物販

FBAパートナーキャリアがヤマト便廃止後のAmazon配送におすすめ!

2021年10月、ヤマト運輸は、大型荷物用の配達サービスである「ヤマト便」を廃止しました。

転売ビジネスに携わる多くの方が利用していたヤマト便の廃止に、戸惑う方も多かったことでしょう。

このヤマト便廃止後、Amazon転売の代替サービスとして注目を集めているのが「FBAパートナーキャリア」サービスです。

そこで今回は、FBAパートナーキャリアヤマトオプションを中心に、ヤマト便廃止後の代替サービスについて詳しく解説します。

そもそもヤマト便とは?

廃止されたヤマト便とはいったいどのようなサービスだったのでしょう。まずは、そのサービス内容について説明していきます。

ヤマト便とは?

ヤマト便とは、宅急便の上限サイズ「160サイズ」を超える大きい荷物に対応するヤマト運輸のサービスでした。

配送料が安いうえに、1枚の伝票で複数の荷物をまとめて送れるなど、使い勝手が良かったため、多くの転売ビジネス従事者に支持されていました。

しかし、2021年10月3日、長年親しまれたヤマト便は廃止されてしまったのです。

ヤマト便が廃止された理由と誕生した「新サービス」とは?

多くの方に親しまれていたヤマト便は、なぜ廃止されてしまったのでしょうか。この項目では、廃止の理由とその後に誕生したヤマト運輸の新サービスについて解説します。

ヤマト便が廃止された理由1「荷物サイズの多様化」

ヤマト便が廃止になった理由は、大きく分けて2つ考えられます。

ひとつ目の理由は、近年の「EC利用の急激な拡大」です。

通販サイトを利用する人口が爆発的に増加する中で、日用品や洋服、雑貨などの小型商品の販売だけでなく、家具・家電などの大型商品もオンライン上で数多く販売されるようになりました。そして、その状況に伴い、販売する荷物のサイズもより多様化してきたのです。

ヤマト運輸はこの状況を踏まえ、従来のヤマト便を廃止し、荷物サイズの多様化に対応する「新しい拡大サイズ」の増設に踏み切ったのです。

ヤマト便が廃止された理由2「デジタル化の推進」

ヤマト便が廃止されたもうひとつの理由として考えられるのが、「経営におけるデジタル化の推進」です。

ヤマト運輸では、送り状の入力・配送・決済といったすべての手続きをスマホひとつで完結できる「宅急便をスマホで送る」というデジタル配送サービスを展開しています。

今回、ヤマト便を廃止して宅急便と統合したことで、すべてのサイズにおいて「宅急便をスマホで送る」サービスが利用できるようになりました。

このようなデジタル化による経営の効率化も、ヤマト便が廃止された大きな要因のひとつでしょう。

ヤマト運輸が増設した新しいサイズとは?

ヤマト運輸では2021年10月4日より、ヤマト便に代わり、新たに「180サイズ」と「200サイズ」という2つのサイズを増設しました。

  • 180サイズ:3辺の合計が180cm以内・重量30kgまで
  • 200サイズ:3辺の合計が200cm以内・重量30kgまで

この180サイズと200サイズを新たに設定することで、これからは大きい荷物もすべて宅急便として扱うようになったのです。ちなみに新しいサイズの内容は以下の通りです。

「180サイズ」と「200サイズ」では様々なサービスを受けられる

180サイズと200サイズが宅急便として扱われることになったことで、クロネコメンバーズをはじめとする様々な割引制度など、ヤマト便では対応できなかったサービスを利用できるようになりました。

これにより、利用者の方がよりお得に荷物を送ることができるようになりました。

ヤマト便廃止後にその利用者が行った工夫とは?

宅急便よりも安い料金体系で運営されていたヤマト便。

このヤマト便が廃止されたことによって、今まで利用していた転売従事者の方たちは、様々な工夫を凝らして困難を乗り切ろうとしています。いったいどのような対策をしているのでしょうか。

この項目では、ヤマト便利用者がヤマト便の廃止後に行っている工夫について解説します。

取り扱う商品を変える

今回のヤマト便の廃止で最も打撃を受けたのは、大型商品を主に取り扱っていた方たちでしょう。

ヤマト便は大型商品を安く配送するサービスであったため、廃止後に資金的に立ち行かなくなり、転売ビジネスから撤退した方もいるほどです。

しかし、取り扱う商品を変えることで配送料を抑え、できるだけダメージを小さくしようと努力している方も多くいます。たとえば、大型商品から小型かつ単価の高い商品に切り替えるなど様々な工夫を凝らしているのです。

ひとつの箱に入れる商品数を増やす

ひとつの箱に入れる商品数を増やすことも、ヤマト便廃止後に見られる工夫のひとつです。

たとえば、ダンボール1箱で送料1,000円の場合、商品1点と100点では、以下のように、商品当たりの送料が大きく異なります。

  • 1点:送料1,000円
  • 100点:送料10円

つまり、ひとつの箱の中により多くの商品を入れることができれば、送料が高くなっても対応しやすくなるのです。

特に、ゲームソフトやDVD、トレカ、雑貨、パックタイプのサプリメントなど、体積の小さい商品を取り扱えばより多くの数を箱に入れられるので、これらの商品を取り扱う方が増えています。

ヤマト宅急便の様々な割引サービスを利用する

先述した通り、ヤマト運輸の新しい拡大サイズでは、ヤマト便で利用できなかった多くの割引サービスを使えます。

たとえば、以下のような割引を受けることが可能です。

  • 持込割
  • クロネコメンバー割
  • デジタル割
  • 複数口減額
  • 往復宅急便
  • 宅急便センター受け取りサービス

これらのサービスを駆使して、送料をより安く抑えている方も多くいます。

他の配送会社と契約する

さらに、ヤマト運輸以外の配送業者と契約を結ぶことで難局を乗り越えようとしている方もいます。

他の配送業者ではヤマト便よりも配送料が割高になってしまうことも考えられますが、大口の配送を依頼する内容の特別な契約を結べば、ヤマト便のときよりも配送料を抑えられる可能性もあるからです。

ここからは、佐川急便と西濃運輸を例に配送料を抑える方法について考えてみましょう。

佐川急便

佐川急便はヤマト運輸よりも配送料が安めなうえ、細かい時間指定ができるなど、サービスが充実しています。

大型の荷物は「飛脚ラージサイズ宅配便」というサービスがありますが、ヤマト宅急便の180・200サイズよりも若干高めです。

しかし、大口契約を結べば特約割引が適用され、送料が安くなる可能性は十分にあります。

参考:佐川急便 飛脚宅配便・飛脚ラージサイズ宅配便 関東からの料金一覧

西濃運輸

西濃運輸のカンガルー便は、小型から大型まで様々な荷物に幅広く対応しています。また、複数の荷物や20kg以上の荷物は「カンガルー特急便」を使えば配送可能です。

こちらも、大口の配送であれば送料を安くしてもらえる可能性があるため、興味のある方は一度相談してみることをおすすめします。

ただし西濃運輸の送料は、基本的にサイズではなく重量と輸送距離によって計算されるので注意してください。

参考:西濃運輸

FBAパートナーキャリア

FBAパートナーキャリアとは、日本郵便とヤマト運輸を利用したAmazonのFBA用配送サービスです。

Amazonでの転売ビジネスを行っている方にとっては、このFBAパートナーキャリアはヤマト便の代替サービスとして特におすすめのサービスと言えます。いったいなぜでしょうか。

その具体的なサービス内容については、次項で詳しく解説します。

FBAパートナーキャリアとは?

この項目では、FBAパートナーキャリアの基礎知識について解説します。特に、ヤマト運輸が配送を担当する「FBAパートナーキャリアヤマトオプション」の内容について深く掘り下げていきますので、ぜひ参考にしてください。

FBAパートナーキャリアの基礎知識

FBAパートナーキャリアとは、AmazonのFBA納品の際に日本郵便またはヤマト運輸を利用する配送サービスのことです。

日本郵便またはヤマト運輸を利用することで、配送料の割引サービスを受けられたり、納品作業が簡略化されたりなどのメリットを享受できます。

以前は日本郵便のみでのサービスでしたが、2021年4月にヤマト運輸も提携配送会社として参加することになりました。なお、ヤマト運輸を利用したサービスは「FBAパートナーキャリア・ヤマトオプション」と呼ばれます。

ヤマトオプションのメリット1「配送料金が安い」

それでは、特にFBAパートナーキャリア・ヤマトオプションの内容について掘り下げていきましょう。

まずはメリットについてです。いったいどのようなものがあるのでしょうか。

ヤマトオプションの最も大きなメリットは、やはり配送料の安さにあるといえるでしょう。

たとえば日本郵便を利用した場合、Amazonの倉庫への配送料はゆうパックと同じなので特に安くなりません。しかしヤマトオプションでは、配送料がヤマト運輸の通常料金から最大67%も割引されるのです。

この割引を利用すれば、FBAを利用される方にとっては大幅なコスト削減につながり、経営の安定が期待できます。また、ヤマト便を長年利用してきた方にとっても、慣れた配送業者で納品できるほうが使い勝手がよく、安心感を覚えやすいかと思います。

ヤマト便の代替としてかなり優秀なサービスと言えるでしょう。

メリット2「納品作業を軽減できる」

また、面倒な納品作業を軽減できるのもヤマトオプションのメリットです。

たとえば、ヤマトオプションを利用する際、ヤマト運輸と個別に契約する必要はありません。

また、自宅での集荷を電話やオンラインで依頼できるうえ、Amazon倉庫まで配送するための輸送料は出品者のアカウントに請求されるため、集荷のたびにいちいち支払わずに済みます。

このようにスムーズかつ効率的に作業が行えるのは大きな魅力です。

これはお得!ヤマトオプションの「割引プロモーション」

ヤマトオプションでは、2021年4月22日から2022年3月31日まで割引キャンペーンが実施されています。

キャンペーン中は、最大15,000円分のFBA納品送料が無料となるため、かなりのコストカットにつながります。また、FBA納品に興味のある方は無料でお試しができる良いチャンスです。

しかも、2022年3月31日までに15,000円分を使いきれなかったとしても、2022年9月30日まで引き続き利用できるようになっています。

ぜひこの機会を利用してヤマトオプションを体験してみてはいかがでしょう。

ヤマトオプションのデメリットとは?

ヤマトオプションでは、特大型の荷物や温度管理が必要なもの、危険物(可燃性液体)などの納品には利用できません。なお、これは日本郵便を選択した場合も同様です。

また、配送料の請求のキャンセルは、請求額を承認してから3時間以内しか受け付けていません。そのため、3時間を超えてしまうと荷物を配送していなくても配送料が発生してしまいますので注意しましょう。

さらに、日本郵便の伝票はセラーセントラルから出力できますが、ヤマトオプションの場合は専用の伝票を事前に取り寄せなければなりません。この点にも注意が必要です。

Amazon転売におけるヤマト便の代替サービスは、FBAパートナーキャリアヤマトオプションがおすすめ

今回は、FBAパートナーキャリアヤマトオプションを中心に、ヤマト便に代わる新しい配送サービスについてご紹介してきました。

大型の荷物を低料金で配送してくれていたヤマト便が廃止され、多くの転売ビジネスに携わる方が配送コストの削減や、新しい配送サービスへの転換を余儀なくされました。

転売ビジネスも、時代の変化に柔軟に対応する必要があるということです。

今回ご紹介した情報も参考にして、FBAパートナーキャリアヤマトオプションをはじめとするヤマト便に代わる新しいサービスを開拓してください。

ところで、ビジネスで成功するためには独学よりも体系化された教材やサービスを活用して学ぶ方が結果が早く出ます。

ここではアクシグ編集部が予め登録した上で責任者に直接取材をし、有用性を確認した教材やサービスのみを厳選してご紹介します。無料ですのでお気軽にご登録またはご相談ください。

【限定公開】成功者続出の秘密のノウハウ

日本未上陸のノウハウで先行者利益が得られる大チャンス到来!

  • 月間利益195万円を突破した本人による最新成功事例の紹介
  • 世界トップ3位の日本人が誰も知らない革命的販売手法とは
  • アカウント停止リスクの無い安全なビジネスモデル
  • 無在庫でも販売できる最新の方法
  • Amazonの5倍成長しているマル秘プラットフォームとは
  • 利益率80%超えの超マル秘仕入れ手法

など、日本ではまだ知られていない秘密の情報をお届けします。

あなたのビジネスを成功させるために、今すぐ限定情報を入手してください。

【漫画で分かる】無在庫輸入物販ビジネス

アメリカやヨーロッパの商品を日本の「Amazon」などで 受注をしてから仕入れる無在庫方式の販売方法を解説しています。

  • まとまった資金がなくてもスタート可能!
  • 取り寄せ式なので大量の在庫を抱えなくて良い!
  • ネットで完結なので自宅でできる!

1つの商品の販売で1万円以上の利益を得ることもでき、 効率良く手元の資金が増やすことができます。

あなたもぜひ無在庫欧米輸入ビジネスで、 堅実な収入の柱を一緒に作りませんか?

【無料相談】Biz English

ビジネス英語は3ヶ月でマスターできます!

インターネットの買い物に慣れてくると、アメリカのアマゾンやeBayで購入したり出品したりしたくなるでしょう。英語ができなくてもGoogle翻訳やDeepLなどのツールを使えば始めるのは簡単です。

ところがクレームや返金などが発生すると機械翻訳では上手く交渉できません。金額が大きくなりビジネスレベルになるとなおさらリスクが高くなります。

ビズイングリッシュはビジネス英語専門の英会話スクールです。受講生は全くのゼロから英語でアカウントを復活させたり、海外の展示会で交渉に成功したりと幅広く活躍をしています!

今すぐビジネスレベルの英語力を身につけましょう!

[class^="wpforms-"]
[class^="wpforms-"]
[class^="wpforms-"]
[class^="wpforms-"]