引サービスなどが利用できる配送業者を選ぶのがおすすめです。

この項目では、各配送業者のおすすめの割引サービスについて説明いたします。

ヤマト運輸のお得な割引サービス

ヤマト運輸には、「持込割」や「クロネコメンバー割」などの割引サービスがあります。

持込割とは、直営店や取扱店に対して直接荷物を持ち込んだ場合に料金が割引されるというサービスです。通常は100円の割引になりますが、クロネコメンバーズに加入している場合は150円の割引になります。

クロネコメンバー割は、メンバーに加入しているユーザーが利用することができるサービスで、支払いの際に専用のプリペイド型の電子マネーで支払いを行う事で料金が割引されます。

加入するプランによって割引率が変わりますので、各項目を比較して最適なプランに加入すると良いでしょう。

佐川急便のお得な割引サービス

佐川急便にも同様に、取扱店や営業所に直接荷物を持ち込むことでサービス料金を節約することができます。佐川急便を利用するには、通常1つの荷物につき110円のサービス料金がかかります。ですが、営業所に直接荷物を持ち込んだ場合には、そのサービス料金が不要になります

日本郵便の便利なサービス

日本郵便では、他の配送業者同様に「持込割」と、さらに「ゆうパックスマホ割」というサービスがあります。

持込割は郵便局や取扱店に直接荷物を持ち込むことで、荷物一つに対して120円の割引が適用されます。また、1年以内に発送した先と同じ宛先に荷物を送る場合、「ご依頼主控」を添えると一つの荷物につき60円の割引が適用されます。

ゆうパックスマホ割」は、ゆうパックスマホ割アプリを利用することで、一つの荷物に対して180円の割引が適用されるサービスです。この割引を利用するにはアプリ上で発送手続きを行い、荷物を直接郵便局に持ち込む必要があるので注意しましょう。

FBA納品のメリットを理解して多くの利益を上げよう

商品を効率よく販売するために、FBA納品がいかに便利なのかということを理解していただけたでしょうか。扱う在庫が多くなればなるほど、商品の保管や管理にかかる負担は増していきます。さらに対象となる顧客の数も増えるため、何かトラブルが起きた場合の対応にも追われるでしょう。そのような面倒な業務をひと通り代行してもらうことで、商品販売の効率を上げることができるのです。

メリットとデメリットを比較し自分のスタイルに適しているのであれば、FBA納品を選択することで多くの利益を上げることも夢ではありません。

ところで、ビジネスで成功するためには独学よりも体系化された教材やサービスを活用して学ぶ方が結果が早く出ます。

ここではアクシグ編集部が予め登録した上で責任者に直接取材をし、有用性を確認した教材やサービスのみを厳選してご紹介します。無料ですのでお気軽にご登録またはご相談ください。

【限定公開】成功者続出の秘密のノウハウ

日本未上陸のノウハウで先行者利益が得られる大チャンス到来!

  • 月間利益195万円を突破した本人による最新成功事例の紹介
  • 世界トップ3位の日本人が誰も知らない革命的販売手法とは
  • アカウント停止リスクの無い安全なビジネスモデル
  • 無在庫でも販売できる最新の方法
  • Amazonの5倍成長しているマル秘プラットフォームとは
  • 利益率80%超えの超マル秘仕入れ手法

など、日本ではまだ知られていない秘密の情報をお届けします。

あなたのビジネスを成功させるために、今すぐ限定情報を入手してください。

【漫画で分かる】無在庫輸入物販ビジネス

アメリカやヨーロッパの商品を日本の「Amazon」などで 受注をしてから仕入れる無在庫方式の販売方法を解説しています。

  • まとまった資金がなくてもスタート可能!
  • 取り寄せ式なので大量の在庫を抱えなくて良い!
  • ネットで完結なので自宅でできる!

1つの商品の販売で1万円以上の利益を得ることもでき、 効率良く手元の資金が増やすことができます。

あなたもぜひ無在庫欧米輸入ビジネスで、 堅実な収入の柱を一緒に作りませんか?

【無料相談】Biz English

ビジネス英語は3ヶ月でマスターできます!

インターネットの買い物に慣れてくると、アメリカのアマゾンやeBayで購入したり出品したりしたくなるでしょう。英語ができなくてもGoogle翻訳やDeepLなどのツールを使えば始めるのは簡単です。

ところがクレームや返金などが発生すると機械翻訳では上手く交渉できません。金額が大きくなりビジネスレベルになるとなおさらリスクが高くなります。

ビズイングリッシュはビジネス英語専門の英会話スクールです。受講生は全くのゼロから英語でアカウントを復活させたり、海外の展示会で交渉に成功したりと幅広く活躍をしています!

今すぐビジネスレベルの英語力を身につけましょう!