物販

ゲーム転売で稼ぐコツとは?メリット・デメリットやおすすめの仕入れ先も大公開!

ゲームソフトやゲーム機器などのゲーム関連商品は非常に需要が高く、即金性も高いことから、転売によって稼ぎたいと考える方も多いことでしょう。

そこで今回は、ゲーム転売で稼ぐコツについて詳しく解説したいと思います。併せてゲーム転売のメリット・デメリット商品のリサーチ方法、おすすめの仕入れ先などもご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

ゲーム転売のメリット

ゲーム転売には大きく分けて以下の3つのメリットがあります。

  • 需要が高く稼ぎやすい
  • 回転率が高い
  • 仕入れ先が豊富

それぞれのメリットを詳しくご紹介しましょう。

需要が高く稼ぎやすい

ゲーム転売のメリットの1つ目は、需要が高く稼ぎやすい点です。

特に発売直後の人気商品は、需要が供給を大きく上回ることが多く、Amazonやヤフオクなどでも通常価格よりも高値で取引される傾向にあります。

また、シリーズ化した人気ソフトは固定ファンが多く、多少高値でも購入したいと思うユーザーが多くいます。そのため、新作ソフトの転売だけでも高利益をあげることが可能なのです。

回転率が高い

2つ目のメリットは、回転率の高さです。

たとえば、2017年 3月に発売された任天堂の「Nintendo Switch」本体は、発売から品薄の状態を繰り返していましたが、2020年春からのコロナウィルスによる自粛期間の影響でさらに需要が高まり、再度高値で取引されるようになりました。

2020年8月からは、ようやくメーカーの商品製造が安定しましたが、依然として品薄状態が続く地域もあります。

このように、有名ゲーム機器ブランドや人気タイトルの商品などは、たとえ中古であっても常に一定の需要があり、多少ピークが過ぎても良く売れるため、非常に回転率が高くなっています。

仕入れ先が豊富

3つ目のメリットは、仕入れ先が豊富な点です。

たとえば、ネット上であればメルカリやヤフオクなどのフリマアプリを利用できますし、ホビー会社から直接値下げ商品を仕入れることもできます。また、地域のブックオフやリサイクルショップなどから仕入れることもできるでしょう。

このようにさまざまな場所から仕入れられることから、ゲーム転売は初心者の方でも安心して始められる転売ジャンルとなっています。

ゲーム転売のデメリット

次に、ゲーム転売のデメリットをご紹介します。メリットばかりでなく、デメリットもきちんと把握しておくことが、ゲーム転売で稼ぐには大事です。

ここでは、大きく分けて以下の4つのデメリットについてまとめましたので、ぜひ参考にしてください。

  • 出品者が多い
  • 単価が高い
  • 検品に時間がかかる
  • 新規出品者は販売できない場合もある

出品者が多い

ゲーム転売は需要が高く、比較的初心者の方でも始めやすいので、どうしても出品者が多くなりがちです。また、在庫を相当数所持している業者も参入してくるため、価格競争が起きやすいというデメリットもあります。

そのため、商品を仕入れるにしても、いきなり大量に仕入れることはおすすめできません。まずは少量から始めて、売れ行きを確認しながら増やしていきましょう。

単価が高い

ゲーム関連商品はひとつひとつの単価が高く、中には3〜4万円以上するものもあります。そのため、仕入れに数十万~数百万円かかる場合もあり、資金に余裕がない方にとっては苦しいと感じるかもしれません。

検品に時間がかかる

ゲーム機器は精密機械の部類に入るので、中古品を仕入れる場合は検品する必要があります。しかも、ゲームの作動状況から、付属品や説明書の有無、傷や汚れに至るまで、いろいろと確認しなければならない事項があるため、どうしても時間がかかってしまいます。

新規出品者は販売できない場合もある

Amazonでは、販売実績が少ない新規出品者だと、商品が出品できない場合があります。また、ゲーム関連商品でも、任天堂やSONYなどの有名メーカーの商品は出品申請が必要な場合があるので、事前に確認する手間もかかります。

ゲーム転売で稼ぐためのポイント

次に、ゲーム転売で稼ぐためのポイントを4つまとめてみました。

  • 「初回版」に狙いをつける
  • 自分に合った仕入れ先を選ぶ
  • 人気商品の特徴を把握する
  • 基準に沿って仕入れる

それぞれくわしくご紹介しましょう。

「初回版」に狙いをつける

同じゲームソフトでも、「初回版」と「通常版」では転売価格が大きく異なることがあります。 なぜなら、初回版にはさまざまな特典がついていることが多いからです。

たとえば、初回盤にはスペシャルディスクやキャラクターのポスターやグッズ、イベント応募券などが入っている場合があります。このような付属品はファンにとって価値が高いため、初回版は通常版よりも高値になりやすい傾向があります。

ただし、初回版は市場に出回る数が少ないため、タイミング良く仕入れるには日頃から仕入れ先の状況をこまめにチェックしなければなりません。

自分に合った仕入れ先を選ぶ

ゲーム関連商品の仕入れ先は豊富にあります。しかし、それぞれに特徴や特色があるため、まずは自分に合った仕入れ先を選ぶことが、良い商品を効率よく仕入れるには欠かせません。

たとえば、まだ仕入れに慣れていない初心者の方には、「ブックオフ」をおすすめします。ブックオフは全国各地に店舗があるためアクセスしやすく、中古のゲームソフトの数も豊富です。また、実際に手に取ってチェックすることができるので、商品の状態も確認しやすくなります。

ある程度仕入れのやり方がわかってきたら、ヤフオクメルカリなどのフリマサイトでの仕入れに挑戦してみましょう。その際、事前にAmazonでの販売価格をリサーチしておけば、利益率の高い商品だけを仕入れることも可能です。

ゲームに詳しい方は、希少価値のある商品や、これから価値の出る商品などを見極められるでしょうから、中古ゲームサイトやホビー会社などから仕入れることをおすすめします。

人気商品の特徴を把握する

仕入れはやみくもに行うのではなく、人気商品の特徴を把握することが重要です。

たとえば、中古ゲームソフトであれば

  • Nintendo Switch 「大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL」(2018年12月発売)
  • Nintendo Switch 「マリオカート8 デラックス」(2017年4月発売)
  • PS4 「Ghost of Tsushima Game」(2020年7月発売)
  • PS4 「ペルソナ5 ザ・ロイヤル」(2019年10月発売)

などが、人気が高い傾向にあります。(2020年10月現在)

また、PSPであれば「機動戦士ガンダム 新ギレンの野望(2011年8月発売)」、「ケツイ〜絆地獄たち〜(2003年1月発売)」なども需要が高いようです。

また、ファミコンソフトの「ロックマン6 史上最大の戦い!!(1993年11月発売)」や「MOTHER(1989年7月発売)」なども根強いファンが存在します。

このような人気商品の特徴をしっかり把握して、仕入れに活かしていきましょう。

Amazonランキングを参考にして仕入れる

ゲームソフトを仕入れる際は、売れ筋ランキングを参考にすると効率的です。

新品のゲームソフトであれば、Amazonのランキング1,000位程度までは、短期間で完売できる可能性が高く、大量に仕入れても良いでしょう。

一方、中古の場合は、Amazonのランキング1万位程度くらいまでは売れる可能性があります。ただし、初心者の方は、3,000位程度にとどめておいた方が無難です。

ゲーム転売におすすめの仕入れ先は?

ゲーム転売の豊富な仕入れ先の中には、特に稼ぎやすいおすすめの仕入れ先があります。さっそくご紹介しましょう。

普通のリサイクルショップ

実はリサイクルショップは、ゲーム関連商品の仕入れ先として非常におすすめの場所です。ただし、ゲーム専門のリサイクルショップではなく、ごく普通のリサイクルショップを狙うのが秘訣です。

ゲーム専門店は当然ながら価格相場を良く把握しているので、人気商品やレア商品などの価格はネットでの販売価格とほとんど差がありません。

しかし、普通のリサイクルショップはゲーム価格の相場に詳しくない場合が多く、価格も通常よりかなり安く設定していることがあるので、お宝商品を格安でゲットできる可能性があります。

オークションアプリ・フリマアプリ

オークションアプリのヤフオクでは、Amazonで高値をつけた商品が新品に近い状態で出品されていることがよくあるので、仕入れに利用しない手はありません。

また、フリマアプリのメルカリなどは、中古品を出品する人が多いため、他の仕入れ先に比べて仕入れ原価が安くすみます。また、相場価格を把握していない人が出品することも多く、価格差が出やすい傾向にあります。

古物商許可証の取得方法

継続的にゲーム関連商品を転売するのであれば、「古物商許可証」を取得しておかなければなりません。ここでは、古物商許可の取得方法について詳しく説明します。

古物商許可証

消費者が購入した「古物」を転売するには、「古物商許可証」を取得しておく必要があります。ゲーム関連商品の転売も古物販売に相当します。

単発の転売であれば古物商許可証は必要ありませんが、事業として転売し続けるのであれば必ず取得しなければなりません。もし違反した場合は、3年以下の懲役または100万円以下の罰金が科せられます。

古物商許可証の取得方法

まずは、ゲーム転売を行う拠点となる場所(自宅や事務所等)を管轄する警察署に古物商許可申請を行います。申請書類は生活安全課などの部署でもらうことができます。

なお、行政書士に申請を任せたり、インターネット上から古物商許可証申請書類を入手したりすることも可能です。詳しい内容は管轄の警察署や警視庁のホームページを参考にしてください。

古物商許可証の申請に必要な書類

古物商許可証の申請に必要な書類は、以下の通りです。

  • 古物商許可申請書
  • 略歴書
  • 住民票
  • 誓約書
  • 市区町村発行の身分証明書
  • 不動産登記簿や賃貸借契約書
  • 営業所の見取り図や周辺図
  • URL使用権を証する書面(オンラインで古物を売る場合)

これらの書類を取得手数料19,000円と共に提出すれば、約1か月で古物商許可証を取得できます(状況により、それ以上時間がかかる場合もあります)。

転売サイトのURLを登録

実店舗でゲームをはじめとする中古品を転売する場合は、古物商許可証の看板を店舗に設置する必要があります。一方、オンラインでの転売の場合は、転売を行うサイトのURLを警察署に登録する必要があります。

登録内容は以下の通りです。

  • 許可番号
  • 許可を取得した公安委員会の名称
  • 許可を受けた人の氏名、または法人の名称

また、公安委員会のホームページから、古物商許可証を登録したサイトのURLを確認することができます。

参考:【PDF版】古物商URL届出一覧(東京都)

ゲーム転売を長期的に行う予定の方は、ここでご紹介した古物商許可証の情報をしっかり把握した上で必ず取得するようにしましょう。

ゲーム転売は、売れ筋商品の知識と仕入れのコツを把握することが大事!

今回は、ゲーム転売で稼ぐコツをはじめ、そのメリットやデメリット、商品のリサーチ方法などについて詳しくご紹介しましたが、いかがでしたか?

ゲーム関連商品は、需要が高く稼ぎやすいだけでなく、仕入れ先も豊富にあるので、ゲーム転売初心者の方でも取り組みやすいジャンルです。もちろん、転売自体が始めてという方にもおすすめです。

ただし、ゲーム転売で高い利益を上げるには、売れ筋商品に関する知識やリサーチ方法、仕入れのコツや仕入れ先の選別方法など、さまざまな情報が必要になってきます。これらをきちんと把握することが、効率よく転売するためには必要です。

また、ゲーム転売を長期的に行う予定の方にとっては、古物商許可証の取得が欠かせません。

今回ご紹介した情報をぜひ参考にして、ゲーム転売に挑戦してみてくださいね。